そりゃあ閑話(ボク的デキゴトロジー)
【内容】このBlogを始めた当初は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。ここ数年の傾向としては、冬(秋〜春)は冬鳥を中心とした野鳥、夏(春〜秋)は昆虫と花の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターもチャンスがあれば撮ってます
【閑話】つまりは無駄話 
【効用】せいぜい暇潰し程度でしかありませんが、お付き合いいただける方はどうぞ御緩りと
 イソシギ

イソシギです。チドリ目シギ科で、シギ科に属する96種(日本には50種弱)のうち、最もポピュラーなのがこのイソシギではないかと。留鳥で日本全国に分布しますが、干潟や海岸、湖沼、河川、水田などあらゆる水辺で見られるシギは、イソシギだけだそうです。
実家近くを流れる香流川(名古屋市名東区)では4-5回、ホームコースの善福寺川でも1回見かけたことがありますが、この場所では年中いつでも見られるようです。この日も何度も(たぶん違う個体)見かけました。
尾を上下に振りながら歩くのが特徴ですが、その様子はセキレイも似ています。大きさはセキレイよりカナリ大きく、ムクドリほど。
この写真では判りづらいのですが、嘴の先をよく見ると獲物(水性昆虫?)を捕まえてます。

食性は動物食で、主に昆虫を食べるが、甲殻類、軟体動物も食べる。獲物は水辺を徘徊したり泳ぎながら捕食する、と。

| Minigarage | 野鳥(チドリ目) | 19:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
 イカルチドリ

イカルチドリ(桑鳲千鳥)、だそうです。撮ってた人が教えてくれました。留鳥でここには年中いて、さほど珍しくはないそうですが、ボク的には「新種」です。【チドリ目チドリ科チドリ属】
外見では雄雌の区別はつかないそうです。大きさは20cm程ですからムクドリくらい(ムクドリを知らない人には例えになりませんけど…)。
動物食でここで水生昆虫などを探してるんだと思います。
“イカル”は古語で「大きい・厳めしい」の意だそうです。○○チドリと呼ばれる種類(コチドリ・シロチドリなど)の中では一回り大きいので名付けられたのかも。でもオオチドリはイカルチドリより大きいです(笑)。
ところで、酔っ払いがフラフラ歩く様を「千鳥足」と言いますが、チドリが歩く様子が語源のようです。でも、チドリはフラフラしてません。ジグザグに歩くことがありますがしっかりした足取りです(笑)。

獲物を捕まえたようです。
チドリは趾(あしゆび)に特徴があります。鳥の趾4本で、前3本後ろ1本(これが一般的)や前2本後2本(猛禽類に多い)などが多いです。写真のようにチドリは前3本だけです。
ちなみに、カワウは前向き4本で水かきが付いてるので、歩き方はヨロヨロしてるように見えます。

広げた翼を閉じる直前、チョット変わったポーズで撮れました。

| Minigarage | 野鳥(チドリ目) | 19:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ワカケインコの大群

昨日の夕方、善福寺川沿いを歩いてたら落葉高木に沢山の鳥が集まってました。
ギーギーと煩い鳴き声と、長い尾の特徴からしてオナガかなと思ったのですが、帰宅後PCで確認したら、ワカケホンセイインコでした。
普段は数羽から10羽ほどの群れで居ることが多いのですが、異常な大群でした。写真に写ってるだけでも100羽以上、写真に入りきらないのも併せると200羽以上だったのではないかと思います。
時刻は17時30分頃。ここを塒(ねぐら)にしてる(た)のかどうかは定かではありませんが、付近の民家は煩くてしょうがない状態だと思います。
元々は日本にいない外来種で、ペットとして輸入され、飼育されてたものが逃げ出して野生化した「かご脱け鳥」です。インドやスリランカに分布してますが、カゴ抜け野生化は世界中で発生してるようです。

| Minigarage | 野鳥(ホンセイインコ) | 17:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
 カシラダカとホオジロ

これはカシラダカだと思います。ホオジロ科の冬鳥でボク自身は2度目の遭遇。地面に降りてる鳥は警戒心が強く、なかなか近寄らせてくれません。これが限界でした。
カシラダカの冬羽は雄雌よく似てるので区別がつき辛いようです。

こちらは近くで見かけたホオジロ。(メスだと思います)
樹上だと、人が近寄れないことを知ってるのか、割と近寄れます。

| Minigarage | 野鳥(ホオジロ科) | 14:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ホオジロガモ

ホオジロガモ(カモ目カモ科)です。オスの頬に白い模様があることから付けられた判り易い名前です。
冬鳥としてシベリヤからやって来ます。東北から北海道に多く飛来しますが関東地方でも見られます。しかも、東京都下でも!
1月中旬にコハクチョウを撮りに行った際、深谷市の荒川へ探しに行ったのですが、メス1羽だけしか撮れずでした。今日はオス・メスともに撮影成功!

メスの頬は白くありません。

メートルの移動で一瞬飛びました。予想外の動きで辛うじて着水に間に合いました。前がオスで後ろがメス。
羽根はどちらも白い部分があります。

| Minigarage | 野鳥(カモ目カモ科) | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
 一脚を買い換えました

【この記事は、自分用の備忘録です】

今まで鳥撮り用に使ってた一脚(Velbon の ULTRA STICK SUPER 8)を買い換えました。この一脚は3年前(2015年2月)に当時使ってたカメラ(PoweShot SX60 HS)用に購入した物で、現在持ち歩いてるカメラ(EOS 7D Mark)とレンズ(EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+テレコン1.4×)を支えるには少々非力(耐荷重は3kg)。それと気分転換で買い換えた次第です。
新しい一脚は、SIRUI P-326。カーボン製で、耐荷重10kgですから充分です。希望小売価格は16,500円ですが、実勢価格は8,000円程度。今まで使ってた一脚を売る関係で、フジヤカメラで購入しました(新品・税込8,860円)。雲台は以前に購入したまま使ってなかったVANGUARD ABH-120K を取り付けてます。これは、2016年12月にフジヤカメラで購入(中古・8,640円)。当時新品は定価35,500円で、実勢価格は16,000円程度でした。耐荷重20kg。
ちなみに、Velbon ULTRA STICK SUPER 8 は希望小売価格13,000円ですが8,000円程で、雲台Velbon QHD-33(耐荷重2kgと更に非力)は希望小売価格4,000円を2,500円程で購入したはずです。今回 SIRUI P-326 購入と同時にフジヤカメラで売却(合計で2,300円)しました。
今回、一脚と雲台を変えたことで、持ち歩く重量が330g重くなってしまいましたが、安定感(特に雲台)はカナリ向上しました。

| Minigarage | 写真・カメラ | 18:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
 獲物を食べるトビ(鳶)

ピーヒョロロロロ…と鳴きながら上空を飛んでいたトビ(鳶、トンビとも)が木に止まったので近寄ったら、何かを食べてる様子。何を食べてるのかは判りませんでしたが、帰宅して確認したら、どうやら鳥のようでした。
写真、トビの足元には小鳥と思われる小さな足が見えてます。足で獲物をしっかり押さえつけて、身を引き千切るように毟り取り食べてました。さすが猛禽類…
タカ目タカ科トビ属。数(個体数)が多く海岸や川に行くと旋回しながら飛んでる姿をよく見かけるので、割と馴染みのある鳥じゃないでしょうか。ここも河川敷でした。

再び飛び立ったので、カメラで急いで追いかけたました。まだ食べ終わってないはずなのに…と思ったら、獲物はしっかり掴んでました。

| Minigarage | 野鳥(オオタカ以外の猛禽類) | 13:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
 長野オリンピックのマグカップ

連日のメダル獲得で大いに盛り上がってる平昌五輪、テレビニュースやワイド番組は五輪報道ばかりです。それ以外にも報道すべきニュースはあるはずなのに…そのお蔭で、少しホッとしている政治家もいるような気がします。
それはさておき、写真のマグカップは、長野五輪の記念品です。当時のオフィシャルコンピュータメーカーのロゴが入ってるので、非売品だと思います。このメーカー勤務の友人に頂いたような記憶があります。
1998年ですからもう20年も経つのですね。このカップは、以来ずっと使い続けてますが奇跡的に(?)無傷です。先程ココアを飲んでる途中でこの写真を撮りましたが、今はコーヒーを飲んでます。

 

| Minigarage | 買い物(買った物、貰い物、修理も含む) | 17:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ルリタテハ

季節外れの?昆虫(蝶)写真です。和田堀公園を歩いていたら、地面にへばり付いてて踏みつけそうになりましたが、直前で気づき、「おっとっと」という感じで避けました。
じっとしてたので、死んでるのかと思い、小枝で突いたら飛び立ち、少し移動。もう一度突いたら、飛び去ってしまいました。
名前を調べてみたら、ルリタテハでした。蝶図鑑には、『雑木林の周辺で見られ、地上に静止していることが多いが、人の気配を察するとあっという間に遠くまで飛んでいってしまう』とありました。成虫で越冬するんだそうです。
チョウ目タテハチョウ科

羽根の裏側(どっちが表か…)は、樹皮のようです。擬態してるんでしょう。

| Minigarage | 昆虫(蝶−タテハチョウ) | 17:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
 アオゲラ

これも(2月15日に)小山田緑地で撮った写真です。
歩き疲れて、そろそろ帰ろうかと言う頃、最後にまだ通ってなかった「小山田の谷」に至る木道を歩いてみたら、周囲の高木から大きなドラミング音が聞こえて来ました。聞き慣れてるコゲラよりも大きな音、頭上を見上げて音源を探してたら、「いた!」と。暗い所から上空を見上げる状況なのでも逆光気味の写真になってしまい、カメラのモニターではハッキリ確認できなかったのですが、帰宅後画像補正したら、間違いなくアオゲラでした。
この日、一番撮ってみたかったのがこれだったので目的達成ですが、欲を言えばもう少し良い条件で撮りたいです。

他にも、シロハラやモズなどお馴染みの鳥も撮ることが出来ましたが、いつも載せてる和田堀公園での写真と変わり映えしないので、今回は掲載をパスします。

| Minigarage | 野鳥(キツツキ科) | 10:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ジョウビタキ

ジョウビタキのメスです。これも昨日小山田緑地で。
ジョウビは和田堀公園でしょっちゅう撮ってるのでスルーするつもりだったのですが、あまりに至近距離(1mほど)だったので。大きければイイってもんじゃないですが、こんな超アップ写真は滅多に撮れません。左右のみカットしましたが(サイズダウンだけで)天地のトリミングはしてません。

これで3mほどの距離です。写真としてはこっちの方が良いように思います。

オスのジョウビは3回ほど出会いましたが、撮ったのはこれだけで、あとはスルーしました。なんと贅沢な…(笑)

| Minigarage | 野鳥(ヒタキ科ジョウビタキ・メス) | 18:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ビンズイ

これも、昨日小山田緑地で撮りました。
最初は、「またアオジか…」と思った(この直前にもアオジが居たのですが、和田堀公園で何度も撮ってるのでスルーしたばかり)だったのですが、ファインダーを覗いていて、「あれ?チョット違う…もしかしたら…」と。
アオジは日陰の暗い草むらが好みなのですが、この場所は陽の当たる開けた広い斜面。よく観察してたら、嘴と動作がアオジと違うことに気づきました。それに胸(腹)がアオジほど黄色くないし…
とうことで、これはビンズイだと思います、たぶん。漂鳥で繁殖地は山地、冬になると平地に降りてきます。セキレイ科で、その特徴として尾を上下に振りながらトポトポと歩きます。
因みに、アオジはホオジロ科。羽根の模様はそっくりです。

| Minigarage | 野鳥(セキレイ科) | 18:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
 たぶんホオジロ

昨日、小山田緑地で撮った写真の続きです。
ホオジロのメスじゃないかと思います。カシラダカかな?と思ったのですが、カシラダカは腹が白くゴマ模様があるので、たぶんホオジロだろうと…たぶん。カシラダカもホオジロ科なのでよく似てます。

| Minigarage | 野鳥(ホオジロ科) | 18:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
 アカゲラ

樹上のイカルを眺めてたら、ドラミング音が聞こえて来たので、音源を探したらアカゲラ(赤啄木鳥)でした(たぶん)。いわゆる「キツツキ」、留鳥です。
頭上の随分高い場所に居て、逆光気味。見つけて数枚撮ったところですぐに飛び去ってしまったので、こんな不鮮明な写真しかないのが残念!


【小山田緑地にて】

| Minigarage | 野鳥(キツツキ科) | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
 イカル(鵤)

今日は、小山田緑地(町田市)に遠征してきました。たまには、和田堀公園から出てみるのも良いかと。我が家からは約30km、車で1時間強でした。
ということで、和田堀公園ではあまり遭遇しない「イカル」に出会いました。ボク的には新種です。
アトリ科の漂鳥で夏には山の中で繁殖し、冬には平地に降りてくるようです。大きさは23cm程というので、ムクドリくらいでしょうか。(スズメは15cm程)
漢字では鵤と書きますが、角のように丈夫な嘴を持つ事に由来するとのことで、黄色い嘴は大きくて丈夫そうです。
非繁殖期は群れを形成して生活するということで、今日も20羽くらいで飛び回ってました。

| Minigarage | 野鳥(アトリ科その他) | 20:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ベトナム語対応の「ゴミ出しルール」

家の近所を歩いていたら、ベトナム語対応のゴミ出しルールが掲出してありました。
我が家がある中野区は外国人が多いという認識はありましたが、こんな掲示があるというのは、その証拠でもあるでしょう。
手元にあった区報によると、中野区の人口約33万人のうち外国人は約1万8千人、率にして約5.5%ですが、それが多いのか少ないのかを調べてみました。
東京都のそれは、3.6%なので、東京の中では中野区はカナリ多いと言えます。
全国平均は1.8%なので、東京はカナリ多いと。ちなみに、一番低いのは青森県で0.34%。ということは、中野区の5.5%は突出して多いと言っても過言ではなさそうです。

ところで、2016年からの1年間で日本人の人口は31万人減ってます。逆に外国人は15万人増えてて、全体では16万人減ですから、外国人が日本の人口減少の勢いを遅らせているとも言えそうです。
15万人増えてるうち、一番多いのはベトナム人で5万3千人、ついで中国人が3万人。と言うことは、中野区でもベトナム人はガンガン増えていると思われ、それが「ベトナム語対応のゴミ出しルール」に繋がってるんだなあと納得した次第です。

ちなみに、OECD(経済協力開発機構)に加盟している35ヶ国で、外国人が占める割合は平均8.1%という数字があります。日本は1.8%なので断トツに少ないです。米国や欧州各国のように移民を積極的に受け入れている国は多くありますが、日本は島国で移民受入には消極的。なので、こう言う数字になるのは仕方ないのかもしれませんが、人口の減少を食い止めるには外国人がキーになるような気がします。

と、ゴミ出しルールの掲示板から、結構マジメな考察をしてしまいました(笑)。

| Minigarage | 社会 | 18:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
 和田堀公園池の掻い掘り(その後)

掻い掘り中の和田堀公園池、水を抜いたのは昨年の11月上旬でした。以来ずっと水がない状態だったのですが、昨日あたりから底に溜まった泥(ヘドロ?)の搬出工事が始まりました。
当初の予定では2月末には作業が終わって、元通りに水が張られるはずだったのですが、まあ無理でしょう。いったいいつ終わるのやら?

| Minigarage | 景色・風景・建物など | 17:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
 アオジ

アオジ(ホオジロ科)は今年フツーに見られる鳥になりました。昨年までは1年に1回ほどしか遭遇出来ませんでしたが、今年はポイントに行けばカナリの高確率で遭遇出来ます。例年以上に沢山入ってるのかもしれません。
今日も、ここだけじゃなく他の場所でも遭遇しました。ただ、そこでは頭上でアオゲラの大きなドラミング音が聞こえててアオジどころじゃありませんでした(笑)。
その代わり?去年沢山いたアトリは全くですし、シメも殆ど見当たりません。野鳥とはそういうものなんでしょう。
ちなみに、これはです。

獲物(虫)を捕まえたようです。冬でも昆虫って結構いるものなんですね。

これは、地上(地面)に降りて餌を探す♂。

| Minigarage | 野鳥(ホオジロ科−アオジ) | 16:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
 今日もルリビタキ

今日もルリビタキに遭遇しました。いつもの場所です。
しかし、今日異常に感じたのは、カメラマンの数。ボクが現場に着いた時、既に10人以上が居ました。今日が祝日と言うこともあるのでしょうが、半数以上の人が知らない顔でしたので、この場所のことがブログやSNS等で広がってしまったんじゃないかと。
過去にも、カラフトムシクイやコマドリ、キビタキ等が立ち寄った時に、溢れるほどの鳥撮りさんが集まったことがあります。その時は、旅の途中に1週間ほど立ち寄っただけだったのですが、ルリビタキは暫く居ると思いますので、今後どうなることやら…

| Minigarage | 野鳥(ヒタキ科) | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ジョウビタキ(♂)

久し振りにジョウビタキのオスに遭遇しました。ここのところ、メスばかり(と言っても、たぶん同じ個体)でしたので、「こんにちは、久し振り!」と挨拶したい気分でした(笑)。

| Minigarage | 野鳥(ヒタキ科ジョウビタキ・オス) | 16:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ジョウビタキ(♀)

今日はジョウビタキ(♀)に会いました。先日、ミミズを食べるジョウビを見かけたのとほぼ同じ場所なので、同じ個体じゃないかと思います。

金網に止まってる姿を撮ろうとした瞬間に飛び立ってしまいました。
こちらに向かって飛んでくれたら良かったのに…

| Minigarage | 野鳥(ヒタキ科ジョウビタキ・メス) | 17:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
 くつろぐネコ

先日、氏素性が判明した雌の飼い猫です。今日も飼い主のオジサンに連れられて和田堀公園に遊びに来てました。
家に居る時より公園に来てる時の方が寛いでるんだそうです。それにしても、リラックスしすぎのような…
♀(女性)なので、大事な場所は尻尾で隠してます(笑)。
ちなみに、名前は「ナナ」だそうです。

| Minigarage | ネコ(飼い猫) | 18:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ルリビタキ、再び

久し振り(でもないか…)にルリビタキ()に会いました。
前回が大雪が降った後の1月25日でしたので16日ぶり。場所はほぼ同じ。なので同じ個体だと、というか、和田堀公園にいるルリビタキは1羽だけだと思います。
暫く見なかったので、もう居なくなったかなと思ってましたが、この様子だと、春になりシベリアへ帰るまで居てくれそうです。ただ、1羽だけなのでなかなか会えません。

| Minigarage | 野鳥(ヒタキ科) | 17:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ホトケノザ

♪小さい春、小さい春、小さい春みーつけた♪

今日も最低気温は氷点下、寒い毎日が続いてますが、ホトケノザが咲いてるのを見つけました。
今年は早いのかな?と思ったのですが、去年も2月11日に載せてましたので、あまり変わりませんでした。植物は春の訪れを感じてるようです。

| Minigarage | 植物(シソ目シソ科) | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
 COOLPIX P900のレンズフードを新調

先日の皆既月蝕でも活躍してくれたボクの月撮りカメラ(P900)を三脚ごと床に落下させて、レンズフードがひん曲がってしまったことは事故直後(12月31日)に報告しました。フードがひん曲がることで衝撃を吸収し、カメラ本体は無傷であったことは不幸中の幸いでした。
カメラ本体(撮影)に問題はなかったのでそのまま使い続けてたのですが、使用時に曲がったフードを見る度に何だかなぁという気持ちになり、とうとう意を決して買い直しました。
フードがひん曲がったことでレンズフィルターとのかみ合わせが締まってしまいフィルターとフォードが外れなくなったので、フィルターも新調しました。以前に装着してたフィルターは、NIKON純正品で定価4,320円。Amazonで2,738円ですが、純正品である必要もないので、安さだけで判断してwakaという聞いたことのないブランドの商品にしました。送料込みで899円!
フードは、オリジナルのカメラアクセサリーを製造・販売している八仙堂というショップで以前と同じ商品をオーダー、送料込みで2,800円でした。

ところで、このカメラ(NIKON COOLPIX P900)にはもともとレンズフードが附属していません。24mmの広角から2000mmの超望遠までカバーする特殊なレンズなので、構造上フードが付けられないのではと思います。なので、このサードパーティ製 フードは見ての通り、余計な光の入り込み(フレアやゴースト)を防ぐというフード本来の役目は果たしてません。フード的な見てくれだけ、カッコつけだけの存在です(笑)。ただ、フォードには、レンズを守ると言う役目もあり、前回は身を挺してその役目を果たしてくれたとも言えます。

| Minigarage | 写真・カメラ | 15:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
 米国空軍のヘリコプター(UH-1N)

今日も米国空軍のヘリコプターに遭遇しました。
気のせいかもしれませんが、米軍機は低い高度で飛行してるようです。そのお蔭で?被写体が近いので、画像が鮮明です。
航空法では都市などの人口密集地は高度300m、その他の地域は高度150mと定められていますが、米軍機は適応外かもしれません。治外法権というやつですね。
ちなみに、機体記号:69-6639 は、米国空軍堙調霖禄蠡阿Bell UH-1Nと言う中型ヘリコプター、人だけなら15人ほどが乗れるそうです。

| Minigarage | 米軍機(ジェット・プロペラ・ヘリ) | 15:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
 和田堀公園でよく見かける飼い猫

このネコ、和田堀公園でいつも同じ場所で見かけます。首輪を付けてるので飼い猫、どこから来るのか?と疑問に感じてましたが、今日解決−飼い主のオジサンが毎日連れてきてるのでした。そう言えば、このネコのいる場所に、いつもオジサンがいました…
そのオジサンと今日話をしたのですが、昔この近所に住んでいた頃、生まれたばかりのノラを家に連れて帰って世話したんだそうです。なので、いつも勝手に外へ行き(この公園で遊んで)返って来る生活をしてたと。でも何年か前に引っ越してからは、毎日ここへ連れてきてるんだそうです。散歩に行くよと声をかけると、自分で自転車の荷台に乗り込むそう。公園で1時間ほど過ごすと、自分から帰る仕草をするそうです。オジサンが話しかける言葉は殆ど理解してるとか…
メス猫で年齢はもう10歳以上(お婆ちゃん?)、穏やかな性格のようで、顔つきに表れてます。

| Minigarage | ネコ(飼い猫) | 19:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
 米軍のヘリコプター

和田堀公園上空を3機のヘリコプターが編隊飛行しながら通過していきました。編隊飛行するのは、自衛隊もしくは米軍だろうと思ったのですが、生憎逆光だったので画像が暗くて現場では判らず。
帰宅後に画像補正して確認したら、「NAVY」という文字が読み取れました。米国海軍のヘリコプターだと思います。空軍(AIR FORCE)のヘリは何度も撮ってますが、海軍は初めてです。方角的には厚木基地へ向かってるんじゃないかと。
機体番号が判らないので断定はできませんが、機体の外観からしてSH-60 シーホークというシコルスキー・エアクラフト社製の汎用ヘリコプターだと思います、たぶん…

これは米国空軍のヘリコプターです。96645という機体番号が読み取れるので、Bell UH-1N Twin Huey という機種で間違いありません。北へ向かってたので堙調霖呂慳瓩訶喘罎世隼廚い泙后

| Minigarage | 米軍機(ジェット・プロペラ・ヘリ) | 16:14 | comments(1) | trackbacks(0) |
 鳥撮り用の新兵器:一脚固定用ホルダー

鳥さん撮影用の新兵器です。
鳥撮りする時、カメラを手持ちで被写体にレンズを向けて構えてると、腕に負担がかかり、長時間は無理です。精々1-2分。
かといって、三脚に載せると機動性がなくなり、歩き回るボクのスタイルには向きません。一脚でも、移動する時に脚を伸ばしてると邪魔になります。移動時は縮めて撮影時に伸ばしたりしてると、シャッターチャンスを逃すことになります。
そこで、このネックストラップ型の一脚固定用ホルダーというワケです。一脚もこれくらいの長さでなら、移動する(歩く)際も邪魔になりません。いざ、撮影と言う時もすぐにスタンバイ出来ますし、短い距離ならこのままで移動出来ます。一脚でレンズを支えてて腕に負担も掛かってないので、暫ならこの姿勢をホールドしたままシャッターチャンスを待つことが出来ます。

Amazonで購入、送料無料(送料込み?)で1,680円でした。

| Minigarage | 写真・カメラ | 14:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
 コガモの水浴び

翼を広げたコガモちゃん()です。飛ぼうとしてるわけじゃなく、水浴びの最中でした。
水鳥は年中水に浸かってるのですが、時々水浴びします。

こっちはメスですが、これだと水浴だということが判ります。

| Minigarage | 野鳥(カモ科コガモ) | 17:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
日捲りカレンダー
 
天気予報
ブログカレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

  

  ところで…
  


このページの先頭へ