そりゃあ閑話(ボク的デキゴトロジー)
【内容】このBlogを始めた当初は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます
【閑話】つまりは無駄話 
【効用】せいぜい暇潰し程度でしかありませんが、お付き合いいただける方はどうぞ御緩りと
 ツバメ

電線にツバメが留まってました。近所の駐車場なのですが、最近この場所でよく見かけるツバメは幼鳥。これは成鳥で、もしかしたら親かもしれません。

| Minigarage | 野鳥(ツバメ) | 18:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ツバメの幼鳥

近所で電線に留まってるツバメの幼鳥を見かけました。
嘴をみると幼鳥であることが判りますが、カラダはすっかり大人。いっちょ前に飛び回ってます。5-6羽が並んでましたが、たぶん兄弟でしょう。飛ぶのが得意という体型ですね。

| Minigarage | 野鳥(ツバメ) | 16:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
 巣立ちした子ツバメへ餌を運ぶ親ツバメ

電線にツバメが3羽止まってるのを見つけ、暫く観察してたらどうやら巣立ちしたばかりの子ツバメ(幼鳥)らしいことが判りました。時々親ツバメが餌を運んできます。よっしゃ!とその瞬間を待ち続けて撮ったのがこの写真です。
羽根を広げてバランスを保ってる後ろ姿が幼鳥で、その向う側に電線に捉まりながら羽根を広げて(下側にい)るのが餌を与えている親ツバメです。親ツバメは3羽の子ども達に順番に餌を与えてるようで、子達もそれを判ってるのか、争う様子はありませんでした。
餌を与えてる場面が撮れれば良かったのですが、それはどっちから撮っても無理です。カナリ難しいというか無理っぽいですね。

親が戻ってくるのを待ってる子達の嘴を見ると、まだ黄色くて幼鳥だというのがよく判ります。

| Minigarage | 野鳥(ツバメ) | 13:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ツバメの番(つがい)

またもや 燕(ツバメ) の話題です。
この写真は、墓参りに出掛けた際、墓地(小牧市)脇で撮ったものです。番(つがい)らしき2羽で電線に留まってました。
で、ツバメの番について、少し調べたら面白いデータを見つけました。第1回ツバメサミット(2005年8月7日)で発表されたものです。そんなサミットがあるのか!といった感じです(笑)。
11年間に476の巣でツバメを捕獲して足輪を付けて放し、翌年の帰還率を調べたところ、オスが翌年同じ巣に戻ったのは13.5%、メスは7.9%、ペアで戻ったのはたった2.2%。
『つがい関係については、前年度と同じつがい相手を選ぶ例は少なく、むしろ異なる相手とつがいとなるケースが多くみられたことから、雌雄ともに帰還しても、再び同じペアで営巣することは少ないと考えられる。これは、昨年と同じ相手を探してペアになるのではなく、早く来た順にペアになるためかもしれない。
近親交配を避けるため、ヒナは生まれた地域へは帰ってこないと言われており、専門家によるとその帰還率は0.5%程度という』とありました。巣は早い者勝ちなんですね。
ツバメの1年間の平均死亡率は60〜70%(生後1年目の死亡率80%前後)といいますから、同じ巣どころか、同じ地域へ、いや日本に戻ってくるだけでも大変なことでしょう。
また、別のページには『ペアの相手はしばしば変わり、或る研究によれば115ペアのうち、次の年も同じペアで繁殖したのは13ペア(11.3%)。但し、同じ年の間に何度か繁殖を繰り返す場合は、ペアの相手は通常は変わらないようです』とありました。
| Minigarage | 野鳥(ツバメ) | 16:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ツバメの巣
休憩で立ち寄った新東名の掛川PA、軒下に ツバメの巣 があり、親ツバメが抱卵していました。ツバメの卵が孵化するのは2週間程だそうです。

巣の近くにもう1羽いました。たぶん、番でしょう。どちらがオス・メスかは判りませんが交替で卵を抱いているのだと思います。
| Minigarage | 野鳥(ツバメ) | 14:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ツバメの後ろ姿、“燕尾”

 Jog中に見かけたツバメ(燕)です。電線などに留まっているのを見上げることはあるのですが、見下ろすことは珍しいと思います。何してるのかなと思ったら、巣作り用の泥を採取してるようでした。
 ツバメは1シーズンに1〜2回産卵・子育てするそうですから、時期的には、今季2度目の巣作りかもしれません。
| Minigarage | 野鳥(ツバメ) | 14:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ツバメ(燕)
 久しぶりに鳥さんです。今、旬の鳥さんと言えばツバメ(燕)でしょう。スズメ目ツバメ科、3月下旬から4月上旬にかけて南から渡ってきて、今は子育て真っ最中です。大きな口を開け、大きな声で囀(さえず)ってました。

こちらは後ろ姿。「燕尾服」は“ツバメの尾”、この姿から来ているのでしょう。

羽ばたく直前のカット。もう少しシャッタースピードを上げて連写モードにしておけば良かったのですが、後の祭。
| Minigarage | 野鳥(ツバメ) | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ツバメの巣とヒナたち
ツバメの巣とヒナたち
先週末3日間、熊谷スポーツ文化公園に通っていたのですが、その途中に某コンビニに立ち寄ったところ、出入口脇にツバメの巣がありました。
大きく育ったヒナが4尾見えますが巣が窮屈そうな感じがします。
ところで、巣がある場所は非常ベルの上。これじゃ、ベルは鳴らせそうもありません。セキュリティ上問題がありそうですが、巣立ちするまでもう暫く我慢するしかなさそうです。
(画像をクリックすると大きな画像が表示されます)
| Minigarage | 野鳥(ツバメ) | 15:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
日捲りカレンダー
 
天気予報
ブログカレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

  

  ところで…
  


このページの先頭へ