そりゃあ閑話(ボク的デキゴトロジー)
【内容】このBlogを始めた当初は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。ここ数年の傾向としては、冬(秋〜春)は冬鳥を中心とした野鳥、夏(春〜秋)は昆虫と花の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターもチャンスがあれば撮ってます
【閑話】つまりは無駄話 
【効用】せいぜい暇潰し程度でしかありませんが、お付き合いいただける方はどうぞ御緩りと
 セブンの「金のビーフカレー」

今日のランチは金のビーフカレー。午前中、雨が降ってたので、出掛け(買い出しや外食など)たくなかったので、冷蔵庫の在庫で対応しました。
セブンイレブンで売ってるパックのカレーですが、煮込んだ牛肉が沢山入ってる、398円(税込)もする高級カレーです。レトルトカレーの中では秀逸だと思います。ただ…食べてる最中に、先日食べた松屋のごろごろ煮込みチキンカレーと比べてしまいました。
松屋のごろごろ…カレーは、590円(税込)で、ライス・味噌汁付き。チキンとビーフの違いもありますし、パック売りのレトルトカレーと違い、店頭じゃないと食べられませんので比較が難しいのですが、どっちに軍配を上げるかと言えば、「ごろごろ煮込みチキンカレー」。
また近々に食べに行こうと思います。
因みに、写真の目玉焼きはボクのトッピングです。カレーに半熟卵は良く合います。

| Minigarage | 外食料理・中食(弁当など) | 13:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ヒメフウロ(姫風露)

今年もヒメフウロ(姫風露)の花が咲きました。フウロソウ科フウロソウ属の越年草。例年はGW明け頃なのですが、今年はこの花も早いです。(撮影したのは4月19日)
ボクのお気に入りのひとつで、この花が咲くと毎年撮ってしまいます。直径2 cm程の小さな花です。
本来は

『アジア、ヨーロッパ、北アメリカなどの北半球の温帯域に広く分布する。日本では伊吹山、鈴鹿山脈北部の霊仙山など、養老山地北部、四国剣山の一部地域のみに分布する。山地帯の日当たりのよい石灰岩地質に生える(Wikipedia)』

ということなのですが、ハーブ・ロバートという名で園芸店で売られてるようで、ネット通販もされてます。

| Minigarage | 植物(草本・フウロソウ科) | 19:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
 春キャベツのペペロンチーノ

今日のランチ、春キャベツのペペロンチーノを作ってみました。
昨日読んでたビッグコミックオリジナルの「深夜食堂」“春キャベツのペペロンチーノ、パスタ抜き”が載っていたので、食べたくなりまして…深夜じゃなくてランチなのでパスタ入り(笑)。
麺が焼きそばだったらソースで味付けすることろですが、パスタなのでニンニクスライスと鷹の爪をオリーブオイルで焼いたところへ茹でたパスタを入れて、塩胡椒で味付けです。

| Minigarage | 自分で作った料理(パスタ系) | 15:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
 七種競技

週末の2日間、駒沢競技場で過ごしました。
TOKYO Combined Events Meet 2018 という名で開催された、日本グランプリシリーズの混成競技会(男子の十種競技と女子の七種競技)に出場した後輩の写真撮影が目的でした。
1名だけの撮影に2日間を費やしたのは久し振りです。5-6年前に日本選手権の混成競技会を撮りに行って以来です。
写真は、女子七種競技終了後の記念撮影です。最近の混成競技会では、このパターンが多くなりました。戦い済んで…というやつです。皆、良い笑顔をしています。
七種競技(ヘプタスロン)は1日目:100mH・走高跳・砲丸投・200m、2日目:走幅跳・やり投・800mの合計得点で争われます。
因みに、十種競技(デカスロン)は1日目:100m・走幅跳・砲丸投・走高跳・400m、2日目:110mH・円盤投・棒高跳・やり投・1500mですが、一人で多種目をこなすのは大変。練習も大変ですし、用具(スパイクや投てきシューズ)を揃えるのも大変です。だからこそ、やりがいがあるのかも…

| Minigarage | 陸上競技(Track & Field) | 19:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
 松屋のチキンごろごろカレー

今日のランチ、松屋のゴロゴロチキンカレー。一度食べたいと思ってましたが、美味しいです。
ライスとカレーが別皿で出てきましたが全部かけ。でも、隣で食べてた人はスプーンに取ったライスをカレーに浸して食べてました。それもありかな?と。
結構、人気メニューになってるみたいです。

| Minigarage | 外食料理・中食(弁当など) | 15:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
 クサノオウ(瘡の王)

近所で見つけたクサノオウ(瘡の王)です。だと思います、たぶん…
ケシ科の越年草。黄色い花弁は4枚で花の直径は3cmほど。青虫のような雌しべが特徴です。
茎や葉を切ると黄色の乳液が出ますが、多種のアルカロイド成分が含まれていて強い毒性があり、皮膚に触れると炎症を起しますし、皮膚の弱い人は葉や茎に触れるとかぶれる危険があるそうです。
古くから主に民間療法において薬草として使用されてきたということで、いぼ取りや、水虫、インキンタムシといった皮膚疾患、外傷の手当てに対して使用されたそうです。皮膚疾患に有効な薬草という意味で“瘡(くさ)の王”だとか。瘡は皮膚のことです。

| Minigarage | 植物(草本・ケシ科) | 20:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
 エビを食べる(呑み込む)カワセミ

久し振りにカワセミ。
善福寺川沿いを歩いていたら、2羽のカワセミが川面を這うように飛んできて、目の前の土手の茂みに飛び込んでいきました。カワセミは土手や切り立った崖に横穴を掘って巣を作りますが、ここに巣穴があるのか?と暫く待ってたら、1羽が飛び出してきたので、追いかけました。
で、停まった場所に駆けつけたら、水中へダイビング。その瞬間は撮り逃しましたが、獲物を捕まえたようで、食べる(呑み込む)瞬間がこの写真です。ザリガニかなと思ったのですが、拡大してみたらエビ(ヌマエビもしくはカワエビ?)のようでした。
カワセミの目が濁ってるような感じがしますが、これは瞬膜を閉じてるんだと思います。瞬膜とは、「まぶたとは別に水平方向に動いて眼球を保護する透明又は半透明の膜」で、両生類や魚類の一部(サメの仲間)、及び鳥類、爬虫類が瞬膜を持ってます。哺乳類でもラクダやホッキョクグマ、アシカやアザラシも瞬膜を持ってます。カワセミは水中に飛び込む時に瞬膜を閉じて目を保護します。ゴーグルのようなものですね。
因みに、この個体はメスです。

| Minigarage | 野鳥(カワセミ・メス) | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
 タツナミソウ(立浪草)

タツナミソウが咲いてました。地下茎を伸ばすシソ科の多年草なので、毎年同じ場所に咲きますが、例年は4月下旬から5月上旬に見かけます。今年は、どの花も開花時期が1-2週間早まってるようで、5月に開花するツツジももう咲いてます。
原産地は東南アジアで日本も含まれてて、国産種とも言えます。
見たとおり“波立つような”花、立浪草というのは直球のネーミングです。花の色は他にも白やピンクがあるようですが、ピンクは見たことがありません。平地から低山の草原や道端、森林内の開けた場所などに生えるということですが、この写真を撮ったのは民家の生け垣の足元でしたので、自生では無いと思います。

| Minigarage | 植物(シソ目シソ科) | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
 煎餅屋(はとや)が閉店

中野駅南口商店街にある煎餅屋さんが「閉店」してました。
昔からある店ですが、いつも前を通るだけ。入ったことも買ったことも、店の名前さえも知らなかったほどですが、閉店したと聞くと寂しい感じがします。
地方の「シャッター通り商店街」ではなく、中野駅前ですからいずれ新しい店がオープンすると思います。古くからある店が徐々に無くなっていくのは寂しい気もしますが、次に出来る店が何なのかは楽しみでもあります。コンビニはもう飽和状態、場所柄やはり飲食店じゃないでしょうか?
ちなみに、この店の対面には、つけ麺発祥の店「大勝軒」があります。

 

| Minigarage | 店舗・流通 | 13:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
 最後まで残る冬鳥

渡りをする冬鳥は殆ど居なくなり、ツバメなどの夏鳥が既にやって来てますが、ツグミはまだ居ます。ほかにも水鳥ではコガモがまだ残ってます。両者とも北へ帰るのは毎年遅いのですが、もうそろそろという感じでしょうか。
先週まで(2週間ほど)1羽だけ善福寺川に迷い込んでいたオカヨシガモは居なくなりました。それに1羽だけ残っていたオスのキンクロハジロもいつの間にか居なくなりました。良かった…

| Minigarage | 野鳥(ヒタキ科ツグミ) | 16:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
 つくば航空のRobinson R44

今日の午前中、このヘリコプターが杉並〜中野上空を飛んでました。南北方向に行ったり来たり、しかも徐々に西から東へ移動しながらで、ボクの歩くスピードと歩調を合わせてるように何度も上空を通過。
たぶん、撮影でもしてたのでしょう。シンプルな機体の形からして、ロビンソンのヘリコプターかな?と推測。機体のペイントは見慣れないものだったので、一応記録を残しておくべく撮影しておきました。
帰宅後確認したら、予想通りロビンソン・ヘリコプター社(米国)製のRobinson R44 Clipper IIという「つくば航空」が運航する4人乗りの小型ヘリコプターでした。
「つくば航空」は“つくばヘリポート(茨城県)”をベースに6機のヘリコプターで航空事業を展開する会社(トモヱ乳業の子会社)。

| Minigarage | ヘリコプター(民間機) | 18:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
 モンキチョウ

白っぽい翅の蝶だったのでモンシロチョウかなと思ったのですが、特徴(翅の周囲や脚や触角がピンクで目が黄緑など)からしてモンキチョウのようです、たぶん…
Web上の蝶図鑑には「メスには、白っぽいタイプもいる」とありました。

| Minigarage | 昆虫(蝶−シロチョウ科) | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
 シュロの花

シュロの木に黄色い実のような物が付いてるのを見つけました。春先の今頃に実がなるワケはないので花かな?と。
シュロに花が咲くの?と一瞬思ったのですが、植物ですから花が咲くのは当然です。
調べてみたら、シュロは雌雄異株・雌雄異花で、これは雄株・雄花のようです。
シュロはヤシ科の常緑高木で南国のイメージがあるのですが、意外に耐寒性もあるので、東北地方でも生育するようです。

近寄った写真を見ると、実のような丸いツブツブ一つ一つが花で開花してるのもありました。
改めて、シュロも花が咲くんだと。こうなると、雌株・雌花も見てみたいものです。

| Minigarage | 植物(常緑樹) | 15:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
 羽根を咥えたムクドリ

ムクドリが何かを咥えていたので撮ってみたら、鳥の羽根のようでした。時季的には、巣作りの材料を集めてるんじゃないかと推測出来ます。
ムクドリは家の戸袋などに巣を作ることがありますが、巣はダニが大量発生、坩堝になるので要注意です。

一緒に居たもう1羽も枝らしきものを咥えてました。たぶん番いでしょう。

| Minigarage | 野鳥(ムクドリ) | 15:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
 キアゲハ

善福寺川沿いでタンポポの蜜を吸う蝶を見かけました。たぶん、キアゲハ(黄揚羽)だと思います。
ナミアゲハとともに日本全国で最もよく見られるアゲハチョウですが、ナミアゲハより黄色っぽいのと、前翅のつけ根が黒ずんだ色彩で塗りつぶされたようになっている(ナミアゲハは縞模様)で区別出来ます。ま、どっちでも良いんですけど…😄
この蝶は蛹で越冬するので、今春孵化したばかりのはずです。

図鑑に載ってる写真のように翅を広げた姿勢ですが、前翅の付け根がQRコードのように黒ずんでるとろがナミアゲハと違う点です。すでに、後翅が一部傷ついてますね。

| Minigarage | 昆虫(蝶−アゲハチョウ科) | 14:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
 再び、コチドリ(小千鳥)

コチドリ(小千鳥)、再びです。
4月4日以来、10日ぶりに姿を見ました。この間、何度か探しましたが見つからず。繁殖(巣作り)出来る場所へ移動したと思ってましたがまだ居ました。 善福寺川での滞在は2週間ほどになります。ただ、ここら辺りでは巣作り出来る場所は無いような気がしますが…
この個体はメスだと思います。過眼線(眼を中心に、前後方向に入る帯状の模様)が、褐色味を帯びた黒というのが判断材料です。

こちらの個体は過眼線が黒いのでオスだと思います。
肉眼だと見分けづらいのですが、写真で見比べると違いがわかります。
モズもオスの過眼線が黒いのでですが、メスとの違いがハッキリしてるので肉眼でも容易に見分けられます。過眼線でオスメスが見分けられる鳥は他にも沢山あります。

ところで、チドリ類の足指は3本しかありません。後ろ向きの1本は退化したようですが、水辺を歩き回るにはこの方が好都合のようです。
鳥類の足指は一般的には4本です。多くは前3本後ろ1本ですが、インコ・オウム類は前後ろ2本ずつです。因みにダチョウは2本指です。

| Minigarage | 野鳥(チドリ目) | 18:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
 米国陸軍のヘリコプター

善福寺川沿いを歩いていたら、ヘリコプターが異常に低空飛行してました。
塗装の色からして陸上自衛隊かと思ったのですが、陸自のヘリはこんな低空飛行するはずがない…と写真を拡大して確認してみたら「UNITED STATES ARMY」の文字、アメリカ陸軍のヘリコプターでした。航空法では300m以下での低空飛行は出来ないのですが、在日米軍は治外法権。
在日アメリカ陸軍司令部はキャンプ座間に置かれてます(実力部隊は駐屯せず司令部のみの兵站基地)。
低空飛行してたので至近距離(と言っても100m以上)で、鮮明な画像で撮影出来ましたが、残念ながらこの角度だと尾翼に書かれてる機体番号が見えません。機体のカタチからして、たぶんシコルスキーのSikorsky S-70 (H-60 Black Hawk/Seahawk)という中型機だと思います。日本には7機ほどが配備されてるようです。
空軍や海軍と違い、実行部隊のいない司令部だけですので、日本には陸軍の航空機は40機ほどしかありません。そういう意味では貴重な写真かも…
因みに、両側に付いてるのは兵器ではなく、燃料タンクだと思います。

米国陸軍のヘリ(Sikorsky S-70)

| Minigarage | 米軍機(ジェット・プロペラ・ヘリ) | 18:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ツバメの泥集め

善福寺川で巣の材料(泥)を集めるツバメを狙ってみました。
川の上をツバメが飛んでいたので、たぶん泥を取りに降りてくるだろうと、降りてきそうな場所(つまり泥がある所)へカメラを向けて待ってたら、予想通り降り立ちました。
ツバメは泥と藁(枯れ草)を唾液で固めて巣を造ります。
ツバメは翼が大きく飛行が得意ですが、この写真を見ても翼が大きいのがよく判ります。スズメなどとは違い自由自在に飛び回ってますもんね。
因みに、足は短く歩行は不得意なので、巣材の泥を集める時以外は地面に降りることは滅多にないそう。そういう意味では、これは結構珍しいシーンかもしれません。

泥を集めてるツバメを撮っていたら、その前にもう1羽が降り立ちました。
ツバメは番いで巣作りをするというので、この2羽は番いでしょう。どちらがオスでどちらがメスかは判りません。
(オスの方が尾羽が長いそうですが、この写真では比較が難しいです)

飛び立った瞬間ですが、翼が大きいのがよく判ります。シャッタースピードは1/1600秒でしたが、遅すぎでした。

| Minigarage | 野鳥(ツバメ) | 18:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
 オオアラセイトウ(大紫羅欄花)

今の時季、路地隅や民家の庭隅、公園の片隅などでよく見かける花、オオアラセイトウ(大紫羅欄花)です。
アブラナ科の越年草で原産地は中国、日本には江戸時代に輸入されて栽培されたものが野生化し、「雑草」となりましたが(笑)、割と綺麗な花です。
ハナダイコンと呼ばれることもあり、ハナダイコンで画像検索するとこの花も出てきますが、ハナダイコンは別種です。ボクも最初はハナダイコンとしてBlogやこのFBに写真を掲載したことがありますが、間違いです。(訂正するのも面倒なのでそのままにしてありますけど…😅) オオアラセイトウ(大紫羅欄花)です。
大根の花は白いのですが、形はよく似てます。

| Minigarage | 植物(草本・アブラナ科) | 17:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
 獲物を捕らえたコサギ

コサギがザリガニ(?)を捕らえてました。
この時季。コサギの嘴元はピンク色になってます。繁殖時期の婚姻色と呼ばれてます。足(指先)も本来黄色いのですが、この時季は赤っぽく変化します。
善福寺川には10羽以上のコサギがいます。それだけ食料が豊富ってことだと思います。

| Minigarage | 野鳥(サギ科コサギ) | 12:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
 警視庁の大型ヘリ「おおぞら2号」再び

先週末(7日の土曜日)に慶応義塾日吉競技場(横浜市港北区)で行われた東京六大学陸上の最中に撮ったヘリコプターです。
撮影時には形と塗装から警察ヘリだと予想はついたのですが、確認してる余裕はありませんでした。
PCで拡大してみたら、予想通り警視庁の「おおぞら2号」、シコルスキー・エアクラフト社(米国)製の汎用大型ヘリコプターSikorsky S-92でした。
5日にも杉並区上空を飛んでたのを撮りましたが、警視庁のヘリが何用で神奈川県を飛んでたのかは判りません。南へ向かってました。

| Minigarage | ヘリコプター(警察) | 09:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ツマキチョウ(褄黄蝶)

白い蝶がヒラヒラと飛んでいたので、モンシロチョウだろうなと眺めていたのですが、花に留まったら、翅のエッジが黄色く、「あっ!」と慌ててカメラを向けました。
モンシロチョウでなくてツマキチョウ(褄黄蝶)です。褄は端の意味で、“翅の端が黄色い蝶”という直球のネーミング。チョウ目シロチョウ科でモンシロチョウなどに近いのですが、春先(3-5月)しか見られない蝶です。日本全国に分布してて珍しくはないのですが、季節限定なのと、飛んでる状態ではモンシロチョウと見分けがつきづらいので、気がつかないことが多いのでは。もっとも、蝶に興味がない人(圧倒的多数?)には蝶の種類などどうでも良いことかも…
毎年春先に見かけてたのですが、なかなか留まってくれず写真を撮れませんでした。初めてゲット出来ました。
ちなみに、褄が黄色いのはオス(♂)で、メスの褄は黄色くないので、更に見分けづらいのです。
専門家によるとモンシロチョウとは飛び方が違うので、飛び方で見分けがつくそうです。

翅の裏側はモンシロチョウとは明確に違ます。唐草模様というか「草ずり模様」というそうです。
翅を閉じて草むらに留まっていると、草に紛れて見分けがつかないでしょう。

黄色い褄にピントが合ってる写真。

| Minigarage | 昆虫(蝶−シロチョウ科) | 13:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
 政府専用機(ヘリコプター)

今日の午前中、なぜかこのヘリコプターが杉並区上空を旋回しながら飛んでました。
陸上自衛隊のEurocopter EC225 Super Pumaという機種で木更津駐屯地にある中央即応集団第1ヘリコプター団の特別輸送ヘリコプターです。政府専用機のVIP輸送用ペリコプターで総理大臣や天皇陛下が海外へ出掛ける時に使う専用機B747と同様に陸上自衛隊が運用しています。
何用だったのかは不明です。
今日は、写真撮影のつもりはなく、「でも念のために」と持っていたニコンのネオ一眼(COOLPIX P900)で撮りました。このカメラ、月撮りなど超望遠には強いのですが、動いてる被写体を撮るのは超苦手。殆ど失敗ばかりでしたが、この2枚は何とか観られるカットでしたので公開します。

| Minigarage | 自衛隊機(ジェット・プロペラ・ヘリ) | 15:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ウグイス

3月末に平和公園市民の森(名古屋市千種区)で撮ったウグイスです。なぜかupするタイミングを逃してしまい、忘れていた写真ですが、このままお蔵入りするのも勿体ないので公開します。
ボクの写真を見ていただいてる方には、「またウグイスか…」という印象があるかと思いますが、確かにその通りなんですが😅、ウグイスを観るのも、ましてや撮るのは結構難しいんです。
今の時季、「ホ〜ホケキョ」という囀りは聞く機会はよくありますが、鳴き声は聞こえても姿を見せないのがウグイスです。ま、さほど姿が綺麗な鳥ではないので、こんなモノかという感じでしょうけど…😅
ウグイスの地鳴き(チェチェチェ)を聞いて、音源を探して、影を見つけ、茂みから出てくるのを期待しながら音源と影を追いかけ(ウグイスってじっとしてない鳥で茂みの中を結構移動するのです)、撮影チャンスを待つのは、ゲームをしてるような感覚です。勝率は高くないのですが、たまに(この写真のように)姿を捉えた時は、勝利感があります。

| Minigarage | 野鳥(ウグイス) | 19:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
 鶏モモ肉の照り焼き

昨夜の逸品(一品)、久し振りに鶏モモ肉の照り焼きを作ってみました。
作ると言っても、醤油ベースの垂れに半日ほど漬け込んだムネ肉をノンフライヤーで10分ほど加熱しただけです。超簡単料理ですが、ジューシーに仕上がって美味です。

ノンフライヤーは油を使わないどころか、肉中の余分な脂が出るので肉がヘルシーになります。
ただ、肉から出た(ノンフライヤーの容器内部に溜まった)脂の後始末(洗うの)がとても厄介でした。
そこで、ボクの対策ですが、容器の底にアルミホイルを敷き詰めてます。脂が冷えて固まってから、この様に取り出して、ポリ袋に入れてゴミ箱へポイ! 容器には脂が付かないので洗う必要もなく楽チンです。

| Minigarage | 自分で作った料理(肉系) | 19:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
 御衣黄(ギョイコウ)と鬱金(ウコン)桜

ソメイヨシノが終わると、このサクラ、御衣黄(ギョイコウ)の出番です。
ソメイヨシノが満開を迎えた頃、御衣黄が咲き出し、ソメイヨシノが散った頃、御衣黄は満開になるという毎年のパターンです。
御衣黄の花は開花直後は緑色で、徐々に中心部が赤く(ピンクに)なり、満開の今はこんな状態です。サトザクラ系の品種なので葉も一緒に開きます。花が緑色なのは、花弁に葉緑素があるからだそうです。
…と毎年同じようなことを書いてる気がします(笑)。
この木は近所の小学校にありまして、カナリの老木ですが、新しい枝には沢山の花が咲いてます。

同じ系統の桜で、これは鬱金(ウコン)桜です。
緑の御衣黄に対して鬱金は薄い黄色。同じように徐々にピンクになります。これもほぼ満開状態。
これも近所に1本だけ、民家の庭に咲いてます。
ソメイヨシノは何処でも見られるので、桜はこの鬱金や御衣黄を花を見るのが毎年の楽しみです。

| Minigarage | 植物(サクラ−鬱金・御衣黄) | 19:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
 警視庁の「おおぞら2号」

このヘリコプターは警視庁の大型ヘリコプター「おおぞら2号」です。
撮影時は逆光で機体が黒く写ってたので機種は判らなかったのですが、帰宅後にPCで画像補正したら「JA02MP」が読み取れました。
警視庁のヘリコプターは14機あり、2機だけ撮ったことがない機体がありまして、その内の1機がこれ、初めての撮影です。もう少し良い条件で撮りたかったのですが、撮れただけで良しとしておきます。
シコルスキー・エアクラフト社(米国)製の汎用大型ヘリコプターSikorsky S-92で乗員を除き、19名の乗客を乗せられると。
これで、残るは「おおぞら1号」です。

| Minigarage | ヘリコプター(警察) | 19:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
 オカヨシガモ

善福寺川で見慣れないカモが居るのに気づきました。
オナガガモが3週間ほど前に居なくなり(シベリアへ旅立った)、キンクロハジロも姿が消え、一番遅くまでいるコガモとカルガモ(これは留鳥なので年中います)だけの中、このカモがポツンと1羽だけ。
調べてみたら、オカヨシガモの ♂ でした。内陸の湖沼に飛来する冬鳥で、飛来数は少ないようです。
カモは単独行動ではなく数羽(〜数十羽)で群れるので、なぜ今時1羽だけ善福寺川にいるのかと? 推測するに、北(シベリア)へ渡る途中、仲間と逸れて、一時的にここへ緊急着陸したのではないかと。だとすると、休息し英気を養った後再び旅立つと思います。でも、どこかで仲間と合流しないと単独で海を渡るのは厳しいように思います。

| Minigarage | 野鳥(カモ目カモ科) | 14:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
 クマバチ

早くもクマバチがあちこちで飛び回ってます。ホバーリングしてる時があると、狙ってみるのですが、被写体が小さいのでピントを合わせるのが難しく、未だ成功したことがありません。この様に吸蜜のために留まってくれると撮影は簡単なんですけどね。
クマンバチなどとも呼ばれますがクマバチは総称で500種もあるそう。代表的なのはこのキムネクマバチ。ブーンと大きな音を立てて飛びますが、恐怖心を与えるための威嚇音でしょう。でも、温厚な性格で人には無関心。オスは針もないので刺されることもありません。ただ、偶然巣に近づいたりするとメスに刺されることもあるようです。
今の時季に飛び回ってるのは成虫で越冬した個体だと思います。【ハチ目ミツバチ科】

| Minigarage | 昆虫(ハチ・蜂・ハエ) | 19:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
 新日本ヘリコプターのBell 407

久し振りのヘリコプター写真です。
ヘリコプターのエンジン音が聞こえるとカメラを構える癖はついてしまってますが、東京上空を飛んでるヘリコプターの7−8割は警視庁か東京消防庁。外見で判ってしまうので撮らず仕舞いが殆どです。(殆どの機種を撮ってしまったので…)
ということで、このヘリコプターは初めてです。新日本ヘリコプター所有のBell 407型(JA6410)。6人乗りの小型汎用ヘリコプターです。
新日本ヘリコプターは東京電力系の航空会社でヘリコプター15機を運用中。送電線パトロールや資材運送などを行ってるようです。

| Minigarage | ヘリコプター(民間機) | 18:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
日捲りカレンダー
 
天気予報
ブログカレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

  

  ところで…
  


このページの先頭へ