そりゃあ閑話(ボク的デキゴトロジー)
【内容】このBlogを始めた当初は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。ここ数年の傾向としては、冬(秋〜春)は冬鳥を中心とした野鳥、夏(春〜秋)は昆虫と花の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターもチャンスがあれば撮ってます
【閑話】つまりは無駄話 
【効用】せいぜい暇潰し程度でしかありませんが、お付き合いいただける方はどうぞ御緩りと
 チョウゲンボウ(長元坊)

先週末、チョウゲンボウを見に(撮りに)に行ってきました。場所は都下の某所。チョウゲンボウを観察出来る場所として(その筋で)有名なポイントです。なぜここにチョウゲンボウが居着いてるのかは不明ですが、ここでは、カナリ高い確率で遭遇出来るようです。
早朝に着いたのでカメラマンは誰も居なくて、どこに居るのかも判らず、暫くクルマの中で待機。少ししてやって来た方に尋ねたら「このあたり、何処に止まるか判らないけどそのうちやって来ますよ」と。更にその後来た方が、「あそこに居るよ」と指さす方向に、居ました。
カナリ離れた場所、民家の屋根だったのですが、近くまで歩いて寄ることが出来たので、4-50mほどの距離から撮ったのがこの写真です。動くことなくじっと佇んでいました。オスです。
チョウゲンボウはハヤブサ科、猛禽類の中では小型、ハトと同じくらいです。秋や冬は平地の農耕地や草原で見られると言うことですが、都市部にもいまして、和田堀公園でも見かけたことがあります。この場所も郊外ではありますが住宅地です。

暫くして、電柱のてっぺんに止まっていたオスが飛び立ったと思ったら、メスに近づき…
予想外の光景に遭遇!

上空を旋回するところも撮れました。たぶんオスです。チョット高い位置だったのが残念…

たぶんオス(左)とメス(右)です。

| Minigarage | 野鳥(オオタカ以外の猛禽類) | 17:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
 たぶんノスリ

ベニマシコ・アリスイなどを撮って、帰ろうと駐車場に戻ったところ、上空を猛禽類と思われる鳥が旋回してました。
翼や腹の模様からしてノスリ(タカ目ノスリ属)じゃないかと思います。
羽根、特に尾羽根が随分荒れてますが老鳥なのでしょうか? ま、こんな状態でも飛行には支障が無いようです。

| Minigarage | 野鳥(オオタカ以外の猛禽類) | 16:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
 チョウゲンボウ(長元坊)

今にも飛び出しそうなのは、チョウゲンボウ(長元坊)です。
初めてあった地元の方と雑談(情報収集)してたら、目の前(と言っても50mほど先)に現れました。小鳥(たぶんカワラヒワ)を狙って急降下してきましたが失敗し、枝に止まったので急いでカメラを向けました。30秒ほど経った頃、飛び出しそうな姿勢を取ったので飛び出す瞬間を待ちました。予想通り飛んでくれたのですが、枝が邪魔して… 予め切っておけば良かった(笑)。
ハヤブサ科の猛禽類で大きさはハトくらいです。2回目の遭遇。

飛び出す前の様子。

| Minigarage | 野鳥(オオタカ以外の猛禽類) | 19:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
 獲物を食べるトビ(鳶)

ピーヒョロロロロ…と鳴きながら上空を飛んでいたトビ(鳶、トンビとも)が木に止まったので近寄ったら、何かを食べてる様子。何を食べてるのかは判りませんでしたが、帰宅して確認したら、どうやら鳥のようでした。
写真、トビの足元には小鳥と思われる小さな足が見えてます。足で獲物をしっかり押さえつけて、身を引き千切るように毟り取り食べてました。さすが猛禽類…
タカ目タカ科トビ属。数(個体数)が多く海岸や川に行くと旋回しながら飛んでる姿をよく見かけるので、割と馴染みのある鳥じゃないでしょうか。ここも河川敷でした。

再び飛び立ったので、カメラで急いで追いかけたました。まだ食べ終わってないはずなのに…と思ったら、獲物はしっかり掴んでました。

| Minigarage | 野鳥(オオタカ以外の猛禽類) | 13:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
 チョウゲンボウ

昨日、和田堀公園で鳥撮りの人達と雑談してたら、Hさんが「あそこに止まってるのはチョウゲンボウじゃない?」と指さす先は、高圧送電線の上に張られたワイヤーに止まってる鳥。
皆で一斉に超望遠レンズを向けた先に居た鳥は、猛禽類のような姿勢、オオタカよりは小さそうです。50m以上はあろうという高い鉄塔、鳥までの距離は200m以上? ファインダーの中では豆粒にしか見えません。
撮影して拡大再生してみると、頭・羽根・胸の色模様からして確かにチョウゲンボウのようでした。たぶんオス、後ろを向いてるのが残念です。大きさはハトくらい(30cmほど)、ハヤブサの仲間の猛禽類です。この場所に時々止まってることがあるとは聞いてましたが、実際に見たのは初めてです。
暫くしたら飛び去ってしまいましたが、距離が超離れていたので、画像はこの大きさが限界です。

| Minigarage | 野鳥(オオタカ以外の猛禽類) | 16:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
 トビ

深谷市本田の荒川(明戸の堰)でホオジロガモを探していた時、上空を舞ってたトビです。

| Minigarage | 野鳥(オオタカ以外の猛禽類) | 17:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ミサゴ

ミサゴ(鶚、雎鳩)のようです。
26日午前中に猫ヶ洞池(名古屋市平和公園)の上空を旋回してました。タカ目ミサゴ科の猛禽類で留鳥。主に海岸に生息するが、内陸部の湖沼、広い河川、河口等にも生息し、水面をゆっくりと低空飛行し獲物を探すと。主に魚類を食べると言うことで、猫ヶ洞池のヘラブナを物色してたのかも。
割と低空だったので鮮明な画像をゲット出来ました。

| Minigarage | 野鳥(オオタカ以外の猛禽類) | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ノスリ

和田堀公園池の上空(随分高く)をカラスが(7-8羽の)集団で飛んでいたのですが、1羽だけ黒くない(白い)鳥がいました。
よく見ると、カラスが集団で白い鳥を追いかけてる構図でした。写真にはカラスが2羽しか写ってませんが、この後ろに5羽ほど飛んでます。
この集団飛行に気づいたのはボクだけでなく、オオタカ撮影ポイントでウェイティングしてた人達も同じシーンを撮ってました。
ちなみに、追いかけられてる?のはノスリだそうです。
ノスリはタカ目タカ科ノスリ属の猛禽類。「北海道、本州中部以北、四国の山地で繁殖し、繁殖地では留鳥。この他南西諸島を除く全国に冬鳥として飛来する」とのこと。体長は50cmほどでカラスとほぼ同じ。1対1ならカラスより強いと思いますが、賢いカラスは群れで相対するので、ノスリも手に負えないでしょう。

| Minigarage | 野鳥(オオタカ以外の猛禽類) | 17:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ツミ

今日は午前中天気が良くなかったので、歩きに出ませんでした。なので、以前に撮ったまま未公開の写真を載せます。
これはツミです。タカ目タカ科ハイタカ属の猛禽類ですが、オオタカなどに比べて小さく、大きさはハトくらいでタカ科の中では最も小さい部類。カラダが小さいと言うことは捕らえる獲物もスズメなどの小鳥が中心で爬虫類や昆虫も食べるようです。
オスよりメスの方が大きく(オスはヒヨドリほど)、オスは目が赤いということなので、これはメスではないかと思います。あくまで勝手な推測。
和田堀公園でツミが見られるとは思いませんでしたが、いるんですねぇ。へぇって感じです。

 

| Minigarage | 野鳥(オオタカ以外の猛禽類) | 15:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
 トビ

出雲駅伝の後に補欠選手が走る5000mの記録会があるのですが、浜山公園陸上競技場でそのレースが開始されるのを待ってたら、上空を(たぶんですが)トビが旋回しながら飛行してました。
タカ目タカ科の猛禽類ですが、飛んでる姿は誰もが見たことあるはずの身近な野鳥です。殆どはばたかず、気流に乗って旋回しながら飛ぶのが特徴。獲物を探してるのでしょうかね?

夕暮れ前で少し暗かったのですが、これは陽が当たってるので何とか見られるカットになりました。
300mmでは鳥撮りにはチョット辛いですが、これを撮るためじゃなくロードレース用だったので仕方なしです。

| Minigarage | 野鳥(オオタカ以外の猛禽類) | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
日捲りカレンダー
 
天気予報
ブログカレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

  

  ところで…
  


このページの先頭へ