そりゃあ閑話(ボク的デキゴトロジー)
【内容】このBlogを始めた当初は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます
【閑話】つまりは無駄話 
【効用】せいぜい暇潰し程度でしかありませんが、お付き合いいただける方はどうぞ御緩りと
 タイタンビカス

芙蓉が咲いてました。芙蓉はアオイ科フヨウ属の落葉低木でして、これは木じゃないのでアメリカ芙蓉(草芙蓉)かなと。しかし、葉はモミジアオイ(紅葉葵)に似てますが、花はアメリカ芙蓉のようでもあり紅葉葵のようでもあり…ん〜どっちかなぁと悩んでましたが、彼方此方ググってたら、タイタンビカスではないかという意見が有力になってきました(ボクの中でね)。
タイタンビカスというのは赤塚植物園という会社が開発したアメリカ芙蓉と紅葉葵の交配種、アオイ科フヨウ属の宿根草だそうです。ハイビスカスのような花姿から『巨神タイタン』にちなんで、『タイタンビカス』と名づけられました、と。ナルホド、と納得です。

| Minigarage | 植物(アオイ科フヨウ属) | 14:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
 池で遊ぶ子ども達

和田堀公園池で子ども達が遊んでました。あれ?学校は…と思ったのですが、夏休みでした。
何してるのかと訊いたら、「釣り」と。木の枝にたこ糸を吊して、糸の先には“餌”。これを水中に沈めると獲物が寄ってきて、獲物が餌を掴んだところを釣り上げるという算段です。獲物は主に(アメリカ)ザリガニ。結構“釣れてる”ようでした。
ボクも小学生の頃同じことをしてましたが、違うのは“餌”。彼らは「さきいか」を使ってましたが、ボクらの頃はカエルです。まずカエルを捕まえて、足を引き裂き、皮を割いて足の身を餌にしてました。その話を彼らに話たら、「それはエグい。無理…」と。今の都会の子達には、そうかもしれませんね(笑)。

| Minigarage | 釣り | 19:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
 クマバチ

我が家の玄関前にクマバチ(別名をキムネクマバチ)がうずくまってました。つーか、死んでるようでした。あまり汚れてもないので、死んでからさほど時間は経ってないようです。
クマバチってブーンという大きな音を立てて飛び、刺されるのではないかと警戒されますが、それが作戦。オスは針を持ってないので刺しません。人にはあまり関心がないようで、変にイジメでもしない限り襲ってくることはありません。温厚な性格です。
ミツバチ科でひたすら花蜜・花粉を求めて飛び回ってますが、スズメバチと混同してる人もいるようです。

| Minigarage | 昆虫 | 18:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
 雀の水浴び

新聞を取りに行った際、玄関を出たら、午前6時30分というのに気温は30℃近くもありました。でも、涼しく感じるのは、連日の猛暑で感覚が麻痺してるのでしょうか…(笑)

今日も暑くなりようですが、こんな写真で少しでも涼しさを感じていただければ。
場所は善福寺川なのですが、ここへ行くといつも雀が水浴びしてまして、彼らにとっての水浴びスポットになってるようです。

| Minigarage | 野鳥(スズメ) | 06:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
 解体工事

早朝から、ガッタンゴットンと外が騒がしいので何事かと3階の窓から覗いたら、家の解体工事をしてました。「ガッタンゴットンは」鳶職人が屋根瓦を手作業で解体してる音でした。
既に30℃を超える猛暑の中、この作業は大変でしょうね。適宜冷房を使用して…とはいかないので、水分を補給して熱中症に注意しながら作業して下さい、と思いながら砂埃が入ってこないよう窓を閉めました。

| Minigarage | 家庭・生活 | 09:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
 カワセミの獲物と瞬膜

和田堀公園池を通りかかったら、最近あまり見かけなかったカワセミがいました。カメラを向けてる人を眺めてたら、カワセミはザブンと池にダイブ。元の場所に戻ってきたら大きな獲物を咥えてました。いつも以上に大きな獲物で、呑み込むまでに随分時間がかり、お蔭で撮影が間に合いました。

こうのように、足元の木に獲物をぶつけて弱らせてから呑み込みました。考えてますねぇ。
この写真のカワセミの目に注目して下さい。瞬膜(まぶたとは別に水平方向に動いて眼球を保護する透明又は半透明の膜)が半分出ています。両生類や魚類の一部、及び鳥類、爬虫類は発達した瞬膜を持ってます。哺乳類でも瞬膜を持つものがあります。鳥は自由に瞬膜を動かすことができるそうです。
当然ですが、水中にダイブする時は瞬膜で目を覆い保護してます。
人は瞬膜が退化して無いので、泳ぐ時にはゴーグルを付けるワケです(笑)

| Minigarage | 野鳥(カワセミ・オス) | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
 警視庁のはやぶさ1号(JA31MP)

今日のヘリコプター、警視庁のはやぶさ1号(JA31MP)。随分高い高度を飛行してたので、撮影時は警視庁のヘリだろうな程度しか判りませんでしたが、意外にハッキリ捉えてました。
「はやぶさ」は警視庁が運用してる14機中、小型機(定員5名ほど)に名付けられてるヘリコプターで1号機から4号機まであります。
ちなみに中型機(定員15名ほど)は「おおとり」で8機、大型機(定員30名ほど)は「おおぞら」で2機、合計14機です。

| Minigarage | ヘリコプター(警察) | 17:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
 タンドリーチキン

昨夜の一品(逸品)は、タンドリーチキン
先日の山賊焼と同様に味付けされたブラジル産鶏モモ肉をノンフライヤーで10分加熱。皮はこんがり焼けてパリッとしてますが中はふっくらジューシー、非常に美味。これを名古屋弁では、「でえりゃぁ旨いでかんわ」と言います(笑)。
とても、200g-100円の鶏肉とは思えません。この値段で利益が出るのが不思議。

| Minigarage | 自分で作った料理 | 16:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
 アカボシゴマダラ

今年は、アオスジアゲハの当たり年ではないかと思う位よく見かけます。ウォーキングに出掛けると2日に1回は見かけます。ただし、この蝶は飛び回ってることが多く、なかなか留まってくれません。どこかに留まることを期待して追いかけていっても途中で振り切られることが殆どです。今シーズン、撮影に成功したのは2度だけです。
その代わりと言ってはなんですが、今日撮影できたのは、アカボシゴマダラ。これはフワフワと舞いながら時々留まることがあります。しかも、花じゃなくて葉に留まったりします。きょうもそうでした。今シーズン3回目の撮影成功です。
このアカボシゴマダラは本来日本にいない蝶で、人為的に持ち込まれた「要注意外来生物」に指定されてます。2010年以降関東地方から拡散が続いてるようです。
和田堀公園と善福寺川周辺では、ナミアゲハよりも多く見かけます。もう完全に定着してしまったようです。

| Minigarage | 昆虫(蝶−タテハチョウ) | 15:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ヤブミョウガの花

今、和田堀公園でこの花、ヤブミョウガ(薮茗荷)をよく見かけます。葉がミョウガ(茗荷)に似て林や藪(ヤブ)に生えるので名付けられたようですが、ミョウガはショウガ科の多年草で、ヤブミョウガはツユクサ科なので、全くの別種。
八百屋さんで売ってるミョウガは、花穂と呼ばれる花の蕾部分で、ヤブミョウガの花とは全く似てませんね。
ちなみに、ヤブミョウガの若芽は、初夏の葉が開ききらないうちに採取し、塩茹でしてそのままで、または炒め物や汁物などにして食用にされる、そうです。

| Minigarage | 植物(草本・ツユクサ科) | 15:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
日捲りカレンダー
 
天気予報
ブログカレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

  

  ところで…
  


このページの先頭へ