そりゃあ閑話(ボク的デキゴトロジー)
【内容】このBlogを始めた当初は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。ここ数年の傾向としては、冬(秋〜春)は冬鳥を中心とした野鳥、夏(春〜秋)は昆虫と花の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターもチャンスがあれば撮ってます
【閑話】つまりは無駄話 
【効用】せいぜい暇潰し程度でしかありませんが、お付き合いいただける方はどうぞ御緩りと
 ハジロカイツブリ

今シーズンはボクにとってカイツブリの当たり年のようでありまして、これはハジロカイツブリです。見るのも撮るのも初めて。鳥見・鳥撮り人が使う言葉で「ライファー」です。
冬鳥で、中国東北部や極東ロシア沿岸などで繁殖して越冬のため日本各地にやって来ます。全長は30cmほどでハトくらいの大きさ(フツーのカイツブリは約25cm)。目(虹彩)が赤いのと嘴が若干上に反ってるのが特徴で雌雄同色。
翼の内側が白いのがハジロ(羽白)カイツブリという和名の由来だそうです。今の時期は冬羽で割と地味目なのですが、夏羽になると後頭部に鈍い金色の飾り羽が現れるそうです。日本では見られないか…
餌取のため、良く潜るのですが、今回撮影中、水に浮いてる時間より潜ってる時間の方が長いように感じました。魚を追いかけてる時は、魚の動きに合わせてるので、潜った場所と大きく離れてる場所に浮かび出てきます。他に貝や水生昆虫、甲殻類を補食すると。

11月30日に水元公園で撮影

| Minigarage | 野鳥(カイツブリ) | 20:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
 2度目のカンムリカイツブリ

カンムリカイツブリ、10月末に狭山湖で初めて遭遇、ライファーだったのですが、今回は2度目の遭遇です。
前回よりも多少良い条件(近く)で撮影出来ました。日本最大(全長56cm)で最も首の長いカイツブリ、冬鳥として九州以北に渡来しますが、一部は国内でも繁殖するようです。冬羽はこのように頭の飾り羽(冠)が殆どないのですが、繁殖期(夏羽)は飾り羽が長く伸び、頬も茶色くなるので、是非見てみたいものです。
前回、初めて見た時はとても珍しいカイツブリだと思ったのですが、そうでもなさそう。関東地方の都市公園(池)や湖沼・漁港などでも見られるようです。都市公園にやって来る鳥さんたちは徐々に人に慣れるものなので、時が経てばもっと間近で撮れるようになるかもしれません。

| Minigarage | 野鳥(カイツブリ) | 19:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
 東京港野鳥公園のカイツブリ

東京港野鳥公園の水鳥シリーズ、 カイツブリ(鳰・鸊鷉 )です。漢字は読める人も書ける人も居ないような…(笑)
カイツブリ目カイツブリ科の留鳥で、全長約26cmと小さいです。井の頭公園で営巣して子育てをしてるのは有名な話です。
潜りの名人、主に動物食で潜って魚や甲殻類、貝などを捕食します。
夏羽は、頭部から後頸が黒褐色で、頬から側頸が赤褐色の羽毛で覆われますが、冬羽はこのように薄い淡泊な色になるようです。殆どが水上生活で陸に上がることも歩くこともないと。写真を良く見ると、足がお尻に近い場所から出てまして、これだと歩きには向いてないことが判ります。
飛ぶことはあるようです。

| Minigarage | 野鳥(カイツブリ) | 16:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
 カンムリカイツブリ

先週、狭山湖で撮ったカンムリカイツブリです。
カイツブリ目カイツブリ科カンムリカイツブリ属で、冬鳥として飛来します。 体長は56cm程で、カイツブリ(留鳥)の26cmと比べて2倍以上大きく(特に首が長い)、その分餌を捕るための潜水時間もカナリ長い(30秒以上)です。
頭部の冠羽が特徴ですが、冬羽はあまり伸びてません。夏羽は長く伸びて後頭部が赤褐色になるそうです。Webに載ってる写真で見るととても綺麗ですが、それを見たかったら、少数が繁殖するという下北半島に行けば、もしかしたら…
陸に上がることはほとんどないそうで、この日も湖の遠い場所にいたのですが、一時的に100m程の場所まで近寄ってくれました。この日は9羽いましたが、もう少し寒くなれば増えると思います。

| Minigarage | 野鳥(カイツブリ) | 10:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
 カイツブリ

カイツブリだと思うのですが、獲物(テナガエビ?)をゲットしたようです。
カイツブリは潜水の名手で、魚類、昆虫、甲殻類、貝類などを潜って捕らえます。

| Minigarage | 野鳥(カイツブリ) | 20:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
 マガモとカイツブリ
これは、マガモ(オス)です。冬になると和田堀公園池の水鳥も種類が増えます。今の時季には、年中いるカルガモに加えて、オナガガモ、マガモ、キンクロハジロなどを見ることが出来ます。
マガモは渡り鳥(冬鳥で夏に大陸で繁殖)ですが、アヒルの原種です。家禽化したアヒルとマガモの交配種が合鴨、生物学的には同じ種だそうです。

1羽だけですが、カイツブリもいました。留鳥で井の頭公園で繁殖するカイツブリは有名です。年中見られます。
モグリ(潜水)が得意で歩くのは下手くそ(水から出ることは殆どないそう)です。

| Minigarage | 野鳥(カイツブリ) | 19:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
 カイツブリ(鳰)

カイツブリ(鳰)ですが、この漢字を読める人は水鳥に詳しい人位でしょう(笑)。
カイツブリ目カイツブリ科カイツブリ属、体長26cmと小さいです。留鳥で井の頭公園池には年中居るようで、2組ほど営巣してるそうです。潜水が得意。
和田堀公園池にもたまに出没します。【井の頭公園にて】

| Minigarage | 野鳥(カイツブリ) | 18:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
日捲りカレンダー
 
天気予報
ブログカレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

  

  ところで…
  


このページの先頭へ