そりゃあ閑話(ボク的デキゴトロジー)
【内容】このBlogを始めた当初は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます
【閑話】つまりは無駄話 
【効用】せいぜい暇潰し程度でしかありませんが、お付き合いいただける方はどうぞ御緩りと
 ミニのオイル交換

昨日の夕方、名古屋の実家から東京へ戻ったのですが、自宅へ帰る前にテムズガレージへ直行、オイル交換して貰いました。
環七を走っている最中、猛烈なドシャ降り(と雷)に遭遇し、汚れてた車体が綺麗に洗われました(笑)。
テムズさんでは、珍しくショールームの脇でオイル交換でしたが、ずぶ濡れの車体のまま店の中へ…

隣の黄色い車は、ミニ・モークです。
ミニのエンジン、トランスミッション、サスペンションなどを流用して設計され、試作段階では軍用車でしたが、オフロード走行に適さなかったため一般車両として発売され、ビーチバギーとして、リゾート地でマニア向けの人気車になりました。
イギリスよりも、オーストラリアでの生産台数が多く、諸外国に輸出されたそうですが、このモークがどこの国製かは判りませんが、オーナーは手入れして乗ってるようです。

| Minigarage | 自動車(我が家のMini) | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ヘクソカズラ

これは、ヘクソカズラです。アカネ科の蔓(つる)性多年草で、一般的には雑草です。漢字で書くと、『屁糞葛』
見た目は小さくて可憐な感じなのですが、葉や茎に悪臭があることから付けられた名のようです。除草するにも厄介ですが、果実には薬用効果があるようです。
生の果実はかなりの臭気を放つのに対して、乾燥したものは不思議と臭いが消えるんだそうです。

| Minigarage | 植物(アカネ科) | 10:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
 カブト虫の兜

実家の近所を流れる香流川沿いを歩いていたら、カブト虫のカブトが落ちてました。頭だけで胴体がない状態です。誰の仕業か?
調べて(ググって)みたら、「カブト虫の天敵はカラスとタヌキだ」という東京大学大学院農学生命科学研究科のレポートを見つけました。
ここら辺りにもタヌキはいるでしょうけど、カラスの可能性が大です。頭部を残して食べるそうなので、まさしくその状態でした。

| Minigarage | その他の昆虫 | 10:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
 テッポウユリもしくはタカサゴユリ

墓参りをしたのですが、墓にユリが自生、勝手に咲いてました。というか、この墓地の彼方此方に白い花が咲いています。
白い百合だからシラユリでしょうけど、それは総称で、シラサギという名の白いサギはいないのと同じ。じゃ、何という名なのか?少し調べてみましたが、テッポウユリもしくはタカサゴユリじゃないかと。どちらもよく似てて交雑種もあるようですが、ボク的には葉の形などからタカサゴリユじゃないかと思ったのですが…。

タカサゴユリは筒の外側には赤い縞がある、という記述を見つけました。また、テッポウユリ4-6月頃に開花し、タカサゴユリは7-9月頃の開花とも。
赤い縞がなくて、8月に咲くのは…?ですが、『赤い縞が無いテッポウユリ…それはシンテッポウユリです』ともありました。シンテッポウユリ(新鉄砲百合)はタカサゴユリとテッポウユリが自然に交配されてできた種類(交雑種)だそうです。

ん〜花の名前ってホント難しいです・・・
因みに、テッポウユリは国産(日本原産)で、タカサゴユリは台湾固有種で、日本には1924年に園芸用に移入された帰化植物(外来種)だそうです。

| Minigarage | 植物(草本・ユリ科) | 19:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
 蜂の巣

昨日も今日も雨ですが、午前中は小降りだったので傘を持って歩いてきました。
途中、蜂の巣を見つけました。2階建てアパートの軒下、雨で濡れない場所です。
小さい頃(半世紀ほど前)、家の周りの彼方此方で蜂の巣を見かけたような記憶があるのですが、最近はあまり見かけません。もっとも、半世紀前にボクが住んでたのは名古屋市内ですが、畑や田んぼがあり、近所でカブトムシも捕れたのですから、今の東京都内とは状況が全く違いますので、そんなものかも。
それはさておき、この蜂はセグロアシナガバチじゃないかなぁと思いますが、あまり詳しくないので、同定できません。

| Minigarage | 昆虫(ハチ・蜂) | 19:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ウンモンスズメ

最近、蛾の写真が多いのですが、蛾は蝶に比べてメチャクチャ種類が多く、今日もボク的新種です。
Wikipediaによると、『日本にはチョウ目の昆虫が3,500種類知られているが、「チョウ」と呼ばれるものは250種類にすぎず、他はすべて「ガ」である。世界全体で見ると、ガの種類数はチョウの20 - 30倍ともいわれている。チョウとガに明確な区別はない』とあります。また、日本蛾類学会によると、『日本産の鱗翅目は、蝶類が6科で約250種、蛾類が79科で約5,900種が記録されています』とあります。

それはさておき、これはたぶんウンモンスズメ(雲紋雀・スズメガ科)だと思います。全身が薄緑色、ミリタリールックと言いますか、綺麗な迷彩色です。
夜行性なので、寝てるんじゃないかと…

 

| Minigarage | 昆虫(蛾) | 18:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
 東京消防庁の「ちどり」

久し振りのヘリコプター写真。頭上を通過していった、東京消防庁のちどりです。機種はAgustaWestland AW139 で12人乗りの中型機。今年の4月から運用開始されたばかりの新型機。2度目の遭遇でした。

| Minigarage | ヘリコプター(消防) | 17:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ツマグロヒョウモン・ヒメアカタテハ・モンキチョウ

アオメアブ(青眼虻)のすぐ近くで見かけた、ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)のオス。ツマ(褄:前翅の端)が黒い豹紋柄のチョウという意味ですが、ツマが黒いのはメスだけです。この頃よく見かけるようになってきました。盛夏から初秋にかけて多く飛び回るような気がします。

 ほぼ同じ場所で見かけた、ヒメアカタテハ(だと思います)。裏翅の模様はツマグロヒョウモンと似てますが、表翅が少し違います。
最近は、飛んでる時でも見分けられるようになってきました。最近は、すっかり昆虫好きになってます(笑)。
留まってる花はシロツメクサ(クローバー)です。

 ついでにモンキチョウ
モンシロチョウと並んで身近なチョウです。

 

| Minigarage | 昆虫(蝶−タテハチョウ−褄黒豹紋) | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
 アオメアブ(青眼虻)

善福寺川脇の広場にトンボが沢山いたので撮ろうとしたのですが、飛び回るばかりで全然留まってくれません。と、その時1匹草茎に留まったので、急いで近寄って…トンボではありませんでした。「なんじゃこりゃ?」と言う疑問を持ちつつ、「ま、いいや」撮ったのがこれ。
帰宅して調べてみたら、アオメアブ(青眼虻)でした(たぶん)。緑色の複眼が綺麗ですが強そうな体型です。ハエ目ムシヒキアブ科と、ハエの仲間に分類されてますが、家に入ってくる身近なハエとは全く異なり、凶暴な肉食昆虫のようです。
トンボやハチ、チョウ、コガネムシのような甲虫などを背後から長くて鋭い鍵爪が付いた足でガッチリ攫み動けないよう押さえつけ、鋭い口吻で捕えた獲物の体液を吸うとのこと。
基本的には人に向かって来ることはないようですが、纏わり付かれた時に、迂闊に手で捕えようとすると鋭い口吻で刺されてしまう事があるようなので注意が必要です。

| Minigarage | 昆虫(ハチ・蜂) | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ツユクサ

今日は朝方まで雨、その後止んだので、いつも通りに和田堀公園を歩いてきました。
雨に濡れたツユクサが綺麗でした。今年は梅雨が明けてから、曇りや雨の日が多いような気がするのですが、この花を見かけた時、ツユクサ=梅雨草というイメージでした。本当は、露草なんですけど…(笑)
名前は”露を帯びた草”からきてて、朝露を受けて咲き始め、午後には萎んでしまいます。雨(水滴)が似合う花ですが、古来はツキクサ(月草・着草)と呼ばれてたようです。万葉集にはツキクサが9首存在するそうで、古来から日本人に親しまれてた花なんですね。

| Minigarage | 植物(草本・ツユクサ科) | 16:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
日捲りカレンダー
 
天気予報
ブログカレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

  

  ところで…
  


このページの先頭へ