そりゃあ閑話(ボク的デキゴトロジー)
【内容】このBlogを始めた当初は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます
【閑話】つまりは無駄話 
【効用】せいぜい暇潰し程度でしかありませんが、お付き合いいただける方はどうぞ御緩りと
 魔方陣
数日前の某大手全国紙朝刊の4コマ漫画で魔方陣を扱ってました。(読んだ方も多いと思います)
魔方陣ってなに?と調べてみたら、『正方形の方陣に数字を配置し、縦・横・斜めのいずれの列についても、その列の数字の合計が同じになるもの』とのことで、方陣、ラテン方陣とも言うそうです。
最小は3×3で合計が15になる1種類しかないようです。(上下左右卯の入替は別として) へぇ〜です。
┏━┳━┳━┓
┃6┃1┃8┃
┣━╋━╋━┫
┃7┃5┃3┃
┣━╋━╋━┫
┃2┃9┃4┃
┗━┻━┻━┛
4×4は880通り、5×5は2億7530万5224通りもあるそうですがどうやって数えたんでしょう。計算上かな? だとしてもどうやって計算するのか…
| Minigarage | 雑学 | 14:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
 日の出と日没時間の関係、1年で昼間が一番短い日の話
 昨年末の12月22日が冬至だったので、その後は朝(日の出時間)が早くなると思っていたのですが、その後20日近く経ったのにちーとも早くなったように思えません。
 で、調べてみたら、昨年の冬至(12月22日)の日の出時間は6時47分。今朝の日の出時間は6時51分と何と遅くなっていました! 冬至って、日の出時間が1年で一番遅く日没時間が一番早い日と思い込んでいたのですが、そうじゃありませんでした。
 冬至の日没時間は16時32分で昼間の時間は9時間45分。今日の日没は16時47分で昼間は9時間56分。冬至は日の出から日没までの時間が一番短い日ですが、日の出が一番遅く日没が一番遅い日ではなかったのです。へぇ〜でした。
 ちなみに、日没が一番早いのは12月上旬で16時28分でした。
 となると、“何でこうなるの?”という疑問が湧くのですが、原因は「均時差」だそうです。じゃ、「均時差」って何?となりますが、天体の話は詳しくないのでブリタニカ国際大百科事典 小項目事典を引用すれば、「地球が楕円軌道を描いて太陽を回るので季節によって速度が異なるため。もう1つは、地球赤道が軌道と 23°27′傾いているので、1日のうちの太陽の運動が東西から少しずれるため」ということです。何となく判ったような判らないような…ま、そういうことなんですね。
| Minigarage | 雑学 | 09:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
 百葉箱は「ひゃくようそう」?
TBSラジオの「日本全国8時です」と言う番組(全国ネット)の水曜日担当(ゲストと呼ばれる)、森田正光氏(気象予報士)が2週に渡り百葉箱を話題にしてました。
百葉箱とは温度計や湿度計の入った気象観測用の白い箱。“ひゃくようばこ”と読むのが一般的ですが、これは本来“ひゃくようそう”と読むのが正しく、広辞苑には“ひゃくようばこ”は載ってなくて、“ひゃくようそう(百葉箱)”として掲載されている。
というような内容。念の為に、広辞苑を確認してみましたが、確かに「ひゃくようばこ」は載ってませんでした。
学校でも以前(1970年頃以前?)は「ひゃくようそう」と教えていたというリスナーからの投稿メールも紹介してましたが、ボクは「ひゃくようばこ」という認識です。今でも気象関係者は皆「ひゃくようそう」だとか。でも、NHKのアクセント辞典には「ひゃくようばこ」で「ひゃくようそう」は載っていないという話もしてました。TBSなのに・・・
ところで、「百葉箱」をググってあちこち読んでいたら、学校(小学校や中学校)には必ずあったものですが、今は設置してないところもあるということも書かれてました。意外に高価(20万円以上もする!)なのと維持管理が大変だからで、若い教員には「百葉箱」を知らない人が増えているとか。
更には、気象庁も今は百葉箱での観測はしていないということも知りました。全国で気象観測しているアメダスは、百葉箱の中の観測器データを集めているのかなぁというイメージを持っていましたがそうじゃないみたいです。
実際は、百葉箱ではなく、電気式温度計は通風筒という筒の中に入っているそうです。詳しくは気象庁のページを参照して下さい。また、百葉箱(ひゃくようばこ)の語源に拘ったページも見つけましたので、興味ある方はどうぞ。
| Minigarage | 雑学 | 18:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
 太宰 治と松本清張
今日6月19日は太宰治の誕生日だそうです。明治42年(1909年)生まれですから生誕100年。てことは生きてりゃ100歳。
ところで、松本清張も今年生誕100年。清張も1909年生まれです。 ということは、太宰 治と松本清張は同い年、同級生ということにありますが、信じられないというか、納得できないというか、(ボクが納得するとかしないとかの問題じゃないか…)でも事実です。
理解しがたい理由は、太宰が若くして没した(昭和23年)のに対して、清張はついこの間まで生きていた(平成4年)イメージがあるからでしょうか。同じ年生まれでも、死んだ年が44年も違うからでしょう。
太宰治は明治の人、松本清張は昭和の人というイメージがありますから、同い年というのがイメージに合わないのです。ついでに言えば、淀川長治、小森和子(こもりのおばちゃま)も1909年生まれです。
| Minigarage | 雑学 | 10:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ならぬカンニング、するがカンニング
「ならぬ堪忍、するが堪忍」 という諺があります。意味は、「なる堪忍は誰もする」と言い、たやすい堪忍なら造作ないがどうにも我慢できない辛さ苦しさをじっと堪え忍ぶことこそ真の堪忍であると いうこと。
この諺をもじった、 「ならぬカンニング、するがカンニング」 という言葉を聞いたことがあるでしょうか。ボクはこの洒落を学生時代に聴きました。中村清という学生時に所属していたクラブの監督です。その筋(陸上競技の世界)では割と有名な方…
練習前に学生を前にして、色々な話をされる監督でした。仏教からキリスト教まで宗教の話から時には下ネタまで、教え諭すという感じの話で、話し出したら止まらない人した。1時間はざら、時には2時間も話を聴かせていただくこともありました。練習前だというのに…
そんな中でこの諺(駄洒落?)も聞きました。確か期末テストが近づいていた頃だったと思います。勉強もせにゃあかんが…に続いてくだんの話となったわけです。「上手いこというオッサンやなぁ」と感心しつつ大笑いでした。
その後30年近く、これは中村清監督のオリジナルだと思い込んでいたのでしたが、最近になってそうじゃないと言うことが判明しました。明治から大正にかけて活躍した漫談家・大辻司郎という人の造語らしいのです。その頃のことなら1913年(大正2年)生まれの中村清監督が聞いて知ったというのは充分にある話です。
| Minigarage | 雑学 | 17:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
 疑似科学
マイナスイオンのことを調べていて、これが自然科学の用語でなく疑似科学(ぎじかがく)に分類されるということを知りました。
疑似科学(ぎじかがく)は英単語pseudoscienceの訳語である。「虚偽の」を表すギリシア語の語根pseudo(プセウド)と、「学問」を表すラテン語scientia(スキエンティア)の複合語である。学問、学説、理論、知識、研究等のうち、その主唱者や研究者が科学であると主張したり科学であるように見せかけたりしていながら、科学の要件として広く認められている条件(科学的方法)を十分に満たしていないものを言う(例えば、科学的方法をとっていないため科学雑誌への論文投稿が認められない、そのため査読も経ていないものなど)。これらが、科学であるかのように社会に誤解されるならば、そのことが問題であると言われる。「科学ではない」ということをはっきりさせるために、ニセ科学(にせかがく)あるいはエセ科学(えせかがく)という語を用いる人もいる。(Wikipedia)
じゃあ、他に疑似科学に分類されるものには何があるのだろう?という疑問が湧きます。

血液サラサラ・ゲルマニウムの効用・酸性食品とアルカリ性食品・アルカリイオン水・活性水素水・超軽水・高濃度酸素水・コラーゲンを用いた健康食品・血液型性格分類・節電器・パワーストーン

どれもどこかで聞いた・見たことがあります。健康関連商品、健康食品、サプリメントなどの広告で使われるような…
美容や健康に良いようなイメージがあったりしますが、どれも「学術的な定義はない」「医学的根拠がない」ということで、疑似科学に分類されています。信じるのは自由ですが、付加価値があるように謳っていてその分値段が高かったりしますが、効果は?なので注意しなければなりません。
| Minigarage | 雑学 | 14:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
 マイナスイオン
最近蒸し暑い日が多いので、扇風機でも買おうかと思い、ヤフオクを覗いていたら、扇風機に混じって冷風扇マイナスイオン付なんて商品がありました。
「マイナスイオンで快適に!」「マイナスイオンの涼しい風」などというコピーが書いてあります。そういえば昔、マイナスイオンが出る歯ブラシってのを使っていたことがあります。「マイナスイオンでピカピカに」なんて書いてあったので使ってみたのですがピカピカになったかどうかは???

マイナスイオンってどんな効果があるの? ということで、検索してみました。
マイナスイオンは、日本にて1999年ごろからマスコミに登場した流行語であり、流行のピークの2002年夏には「マイナスイオン商品」という実証無しに勝手に効果効能を標榜する様々な商品が大量に市場に溢れる現象を示した。
「マイナスイオン」は自然科学の用語ではない。明確な定義もなされておらず、その効果は偽薬効果と考えられている。なお、化学の分野では(溶液中の)負電荷のイオンは、陰イオン(negative ion)もしくは負のイオン(アニオン、anion)と表現するが、英語にminus ionという語句は存在しない。このマイナスイオンなる言葉が実際に何の物質や現象を指すかは、その時々で異なっている。この言葉が商品に載せられる場合は、消費者を欺き購買意欲を誘う似非科学に分類される。(Wikipedia)
なんだ、効果の程ははなはだ怪しいってことですね。「マイナスイオン付冷風扇」というのも 消費者を欺き購買意欲を誘う 商品なんでしょうかね?
| Minigarage | 雑学 | 03:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
 納豆の日
今日、7月10日は納豆の日。単なる語呂合わせでしょうけど、誰でも理解できる明解な語呂合わせです。業界団体である全国納豆協同組合連合会(全納連)が制定したそうです。
納豆といえば、半年程前、“「あるある」の捏造問題”で大ブレークしました。たまたまテーマが納豆だったお陰?で、今年の1月は普段の1.7倍も売れて店先で欠品するという異常事態になったりしましたが、今はすっかり元の状態。
そんな被害者?でもある納豆ですが、納豆の日に合わせた記念イベントでもあるのかと全納連の納豆PRセンターのページを覗いてみましたが、残念ながら何もなさそうです。
例えば、納豆の日記念大感謝セールなんて安売りをしたとしても、スーパーなんかじゃ元々3-4個100円と安価ですからあんまり有り難味ないか… じゃあ、高級納豆(例えばこんなの)を今日だけ710円なんてのはどうでしょう? あまり盛り上がりそうもないか… 困惑

| Minigarage | 雑学 | 17:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
 御手茂登
御手茂登あるお店で出された割り箸の袋です。行書体で書かれて(印刷されて)いましたが、「おてもと」と読むんでしょうね。
そう言えば、割り箸の袋には(店の名前じゃなく)何か書かれてることがありますが、何てかいてあるかなんて気にしたことありませんでした。
家に帰ってから、溜まっている割り箸を引っ張り出してたら…

おてもと
どれも“おてもと”と書いてありました。真ん中のふたつはひらがなで、両端は漢字のようです。漢字といっても、くずし字(というそう)で書かれているので判り辛いのですが、「御手茂登」です。(ちなみに、“御・手”は漢字で、茂・登は“変体仮名”だそうです)
ところで、「おてもと」ってのは、広辞苑によると、『会席・料理屋などで箸の称』。漢字で書けば、御手元・御手許です。箸は手元に置くので、何の捻りもない 至極当然の直球 でした。
| Minigarage | 雑学 | 18:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
 人口密度
ボクが住んでいる東京都中野区のWebサイトを見ていたら、人口密度が1k屬△燭19,774人で23区中1位で1位だと書いてありました。ちなみに人口は308,284人で23区では中位だとか。たしかに、中野区は狭っちくて人は多いから、空き地なんてありゃしないし。分かり易く言えば、10m四方のスペースに20人が住んでいるということです。 わぉ〜!ですね。 唖然
んじゃあ、他の市区町村と比べたらどうなのかなと思い調べてみたら、何と、、、大阪市城東区の18,500人を押さえて堂々の日本一でした。
参考までに、東京都特別区(23区)をひとまとめにすると13,200人で、埼玉県蕨市の13,930人に次いで全国2位。東京都全体では5,630人で都道府県別1位。2位は大阪府の4,656人で、神奈川、埼玉、愛知と続き、最下位は北海道の68人。日本全体では、340人程で世界平均は47人。お隣の韓国は490人。最も多いのはモナコ の16,900人で、最も少ないのは(独立国としては)モンゴルの2人(正確には1.7人)だとか。ゴビ砂漠と大草原だもんな…
2人対340人か、んで中野区は2万人…!!
| Minigarage | 雑学 | 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
日捲りカレンダー
 
天気予報
ブログカレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

  

  ところで…
  


このページの先頭へ