そりゃあ閑話(ボク的デキゴトロジー)
【内容】このBlogを始めた当初は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます
【閑話】つまりは無駄話 
【効用】せいぜい暇潰し程度でしかありませんが、お付き合いいただける方はどうぞ御緩りと
 セ・リーグ−2位以下の全チームが「33勝」で並ぶ珍現象

昨夜の巨人−中日戦は、大野雄大が3安打で完封、5-0の快勝でした。NHK−BSで中継してましたが、危なげない戦いだったので安心して観戦することが出来ました。
ところで、セリーグの順位は、首位を独走する広島以外の5チームが33勝で並ぶという珍現象になってます。ま、世の中的には22年ぶりの10連勝した広島のことの方が話題になってますけどね(笑)。

| Minigarage | 中日ドラゴンズ | 16:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
 予想外の6連勝

予想外の6連勝でセリーグ首位に躍り出ました。
中日ドラゴンズの話です。
今年、プロ野球評論家のセリーグ順位は、誰もが最下位を予想してまして、その予想通り開幕3連敗だったのですが、そこから6連勝です。この事態は誰も予想してなかったハズ。6連勝は5年ぶり、単独首位は2012年6月30日以来1009日ぶりだそうです。
それと対照的に、前評判の高かった巨人・広島が苦しんでいますが、徐々に自力を発揮するようになると思います。
ドラゴンズの勢いが続いてくれれば嬉しいのですが、そうはイカの金玉。ジツリキ的に言って、勢いもこれくらいでしょう。高望みはしません。瞬間的にでも首位になれたことで今年は満足します。

ちなみに、ボクがドラゴンズの話題で記事を書いたのは、2011年11月以来です(笑)。あの頃は、強かったからねぇ。また、そんな時が来れば良いのにね。

以上、ドラゴンズファンの呟きでした。

| Minigarage | 中日ドラゴンズ | 10:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
 もうすぐ日本シリーズが始まりますが…
12日(土)から、中日ドラゴンズとソフトバンクホークスによるプロ野球の日本シリーズが始まります。
リーグ優勝チーム同士の対戦は2年ぶり、やはり日本シリーズはリーグ優勝したチーム同士の戦いじゃないとね。昨年のロッテマリーンズのようにリーグ戦で辛くも3位に滑り込んだチームがクライマックスシリーズを勝ち抜き、日本シリーズでも勝っちゃうってのはねぇ…確かにクライマックス・日本シリーズともロッテは神がかり的な強さがあったのは事実ですが。
それに、2007年にはリーグ2位だった中日ドラゴンズが、クライマックスを勝ち抜き、53年ぶりの日本一になったのだから、それはそれで良いのですが、今年はどちらが勝ってもリーグ優勝チームですから、誰も文句が言えません。

ところで、ドラゴンズファンのボクが、この日本シリーズにイマイチ気合いがはいらないんですねぇ。それはなぜかというと、どうも勝ちそうな気がしないからです。
シーズンを通じて打線がふるわず、チーム打率は12球団最低。投手陣が踏ん張り、1点差ゲームをことごとくモノにしての優勝は、ドラゴンズらしいと言えばそうなんですが、それにしても打てません。
クライマックスシリーズでも、貧打戦には目を覆うばかり、トホホの連続でした。それでも勝てたのは、ファーストステージを勝ち上がったヤクルトの投手陣に怪我人が多く、加えて連戦となったファイナルステージのスケジュール上の苦しさがあったからです。
しかし、充分な休養期間があったソフトバンクホークスの投手陣は強力です。今のドラゴンズ打線で打ち崩せるとは思えないのです。勝って欲しいのはやまやまなのですが、淡い望のような気がするというか、惨敗しそうな気がしてならないのです。

「それでもお前はドラゴンズファンか?」とドラゴンズファンの方々からはお叱りを受けそうなのですが、せめてはボクの予想が外れてくれれば、と願うのが今の正直な気持ちです。
| Minigarage | 中日ドラゴンズ | 20:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
 今年初めての?「やりました!」

ケガで出遅れてた小田くんがやってくれました。(9回裏のさよならヒット)やりましたねぇ。
| Minigarage | 中日ドラゴンズ | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
 岩瀬のセーブ記録(286)
岩瀬仁紀のセーブ記録が(高津臣吾の持つ)286のプロ野球記録に並びました。新記録の誕生は時間の問題です。
ここ数年、ピシャッと3人で片づける安定感がなく、打たれながらも何とか押さえるというケースが多くなっていたので、引退も近いんじゃない?という個人的な思いもあったのですが、今季も既に10セーブ目。まだ暫くは大丈夫そうです。
新聞記事には、「前人未到の300セーブまで云々」とありますが、それは間違いないと思うのですが・・・
高津・岩瀬に次ぐのは252の佐々木主浩です。しかし、佐々木はメジャーで129のセーブを記録しています。これを加えると381。この数字を考えると、“前人未到の300セーブ”なんてフレーズは烏滸がましく思えます。
381-286=95 30セーブ以上を3年続ければ届かもしれない数字ではありますが、明らかな衰えの見える36歳の岩瀬にとっては、“まだ暫くは大丈夫そう”とは言っても、少々厳しそうですねぇ。
| Minigarage | 中日ドラゴンズ | 19:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
 嗚呼、残念無念
いやはや、残念無念。
2日連続の延長戦、今一歩のところでしたが、負けは負け。仕方ありません。また来年です。

準備していた我が家のドアラの写真を使うチャンスが無くなってしまったので、意味もなく載せておきます。
ドアラ
| Minigarage | 中日ドラゴンズ | 18:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
 2勝3敗、ここからが勝負
昨夜の日本シリーズ第5戦は完敗。何も言うことはありません。
2勝3敗と王手をかけられましたが、残る2戦は得意のナゴヤドーム。2連勝してくれることを祈ります。

中日ドラゴンズ
| Minigarage | 中日ドラゴンズ | 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
 デジタル総合2チャンネル
いやはや凄い試合でした。
井口のホームランで3-0になった時には万事休すかとも思ったのですが、その後の追加点を許さない強力リリーフ陣は凄いの一言。10回裏の1死満塁の絶体絶命のピンチも奇跡的なダブルプレーで凌ぎきり、大島の逆転タイムリーにつながりました。
中日ドラゴンズこれで2勝2敗。ナゴドでの胴上げが見えてきました。



ところで、昼間の神宮球場でも凄いゲーム(東京六大学野球優勝決定戦−早稲田対慶応戦)が繰り広げられてました。
TV観戦していたのですが、終盤戦盛り上がっていた頃に、突然、「この中継は4時で終了させて頂きます」というメッセージが流れました。
「おいおい、今一番良いところなのに終わっちまうのかい?」と誰しも思ったに違いありません。
が、その後、「なお、デジタル放送でご覧の皆さまにはデジタル総合放送2で引き続き野球放送を放送します」というテロップとともに、[デジタル総合放送2を見るためには]という案内イメージ(リモコンのイラスト付き)も表示されました。
案内通りにチャンネルを変更したら、4時以降も野球中継を放映していました。ただ、画質が変わったような気がしましたが…
野球中継が終わると、自動的に剣道中継(1チャンネル)に切り替わり、2チャンネルは受信出来なくなりました。1チャンネル(総合)の次は3チャンネル(教育)だと思ってましたが、その間に2チャンネル放映があるとは今迄知りませんでした。何か秘密チャンネルのようでもあります。

どんな仕組みになっているのかと調べてみたら、
地上デジタル放送では、1つのチャンネルに2つの番組を同時に放送することができます(マルチ編成)。2つ目の番組を放送しているチャンネルのことを「サブチャンネル」と言い、総合テレビのサブチャンネルのことを「デジタル総合2」と言います。 新聞のラテ欄には、「S2」もしくは、「地デジS2」と表記されています。
ということが、NHKのページに書かれてました。そう言うことだったんですね。また、マルチ放送の場合、ハイビジョン放送(HD画質)が出来ず標準画質(SD)になるので、画質が変わったように感じたのですね。
ちなみにTV番組表を再確認したら、[後4:00以降、デジタル総合2(S2)で放送継続]となっていました。
データ放送もそうですが、デジタル放送って結構便利なんですね。
| Minigarage | 中日ドラゴンズ | 14:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
 日本シリーズのTV放映
昨夜は渡辺俊介の術中に填り5安打1点の完敗。何も言うことはありません。1勝2敗になってしまいましたが、次(今夜)に期待することにして話題を変えます。

今回の日本シリーズは、1・2・5戦が地上波での全国中継がないと言うことで話題になりました。日本シリーズとして初めてのこと、大袈裟に言えば前代未聞の事態ということです。
昨今はリーグ戦の中継は殆どないのですが、日本シリーズだけはということだったのでしょうけど、民放の場合は視聴率が至上命題でしょうから、それが望めないとしたら仕方ないこと。
ボク的には、NHKがBS1で1-5戦を中継するから良いと思うんですけど。もっとも、BSは視聴出来ないから残念という人もいるでしょうね。
ところで、ラジオ(AM)はNHKを含めて4局で中継してました。(昨夜の第3戦、関東地区) ラジオはアナウンサーと解説者がいれば簡単に中継出来ますからそうなるんでしょうけど、4つも必要ないです。どこの局を聞いても内容は殆どおなじですから、話し合ってどこか一つの局だけが中継すれば言いように思います。これは、普段のリーグ戦でも感じているのですが、どこも巨人戦が中心です。TBSなどは全て横浜戦を中継すべき立場だと思います。親会社なんだから…

ちなみに、参考資料です。
10月30日から開催されるプロ野球・日本シリーズ、中日ドラゴンズvs.千葉ロッテマリーンズ戦の第1・2・5戦が、日本シリーズとしては中継開始以来初めて、地上波による全国中継が行われないことになった。

日本プロ野球界の最高峰イベントと言っても過言ではない日本シリーズだが、なぜ、地上波でオンエアされないのか? まず、ここで重要なのは、「各球団が放 送する放送局を指名する」という慣例である。大手広告代理店で番組スポンサー獲得業務を行う30代男性によれば、今回、愛知県の放送局で、中日ドラゴンズ の中継に強いCBCの関連会社であるTBSが、まず全国ネットの中継を頼まれたようだ。だが、同局はすでに別番組の放送を予定しており、今回は中継を辞退 した模様。

さらに同社員は、日本シリーズ中継にまつわる「しがらみ」をこう説明する。

「日本シリーズの場合、完全中継をしなくてはいけないんですよ。プレイボールから、延長戦になった場合、そして最後の監督インタビューまでも含め、すべて 中継しなくてはいけません。そうなると、放送時間が延び、(予定していた他番組の時間変更や放送中止を迫られるため)デメリットもある。(野球の視聴率が 落ち込む昨今、日本シリーズ放送によるメリットをデメリットと比べた場合)デメリットの方が多いと判断したのかもしれません」

このデメリットとは、一言でいえば視聴率が落ち込むリスクのことだ。現在、ゴールデンタイムだと視聴率「10%」のノルマが明確に求められるとのことで、 中継延長になった場合のリスクはもちろんのこと、「そもそも中日vs.ロッテで視聴率がと取れるのか?」と各局が不安に思ったのではないかと指摘する。

テレビ関係者のなかには「中日vs.ロッテだったら『普段のバラエティを流した方が数字は取れる』と考える人もいる」とのことで、実際、今回の日本シリーズ中継に関して、テレビ東京がその選択をした。

さらにもうひとつ影響を与えたのが「スポットCM」にまつわる厳しい事情だ。スポットCMとは、「番組と番組の間に流す期間限定CM」のこと。「A」や「特B」「B」といった形で時間帯によってCM料金は変動する。

日本シリーズが行われる10月末〜11月は年末商戦直前で、期間限定でCMを流したい広告主にとっては貴重な時間である。だが、野球中継が延長になり、本来「A」で流せるはずだったCMを「B」の時間に流さなくてはならなくなった場合、テレビ局は「A」と「B」の差額を補てんしなくてはいけないのだ。「ヒ マな時期であれば、その差額を『別の時間に流す』ことで穴埋めできますが、今の時期はそんなことをする余裕がない。だから、テレビ局の営業も広告代理店も不確定要素の多い野球を今は歓迎していないのです。野球に人気があった時代なら、そんなことをする必要はなかったのですが…」(前出広告代理店社員)

また、「巨人が出ていれば、普段の関係から日本テレビが視聴率や補てんのことも考えずに中継してくれていたのですが…、中日ではさすがにキー局はそこまでの太っ腹なことはしません」とこの社員は語った。

同氏によると、「中日vs.ロッテ」は、想定できた組み合わせの中でも「(視聴率は)最低レベル」とのこと。もっとも数字が取れたであろうカードは「巨人vs.ソフトバンク」、関西限定でいえば「阪神vs.ソフトバンク」という。今回の「中日vs.ロッテ」は、数字としては「関東で7〜8%いけばかなり良いほう」らしい。(Web R25から引用)
中日ドラゴンズそれはさておき、次の一戦(3日の夜)に期待しましょう。ということで、今夜こそ。

| Minigarage | 中日ドラゴンズ | 12:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
 1勝1敗
ナゴヤドームで連敗しなくて良かった、と言うところでしょうか。
落合監督も言っていたように、1勝がなくては2勝目はないのですから、次勝つことが重要ですね。
中日ドラゴンズ次の一戦(2日の夜)に期待しましょう。


| Minigarage | 中日ドラゴンズ | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
日捲りカレンダー
 
天気予報
ブログカレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

  

  ところで…
  


このページの先頭へ