鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。蘊蓄(うんちく)は相変わらずですが、これは性格なので…(笑) ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、料理も。身の回りの出来事も含めて、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話。役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

 ウソ(鷽)と亜種アカウソ

昨日、ウソ(鷽)を撮りにプチッと遠征してきました。初撮り(ライファー)です。
以前から撮影情報は入手してたのですが、この場所までは少々歩く必要があり、手術後の足で歩く自信がなかったので自重してました。先週後半からウォーキングを再開したので、もう抜けてる(居なくなってる)可能性もあるなと思いつつ、ダメ元で単なるウォーキングに終わることも覚悟してトライしました。

アトリ科ウソ属の冬鳥。ヨーロッパからアジアの北部にかけて広く分布、日本では漂鳥もしくは冬鳥として全国に分布。冬は低地に移動して越冬するので都市公園でも見られます。大きさはスズメ大。非繁殖期は10羽程の群れを形成。
この時は3羽で食事してました。撮影できた時間は15分ほど、お腹が一杯になったのか、見えない奥に引っ込んでしまいました。食べてた実は、葉が落ちてるので確証はないのですが、実の形からしてカエデ(モミジ)かなと。

1時間半程探し歩き、ほぼ諦めて帰りかけたところだったのでラッキーでした。
1日で歩いた距離は約12kmでした。

胸が赤いのでたぶんアカウソ(この日撮ったのは全てオスのようです) 
画像クリックで拡大できます


アカウソ


アカウソ


アカウソ


アカウソ


ウソ
画像クリックで拡大できます


ウソ


ウソ


ウソ

| Minigarage | 野鳥(アトリ科その他) | 16:51 | comments(0) | - |
 コイカル

秋ヶ瀬公園へコイカルを観に(撮りに)行ってきました。
鳥撮り師匠が一週間程前に逢ってきたそうで、「主に西日本(中部以西)に飛来する冬鳥で、シベリアへ帰る途中、餌(エノキの実や春の新芽)のある場所に立ち寄ったもの」とのことでした。
昨日、その場所で撮ったという他の人の写真(Blog)がWebに上がっていたので、今日もまだいるかもしれないとダメ元でしたが、まだ居ました。ピース
この場所のコイカル情報は既に広く知れ渡ってるようで、ウイークデイにもかかわらず、ざっと50人以上のカメラマンがいました。
全長は約19cmで、太く黄色い嘴を持つなどイカル(約23cm)と似ているが一回り小さい、と。イカルは2月中旬に小山田緑地で遭遇しましたが、確かに一回り大きかったです。どちらもアトリ科の渡り鳥(冬鳥)。
これはオス(♂)です。

こちらがメス(♀)、頭部の色が違うので一目瞭然です。

| Minigarage | 野鳥(アトリ科その他) | 18:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
 イカル(鵤)

今日は、小山田緑地(町田市)に遠征してきました。たまには、和田堀公園から出てみるのも良いかと。我が家からは約30km、車で1時間強でした。
ということで、和田堀公園ではあまり遭遇しない「イカル」に出会いました。ボク的には新種です。
アトリ科の漂鳥で夏には山の中で繁殖し、冬には平地に降りてくるようです。大きさは23cm程というので、ムクドリくらいでしょうか。(スズメは15cm程)
漢字では鵤と書きますが、角のように丈夫な嘴を持つ事に由来するとのことで、黄色い嘴は大きくて丈夫そうです。
非繁殖期は群れを形成して生活するということで、今日も20羽くらいで飛び回ってました。

| Minigarage | 野鳥(アトリ科その他) | 20:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
Blog Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Contents
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
(条件指定時は、その条件内の記事一覧)
記事検索
Category
Back number
Comment
その他・・・

   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ