そりゃあ閑話(ボク的デキゴトロジー)
【内容】このBlogを始めた当初は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。ここ数年の傾向としては、冬(秋〜春)は冬鳥を中心とした野鳥、夏(春〜秋)は昆虫と花の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターもチャンスがあれば撮ってます
【閑話】つまりは無駄話 
【効用】せいぜい暇潰し程度でしかありませんが、お付き合いいただける方はどうぞ御緩りと
 柿を食べるインコ

最近、和田堀公園ではインコをよく見かけます。と、数日前にも載せたような気がしますが、今回は柿を食べてました。
最初、メジロが柿を食べてたので、それを撮ろうと狙ってたら、シャッター押す前にヒヨドリがやって来てメジロを追い払ってしまいました。
ヒヨドリじゃなぁと撮るのを躊躇してたら今度はインコがやって来てヒヨドリを追い払いました。ということで、撮ったのはホンセイインコ…
カラダが大きい方が強いので、インコより大きいのはカラスくらいでしょうか。そういえば、カラスが柿を食べてるのは見たことがありません。雑食だから食べるでしょうけど…

| Minigarage | 野鳥(ホンセイインコ) | 19:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
 特濃ケンちゃん

最近お気に入りの一品、男前豆腐店の特濃ケンちゃん 90g×3ですが、卵黄を絡ませるととても美味しいです。
たっぷりのおかかに濃縮昆布つゆを掛けて卵黄を載せます。ただこれだけで、あとは卵黄をつぶしてスプーンで豆腐と一緒にすくって食べます。
男前豆腐店のHP「ケンちゃんレシピ」に載ってました。レシピにはオニオンスライスが添えてありました。

ちなみに、特濃ケンちゃん 90g×3の小売価格は100円程度です。

| Minigarage | 自分で作った料理(和もの) | 19:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
 浮いてる?マガモ

池にマガモ、ばかりが6羽いましたが、皆お休み状態でした。
水面には奥に生えてる木々が映ってて、カモはその上に乗ってるというか宙に浮いてるような不思議な感じの絵になりました。

これは、オスメスで一緒にいたマガモですが、仲よさそうでした。
メスに付き従うような構図になりましたが、たまたまです。
にしても、マガモのオスって綺麗ですね。

【明治神宮にて】

| Minigarage | 野鳥(カモ科マガモ) | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
 水を飲むヤマガラ

ヤマガラ(山雀)を撮ることが出来ました。
シジュウカラ科コガラ属の留鳥・漂鳥。冬になると平地林や都市公園にもやってきます。全国に分布してて特に珍しいワケではありませんが、街中など何処にでもいるシジュウカラに比べて数は少ないです。
頭上にいたのですが、暫くしたら目線より少し低い枝に降りてきて、撮影チャンスとバシャバシャ撮ってたら、更に下に降りましたが、池の水を飲むためでした。
写真は水を飲んでる途中です。水面に嘴を入れた後顔をあげ、水を流し込むように飲んでました。
水面に映るヤマガラの影と水面に波紋が広がってるのが判る、ボクらしくないイイ感じ構図にトリミングしてみました(笑)。

水を飲む前、目線より少し下に降りてきた時の写真です。ツーツーピーと囀ってました。

【明治神宮にて】

| Minigarage | 野鳥(シジュウカラ科) | 18:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
 紅葉したハゼノキ

昨日、鳥撮りしてて鮮やかに紅葉した木を見つけました。
ハゼ(櫨)もしくはハゼノキ(櫨の木)の葉で、櫨紅葉(ハゼモミジ)と呼ばれる状態のようです。櫨紅葉(ハゼモミジ)は俳句で秋の季語だそうです。
ハゼはウルシ科ウルシ属の落葉小高木、別名をリュウキュウハゼ・ロウノキ。東南アジアから東アジアの温暖な地域に自生し、江戸時代に琉球王国から持ち込まれたと。江戸時代にはロウソク(和蝋燭)の原料にするため盛んに栽培されたそうです。
この写真は順光で撮りました。

反対側から、即ち逆光で撮った写真です。これも綺麗。

そして、これは側光。右側から陽が当たってます。それぞれ趣が違いますが、どの写真が好きかは個人の好み。

| Minigarage | 植物(落葉樹) | 19:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
 東邦航空のヘリコプター(JA6573)

東邦航空のヘリコプターです。機種はアエロスパシアル(現エアバス・ヘリコプターズ)社製のAS350B3 Ecureuilという小型機(乗員1名、定員6名)。
この機種は警察・消防・防災ほか様々な用途で使用されてます。軍用機としても世界各国で使われてますし、変わったところでは、我が国の南極観測船「しらせ」に搭載されて運用されてます。
東邦航空は、日本で唯一のヘリコミューター輸送を行っている航空会社です。「東京愛らんどシャトル」という名称で伊豆諸島6島を結ぶ路線を運航してます。また報道各社やドクターヘリなどを受託運航してる、業界では割と大手の航空会社です。現在27機のヘリを運用中。
一方、割と事故の多い会社でもあります。最近では8月に群馬県から運航委託を受けた県の防災ヘリ「はるな」が墜落し、乗っていた9人全員が死亡した事故は記憶に新しいところです。
(撮影は11月中旬)

| Minigarage | ヘリコプター(民間機) | 16:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ほうれん草とシメジのクリーム風パスタ

今日のランチ、ほうれん草とシメジのクリーム風パスタ。
生クリームはないので、牛乳で代用しとろみは片栗粉を使いました。なので、クリーム風(笑)。
味付けは、顆粒コンソメと塩。創意と工夫で何となくそれっぽい味付けになりました。

| Minigarage | 自分で作った料理(パスタ系) | 15:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ヒメクダマキモドキ

これも鳥撮り(鳥待ち)中に撮ったモノです。友人のカメラにバッタのような虫が留まったので、記念に撮っておきました。
その場に居合わせた、虫に詳しそうな方が「何とかモドキ」と言ってたので、帰宅後調べてみたのですが、クマダキモドキかなと。でも、大きさからするとヒメクダマキモドキかなと推察しています。ボクは虫には詳しくないので同定できません。あくまで推察。
バッタ目キリギリス科ツユムシ亜科ということで、キリギリスの仲間。元々南方系の虫で温暖化もあって徐々に北へ勢力を広げてるようです。ただし、この季節彼らにとっては気温が低く動きが鈍くなってるようで、簡単に手で掴める状態でした。

| Minigarage | その他の昆虫 | 19:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
 キイロスズメバチ

先日、水元公園で鳥撮りしててお目当ての鳥が現れるのを待ってる最中(結局現れなかったのですが…)に撮ったハチです。鳥撮りの師匠から「スズメバチだよ」教えられ、じゃあ記念にと。
カラダの模様や大きさ・色等からすると、キイロスズメバチじゃないかと思います。『攻撃性が高く、特に晩夏から秋にかけては危険で、スズメバチ類の刺傷例では本種によるものが最も多い』ということで、「ボーッと撮ってんじゃねーよ!」とチコちゃんに叱られるところでした(笑)。

| Minigarage | 昆虫(ハチ・蜂・ハエ) | 18:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ワカケホンセイインコ

ここのところ、和田堀公園ではインコ(ワカケホンセイインコ)が群れで飛び回ってます。10-20羽の群れが幾つもあるようで、50羽以上はいると思います。
ギィーギィーと大きな声で鳴くので煩くって仕方ありません。
オオタカの餌食になったのもいるようですが、皆「インコだったら良いか…」と言います。外来種で生態系に悪影響与えてますからね。原産地はインド・スリランカでペットとして買われてたものが逃げ出した「かご脱け鳥」です。

| Minigarage | 野鳥(ホンセイインコ) | 17:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ミソサザイ(鷦鷯)

昨日、和田堀公園でミソサザイ(鷦鷯)の撮影に成功しました。もちろんライファーです。さらにモチロン、ボクが見つけたのではなく、鳥撮り仲間が見つけたところに運良く合流、一緒に撮らせて貰いました。
ミソサザイ科ミソサザイ属の漂鳥。全長11cmほどの小さな鳥です。
『山地林に生息し薄暗い林を好む。冬季は平地にある湿地や藪などで越冬し、都市公園に来ることもある』と言うことですが、和田堀公園に現れるとは驚きです。
ミソは溝、サザイは些細で"谷筋の細い沢に生息する小さな鳥"という意味らしいです。ボク的には茶色い味噌の色から来てるかと思いました(笑)。
4月に八ヶ岳を歩いてた時山道で出会いました。モチロン撮影出来ず…
撮影した時間は午後4時過ぎ、薄暗くなりかかった時間帯で、肉眼では鳥がいる場所が判る程度でしたが、カメラはハッキリ捉えてました。


このように、尾羽をピンと立てるのが特徴。

| Minigarage | 野鳥(その他) | 16:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
 和田堀公園池の紅葉したモミジ

和田堀公園池の紅葉したモミジです。池の中の島は人が入れないので、いろんな鳥が立ち寄ります。和田堀公園の中で鳥見・鳥撮りの人々が一番集まる場所です。
今年は気温が高いせいか、紅葉があまり綺麗じゃないように思います。

| Minigarage | 景色・風景・建物など | 15:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ハジロカイツブリ

今シーズンはボクにとってカイツブリの当たり年のようでありまして、これはハジロカイツブリです。見るのも撮るのも初めて。鳥見・鳥撮り人が使う言葉で「ライファー」です。
冬鳥で、中国東北部や極東ロシア沿岸などで繁殖して越冬のため日本各地にやって来ます。全長は30cmほどでハトくらいの大きさ(フツーのカイツブリは約25cm)。目(虹彩)が赤いのと嘴が若干上に反ってるのが特徴で雌雄同色。
翼の内側が白いのがハジロ(羽白)カイツブリという和名の由来だそうです。今の時期は冬羽で割と地味目なのですが、夏羽になると後頭部に鈍い金色の飾り羽が現れるそうです。日本では見られないか…
餌取のため、良く潜るのですが、今回撮影中、水に浮いてる時間より潜ってる時間の方が長いように感じました。魚を追いかけてる時は、魚の動きに合わせてるので、潜った場所と大きく離れてる場所に浮かび出てきます。他に貝や水生昆虫、甲殻類を補食すると。

11月30日に水元公園で撮影

| Minigarage | 野鳥(カイツブリ) | 20:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
 アオジ

一昨日、2週間ぶりに水元公園へ行ってきました。前回同様にクロジを狙ったのですが、残念ながら現れず。3時間以上粘りましたが、来たのはアオジのみ。トホホでした。
アオジなら和田堀公園でも撮れるんですけど…
2枚がオスで、3枚目はメスです。 2週間前、アオジのメスだと思って載せたのはクロジのメスのようです。アオジのメスとクロジのメスはクリソツなんです。

| Minigarage | 野鳥(ホオジロ科−アオジ) | 19:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
 2018年12月

2018年のカレンダーも残り1枚になりました。なんか寂しいですね。

今年は「木枯らし1号」が吹かないまま12月を迎えましたが、これは1979年以来39年ぶりだそうです。(東京の木枯らし1号は、期間が11月末までと定義されているため)
ここのところの季節の印象は「暖か」、今日も穏やかに晴れた師走初日です。木々の紅葉も今年は色づきが悪いような感じがします。
今年の冬は暖冬予想ですが、今のところそんな感じです。

| Minigarage | カレンダー | 15:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ダイサギと紅葉

和田堀公園池に珍しくダイサギがいて、木の枝にとまってたので、紅葉したモミジと絡ませて狙ったのですが、イマイチでした。下の枝だったら良かったのに…残念!

 

| Minigarage | 野鳥(サギ科ダイサギ) | 19:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
 オカヨシガモ

これも、一昨日(27日)に石神井公園(三宝時池)にいたオカヨシガモ(丘葦鴨)♂です。越冬のためシベリアから渡って来ますが、比較的数の少ないカモです。石神井公園にはオスメス合計で5羽ほどいました。
カモの中では羽根の色合いが比較的地味です。良い言い方をすれば、シックというか…
今年の4月、シベリアへ帰る季節になぜか1羽だけ善福寺川に1週間ほど逗留してました。なので、2度目の遭遇。ライファーじゃありません。

こちらがメス。

手前がメスで奥に居るのがオス。

| Minigarage | 野鳥(カモ科マガモ属) | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ハシビロガモ

一昨日(11月27日)、初めて訪れた石神井公園にいたハシビロガモ(嘴広鴨)♂です。広い池(石神井池)に1羽だけいました。
嘴が杓文字のように幅広いのが特徴で、名前の由来です。英名はshoveler ですがこれも嘴に由来してます。
人慣れしてるのか、目の前に近寄ってきて100mmではみ出しそうになったので、ボクが後ずさりしてフレームに納めました。餌を期待してたのかも…

| Minigarage | 野鳥(カモ科マガモ属) | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
 今日も野菜炒め入りラーメン

今日のランチはラーメン、いつもながらの野菜炒め入り。ここのところ、週に2回は食べてます。ベースは最近お気に入りの「マルちゃん正麺・豚骨醤油味」。
で、今日のテーマは野菜炒めの具材についてです。いままでは、キャベツとモヤシだったのですが、ここのところネギも入れてます。ネギは輪切りにして薬味として入れるのが王道ですが、細切りにしてキャベツ・モヤシと一緒に炒めると、ネギの味も加わり、より一層美味しくなるような気がします。
ま、そういった意味では、ピーマンや人参、玉ネギなどでも、それぞれの風味が加わり美味しくなるので、冷蔵庫の在庫野菜、何でも良いってことですけど…

| Minigarage | 自分で作った料理(ラーメン系) | 15:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
 今シーズン初めてのシロハラ

この時期、渡り鳥(冬鳥)は「今シーズン初めての」と書くことが多いのですが、このシロハラ( ヒタキ科ツグミ属の冬鳥 )も今シーズン初めてです。
ただし、和田堀公園じゃなく石神井公園です。昨日、初めて訪れました。我が家から石神井公園までは10km弱、自転車で40分程でした。
因みに、昨シーズン和田堀でシロハラに初遭遇したのは今年の1月7日。今シーズンはいつ出会えるか、楽しみです。

| Minigarage | 野鳥(ヒタキ科シロハラ) | 15:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
 今シーズン初めてのシメ

今シーズン初めてのシメ。〆だと最初から終わってしまうのですが、そうじゃなくてです。フツーは読めないですよね。たぶん
アトリ科の冬鳥で、スズメより一回り大きく、基本単独行動なのですぐ判ります。植物の種子が主食で、種子を割って食べるため、太くて強そうな嘴が特徴です。この角度だとよく判りませんが、尾羽が短いのも特徴。 そして何と言っても強そうな目力。
サハリンやカムチャッカ半島で繁殖し、冬に越冬のため本州以南へ渡って来ます。一部は北海道などでも繁殖してるようです。

昨シーズン、和田堀公園では不調で4回しか遭遇出来ませんでした。最初が12月21日でしたので、今年は幸先が良いかも。
今日はJogがメインだったので、Nikon P900をバッグに入れ背負って走ってましたが、持ってって正解。ただ、このカメラで遠くの小さな被写体を狙うのはしんどいです。頭上ほぼ真上、15m位の高木だったので首・肩に負荷のかかる撮影でした。シャッターを押すと被写体を見失うので、また探さなくちゃならず。手先がチョッとブレただけで被写体が外れてしまいます。連写も出来ず。でも、空が晴れてて明るかったので、割とまともに撮れました。
一眼レフだと撮影は楽なのですが、持って走ること出来ないし…

| Minigarage | 野鳥(アトリ科シメ) | 14:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
 恩和图布新

一昨日終わった大相撲(九州場所)ネタです。

幕内最高優勝は貴景勝というのは誰でも知ってるでしょうけど、幕下優勝は蒼国来でした。
あれ? 蒼国来って幕内力士じゃ…そういえば最近見ないなあと思ったら、幕下(東幕下5枚目)に陥落してたんですね。原因は、5月場所で負った右足甲の骨折のようです。
で、九州場所は7戦全勝で優勝したと。最高位は東前頭2枚目で、実力はある力士ですから怪我が治れば当然かも。
蒼国来は、2011年の「大相撲八百長問題」で八百長に関与したとされ、解雇処分となりましたが、その後相撲協会を相手に訴訟を起し、裁判で勝訴し、2年後に大相撲に復帰したという異例の経歴を持つ力士、まさに波瀾万丈の力士人生です。
ところで、蒼国来は中国出身です。幕下優勝優勝力士として、新聞に本名が載ってましたが「恩和图布新」。えっ?これは読めません。
そもそもが、中国人の名前って、毛沢東とか習近平とかのように、性が漢字1文字で名が漢字2文字が基本と思ってましたが、恩和图布新とは!
気になったので調べてみたら、蒼国来は中国出身と言っても、中国内モンゴル自治区赤峰市出身でした。モンゴル族で7歳からモンゴル相撲に親しみ16歳で全国優勝、その縁から大相撲入りしたようです。なので、だから、中国出身ですが、角界を席巻するモンゴル勢の一員と考えた方が良いのかも。
で、「恩和图布新」って、何て読むのかというと、所属する荒汐部屋のHPによると「エンクトフシン」となってますが、他にもエンフトゥブシン、エンホートゥプシン,オンワトフシン,エンフトゥプシンとか。モンゴル語なので、日本語カナ表記に無理があります。
更に、「恩和图布新」ってどこまでが性(苗氏)でどこからが名かと言いますと、モンゴル族の名前には苗氏がないので、全てが名前のようです。因みに、入国書類では性と名を分けて書かなくてはならないので、適当に分割するみたいです(笑)。
もっとも、内モンゴルは中国(中華人民共和国)の支配下なので、内モンゴル自治区の人が外国へ行く場合、中華人民共和国のパスポート。なので中国のパスポートでは名前を漢字表記しますが、本来はモンゴル語で表記するのであって、「恩和图布新」も当て字のようでした。

以上、どうでも良い雑学ネタでしたが、最後まで読んでいただき有り難うございました(笑)。

| Minigarage | 雑学 | 19:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
 マルガモ

最近、和田堀池(及び善福寺川)でよく見かけるマルガモ(通称)です。胴体(翼)はマガモですが、頭部は中途半端(マガモは鮮やかな深緑)、嘴はカルガモ(マガモの嘴は黄色)です。マガモとカルガモの交雑種。ハーフというか、今時の言い方ではハイブリッド。
2月頃にも何度か見かけましたが、同一個体かどうかは判りません。カルガモの中に1羽だけ混ざってます。本人(鳥)は自分の姿を知らないでしょうから、違和感ないようです。
もともと、マガモ(渡り鳥)とカルガモ(留鳥)は一緒に過ごすことが多いので、自然界でもこういうことが起こるのでしょう。本来、渡り鳥であるマガモは、繁殖期(5月頃)には日本から旅立ってるはずなのに、何らかの理由で居残った個体とカルガモと交尾しちゃった結果です。

| Minigarage | 野鳥(カモ目カモ科) | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
 陸上自衛隊のヘリコプター

以前に撮影して公開するタイミングを失ってた陸上自衛隊のタンデムローター式大型輸送用ヘリコプターKawasaki CH-47J Chinook( チヌーク)です。最近は、飛んでるヘリコプターを見て塗装の色で陸上自衛隊か航空自衛隊かが判るようになりました(笑)。特に、CH-47はローター(回転翼)が2つありエンジン音が大きいので、近づいてくる音でそれと判ります。
アメリカのボーイング・バートル社で開発されたもので、世界各国で使用されてますがほぼ軍用機。日本では、川崎重工業がライセンス生産したCH-47Jを陸上自衛隊が57機、航空自衛隊が15機保有しています。
陸上自衛隊機は迷彩塗装の色が濃いので、機体番号が判りづらいのですが、この機体は52910と判読出来ました。(オリジナルサイズで微かに読み取れました)

| Minigarage | 自衛隊(ヘリコプター) | 16:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
 和田堀公園池に戻って来たオナガガモ

和田堀公園池にオナガガモたちも戻って来てくれました。善福寺川には沢山いますが、和田堀池では今年初めてです。
昨シーズン(2017年11月末〜18年3月中旬)、和田堀池は掻い掘りをしてたので、その間、鳥たちは池を追い出された形でした。掻い掘りが終わっても鳥たちはなかなか池に戻って来ませんでした。今ではカワセミを始め、昨年までと同じような状況になってます。
あとは、迷い子のようにカイツブリやバン、オオバンらが現れてくれると良いのですが…

因みに、白目をしてるオナガが居ますが、これは白目ではなく瞬膜です。瞬膜は眼球を保護する透明(半透明)の膜で、哺乳類以外(両生類・鳥類・爬虫類)が持ってます。鳥は瞬膜を自由に動かすことが出来、水中に潜る時は瞬膜を閉じて目を守ってます。
人は瞬膜がないのでゴーグルを付けると(笑)。

| Minigarage | 野鳥(カモ科オナガガモ) | 15:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
 キンクロハジロ(金黒羽白)

一昨日、Jogしてて和田堀公園池を通りかかったら、キンクロハジロ(金黒羽白)を見かけました。その時は、カメラを持ってなかったので、今日はカメラも持ってJogしてきました。
特に珍しい種類じゃないく和田堀池・善福寺川でも毎年見かけるカモですが、今年も和田堀池にやって来てくれた記念写真です。
オスが2羽、メスが1羽合計3羽いました。数は一昨日と変わらず。

隣を流れる善福寺川にも1羽居まして、岸に上がって羽繕いしてました。です。

 

| Minigarage | 野鳥(カモ科ハジロ属) | 15:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
 モズ(♂)

既に今シーズン何度も見かけているモズですが、マイフィールド(和田堀公園)で初めて見かけました。オスです。

| Minigarage | 野鳥(モズ・オス) | 15:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
 今シーズン初めてのアオジ

善福寺川でアオジを見つけました。
昨シーズンは何度も見かけたので、さほど珍しくはないと言えますが、シーズン初は嬉しいものです。
見つけて、カメラを向けた途端に茂みの中に入ってしまいましたが、辛抱強く?15分ほど待っていたら河原へへ降りてきてくれました。
ホオジロ科の漂鳥ですが、鳥に興味の無い人にはスズメと思い、気づかないかもしれません。スズメと一緒に餌探ししてることもありますし…

| Minigarage | 野鳥(ホオジロ科−アオジ) | 15:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
 カツオの刺身

今日の逸品(一品)、「カツオの刺身」です。
昨日、中野駅北口のブロードウェイ地下にある魚屋さんを覗いたら、店のお兄さんが「今日はカツオがいいよ、脂がのってるよ」と威勢の良いかけ声。しっかり脂ののったカツオだったので即買い。「戻りカツオ」のシーズンはもう終わったと思っていましたので予想外。
メッチャ脂がのってて超美味しいカツオ、今年一番です。
サイズが大きかったので、2日に分けて連日美味しいカツオで晩酌です。

| Minigarage | 自分で作った料理(魚系) | 19:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
 福岡市消防局のヘリコプター(JA08FC)

福岡市消防局航空隊のヘリコプター「ゆりかもめ」、Eurocopter AS365という中型の汎用ヘリです。愛称ドーファン(Dauphin)。
この型のヘリは、消防防災・ドクターヘリ・警察・報道・物資や人員の輸送など、あらゆる用途で運用されている。 また軍用機として採用してる国もあります。
しかし、札幌同様、福岡消防のヘリが何で東京を飛んでるんでしょうか???

 

| Minigarage | ヘリコプター(消防) | 18:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
日捲りカレンダー
 
天気予報
ブログカレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

  

  ところで…
  


このページの先頭へ