鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、身の回りの出来事も、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話、役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

 Miniのホーン(クラクション)が鳴らない

先日Miniを走らせてて、停車してたタクシーが行く手を塞いでいたので、チョット移動して貰おうとクラクションを鳴らそうとしたのですが、ウンともスンとも言わず(鳴らず)、故障してることに気づきました。クラクションなど殆ど使うことがないので、いつからこの状態になっていたのかは判りません。
殆ど使わないと言っても、いざという時に鳴らないのも困るので、昨日テムズガレージさんで診て貰いました。
調べて貰ったところ、ホーン自体が壊れてるのではなく、ホーンボタンを押した信号がホーンに伝わってないようでした。更にその原因を調べていったら、ステアリングの根元に付いているロータリーカプラーという部品の故障(内部の断線)らしいことが判明。部品の修理は難しいということで、新品に交換したところ無事ホーンは復活しました。ミニのホーンは「ぷぅ〜」という気弱な情けない音です(笑)。
驚いたのはこの部品の値段。何と39,800円もしました。消費税込みで43,780円!ビックリです。交換の工賃はサービスしていただきましたが、それにしても高いです。まあ、20年も経過してるので経年劣化で部品が故障するのは致し方ありませんが交換部品が高額なのは痛いです。生産中止になって20年経過してるにもかかわらず、交換部品が製造・供給されてることに感謝すべきかも。
しかし、こんな交換部品をテムズさんが在庫してたことは「いいね!」です。在庫してなかったら、取り寄せで部品到着後に出直さなくてはならず、二度手間ですからね。

帰宅してから調べましたが、39,800円は定価のようです。ネットで検索したら、税込みで35,000円ほどで売ってましたが、自分で交換するならいざ知らず、テムズさんに持ち込みで修理して貰うわけにはいきませんから…


ステアリングのセンター部分を外して原因調査。中から出ている黄色い配線部品(ロータリーカプラー)に問題があることが判明。


ステアリングを外し、ロータリーカプラーも交換するため外してます。こんな状態、初めて見ました。


これがロータリーカプラーという部品だそうです。 回転するステアリングのエアバッグとホーンの回路を繋ぐためのパーツ だそうです。

ところで、クラクションというのは、自動車の警笛(ホーン)のことですが、由来は製造メーカー「クラクソン社」だそうで、もとは商標名なんだそうです。「へぇ〜」でした。

| Minigarage | 自動車(我が家のMini) | 16:31 | comments(0) | - |
 EOS 90Dにバッテリーグリップ装着

先日購入したカメラ(EOS 90D)にバッテリーグリップを取り付けました。
ここ半年間、EOS 1DX兇鮖箸辰討討修譴亡靴譴討靴泙辰燭里如▲灰鵐僖トな90Dはグリップ部分が小さくて不安定な感覚で、それを解決するためです。これを装着したことで、サイズ(高さ)も1DX兇剖瓩鼎、右手でがっちりカメラを保持する感覚になり、持ち易くなりました。その分、少し重くなりましたが、それでも1DX兇鉾罎戮譴偐かに軽いです。(1DXはCanonのフラッグシップ機で高性能ですが重いのが難点です)

バッテリーグリップを取り付けたことで、縦位置にした時にシャッターを押し易くなったのですが、鳥撮りでは縦位置で撮ることは殆どありません。😅 また、バッテリーグリップには電池を2つ同時に装着できるので、満充電で3,000枚以上撮影できますが、1日にそんな沢山撮ることはあり得ないので、それもなしです。バッテリーを2つ装着するとその分重くなりますしね。😣
ちなみに、バッテリーグリップの購入価格は実質13,500円でした。

| Minigarage | カメラ(周辺用品) | 15:36 | comments(0) | - |
 アカハラ、再び

1週間ぶりのアカハラ、再びです。
前回と同じ場所なので、たぶん同じ個体だと思います。前回よりは明るい場所にいたので、写真的には多少良いんじゃないかと。
相変わらず警戒心が強く直ぐに逃げてしまいます。ただ、暫くするとまた戻ってくるので、ここはお気に入りの場所みたいです。
この仁王立ちポーズはツグミと同じ。ヒタキ科ツグミ属ですから当然と言えば当然です。

| Minigarage | 野鳥(ヒタキ科アカハラ) | 18:21 | comments(0) | - |
 善福寺川のホシハジロ♂

鳥友のHさんが「善福寺川にホシハジロが居るのを知ってます?」と教えてくれたので、その場所へ確かめに行って来ました。
カルガモやオナガガモの中に混じって1羽だけホシハジロ(星羽白)のオスが居るのを見つけました。それほど珍しいカモじゃないのですが、善福寺川では初めて見ました。ここではレアです。1羽だけなので迷い込んだ感じです。
全長45cmですから、60cmのカルガモに比べて随分小さいです。ちなみに、日本で最小のコガモは38cmです。
首を後ろに回して寝てたので、フェンスをコツコツ鳴らして起こしたので、「ちぇ、煩い奴だなぁ」という顔つきでこちらを睨んでるような😅。「起こしてごめんなさい」😔

| Minigarage | 野鳥(カモ科ホシハジロ) | 18:00 | comments(0) | - |
 シメ(Hawfinch)

シメ(鴲/アトリ科の冬鳥)を至近距離で撮影できました。いつもは下から見上げる位置で撮ることが殆どなのですが、今回は斜面に生えてる木に留まってたのでほぼ目線と同じ高さ、しかも青い翼の色がよく判るポーズでした。
全長19cmとスズメより一回り大きく、鋭い目つきと太い嘴。尾が短くずんぐりむっくりですが、動きは鈍くありません(笑)。派手な色合いではありませんが綺麗です。
目の周りが黒いのでだと思います。基本は単独行動ですが、春に渡りが近づくと群れるようになります。去年の3月には30羽以上の大群を見かけたことがあります。

| Minigarage | 野鳥(アトリ科シメ) | 15:13 | comments(0) | - |
 梅が開花しました

梅が開花しました。
この公園にある梅の中で毎年一番早く開花する白い梅なのですが、今年は少し遅いです。例年、1月早々には開花しますし、年明け前の12月に開花したこともありましたので。
まだ、一分咲きの前、大きな木に付いた蕾の内10輪ほどが開花した状態です。

春は一歩ずつ確実に近づいて来てます。

| Minigarage | 植物(樹木・梅) | 22:31 | comments(0) | - |
 モズ(♂)

新たに購入したEOS 90Dで撮ったモズ♂です。
1週間程前に撮ったのと同じ場所なので、たぶん同じ個体だと思います。モズは縄張りを持つ鳥なので、この辺りは彼の縄張りだと思います。ここへ来れば彼に会える確率が高いと言うことです。

| Minigarage | 野鳥(モズ・オス) | 18:53 | comments(0) | - |
 キセキレイ(黄鶺鴒)

キセキレイ(黄鶺鴒)です。たぶん♀メス。
留鳥もしくは漂鳥で、夏季は山地へ移動して繁殖するとのことですが、春先に幼鳥を見かけることがありますので、この周辺で繁殖してるかもしれません。
特に珍しいという鳥でもないので撮らないこともあり、撮ってもそれだけで終わることが多いのですが、今回は割と綺麗に撮れたので公開です。

| Minigarage | 野鳥(セキレイ科キセキレイ) | 16:24 | comments(0) | - |
 Canon EOS 90D

また、性懲りもなくカメラを買い換えました。
2017年1月に買って3年使ったEOS 7D Markを売却して、このEOS 90D を買いました。
購入価格は 140,500円でしたが、売却価格が 4,4850円でしたので、実質負担額は 95,650円。
ちなみに、7D兇3年前に買った時は121,994円でした。鳥撮りに使い回しカナリ傷ついていたので下取り価格(4,4850円)は、まあ納得。

90Dは7D兇茲蠅皀轡蝓璽困箸靴討魯薀鵐が下なので、ダウングレードした形ですが、2019年9月に発売された90Dに対して、7D兇2014年10月発売と古いモデルなので、スペックを比較すると90Dの方が上回る項目が多々あります。
例えば、有効画素数は7D兇2,020万画素に対して3,250万画素、バッテリーフル充電時の撮影可能枚数は7D兇量670枚に対して約1,300枚、重量は7D兇820gに対して619g等々。常用ISO感度は7d兇100〜16,000に対して100〜25,600。7D兇虜蚤腓亮綸世ISO感度だと感じてましたので、ボクはこれに一番期待してます。
ちなみに、AF/AE追従の高速連写は10.0コマ/秒とほぼ互角です。有効画素数が大きいだけに連続撮影枚数が若干劣りますが、30枚以上連続撮影するなんてハードな使い方はしないので問題ないと思います。

記録媒体(SDカード)が1枚だけ(シングルスロット)なので、バックアップがなくカードがクラッシュしたらという心配もありますし、耐用性に劣るという意見もありますが、まあ3年も使ったらまた買い換えるような気もします。
背面のボタン位置が違ってたりしますので、まずは新しいマシンに慣れねばなりません。

このカメラで最初に撮ったのは、シロハラでした。
シャッタースピード優先で1/12500秒、F/8、ISOオートで5,000でした。×1.4のテレコンを装着して560mm。

| Minigarage | カメラ(本体) | 18:16 | comments(0) | - |
 チキンカツカレー弁当

今日のランチは「チキンカツカレー弁当」。
アルコールの買い出しに行ったドン・キホーテでついで買いしてきたのですが、298円(税込み321円)は破格の安さ!
量が少ないわけでなく、味もそこそこ。総重量500gでカロリー808kcal。強いて言えば、チキンカツにソースがかかっていたのが「何で?」ですが、それを差し引いても「いいね!」でした。

| Minigarage | 中食(弁当) | 15:26 | comments(0) | - |
 シロハラのお尻

シロハラのお尻ですが、こんな縞々だったんですね。初めて見る珍しいポーズです。
そもそも、シロハラ(ヒタキ科ツグミ属)ってのはツグミと違ってあまり明るい場所が好きではありません。木陰の暗い場所がお好みなのに、こんな陽の当たる、しかも人工物(金属製フェンス)に留まること自体が珍しいと思います。
今シーズン、この公園ではシロハラが多いとは感じてましたが、こんなシーンに遭遇するとは思ってませんでした。

| Minigarage | 野鳥(ヒタキ科シロハラ) | 15:17 | comments(0) | - |
 今シーズン2回目のシメ(鴲)

公園内を自転車で移動中に見つけたオスのシメ(鴲)。慌てて自転車を降りて撮影の準備。「準備が出来るまで動かないでね」と念じつつ…
準備完了まで待っててくれました。シメは今シーズン2回目。
割と至近距離ですが、樹上にいる鳥は人が近づけないことを知っているのか、急な動きをしなければ逃げなかったりします。

| Minigarage | 野鳥(アトリ科シメ) | 18:54 | comments(0) | - |
 アカハラ

アカハラ(赤腹)です。ヒタキ科ツグミ属の漂鳥。
ツグミはどこにでも居る、シロハラはまあまあ居る、アカハラは滅多に居ない、って感じです。ボクが鳥撮りし出して6年目ですが6回目の遭遇。1年に1回遭遇できる程度です。
池の近くで撮ったという人がいたので、それらしき場所を捜索して発見しました。警戒心が強くて距離があることと、暗い場所を好む鳥なので、撮影条件が悪いのが残念ですが、こればっかりは仕方ありません。
シロハラは腹が白く、アカハラは腹が赤い(濃いオレンジ色)から付いた名は単純です。ただ、シロハラは夏季に大陸へ渡る(渡り鳥)のですが、アカハラは山地へ移動するだけの国内組(漂鳥)、冬の越冬地が一緒というのも面白いですね。
雌雄同色ですが頭部が黒いので、たぶんオスじゃないかと思います。

| Minigarage | 野鳥(ヒタキ科アカハラ) | 16:00 | comments(0) | - |
 ツグミの採餌

植物の種子を主食とするカワラヒワやシメなどアトリ科の鳥は樹上の種子が落ちると地上に降りてきて採餌するようになりますが、ツグミやジョウビタキなどヒタキ科の鳥は雑食で地上で採餌することが多いです。
このツグミも、落ち葉の下の食べ物を探してましたが、ミミズを見つけたようです。昆虫も食べますが、ミミズは好物のようです。

雑食なので木の実も食べます。

この仁王立ちがツグミ類独特のポーズです。

| Minigarage | 野鳥(ヒタキ科ツグミ) | 19:07 | comments(0) | - |
 地面に降りたカワラヒワ

カワラヒワ(河原鶸:アトリ科カワラヒワ属の漂鳥)が地上に降りる季節になりました。昨年も1月14日に同じような記事を書いてました。
落葉樹の葉は殆ど散ってしまい、カワラヒワも地面に落ちた好物のアキニレ(秋楡)の実を拾って食べます。
11月頃は枝に付いた実を食べるので、見上げるしかないのですが、年が明けると、地上に降りたところを撮ることが出来ます。ただ、地上に降りた鳥は警戒心が強いので、なかなか近寄れません。幹の陰に隠れるなどの工夫が必要です。
2羽写ってますが、左がで右がだと思います。頭部の色が若干違います。

| Minigarage | 野鳥(アトリ科カワラヒワ) | 17:29 | comments(0) | - |
 ルリビタキ

ルリビタキ(瑠璃鶲)です。
いつもの公園ですが、写真を撮った人が何人もいたので、たぶん居るんだろうなと言う思いはありましたが、自分で撮ってみて「やっぱり居たんだ」と。
メスのルリビタキに見えますが、オスの若だという人も居ます。この角度だと♀にしかみえません。
ジョウビタキに比べて薄暗い場所がお好きなようです。茂みの中にいて、一瞬だけ外へ出てきましたが数秒でまた引っ込んでしまいました。警戒心が強いのでこちらが動いたらすぐに逃げてしまいます。じっと動かず現れるのを待つしかありません。刑事の張り込みみたいなもんです(笑)
1時間程で3回姿を見せましたが撮れたのは2回。どちらもシャッターチャンスは2-3秒。

これは茂みの中なのでカナリ悪条件。撮ったという「証拠写真」程度です。😣

| Minigarage | 野鳥(ヒタキ科ルリビタキ) | 18:25 | comments(0) | - |
 2020年初の満月

今夜は2020年初の満月です。
(東京の場合)月の出が17:14で、月没が明朝7:04なので、一晩中楽しむことが出来るハズだったのですが、曇ってて今は見えません。でも雲に切れ間があるので、また見える時間帯があるように思います。
この写真は、30分程前、雲に隠れる直前に撮りました。

| Minigarage | 月(満月) | 19:34 | comments(0) | - |
 2日連続のモズ

今日も午後からいつもの公園へ鳥撮りに。
そして、今日も最初の出会いは「モズ」。昨日はモズでしたが、今日はモズの"百舌男"クンでした。場所は近くですが、少しだけ離れてます。モズは縄張りがありまして、オス・メスでも縄張り争いをします。木の頂上などでカッカッカと高鳴きするのは縄張り宣言です。
モズのオス・メス見分け方は、過眼線(眼を中心に前後方向に入る帯状の模様)。オスは黒でメスは褐色。胸はオスメスともオレンジ色ですが、メスの胸はウロコ模様があります。
ということで、昨日アップしたモズと見比べてみてください。

| Minigarage | 野鳥(モズ・オス) | 18:53 | comments(0) | - |
 2020年の「撮り初め」はモズ

午後から、いつもの公園で2020年初めての鳥撮りをしました。書き初めに倣えば「撮り初め」でしょうか?(笑)
去年の「撮り初め」はアオゲラだったので、今年もと同じ場所へ行ってみましたが、居たのはモズ。ということで、2020年の「撮り初め」は百舌でした。たぶんメス、モズ子さんです。

| Minigarage | 野鳥(モズ・メス) | 18:36 | comments(0) | - |
 蝋梅(ロウバイ)

ロウバイ(蝋梅)の花が咲いてました。
ここ3-4年、このBlogに毎年登場してる花ですが、ボクにとっては季節感を感じる花のようです。早生種では12月頃、晩生種でも2月にかけて咲くようなので、今が旬の花です。
半透明でにぶいツヤのある花びらがまるで蝋細工のようなので付いた名ですが、クスノキ目ロウバイ科ロウバイ属に属する中国原産の落葉樹で梅の仲間ではありません。花は香りが強いです。

| Minigarage | 植物(樹木・ロウバイ) | 22:11 | comments(0) | - |
 第96回箱根駅伝、事前の予想と結果

青山学院大の優勝に終わった第96回箱根駅伝ですが、事前評価と結果を見える化してみました。これは、W大学がまずまずの結果だったので作る気になりましたが、去年は12位に沈んだのでそんな気にはなりませんでした。全日本大学駅伝と同様にWの結果次第で結果が良ければ大会全体の結果を冷静に見ることが出来ます(笑)。ただ、7位で満足してはいません。

それはさておき、見える化は某陸上専門誌に載っていた、「平均タイムによる総合評価(5000m、10000m、ハーフマラソンの3種目の平均順位を合計)」と「記者の予想」を「結果」の両側に配置した表にしてみました。
線の色は、結果から見て総合力評価と予想より良かった場合が青、悪かった場合が赤、同じだった場合を緑で結んでみました。そして、総合力評価と予想より結果が良かった(まずまず予想通りの力を発揮した)大学のセルを青、悪かった場合を赤にしてみました。
タイムによる総合力評価と結果が一致したのは8チーム、記者の予想と一致したのは0、この数字を見る限り、専門誌記者の順位予想より持ちタイムによる順位の方が信頼性があるということでした(笑)。
力を発揮できなかったのは駒澤大と順天堂大。駒澤は総合力評価2位で結果9位、総合力評価6位の順天堂は結果13位。全日本大学駅伝も7区へ2位でたすきを繋いだにもかかわらず、7区8区で順位を落とし、9位でシード権を逃しました。順天堂の今シーズンの駅伝は散々な結果でした。
その逆は創価大でした。総合力評価は13位グループ、記者予想も16位でしたが、結果は8位。予選会も5位通過でしたので、もう少し上位の予想でも良かったように思います。
東洋大は危うく予選会行きでしたが、総合力評価と結果が一致。順当とも言える結果でしたが、記者が予想した順位(4位)は何をもっての予想だったのか? 記事を読むと、往路2連覇中で11年連続3位以内をキープしている実績を評価したようです。
同じく、総合力評価5位の明治大を11位と予想したのは、全日本大学駅伝15位の結果が影響したようです。予選会4位だったので、もう少し高く予想しても良かったように思います。ただ、予選会6位通過の筑波は総合力評価20位で結果も20位。予選会が出来すぎだったようなので、予選会の結果をどう評価するかは難しいです。予選会1位の東京国際大は5位でしたが、予選会2位の神奈川大は17位。予選会9位の早稲田は7位ですから、予選会の結果が本大会の結果はあまり参考になりませんね。ちなみに、予選会通過チームは★を入れてありますが、10チーム中4チームが次回のシード権を手にしました。ということはその逆も4チームです。

などなど、色々考察してみましたが、大会前の総合力評価は結果に直結してるようです。5000m、10000m、ハーフマラソンの記録を伸ばして力の底上げをすることが重要なのは言うまでもありません。しかし、レースで持てる力をどれだけ発揮できるかが更に重要。ま、それは誰もが判ってる事ですが、やってみなきゃ判らないというのがスポーツの面白さでもあります。

| Minigarage | 陸上競技(駅伝) | 18:41 | comments(0) | - |
 横浜家系ラーメン「武蔵家」

昨日のランチ、久しぶりの外食でした。新中野にある横浜家系ラーメン「武蔵家」です。
今年で開店20周年ということですから、ボクが中野へ引っ越してきて暫く後にできたようです。この店で「家系ラーメン」を知り、以来彼方此方で家系ラーメンを食べましたが、ここが一番好きです。
10年程前は、週に2-3回通ってて「馴染み客」になってましたが、ここのところとんとご無沙汰。5年以上ぶりじゃないかと思います。なので、店員さんも知らない人ばかりでしたが、味は変わってませんでした。
家系ラーメンはライスとの相性が良く、海苔をスープに浸してからご飯に巻いて食べるのがとっても美味しいです。炭水化物×炭水化物ですけどね…😅
ラーメン普通盛りで700円、ライス無料。ボクは「味薄め、脂少なめ」で注文してますが、それでもこってりです。

| Minigarage | 外食料理(ラーメン系) | 14:33 | comments(0) | - |
 嘉門タツオのライブ

渋谷で行われた嘉門タツオのライブ(祝☆還暦 顔面蒼白歌合戦!!〜新春スペシャル)へ行って来ました。

嘉門タツオは毎年1月と8月に渋谷でライブを行ってまして、これで3回連続4回目のライブ参戦となりました。最近はマジメな曲も歌ってますが、ボクとしては替え歌メドレーやコミックソングなどの笑える曲が好きでして…
一般的には公演中の写真撮影や録音は禁止されてますが、嘉門さんのライブは「自由」なので、後ろめたさなく撮影・掲載が出来ます。😄
ちなみに、ライブのタイトル「祝☆還暦…」ですが、去年も同様、今年は61歳のはずです。いずれにしても同世代で、観客の平均年齢も同様でした(笑)。

| Minigarage | 映画・音楽・芸能 | 18:09 | comments(0) | - |
 第96回箱根駅伝

第96回箱根駅伝、W大学は7位でシード権を獲得できました。
去年は12位、13年ぶりにシード圏外に沈み、予選会はまさかの9位。
往路は8位でゴールしたものの、復路の6区で12位に落ち、どうなるものかと思いましたが、7区以降が踏ん張り、7位でゴールしてくれました。
これで、次年度(2020年度)は出雲にも復活、全日本・箱根とも予選会無しで出場できます。ヨカッタ、ヨカッタ😄😄😄

写真は、大手町のサンケイビル前に設置された大型モニターを見る大勢の駅伝ファンです。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 21:21 | comments(0) | - |
 ほぼ半月

洗濯物を取り込んでる時に空を見上げたら、ほぼ半月のお月さんがポッカリ浮かんでました。
そう言えば、最近月撮りしてないなぁと久しぶりに撮ってみました。少し薄雲が出てましたが撮影には支障なし。
月齢は7.15で明日が半月(上弦の月)、満月は11日(土)です。

| Minigarage | 月(半月) | 17:50 | comments(0) | - |
 2020年正月

敬頌新禧

いつもお越し頂き有り難うございます。
この拙いBlogも足かけ16年目になりました。(ここへの引っ越す前も含めて)
このブログのタイトルは「鼠狸庵閑話」でして、今年の干支「子」は鼠ですので、多少の縁がある年なのかとも思います。だからといって、何だということもありませんが…(笑)。
ま、相変わらずの無駄話ですが、今後ともお付き合い頂ければ幸甚です。
宜しくお願いします。

| Minigarage | カレンダー | 18:17 | comments(0) | - |
 キクイタダキ(菊戴)

2019年大晦日、鳥撮り写真のトリ(取り)は、キクイタダキでした。最近この場所に良く現れるんですよね。今日も、到着した時には比較的低い場所に降りてきていました。
全長10cm、体重5gの日本で一番小さい小鳥です。撮り辛いことでも1-2位を争うんじゃないかというストレスの溜まる鳥です。なかなか上手く撮らせてくれませんが、。またチャレンジします。

 

 

| Minigarage | 野鳥(キクイタダキ) | 18:47 | comments(0) | - |
 アオジ

最近、アオジを良く見かけるようになりました。ただ、まだシーズンが浅いのか警戒心が強く、なかなか近寄らせてくれません。
地面に降りて採餌してても人の気配を感じると、すぐに樹上へ上がってしまいます。
アオジ(蒿雀)はホオジロ属の漂鳥。夏には山地に生息してますが、冬季になると平地へ降りてきて都市公園でも普通に見られます。全長16cmでスズメとほぼ同じ。混在してると見間違うかも…

| Minigarage | 野鳥(ホオジロ科−アオジ) | 18:28 | comments(0) | - |
 金網越しのジョウビタキ

ジョウビタキ(尉鶲)に遭遇したのですが場所が…
公園では数カ所で改良工事が行われていて、フェンスで仕切られてたりします。このジョビ子さんは間近にいたのですが、金網が映り込んでしまって、動物園で撮った写真のようで絵的には台無しです。
でもお蔵入りは勿体ないので公開します。数年後には、そんなこともあったなあ、という思い出になるかも。

| Minigarage | 野鳥(ヒタキ科ジョウビタキ・メス) | 16:32 | comments(0) | - |
 今シーズン初めてのシメ(鴲)

11月後半に観察した年もありましたが、今シーズンは年末になり漸くでした。アトリ科シメ属の冬鳥ですが、北海道でも繁殖してるようです。
さほど珍しい鳥ではなく、冬になると都市公園で普通に見られます。地味な色合いですがスズメより一回り大きいので、容易に判断できます。植物の種子が主食で太くて大きい嘴で堅い木の実を割って食べます。
雌雄ほぼ同色ですが、目の周りの色合いで区別できます。これはオスだと思います。基本は単独行動ですが、渡りの時期が近づくと群れを作ります。今年の春(3月)には数十羽の群れを見ました。

| Minigarage | 野鳥(アトリ科シメ) | 17:19 | comments(0) | - |
ブログカレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ