鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。蘊蓄(うんちく)は相変わらずですが、これは性格なので…(笑) ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、料理も。身の回りの出来事も含めて、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話。役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

 モリチャバネゴキブリ

カメラのレンズを鳥撮り用に望遠ズームに付け替えたのですが、虫を見つけると思わず撮ってしまいます。
このレンズは、マクロレンズには敵いませんが、それなりの接写も出来まして割と器用なのです(笑)。
で、初めて見たこの虫はと言いますと…モリチャバネゴキブリでした。チャバネゴキブリは世界共通の室内害虫ですが、本種は別種で森林性のゴキブリ。平地・海岸の雑木林の落葉層・草地で多く見られる。花や樹液にもよく集まる、そうです。
ちなみに、本種は飛びますが、チャバネゴキブリは飛翔することはできない、そうです。
体長は11-13mmで、日本では本州(千葉県・山形県以西)、四国、九州、伊豆諸島、対馬、種子島、奄美大島の平地〜低山地帯に分布し、韓国の済州島にも分布。【ゴキブリ目チャバネゴキブリ科チャバネゴキブリ亜科】

ゴキブリと判ってたら、撮ってたかなぁ? でも室内にいるゴキブリとは別種と言うことで少しホッとしました(笑)。
確かに、冷静に見れば体型はゴキちゃんそのものですが、色のイメージからゴキとは思いませんでした(苦笑)。

| Minigarage | その他の昆虫 | 19:04 | comments(0) | - |
 イボバッタ

イボバッタです。【バッタ目バッタ科トノサマバッタ亜科】
大きさは(翅端まで)♂24mm前後 ♀35mm前後ですが、この個体がオスかメスかは判りません。お尻部分を真後ろから観察しないと判らないようです。2枚目の写真からすると、メスのような気もします。日本産トノサマバッタ類としては最小の部類とか。
公園を歩いていたら、どこからか飛んできて目の前に着地したので気づいたのですが、この場所にじっとしてたら判らないと思います。踏みつぶす可能性はあります(笑)。ましてや、このフォルムで枯れ草の中に居たら絶対に判らないはずなのですが、ほとんど草が生えていない環境を好むということで、草地周辺の通路や舗装されていない駐車場などでよく見かける、と。

| Minigarage | その他の昆虫 | 17:42 | comments(0) | - |
 食事中のカマキリ

この写真は少々蘞いので、苦手な方はスルーしてください。

ハチ(たぶん)を食べるカマキリの幼虫です。幼虫と言っても、カラダが小さいのと翅がないことぐらいで成虫と何ら変りありません。食性も他の昆虫を食べる肉食ということで変わりません。
カマキリは春に卵から孵化し幼虫になります。何度も脱皮を重ねて徐々に大きく育ちます。秋になると立派な成虫になりますが、今の時期はその殆どが幼虫です。
面白いのは、他の昆虫より遅く孵化することです。餌となる昆虫が沢山揃った頃に孵化するというワケですが理に適ってますね。
ということで、この若カマキリ君、ハチと思われる虫を一心不乱にムシャムシャ食べてますが、見事な食べっぷりです。

| Minigarage | その他の昆虫 | 13:46 | comments(0) | - |
 ショウリョウバッタの幼虫

ショウリョウバッタの幼虫ですが、10日程前にもショウリョウバッタの幼虫を撮影してupしてます。前回は褐色だったのですが、今回は緑色が、左後ろ足がないというのが共通点。
撮影場所もほぼ同じだったので、同じ個体で色が変わったのかな?と両方の写真を比べたのですが、同じ個体じゃないようでした。
しかし、バッタの足はそんなに簡単に取れちゃうものかと調べてみたら、片足は割と簡単に取れちゃうようです。取れた足が動いて、相手の注意をそっちに向けておいて逃げるというトカゲの尻尾と同じ理由のようです。
トカゲの尻尾のように再生はしないものの、命を落とすより片足で済む方がまだましという理屈です。片足は簡単に取れても残った足はなかなか取れないようです。後ろ足が2本ともなくなれば移動に支障が出ますからね。

| Minigarage | その他の昆虫 | 17:40 | comments(0) | - |
 オオスナハラゴミムシ ?

いつもの公園を歩いてる時に遭遇したムシ。体長は20mmほど、動きは割と機敏です。歩く方向へ先回りして正面から撮影しました。
この手の虫はよく判らないので、というか、ムシはトーシローで“俄か虫撮り”ですので、帰宅してから名前を調べました。
正直よく判らないというのが本音ですが、ネットのムシ情報で一番似てるんじゃないのかと思ったのは「オオスナハラゴミムシ」です。ただ、ゴミムシって何?という状態ですので、とりあえずWikipediaの情報を引用しておきます。
『ゴミムシ(芥虫・歩行虫)は、コウチュウ目オサムシ亜目陸生オサムシ類 に属する甲虫のうち、比較的大型の種が多いオサムシ科オサムシ亜科に属するものと、粘菌食で形態の特殊化の著しいセスジムシ科に属するもの、昼行性で脚が長く、よく走りよく飛翔するためにかなり異質な外観を有するハンミョウ類を除いた昆虫の総称である。
名前に「ゴミ」がつくのは、獲物となる小昆虫の多いごみ溜めで、これらの甲虫がよく見かけられるためと考えられる。「ゴミムシ」には様々な形態や生態のものが混じるが、一般的にはやや腹背に扁平な体、大顎が発達した咬む口、糸状の触角を持つ、よく歩き回る活発な甲虫である』

肉食性で日本には1,000種以上が分布するそうです。

同定できる方は、是非ご意見ください。

| Minigarage | その他の昆虫 | 19:08 | comments(0) | - |
 ショウリョウバッタ

ショウリョウバッタじゃなかと思います。翅が見当たらないので幼虫じゃないでしょうか?
しかし、よく見るとこのバッタ君、左の一番大きな足が見当たりません。若くして手負いならず足負のバッタ…自然界は厳しいですね。命が助かっただけでも良しとしなくては?

| Minigarage | その他の昆虫 | 19:19 | comments(0) | - |
 カマキリの幼虫

昨日、ベッコウハゴロモを撮ってるときにいたカマキリ。3-4cmと小さくて翅がないので幼虫だと思います。
カマキリも不完全変態。幼虫はカラダが小さいことと翅がないことを除けば成虫とよく似た形態。脱皮を繰り返しながら大きくなり、蛹を経ずに成虫になります。
幼虫は小さくても気性は成虫同様に荒く、ちょっかいを出せば刃向かってきます。
オオカマキリかなと思うのですが、小さいのでよく判りません(笑)。

| Minigarage | その他の昆虫 | 17:47 | comments(0) | - |
 赤ん坊ゴキブリ

朝、キッチンテーブルで血圧を測ってたら、右腕をアリ(蟻)のような虫が這っていたので、思わず蚊と同じようにパチン強く腕を叩いたらやったら、虫はコロリとテーブルの上に落ち動きが止まりました。ただ、仰向けに足を広げた姿はアリではないみたい…何じゃこりゃとよ〜く見たらアリではなくゴキブリのようです。
大きさは5mmほど。こんな小さなゴキブリっているの?と疑問が湧き、調べてみたらゴキブリの幼虫のようでした。
蝶や蛾の幼虫は成虫とは全く違う形態で、蛹を経て翅を持った成虫になります(完全変態)が、ゴキブリはカメムシなどと同様に蛹の状態がなく、卵から孵化した幼虫は成虫と同じような形をしています。翅はないのですが、何度も脱皮して大きくなり最後の脱皮で成虫となります(不完全変態)。
このゴキブリ(幼虫)は、大きさからして卵から孵化したばかりか1度の脱皮を経た状態だと思います。種類としてはチャバネゴキブリかクロゴキブリのどちらかじゃないかと思います。
我が家でゴキブリを見かけるのは1年に1-2度程度。家の中の彼方此方にホウ酸団子を置いてあるのでその効果だと思います。ホウ酸団子の効果は半年ほどと言いますが、ここ1年ほど更新してなかったので、さっそく新しいホウ酸団子と取り替えました。

| Minigarage | その他の昆虫 | 19:00 | comments(0) | - |
 ヒメクダマキモドキ

これも鳥撮り(鳥待ち)中に撮ったモノです。友人のカメラにバッタのような虫が留まったので、記念に撮っておきました。
その場に居合わせた、虫に詳しそうな方が「何とかモドキ」と言ってたので、帰宅後調べてみたのですが、クマダキモドキかなと。でも、大きさからするとヒメクダマキモドキかなと推察しています。ボクは虫には詳しくないので同定できません。あくまで推察。
バッタ目キリギリス科ツユムシ亜科ということで、キリギリスの仲間。元々南方系の虫で温暖化もあって徐々に北へ勢力を広げてるようです。ただし、この季節彼らにとっては気温が低く動きが鈍くなってるようで、簡単に手で掴める状態でした。

| Minigarage | その他の昆虫 | 19:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
 セミを食べるカマキリ

セミを食べてるカマキリを見つけました。
カマキリは肉食性というのは知ってましたが、食事中のカマキリを見たのは初めてです。
カマキリが補食するのは生きてるものに限られ、死んで動かないものは基本的に食べないと言うことなので、このセミ(アブラゼミ)も樹に留まってて捕まっちゃったのでしょう。(飼育下では餌−魚肉の切り身などを口元で動かせば捕食するようです)
写真を撮るために近寄ったのですが、「そんなの関係ねぇ」って感じでムシャムシャ食べることに専念してました(笑)。

ズームインするとこんな感じ。前足(鎌)をセミの腹部にガチッと差し込みガッチリ押さえ込んでました。
ちなみに、カラスは丸呑みしますが、食べる食べられるは自然界ではごく普通のことです。

角度を変えて。
ずっと食べ続けてましたが、自分より大きな獲物を食べ尽くすとは凄い食欲…

| Minigarage | その他の昆虫 | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
 カマキリ
カマキリがいました。近所のコンクリート塀をのそのそと登ってました。この写真は見易いように90度回転してます。
カマキリは4月〜5月にかけて卵から孵化をして、8月〜9月頃には成虫になり、交尾と産卵を行い、冬になってエサとなる昆虫が少なくなる季節には死んでしまうそうです。成虫のまま冬をこすことは殆どないと。卵はそのまま越冬して春に孵化するというサイクルのようです。
今年のカマキリはもう見納めです。
| Minigarage | その他の昆虫 | 19:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
 オンブバッタ

オンブバッタを見かけました。たぶん、オンブバッタだと思います。アタマが尖った小型のバッタです。カラダの小さいオスが大きなメスの背中に乗ってる(オンブされてる)ことが多いのでこの名が付いたようです。今回は単独行動でした。
小さい頃は、家の周りに草むらが沢山あったので、バッタやカマキリを捕まえて遊んだものですが、最近はすっかりです。

| Minigarage | その他の昆虫 | 17:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
 イボバッタ

和田堀公園でチョット変わったバッタ?を見かけたのですが、調べてみたら、さほど珍しいバッタではありませんでした。
(たぶん)イボバッタで、“日本全国に生息してて草地周辺の路上で普通に見られ、人家周辺や畑のまわりにも多い”ということでした。バッタ目バッタ科トノサマバッタ亜科で割と小型のバッタ。アタマの後ろ(首の部分)にイボ状の突起があるのでこの名が付いたようです。
草地なら目立ちますが、土の上にいたら見分けがつかないでしょうね。

| Minigarage | その他の昆虫 | 16:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
 カマキリ

カマキリがいました。草むらにいると、殆ど目立たないのですが、こんな場所に出てくると、目立ちすぎて危険です。
ハラビロカマキリではないかと思います。

| Minigarage | その他の昆虫 | 13:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ショウリョウバッタ

今日の昆虫シリーズ、最後はバッタです。たぶん、 ショウリョウバッタ だと思います。
手前の葉が邪魔なのですが、それを避けたらバッタが逃げちゃうので仕方なしでした。探してたわけじゃなく、目の前に飛んできました。
(バッタ目バッタ科ショウリョウバッタ亜科)

| Minigarage | その他の昆虫 | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
 カマキリ
カマキリに遭遇。
道路を横断するようにスタスタ歩いてましたが、カメラを近づけたら動きを止めました。ポーズを付けているようでもありましたが、カメラを警戒したのではないかと。
点のような目ですが、カメラへ視線を向けているような気がします。

| Minigarage | その他の昆虫 | 12:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
 バッタの擬態

芝の中のバッタ
先日、某陸上競技場を歩いていたら、バッタが飛び出したのでそっと追いかけてみました。
その時の写真がこれなんですが、見事に芝に同化しています。いわゆる擬態です。もう少し大きな写真はこちらに。

| Minigarage | その他の昆虫 | 10:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
 風呂場にコオロギ
昨夜、奥さんが風呂に入るため階下へ降りていって暫くしたら、
「ぎやぁー!風呂に変な虫がいる〜 早く来て〜!」という 叫び声 が聞こえてきました。
「どれどれ、いったい何事かいな」と風呂場へ行くと「そこそこ、ゴキブリみたいな虫が〜」と奥さんが指さした先に……いたのはコオロギでした。
「こりゃあコオロギさんだよ」
「と、とにかく片づけて〜!」というので、そっと捕まえて、窓から外へ逃がしてやりました。

先日のゴキブリとの遭遇時と同様ですが、
いったい何処から入ってきたんでしょう?実に不思議であります。

ところで、コオロギって「蟋蟀」って書くようなのですが、こりゃあ難しい。書けないどころか、その前に読めません。
| Minigarage | その他の昆虫 | 16:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
Blog Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Contents
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
(条件指定時は、その条件内の記事一覧)
記事検索
Category
Back number
Comment
その他・・・

   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ