鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、身の回りの出来事も、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話、役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

 意外な場所に居たゴイサギ

善福寺川を自転車で散歩していて、予想外の場所にゴイサギが居ました。チラッと顔だけしか見えないのですが、たぶんゴイサギです。
この場所がどこかと言いますと…

ゴイサギが居た場所は、善福寺川取水施設の水の取り込み口です。
説明しづらいので、写真に赤丸を付けました。この奥にひっそりと佇んでました。雨が降って川が増水しない限り使われない場所で猫などの外敵も入ってこなさそうな場所なので安全なのでしょう。
ちなみに、善福寺川取水施設というのは、環七の地下に整備されてる調節池(正式名称は「神田川・環状七号線地下調節池」)にある取水施設です。
深さ40mの場所に内径12.5m、延長4.5kmの巨大なトンネルがあり、集中豪雨の際、妙正寺川・善福寺川・神田川から溢れた水を流入させ、都心部の洪水を防ぐための調節池になっています。
環状七号線の地下にそんな調節池があるなんて知らない人が多いと思いますが、これが完成してから浸水被害が激減したそうです。
なんでも、南下し延伸して東京湾に繋げて巨大な地下放水路として機能させる構想もあるそうです。

| Minigarage | 野鳥(サギ科ゴイサギ) | 17:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ラ王(醤油味)

今日のランチ、日清食品のラ王(醤油味)です。野菜炒めをトッピングするのがボクの定番。ラーメンのスープと野菜炒めの汁が絡まって、これが美味しいんですよ。

| Minigarage | 自分で作った料理/ラーメン,日清ラ王 | 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ぶりの粗煮

一昨日、近所のスーパーで買ってきた「ぶりの粗煮」です。あまりの安さに一瞬値札の付け間違いかと思いました。
奥さんも同様の思いで「100g/120円」の間違いでしょと疑ってましたが、しっかり煮込んであって「美味い!」の一言。
こんな値段で売ってたら、自分で作る気がなくなってしまいます。ちなみに、400gほどありました。

| Minigarage | 中食(弁当) | 13:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
 キジバト

キジバトが木の実を食べてました。
キジバトはどこにでも居て撮影対象ではありませんが、こうゆう姿なら撮りたくなっちゃいます。
食べているのは椋の実。椋の実は熟すと甘くなり、人が食べても美味しいですが、鳥は甘味を感じないはずですが、ちゃんと熟した実を選別して食べてました。
ちなみに、キジバトの食性は雑食で主に果実や種子を食べるが、昆虫類、貝類、ミミズなども食べるようです。市街地で見られるキジバトは、ドバト(カワラバト)同様に、人の食べ残しも食べてるかもしれません。

| Minigarage | 野鳥(ハト科) | 19:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
 マガモ(♀)

池で泳いでいたカルガモの中に1羽だけ嘴の色が違うカモが居ることに気づきました。よ〜く見ると羽根の模様も違います。
もしかしたらマガモかな?ということで、“鳥撮り友”に確認したら「たぶんそうでしょう」と。帰宅して再確認しましたがマガモの♀で間違いないと思います。先日、雄のマガモが居たという情報はあったのですが、見当たらず…
カルガモ以外、オスはそれぞれ特徴があって割と判りやすいのですが、メスは皆地味でよく似てます。オナガガモ、ヨシガモ、トモエガモ、ハシビロガモ…どれも羽根の色・模様はとてもよく似てますので、複数のメスが混ざっているとクチバシや頭部等の違いで区別しなければならず苦労します。

| Minigarage | 野鳥(カモ科マガモ) | 18:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
 カワラヒワ(河原鶸)

今シーズン初めてのカワラヒワ(河原鶸)です。アトリ科ヒワ属の留鳥(漂鳥)で、和名の由来は“河原に生息するヒワ(鶸)、英名:Oriental Greenfinch は“東洋にいる緑色のアトリ類”という意味だそうです。
1週間程前から目撃(撮影)情報があったので、居そうな場所を探したら案の定でした。カワラヒワは主に植物食で種子を好んで食べますが、特に「秋楡(アキニレ)の実」が好物。和田堀公園で秋楡の木がある場所へ行ったら居たというワケです。
今の時季、種子は樹上にあるので、このように頭上を見上げる構図になってしまします。年が明ける頃には種子が地上に落ちるので、カワラヒワも地上に降りてきますので見易い構図になりますが、地上に降りた鳥は警戒心が強くなるのでどっちもどっちです。
留鳥(漂鳥)ということですが、夏には山地へ移動してると思われ殆ど見かけません。秋になると平地へ降りてくるので、都市公園でも良く見かけます。

| Minigarage | 野鳥(アトリ科カワラヒワ) | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
 VIP輸送用の政府専用機

VIP輸送用の政府専用機(ヘリコプター)が飛んでいました。
陸上自衛隊の中央即応集団第1ヘリコプター団特別輸送ヘリコプター隊(木更津駐屯地)所属。3機体制で運用されています。国家行事等における国内外要人の空輸任務にあたってます。
機種はエアバス・ヘリコプターズ社製のEC 225 シュペルピューマMk II+という大型輸送ヘリコプター。海上保安庁や東京消防庁も同型機を運用してますが、VIP専用機となると雰囲気が違うように感じます(笑)。
JG-1024というこの機体は2度目の遭遇です。低空低速飛行で頭上(善福寺川)を通過していきました。


画像クリックで拡大表示できます

| Minigarage | 自衛隊(ヘリコプター) | 17:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
 川崎市消防局のそよかぜ1号

久しぶりにヘリコプター。
先週、和田堀公園池で鳥待ちしてる時、上空を通過していきました。ヘリコプターのエンジン音が聞こえると思わずカメラを向けてしまます(笑)。
機体は川崎市消防局の「そよかぜ1号」でした。2度目の遭遇。機種は川崎重工製のBK117という小型機(座席数11)です。川崎市消防局は2機のヘリコプターを運用してますが、基地は東京ヘリポートにあります。

| Minigarage | ヘリコプター(消防) | 15:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
 キンクロハジロ

和田堀公園池にキンクロハジロが戻ってきました。
ボクは見つけられませんでしたが、マガモも居る(た?)ようですし、ほんの短期間だけオシドリも立ち寄ったという情報もありまして、これから水鳥が賑やかになっていくと思われます。
キンクロハジロ(金黒羽白)のクロは頭部だと思うのですが、実際は濃い濃紺ですね。光の加減では緑色にも見えます。

| Minigarage | 野鳥(カモ科ハジロ属) | 15:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
 キセキレイ(黄鶺鴒)

善福寺川にキセキレイが居ました。
日本で普通に見られるセキレイは数の多い順にハクセキレイ(白鶺鴒)・セグロセキレイ(背黒鶺鴒)・キセキレイの3種類。善福寺川ではハクセキレイとキセキレイがいますがなぜかセグロセキレイは見かけません。
キセキレイはハクセキレイより若干小さく、そのせいかハクセキレイがキセキレイを追い回してるのを時々見かけます。本来川の上流・下流と棲み分けがあるのですが、善福寺川は10kmほどの短い都会の川なので生息域が被ってるようです。
ちなみに、この個体はメスだと思います。

| Minigarage | 野鳥(セキレイ科キセキレイ) | 13:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
 シロハラ

昨日、マミチャジナイを撮ってる時に一緒に居たシロハラ(たぶん)だと思います。マミチャもシロハラもツグミの仲間(ヒタキ科ツグミ属)でシロハラ(白腹)は冬鳥としてシベリアから渡ってきます。
マミチャと一緒に群れてまして、このようにPCで開いて拡大してみれば明らかに違うんですけど撮ってる時はどちらか判らず。これはメスだと思います。マミチャは滅多にお目にかかれないボク的には珍鳥ですが、シロハラは彼方此方で見かけまして、シーズンが深まってくるとカメラを向けなくなります(笑)。

 

 

| Minigarage | 野鳥(ヒタキ科シロハラ) | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
 マミチャジナイ

今、和田堀公園で流行ってるのはマミチャジナイ(眉茶鶇)。
野鳥に興味がある人以外は「マミチャジナイ」にぴんとは来ないと思いますが、ツグミの仲間で日本では旅鳥に分類されてるカナリ珍しい鳥です。
Wikipediaによると『夏季に中華人民共和国北東部やロシア東部で繁殖し、冬季になると東南アジアへ南下し越冬する。日本では主に渡りの途中に飛来する』そうで、和田堀公園にもここ10日ほど滞在してて、和田堀の鳥撮りさんらに流行ってます。
その情報自体は知ってたのですが、何せ足のことがありまして、ここ一ヶ月鳥撮りに出ることが殆どなくほぼ諦めてたのですが、昨日の午後ゲット出来まして、何とか流行に乗り遅れずに済みました(笑)。
「秋には平地林から山地林の樹木の実に群れてることが多い」ということで、池の中の島に生えてる椋木(ムキノキ)の実を食べに来てました。たぶん、メスだと思います。
アカハラに似てますが、眉班(目の上下)が白いのが特徴です。1年に1度会えるかどうかと言う“珍鳥”ですが今年は関東各地で目撃情報が多くあるようです。


※クリックすると拡大画像が開きます

| Minigarage | 野鳥(ヒタキ科) | 15:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
 pixFront

面白いソフトウェア(フリーソフト)を見つけたので紹介します。
斜めや台形になった画像を補正してくれる「pixFront」というソフトです。試しに猫カレンダーのイラストをわざと斜めから撮影した画像が左、それを補正した画像が右です。操作は極めて簡単。直感的に操作できますし、2-3回やればすぐに覚えます。
これがあれば、絵や写真を撮る際、多少斜めってても後から補正できて便利です。有料でも使いたい機能ですが、無料です。
Windows x64専用のフリーソフトでWindows7・8・10で動作するようです。
ちなみに、ボクのPCにインストールして起動した際、「MSVCP120.dll がないためプログラムを開始できません」というエラーが起きましたが、これはMicrosoft Visual Studio 2013ランタイムライブラリをインストールすることで回避出来ました。(Microsoftのページから入手できます)
興味のある方は、「pixFront」で検索してください。すぐに見つかりますし、Vectorのソフトウェアライブラリからも入手できます。
※この記事はステルスマーケティングじゃありません(笑)。

| Minigarage | パソコン(ソフトウエア) | 17:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
 家の中にいたキマダラカメムシ

昨日、「キマダラカメムシの幼虫」の話題をupしましたが、夜に洗濯物を取り込むため3階のベランダ窓を開けようとしたところ、網戸に何やら虫が… 「あっ! キマダラカメムシ」しかも、網戸の内側、つまり家の中側に居たのです。
でも家の中に生存してたと考えるより、何らかの事情で隙間から家の中に不法侵入してしまい、外へ出られなくなり網戸にへばりついて居たと考えるのが正解じゃないかと。
ただ、カメムシは屁放き虫とも言われるように、へたに手を出すと異臭を放つので、刺激を与えないよう慎重に捕まえ、外へ出て貰いました。
しかし、和田堀公園じゃなく、都会の住宅街にある我が家の中で「キマダラカメムシ」を捕まえることになるとは予想外でした(笑)。

※体長は20-23mm。国内に生息するカメムシ亜科最大種、東南アジア原産の外来種。

| Minigarage | 昆虫(カメムシ目) | 15:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
 キマダラカメムシの幼虫

9月中旬に見かけたカメムシ。
今まで見たことのない虫でたぶんカメムシだろうと調べてみたら、キマダラカメムシの幼虫でした。だってカラダの形は成虫じゃんと更に調べたら、昆虫の変態には完全変態(卵⇒幼虫⇒蛹⇒成虫)と不完全変態(卵⇒幼虫⇒成虫)があり、カメムシは不完全変態でした。ほかにはバッタやトンボなども不完全変態。幼虫と成虫でカラダのつくりが変わらないのが特徴だそうです。
幼虫の段階で何度も脱皮し成虫に近づいて行きますが、カラダの形は基本的に同じで、幼虫と成虫の違いは何かというと、繁殖活動をするかしないかだそうです。すなわち、変態の最終形態である成虫の目的は繁殖活動をして子孫を残すこと。
子孫を残すには、繁殖のパートナーを効率的に探さなくてはなりませんが、広範囲を効率的に探せるように、多くの種では空を飛ぶための翅を持ちつとのこと。なるほどね、と。広義にカメムシの仲間であるセミも土の中で幼虫として長く過ごし、蛹を飛ばしていきなり羽化して成虫になりますが、その目的は交尾をして子孫を残すこと。その為にオスはメスを求めてミンミン(ジージー、ワッシワッシなど)鳴くのです。前述の説明にぴったり合致します。
話を元に戻して、カメムシの幼虫は段階があって、写真のキマダラカメムシ(幼虫)は老熟幼虫と呼ばれる成虫の直前状態でした。しかし、老熟幼虫という表現は何となく判りますが、何か変でもあります(笑)。

成虫としての本懐を遂げる様子です(笑)。

キマダラカメムシは今シーズン何度か紹介してますが、国内に生息するカメムシ亜科最大種(成虫の体長は20-23mm)、東南アジア原産の外来種。長崎の出島から侵入(1770年代)し、1930年頃から長崎県内へ広がりだし、その後徐々に分布域を広げ、東京で初めて発見されたのは2008年だそうです。現在、和田堀公園にはしっかり定着しています。

| Minigarage | 昆虫(カメムシ目) | 14:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
 強剛母趾の手術から1ヶ月

左足の強剛母趾手術から1ヶ月弱経過。今日、外来で診察を受けてきました。
担当医曰く「経過は順調」ということでしたが、歩く際に痛みがあったり、浮腫が出ると言うことに関しては、「手術後1ヶ月では当然のことで特に心配することではない」との見解。
ということならば仕方ないですが、歩く際に痛みがあるのは、とても厄介です。日によっても調子の良し悪しがありますし、調子に乗って2-3km歩いた翌日は痛みが増します。患部がそれくらいしか耐えられないと言うことかもしれません。いずれにしても、人並みのスピードでは歩けず、婆さんに追い抜かれます(笑)。

外観はこんな感じで、浮腫があります。傷口はほぼ塞がりました。もう絆創膏も貼っていません。
手術した左足の親指は若干短くなりました。

| Minigarage | 医療・健康(強剛母趾・外反母趾) | 14:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
 第51回全日本大学駅伝

全日本大学駅伝が終わりました。
今年は先月10日に足の手術をした関係で現地での写真撮影を諦め、テレビ観戦(応援)してましたが、これって10年ぶりくらいの気がします。
先日行われた箱根駅伝予選会で、まさかの9位通過という不本意な成績だったことと、1週間しか空いていないためハーフマラソンを走った疲労もあるだろうからと、正直全く期待してませんでした。
しかし、終わってみれば予想外の?6位と来年のシード権も獲得出来ました。結果オーライなので、各中継所を通過した順位表を作って内容分析をしてみました。
1区は16位と良い順位ではありませんが、ペースが遅く1位とのタイム差は32秒。そのため、2区では各校大きな順位変動がありました。我が母校は4年生の駅伝主将が区間4位で8位まで順位を押し上げました。
その後も、各区間順位は、3区:6位、4区:3位、5区5位、6区:6位、7区9位、8区:9位と全て一桁。つまり大きなブレーキがなく、皆堅実に走ったことが見て取れます。
これで、箱根の見通しも少し明るくなったような気がしますが、油断大敵です。

他校では、帝京大もしぶといレースをしました。1区は18位と出遅れてるように見えますが、トップとの差は34秒。その後ジワジワと一度も順位を下げることなく、最終区で順天堂大を逆転しシード権を獲得しました。
これも大きなブレーキがなかったことが勝因だと思います。それに比べて順天堂大は残念でした。前半から中盤は上位でレースを進め2位で7区へ繋いだものの、7区が終わった時点で8位、最終区で帝京大に逆転されてしまいました。
ちなみに7区は区間21位、8区は区間13位と終盤のブレーキが敗因だと思います。

| Minigarage | 陸上競技(駅伝) | 16:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
 カイツブリの水浴び

昨日、久しぶりに訪れた和田堀公園池には、カイツブリが2羽、いつの間にか増えてました。ボクの知る限り複数は初めてです。オスメスなら良いんですけどね…(カイツブリの雄雌は外観からは判りません)。

2羽同時に撮りたかったのですがダメでした…

| Minigarage | 野鳥(カイツブリ科) | 17:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
 オナガガモ

昨日、久しぶり(約1ヶ月ぶり)に善福寺川〜和田堀公園を散歩してきました。と言っても、手術した足はまだ痛みがあり満足に歩けないので自転車散歩。
善福寺川にはオナガガモやコガモが戻ってきてました。オナガは2週間ほど前(10月中旬)には第1陣が帰ってきてたようです。

| Minigarage | 野鳥(カモ科オナガガモ) | 16:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
 2019年11月

今日から11月ですが、カレンダーが残り2枚。毎年思うことですが、何か寂しいですね。
10月は大雨と言いますか、台風による災害が強く印象に残っています。それと大いに盛り上がったラグビー、明日はいよいよ決勝、楽しみです。
個人的には入院・手術があり退院後2週間以上経つのですが、まだ人並みには歩けない状態。早く快復したいと願う今日この頃です。
ところで、ここのところ随分涼しくなってきて、秋らしいと言いますか秋本番というところですが、今年は例年より暖かなんだそうです。今日も最高気温は軽く20℃を越えました(練馬は23.7℃)し、沖縄や鹿児島のみならず埼玉や群馬でも25℃を越えて夏日になったところもあるようです。
でも、11月が終わり12月になると冬を感じるようになってるのではないでしょうか。

 

| Minigarage | カレンダー | 17:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
 博多ラーメン

今日のランチは博多ラーメン。ネットで購入した小金ちゃんラーメン。知らないブランドですが、「博多屋台」の味だそうですが、博多の屋台はもう随分(10年以上)行ってないです。
トッピングは例によって家の在庫を適当に。

| Minigarage | 自分で作った料理/ラーメン,その他 | 13:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
 【砂をかむ】

昨夜から今朝のテレビ・新聞等のマスコミ各社が伝えていたニュースですが、29日に文化庁が発表した「国語に関する世論調査」の話題です。
【砂をかむよう】の意味を本来の「無味乾燥でつまらない様子」ではなく、「悔しくてたまらない様子」とした回答が2倍近く多かったそうです。

この話でボクが思い出したのは、高石ともやさんの「受験生ブルース」(中川五郎作詞・高石友也作曲)です。1968年(昭和43年)にリリースされた曲なので随分古い話ですが、♪おいで皆さん聞いとくれ 僕は悲しい受験生 砂をかむようなあじけない 僕の話を聞いとくれ♪で始まるフォークソングです。当時ボクはまだ小学生でしたが、この歌が大好きで歌詞を全て暗記してたほどでした。後々、ボクが勤務していた会社は高石さんと懇意にしていて、ある年の忘年会に高石さんがサプライズゲストで現れました。その時司会をしていたボクは、高石さんの前でこの歌を勝手に歌ったのですが、最後は高石さんと合唱しました。今となっては忘れられない思い出です。
それはさておき、この歌詞の“砂をかむようなあじけないボクの話”で「砂をかむ」という言葉の意味を理解してました。

ところで、「砂をかむような」と言っても実際に「砂をかんだことがある人」は殆どいないと思いますが、ボクは砂をかむ人を目撃したことがあります。
大学1年の冬、早大競走部監督に就任した中村清先生は練習前に僕ら部員を座らせて話をする中で、「お前らな、砂をかめと言われても出来ないだろう。でも私は出来る」と言って、地面の砂を掴み口の中に放り込みムシャムシャかんだのです。
これには唖然としました。18歳の少年には衝撃的な出来事でしたが、相手の心を掴むという中村先生ならではのパフォーマンスだったと思うのですが、狙い通り心を鷲掴みされました。これも今となっては忘れられない思い出です。

| Minigarage | 言語(言葉) | 14:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ナイルキニックスタジアム

随分前の話ですが、早稲田大学70年史を見ていて、昭和21年〜24年頃の競技会結果(記録)欄に試合会場「ナイルキニック」という大会が頻繁にありまして、これはどこのことかなぁと言う疑問があったのですが、その頃はまだインターネットもなく調べるのも面倒で疑問がそのままになっていました。
昨日、NHK総合テレビで放送されていた『ファミリーヒストリー「瀬古利彦〜インド洋に向かった父 オリンピックの記憶〜」』を見てたら「ナイルキニックスタジアム」が出てきまして、長年の疑問が一気に解決しました。
ナイル・キニック・スタジアムというのは、明治神宮外苑競技場(現在建設中の新国立競技場の前の前)が終戦後GHQに接収されて改名された名前でした。戦時中の学徒出陣壮行会が明治神宮外苑競技場で行われたなどという話は歴史の教科書に載っていたような気がします。
ちなみに、「ナイル・キニック」というのは1939年にハイズマン賞を受賞したアイオワ大学出身のアメフト選手で、第2次世界大戦中に海軍パイロットとしての飛行訓練中に事故死してます。

| Minigarage | 陸上競技関連の話題 | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
 シメジとベーコンのペペロンチーノ

今日のランチは、シメジとベーコンのペペロンチーノ。
涼しくなってくるとパスタを作る気になります。ということで簡単至極なペペロンチーノ。具材は何でもOK、冷蔵庫の在庫を適当に混ぜ合わせれば良いです。ペペロンチーノ用の鷹の爪とニンニクスライス(ともに乾燥)は常備してます。
味付けもその時の気分次第。今日は塩胡椒に醤油を少しだけ使いました。狙い通りの味で美味しかったのですが、鷹の爪を入れすぎたようで少々辛かった…舌がヒリヒリ。

| Minigarage | 自分で作った料理/オリジナルパスタ | 13:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
 第96回箱根駅伝予選会

箱根駅伝予選会が終わりました。本来、カメラを抱えて13年ぶりの予選会に臨むところでしたが、足の手術をしてまだ2週間、人並みに歩けないので、已むなくテレビ観戦。
事前に某陸上競技専門誌の展望に、『過去の実績と5000m・10000m・ハーフマラソンの自己記録チーム上位10人平均を考えると、明治・早稲田・東京国際・中央・神奈川・日体・城西の7校は「通過濃厚」だ。中でも明治・早稲田・東京国際は戦力的に抜けており、トップ通過が狙える“3強”と考えていいだろう』とあったので、割と楽観してたのですが、結果は危ない危ないぎりちょんのセーフでした。勝負事はやってみないと判らないというのはいつの世も同じです。
ということで、某専門誌の事前予想と結果を表と数字にしてみました。事前の評価で上位にランクされていた大学が順当に通過した中にあって、城西の落選と筑波の通過は意外でした。
ボーダーライン上にあった大学は実力通りの結果を出さないと沈んでしまうと言うのは当然と言えば当然、それだけ力が拮抗している、戦国駅伝と言われる所以です。

※駿河台大学は事前予想のランク外でした

| Minigarage | 陸上競技(駅伝) | 15:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
 新しいテレビを購入(またもや東芝レグザ)

わが家のメインTVを買い換えました。
ここのところ調子が悪くなり(具体的には、チラチラ雑音が混じるように)、ついこの間買ったばかりだと思っていたのに、もう寿命なのかと調べてみたら、アナログ放送が終了する前に購入し10年も使ってました。時の経過は早いですね。
今まで使っていたのは、東芝REGZA 32R1(32インチ) で価格は¥53,850 でした。使い慣れていたということで今回も東芝REGZA、型番が32V31と少し変わりましたが、操作方法も殆ど変化はなく新しく買い換えたという感じもしません(笑)。
購入価格は¥40,699でしたので、随分安くなったなぁと。しかもダブルチューナー搭載機種ですので、2番組を同時録画することが出来るようになりました。(これは奥さんのリクエスト)

| Minigarage | 買い物(生活家電) | 11:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ニホントカゲ

9月下旬に撮ったトカゲです。キビタキを撮るため待ってた時に現れました。
丁度その時保育園児の一行が歩いていて、付き添ってた女性の保育士さんがこのトカゲを見かけて「うわ〜カナヘビだ〜!」と言ってたので、よく知ってるなぁと感心しながら保育園児一行を見送ったのですが、家に帰って確認したら「ニホントカゲ」でした(笑)。
カラダに光沢があるのが「ニホントカゲ」(有隣目トカゲ科トカゲ属)、光沢がなくザラザラしたのが「ニホンカナヘビ」(有隣目カナヘビ科カナヘビ属)です。科も属も違うので近い仲間じゃないのでしょうか?素人目には光沢があるかないかの違いしか感じませんが…
ソロリソロリと歩いて消え去りました。追っかけるほどのものじゃないので、そのまま見送りました。

近すぎて、ピントが顔じゃなく足あたりにあっちゃいました…

| Minigarage | 爬虫類 | 18:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
 札幌ラーメン信玄こく味噌味
今日は、「天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律」とやらで臨時休日。テレビはNHKどころか民放各局も「即位礼正殿の儀」に関する番組ばかりです。NHKはともかく、民放は事前の話し合いでどこか1局に絞っても良さそうなもの。スポーツ中継なら放映権の問題で1局だけなのに、これは放映権料関係ないですからね(笑)。
加えて、今日の関東地方は朝からずっと雨模様。台風19号の被災状況を鑑みパレードを延期したのは、偶然とは言え良かったんじゃないかと。
それはさておき。雨の中買い物に出るのも億劫なので(足が不自由ってこともありますけど)、家の在庫でランチ。
奥さんがお土産で頂いてきた「札幌ラーメン信玄こく味噌味」です。北海道石狩市に本店があるラーメン屋さんのようです。
麺は生だったのですが、これを食べてて、乾麺(ラ王や正麺)のレベルの高さを実感しました。
| Minigarage | 自分で作った料理/ラーメン,その他 | 15:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
 強剛母趾、手術後のレントゲン写真

手術後のレントゲン写真(左)です。手術直後(まだ麻酔が効いていて眠ってる状態)に撮ったようです。意識が戻って以降レントゲンを撮った記憶がないから…
看護師さん?が押さえてたのか手が写ってます。金属のボルトが写ってますが、骨を切断した後このボルトで固定したみたい。今後も入れっ放しみたい…
骨(第一中足骨)を切断してるので、親指が少し短くなったようです。ボクの場合、左右の足を比べると元々左が少し短かったので更に差がつきました。
写真右は比較のための術前写真です。

横からの撮影

| Minigarage | 医療・健康(強剛母趾・外反母趾) | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
 リスアカネ(♂)

退院はしたものの足が足枷で、流石に写真撮影の外出は自粛。なので以前に撮って未公開の写真を。(撮ったまま後記するタイミングを逃して or 忘れててお蔵入りした写真は沢山あります(笑))

9月末に撮ったリスアカネ(♂)です(だと思います)。アカネ属のトンボの一種で、翅の先端にある褐色の斑紋が目立つ中型の“赤とんぼ”。
翅の先が茶色い赤とんぼということではコノシメトンボと似てますが、足や翅の付け根がある胸部が赤いか赤くないかで区別できます。

| Minigarage | 昆虫(トンボ) | 16:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブログカレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ