そりゃあ閑話(ボク的デキゴトロジー)
【内容】このBlogを始めた当初は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。ここ数年の傾向としては、冬(秋〜春)は冬鳥を中心とした野鳥、夏(春〜秋)は昆虫と花の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターもチャンスがあれば撮ってます
【閑話】つまりは無駄話、鼠狸庵閑話 
【効用】せいぜい暇潰し程度でしかありませんが、お付き合いいただける方はどうぞ御緩りと
【管理人】鼠狸庵散人
 10万km(100,000km)

我が家のMiniの走行距離計が0(ゼロ)に戻りました。すなわち、10万kmを超えたってことです。
このクルマの初年度登録は1999年10月ですので、19年6ヶ月での10万km超え、ざっと1年あたり5,000kmでした。あと、どれくらい走れるのか…?
ちなみに、10万kmを超えた時は、停車出来ない道路で、メーターがはや〜く動いてる状態。シャッターチャンスは1秒もありませんでした。残念ながら写真はチョットブレてます。ホントは、停車してじっくり撮りたかったんですけど… ま、撮れただけでも良しとします。

| Minigarage | 自動車(我が家のMini) | 09:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スッポンの交尾

スッポンの交尾を目撃しました。善福寺川には複数のスッポンが居て、時々撮ってますが、いつも単独で2匹同時に見たのは初めて。しかも、交尾シーンに遭遇できるとは!
和田堀公園池でカメ(ミシシッピーアカミミガメ)の交尾は見たことは何度もありますが、スッポンは貴重な目撃だと思います。
交尾したままの体勢で水中に潜っていきました。

| Minigarage | 爬虫類(カメ) | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
 センダイムシクイ

コサメビタキの撮影に参戦してた時、ほぼ同じ場所にいたのが、このセンダイムシクイ(仙台虫喰)。
ムシクイ科ムシクイ属の夏鳥で東南アジアからやって来ます。山地の落葉広葉樹林に生息するということで、渡り途中の立ち寄りなので、ここでは1-2日で抜けてしまうはずです。ただ、日替わりで次々やって来るのでもう暫くは楽しめるかも。
小さな鳥(全長13cm)なので見つけるのが大変ですが、誰かだ見つけたら、スッと人が集まってくるので、撮ってそうな人を探す方が簡単。便乗撮影ですけどね(笑)。

| Minigarage | 野鳥(ムシクイ科) | 18:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
 コサメビタキ

昨日から、和田堀公園で話題になってるコサメビタキの撮影にボクも参戦しました。が、やたら高い場所にいて、チョロチョロ動き回るので、なかなかまともには撮らせてもらえませんでした。一応撮ったという証拠写真程度です。
ヒタキ科サメビタキ属の夏鳥で、サメビタキより小さい(全長13cm)のでコサメビタキ(小鮫鶲)。冬はフィリピン、インドネシアあたりで越冬し、夏に繁殖のため日本に渡ってくるようです。こんな小さなカラダで良く飛んでこられるものですね。

| Minigarage | 野鳥(ヒタキ科) | 18:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
 アカハラ

アカハラです。アカデミックハラスメントのアカハラじゃなく、赤腹、ツグミの仲間です。
高い場所に留まってたので、直線距離で一番近いほぼ真下から。腹が赤いから付いた名前でしょうが、こうやって見ると、胸から腹の両脇が赤(濃いオレンジ)で、中心部は白いです。
カメラを向けてる人にアカハラだと教えてもらい、撮ったのですが、良く見つけたものだと感心しました。

| Minigarage | 野鳥(ヒタキ科アカハラ) | 17:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
 久しぶりの洗車

昼食の後、久しぶりに洗車しました。
我が家のガレージ(MiniGrage)は吹き溜まりで砂埃がすぐに溜まります。かれこれ1ヶ月ほど動かしてないので、すっかり埃塗れ。ルーフの上をフーッと吹くと溜まった砂埃がふわっと舞い上がります。明日から、実家(名古屋)へ行く予定なので、溜まった砂埃を洗い流しました。

ところでこの写真、久しぶりにオーブ現象が出ました。ミニの左側の壁に丸い水滴のような光球が映り込んでいます。肉眼では見えず、写真でのみ確認される現象です。心霊現象とみる向きもあるようですが、科学的は『フラッシュ光の空気中の雨粒や微粒子による後方散乱が写り込んだもの』に解釈されます。ま、心霊現象の方が面白いですが…
因みに、この写真はフラッシュを使ってます。

| Minigarage | 自動車(我が家のMini) | 15:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
 味噌ラーメン

今日のランチは味噌ラーメン。日清ラ王に野菜炒めを入れたボクの定番です。
暖かくなってきたので、在庫のラーメンをそろそろ消費しておかねばね。残りは3種類6食です。

| Minigarage | 自分で作った料理(ラーメン系) | 15:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ゴイサギとホシゴイ

久しぶりに和田堀公園でゴイサギ(五位鷺)を見ました。
これは幼鳥で、ホシゴイと呼ばれてます。

こちらが成鳥のゴイサギ。ホシゴイのすぐ横に居たのですが、枝の中で後ろ向きなので、あまり良いカットじゃありませんが、仕方なしです 。

| Minigarage | 野鳥(サギ科ゴイサギ) | 19:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
 善福寺川のカルガモ親子

善福寺川にもカルガモの親子がいました。
この親が連れていたのは4羽でした。4羽の子たちが進む方向はバラバラですが、写真の構図的には良い感じでした。親が子に気を遣ってる感が伝わってきます。

和田堀池の子に比べると大きいので、生まれてからの日数が経ってるということで、その分数を減らしてるってことでしょう。

| Minigarage | 野鳥(カモ科カルガモ) | 17:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
 カメラにシリコンカバーを装着してみました

先日購入したカメラ(Canon 1DX Mark)にシリコンカバーを付けてみました。購入と入れ替えに売却したカメラ(Canon 1DX)が外観(キズが多い)に問題有りでマイナス査定をされたので、だったらキズが付かないようにしてやれということで。いずれ、売却することになるので、その際に少しでも価格が下がらない方が良いですもんね。
こんな製品があることは知らなかったのですが、Webで見つけ、試しにと言うことで買ってみました。シャッターボタンなどデリケートな場所は穴が開いてて直接触れられるので操作的にはあまり問題ないようです。これなら、競技場でコンクリの上に直置きしても傷つかないと思います
飼い犬にパンツ履かせるより理に適ってると思いません?(笑)
ちなみに、Amazonで3,400円でした。

| Minigarage | カメラ(周辺用品) | 16:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
 御衣黄桜、その後

先日の鬱金桜に引き続き、今日は御衣黄(桜)の様子を見に行ってきました。
鬱金と違って御衣黄の花弁は緑が残ってましたが、鬱金同様中心がピンクがかってました。御衣黄も鬱金同様に花弁がまだ沢山残ってます。加えて、色が変化するので、長く楽しめる桜です。

御衣黄の隣で咲いていた桜です。これは八重桜系だと思いますが、品種名は判りません。柔らかなピンクで可憐な感じでした。まだ、これから開花する蕾もありました。

| Minigarage | 植物(サクラ−鬱金・御衣黄) | 15:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
 カルガモの親子

今、和田堀公園池でカルガモの親子が泳いでいるのを観察できます。
池の中にある島で営巣したんでしょう。カラスなどの天敵が居る中で大変だったのではないかと。
最初は8羽のひな鳥がいたようですが、現在は7羽。幼鳥は勝手に泳ぎ回ってましたのでその7羽全部を一緒に撮るタイミングを計って、一瞬だったのですが成功しました。
カモは、1日1個卵を産みますが、全て産み終わってから暖め始めます。なので、カモの雛は一斉に孵化するので皆同じ大きさです。産み落とされてから1週間ほど暖められない卵もあるってことですが、それでも大丈夫なんですね。不思議。

| Minigarage | 野鳥(カモ科カルガモ) | 10:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
 新しいカメラで撮ったシロハラ

先日、購入(買い換え)した新しいカメラ(Canon 1DX Mark)を使って鳥撮りしてみました。
このカメラで初めて撮った鳥は「シロハラ」でした。その前にも鳥はいたのですが、撮影対象外でスルー。
シロハラは木の茂みなど暗い場所を好みます。ここでも、暗い場所を少しずつ移動してましたが、一瞬だけ陽の当たる場所に出てきました。それをすかさず撮ったカットです
冬鳥はどんどん北へ旅立ってますが、ツグミ類は割と遅くまで居残ります。もう暫く観察できるはずです。

| Minigarage | 野鳥(ヒタキ科シロハラ) | 14:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
 鬱金桜、その後

一週間程前に黄色い花を咲かせてた鬱金桜がその後どうなってるか確かめてきました。
ご覧の通り、黄色かった花弁は白っぽくなり、花の中心がピンクに染まってました。葉が増えてますが、花はまだ殆ど散ってなくて満開状態が続いてました。ソメイヨシノとは全く違う咲き方です。

| Minigarage | 植物(サクラ−鬱金・御衣黄) | 16:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
 牡蠣のパスタ

今日のお昼(ランチ)は牡蠣のパスタを作ってみました。
理由は、牡蠣が安かった(158円/100g)から。これで150g程ですが、思ったよりも大きな牡蠣だったので、食べ応えがありました。
味付けは牛乳とバター、醤油、塩胡椒を適当に。最初はもちろんオリーブオイルです。エノキも入れてるので味付けに影響してるかも… 奥さんからもマルを貰いました。

| Minigarage | 自分で作った料理(パスタ系) | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ヘーベルハウス

我が家の近所ですが、新しい家の建築工事中です。旭化成の関連会社(旭化成ホームズ)が請け負ってるようで、ヘーベルハウスの家だと聞いてましたが、大きな幕には「HEBEL HAUS」と書かれてました。
あれ?家は「HOUSE」じゃないの?何で? ということで調べてみたら、HEBEL HAUS は英語じゃなくてドイツ語でした。ヘーベルとはドイツのヨーゼフ・ヘーベル社と技術提携して日本に初めて導入されたALC(Autoclaved Lightweight Concrete)と呼ばれる軽量気泡コンクリートのことだそうで、旭化成ホームズの一戸建住宅のブランド名でした。
ちなみに、ヘーベルハウスの家は、坪単価が随分高いようです。たぶんですが、木造建築である我が家の2倍くらいするんじゃないかと(笑)。

| Minigarage | 言語(言葉) | 14:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
 航空自衛隊のYS-11

航空自衛隊のYS-11です。
YS-11は、日本航空機製造が製造した双発ターボプロップエンジン方式の旅客機、第二次世界大戦後に初めて日本のメーカーが開発した旅客機です。
1962年初飛行。182機が生産されましたが、2006年に日本国内での旅客機用途での運航を終了。現在日本国内では、航空自衛隊のみが10機(11機?)を運用してますが、旅客機としてではなく、飛行試験機や航法訓練機などで、この機体(12-1163)は2度の改造を経て、電子戦訓練機として運用されてるようです。日本の領空を監視するレーダー網及び、その他レーダーによる防空部隊の機能を確認するため、妨害電波をかけ、その対応を訓練するための機体だそうです。任務の特性上機密レベルが高く、情報が出てこない謎に満ちた機体とも。
入間基地の航空戦術教導団-電子作戦群に配備されてます。北へ向けて低空を飛行してましたので入間基地へ着陸する前だと思います。

| Minigarage | 自衛隊(プロペラ機) | 14:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
 Canon EOS-1D X Mark

カメラを「衝動売り」しました。急に手放したくなり、中野駅南口にあるフジヤカメラで売ってきました。
売却したカメラは Canon EOS-1DX で、2013年8月20日に528,170円で買った物。ついこの間買ったばかりと思ってましたが、4年8ヶ月も使ってました。
売却価格は134,200円でした。動作は全く問題ないのですが、キズが目立つというのでB判定でした。競技場などでコンクリの上に直置きしたりしてましたから仕方ありません。
売っぱらった後に買ったのがこのカメラ Canon EOS-1DX Mark、2016年4月に発売された後継機です。(4月8日時点で)価格.comで一番安かったPCボンバーで495,449円でした。
Canonのフラッグシップ機ですから仕方ないですが、それにしても高いですね。
当然ですが、奥さんには内緒です(笑)。話しても理解してくれるワケないですから…

でも、今になって冷静に考えると、新しいカメラ(Mark)が欲しかったから、その口実に先に売却するという手段に出たような気がします。

「EOS-1D X Mark II」と「EOS-1D X」の違いですが、随所に改良点はあるものの、ボクがその性能を引き出せるとはとても思えません。
客観的に見ると、購入価格−売却価格=361,249円は高すぎですが、主観的には満足感があります。

| Minigarage | カメラ(本体) | 15:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
 獲物を捕らえたモズ

獲物(虫)を捕らえたモズです。
電線に留まっていたモズが、民家のベランダへ飛び移り、すぐに元の場所へ戻ってきたのですが、獲物を咥えていました。獲物は民家のベランダに居て、それをこのモズが見つけたのだと思います。
暫く(10秒-20秒ほどだったか…)咥えたままでいたのですが、足で器用に押さえつけて獲物を咥える向きを変え、その後丸呑みにしました。
獲物は...ゴキブリじゃないかと思うのですが、断定はできません。モズにとってはご馳走でしょう。

| Minigarage | 野鳥(モズ・オス) | 18:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
 御衣黄桜

昨日の鬱金(ウコン)に続き、今日は御衣黄(ギョイコウ)を確認してきました。
近所の小学校校門に1本だけあります。老木ですが、毎年緑色の花を咲かせます。ほぼ満開でした。
鬱金と同様花弁に葉緑体があるので、花は緑色してます。(鬱金は葉緑体が少ないので黄色、黄桜です)ただ、どちらも最盛期を過ぎると徐々にピンク色に変わります。
サトザクラ(総称)と言われる園芸品種で、ソメイヨシノが終わった頃に咲きます。

| Minigarage | 植物(サクラ−鬱金・御衣黄) | 17:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
 鬱金桜(ウコンザクラ)

今年の桜(ソメイヨシノ)は、長く楽しめたようですがそろそろ終わりです。
ソメイヨシノが散る頃に咲き出すのが、八重桜系の桜ですが、これもその一つ、鬱金桜(ウコンザクラ)です。我が家の近所に1本だけあります。Wikipediaによると

『花弁に葉緑体をもつなど性質はギョイコウ(御衣黄)に似ているが、色は緑色が弱く淡黄色である。数百品種あるサクラのうちで唯一、黄色の花を咲かせるサクラである。花弁数が15〜20枚程度の大輪の八重咲きである。また、ギョイコウのように花弁は厚くなく、気孔もない。樹形は高木の盃状。名前は、ショウガ科のウコンの根を染料に用いた鬱金色に由来し、それらと混同されないよう「鬱金桜」あるいは「鬱金の桜」と呼ばれることもある。また、別名として「黄桜」「浅葱桜(浅黄桜)」などがあるが、これらの別称はギョイコウを指すこともあり、また、ウコンやギョイコウとは別の一品種とされることもある。ウコンの花は日本国外でも人気が高い』

ということです。

 

| Minigarage | 植物(サクラ−鬱金・御衣黄) | 19:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
 第52回東京六大学対校陸上

昨日、シーズン初戦となる「東京六大学対校陸上」が行われました。MVPに選ばれたのは、3000mSCで自己記録を7秒ほど上回る大会新記録(8分43秒91)で優勝した吉田匠くん(3年)です。
日本選手権び参加標準記録も突破しました。今シーズンの活躍が期待できます。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
 オジロビタキ

一昨日(4日)に撮ったオジロビタキです。
もう抜けた(帰った)と思ってたのですが、「まだ居るよ」ということだったので、見に行ったら居ました。
ボクが最初に見たのは1月10日でしたので3ヶ月ほど経ちますが、以前と羽根の色が変わってきたように思います。夏羽に生え替わる途中なのでしょうか? 幼鳥だという説もあるので、成長羽になりつつあるのでしょうか? 詳しいことはよく判りませんが、喉元が茶色になりつつあるので、もしかしたらオスなのかも…
まあ、間もなく旅経つので真相は分からず仕舞いに終わります。にしても、可愛いですね。充分楽しませて貰いました。

| Minigarage | 野鳥(ヒタキ科オジロビタキ) | 19:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
 桜とヒヨドリ

ヒヨドリが桜の蜜を吸っていました。花びらを咥えてもいましたので、食べてもいるようです。
桜はソメイヨシノではなく、山桜のようです。

| Minigarage | 野鳥(ヒヨドリ) | 19:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
 アオゲラ(緑啄木鳥)

アオゲラ(緑啄木鳥:Japanese green woodpecker)に遭遇しました。というか、最近よく会います。ただ、ここ3回程は同じポイントですし、いつもなのでたぶん同じ個体。
アオゲラは留鳥で、和田堀公園でも繁殖してるようなので、年中会えるはずなのですが、これから落葉樹に葉が生い茂るようになると、見つけるのが困難になります。アオゲラの羽根は緑色なので葉に紛れてしまいます。
なので、秋に葉が落ちるまで暫くお別れでしょう。

嘴の先をよく見ると、何か(虫の幼虫のような物を)咥えています。捕まえたようです。

| Minigarage | 野鳥(キツツキ科アオゲラ) | 16:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
 鰻の蒲焼き

今日のランチは「鰻の蒲焼き」。激安で売ってた中国産うなぎですが、少し手を入れ柔らかくして美味しくいただきました。
ボクが採用してるレシピは以下の通りです。
---------------------------------------------
1) 熱湯をかけてタレを洗い流す
2) 暫く(5-10分ほど)湯に浸けておく
3) ペーパータオルで丁寧に水分を拭き取る
4) ペーパーホイルに包み料理酒をかけて3分程蒸し焼きにする
5) タレをかけて更に1-2分焼く
---------------------------------------------
これで柔らかな「鰻の蒲焼き」が出来上がります。

これがスーパーで売っていた時の姿です。
少し小さいのですが、240円という激安で思わず買ってしまいました。

| Minigarage | 自分で作った料理(魚系) | 14:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ヒヨドリの水浴び

鳥の水浴びシリーズ、ヒヨドリの水浴びです。
多くの鳥はカラダが浸るくらいの浅瀬に入り、様子を確認してからカラダを水中に浸してブルブルっと振るわせるのですが、ヒヨドリは上空から降りてきてそのまま水中にダイビングします。実に豪快です。
この写真は善福寺川で撮ったのですが、和田堀公園池でも水中へダイブするヒヨドリを時々見かけます。

| Minigarage | 野鳥(ヒヨドリ) | 16:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
 2019年4月

今日から4月ですが、新しい元号「令和」が発表された日として、今年の4月1日は記憶に残ると思います。そういう意味では、歴史に残る4月1日でしょう。
暫くは世間の話題は「令和」でしょうね。「令和」は広辞苑にも載っていないので意味を調べようもないのですが、既にWikipediaには載ってます。
Wikipediaによると、『早稲田大学政治経済学部学部長で憲法学者の川岸令和(のりかず)が発表直後に話題となった』そうです。これから、令和(のりかず)君が増えるかも…(笑)
今日発表されたばかりの辞書にも載ってない言葉なので、まだ馴染みがありませんが、これから彼方此方で目に触れることになるのですぐに慣れるんでしょうね。そして、広辞苑やその他の辞書にも次版(広辞苑は8版)から掲載されるはずです。

| Minigarage | カレンダー | 16:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
 キセキレイの水浴び

鳥の水浴びシリーズ、「キセキレイの水浴び」。善福寺川にて。

喉元が黒いので、たぶんです。

| Minigarage | 野鳥(セキレイ科キセキレイ) | 17:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
 至近距離で撮ったツグミ

花が散った梅の木に留まっていたツグミ。近づいても全く逃げるそぶりがなく、2mほどの至近距離で撮影。
「なぜ逃げないの?カラダの調子でも悪いの?」と心配になりましたので、そっと離れました。

これは、そのすぐ後に別の場所で撮ったツグミ。善福寺川で元気よく水浴びしてました。

| Minigarage | 野鳥(ヒタキ科ツグミ) | 19:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
日捲りカレンダー
 
天気予報
ブログカレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

  

  ところで…
  


このページの先頭へ