そりゃあ閑話(ボク的デキゴトロジー)
【内容】このBlogを始めた当初は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。ここ数年の傾向としては、冬(秋〜春)は冬鳥を中心とした野鳥、夏(春〜秋)は昆虫と花の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターもチャンスがあれば撮ってます
【閑話】つまりは無駄話 
【効用】せいぜい暇潰し程度でしかありませんが、お付き合いいただける方はどうぞ御緩りと
 羽根を咥えたムクドリ

ムクドリが何かを咥えていたので撮ってみたら、鳥の羽根のようでした。時季的には、巣作りの材料を集めてるんじゃないかと推測出来ます。
ムクドリは家の戸袋などに巣を作ることがありますが、巣はダニが大量発生、坩堝になるので要注意です。

一緒に居たもう1羽も枝らしきものを咥えてました。たぶん番いでしょう。

| Minigarage | 野鳥(ムクドリ) | 15:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
 白いムクドリ

ムクドリの群れの中に、顔が白い個体がいました。
ムクドリは頭部が黒くて頬に白斑があり胸から腹にかけてはグレーというのが一般的ですが、白斑の大きさは個体差が大きくて、このように胸まで白い部分が多い個体もときどきあるようです。
スズメ目ムクドリ科の留鳥(一部漂鳥)で、群れで行動します。ヒヨドリと並んで数の多い、街中でもどこにでも居る野鳥です。
この写真からだけではオス・メスの区別がつきませんが、顔つきのイメージはメスで美人系ですね(笑)。

| Minigarage | 野鳥(ムクドリ) | 19:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ムクドリの水浴び

ムクドリが水浴びしてました。
冬鳥がいなくなり、留鳥のヒヨドリも少なくなり(真夏に も街中に居座るのもいますが、数が少なくなるので、涼し い場所へ移動してると思います)、今の和田堀公園では「 ギャーギャー」と煩く鳴きながら集団行動するムクドリが 目立ちます。
ムクドリは農作物に害を及ぼす虫を食べる「益鳥」とされ てきたらしいのですが、環境に適応して都市部に大量増殖 し、糞害なども出てます。人が危害を加えないと学習して か、ハトと同じ程まで近寄ることも出来ますし、ゴミなど も漁るようになってまして、チョット困りもんです 。

| Minigarage | 野鳥(ムクドリ) | 18:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
 氷上のムクドリ

寒波到来で和田堀池も凍ってて、ムクドリやハクセキレイが氷の上を歩いてました。ムクドリって尾が短く足が大きいのでアンバランスな感じがする上、トコトコ歩くの格好は滑稽にも見えます。

| Minigarage | 野鳥(ムクドリ) | 18:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ムクドリ(椋鳥)の巣


 ボクのJogルート(和田堀公園往復)の途中にムクドリ(椋鳥)の巣があります。民家の排気口だと思うのですが、毎年今頃の子育ての時期にだけ利用しているようです。
 ここ数日、この場所を通りかかると中から雛の鳴き声が聞こえるようになりました。今日、通りかかった時、タイミング良く巣穴に入る瞬間の親鳥を捕らえることが出来ました。 が、その親鳥は下から見上げるボクの姿に気づき、巣に入らず、脇の庇からこちらを睨み付けるようにギャーギャー鳴いて威嚇、「ここから立ち去れ!」とでも言っているようでした。
 カラスなら向かってくることもありますが、小さな椋鳥ですから、ギャーギャー騒ぎ立てるだけでした。ま、邪魔するつもりもなかったので直ぐに立ち去りましたが、親が子を守ろうとする本能を垣間見た瞬間でした。

※いつも鳥撮りに使っている例のカメラじゃないフツーのコンデジなので、画像が不鮮明なのはご容赦下さい。

| Minigarage | 野鳥(ムクドリ) | 13:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
日捲りカレンダー
 
天気予報
ブログカレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

  

  ところで…
  


このページの先頭へ