そりゃあ閑話(ボク的デキゴトロジー)
【内容】このBlogを始めた当初は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。ここ数年の傾向としては、冬(秋〜春)は冬鳥を中心とした野鳥、夏(春〜秋)は昆虫と花の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターもチャンスがあれば撮ってます
【閑話】つまりは無駄話 
【効用】せいぜい暇潰し程度でしかありませんが、お付き合いいただける方はどうぞ御緩りと
 キタキチョウ

キタキチョウが道路(アスファルト)に溜まった水を給水してました。このチョウの紋様はイラストが書かれてるように見えます。
黄色い蝶で一番多く見られるの翅に白い紋があるモンキチョウ。

※2005年までは、キチョウと呼ばれてましたが、南西諸島にのみ分布するキチョウと、本州〜南西諸島に分布するキチョウが別種であるとこが判明し、本州〜南西諸島に分布する種はキタキチョウと名前が変わったそうです。

| Minigarage | 昆虫(蝶−その他) | 14:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ベニシジミ

いつもヒメアカタテハがいる善福寺川沿いの済美公園ですが、毎度ヒメアカタテハじゃ面白くないので、ほかのチョウを探してたら、ベニシジミがいました。
チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科ベニシジミ属で、全国何処でも見られる珍しくない蝶です。

| Minigarage | 昆虫(蝶−その他) | 20:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ヤマトジジミ

千日紅の花で吸蜜するヤマトジジミです。
10-15mmほどの小さな蝶で、地表近くを慌ただしく飛んでいるのをよく見ます。翅の内側が青い(紫?)なので、飛んでる時は青く見えます。
日本全国どこでも見かける珍しくも何ともない蝶です。

| Minigarage | 昆虫(蝶−その他) | 19:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
 紋白蝶と黄蝶

春になり、花が咲き出し、それに集まる蝶も多くなってきました。
成虫で越冬する蝶もいるんですけどね…ま、それはさておき。
姫踊り子草の蜜を吸う紋白蝶です。

でもって、これは紋黄蝶だと思ったら、黄蝶でした。紋なしです。

 

| Minigarage | 昆虫(蝶−その他) | 17:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ヤマトシジミ

今日は快晴でした。(まだ終わってませんけど…) 11月3日は晴の特異日だそうです。
歩いていても実に気持ちがイイ天気です。寒くなってきて蝶は随分減りましたがまだ舞ってます。
これは、ヤマトシジミ(たぶんオス)です。日本全国どこにでもいる1cmほどの小さな蝶で、いつも忙しく飛び回ってます。シジミチョウの仲間は翅を閉じて留まることが多いのですが、運良く開いた写真をゲットすることが出来ました。

| Minigarage | 昆虫(蝶−その他) | 16:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
 キマダラセセリ

蝶の写真をもう1枚。
 キマダラセセリ だと思います。胴がずんぐりと太く翅の形状から蛾のようでもありますが、セセリチョウ科に分類される蝶です。(15mm程)
日本全国で見られる珍しくない蝶ですが、飛んでる姿を撮るのはほぼ不可能に近く、留まってる姿に遭遇するには辛抱強く待つ必要があります。辛抱強くないボクは偶然に任せるしかありません。

| Minigarage | 昆虫(蝶−その他) | 14:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ヤマトシジミ

草むらや花壇など日本全国どこにでもいるヤマトシジミです。写真に写ってる翅の外側は白(というかグレー)ですが、内側は薄ムラサキ(水色)なので、飛んでる時は青っぽく見えます。
小さな蝶(15mm程)で忙しそうにちょこまかと飛び回ります。珍しく留まってるところに遭遇したのですが、翅を閉じていて内側を撮ることは出来ませんでした。

| Minigarage | 昆虫(蝶−その他) | 14:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
 イチモンジセセリ

千日紅の周りをヒラヒラ舞ってた蝶が留まってたので狙ってみました。まあ、それなりに撮れてるのではないかと。2000mmの超望遠カメラは広角24mmなので、こんなマクロ的撮影も(一応)出来るのです。
で、どんな蝶なのかと調べてみたのですが、 イチモンジセセリ ではないかと。【チョウ目(鱗翅目)セセリチョウ科イチモンジセセリ属】
羽が茶色く、後翅に白い斑点がつながった一文字模様を持つセセリチョウ。日本全国、都会から山の中までどこにでもいる珍しくも何ともない蝶。蝶にしてはは胴体が太く色合いも地味なので、一見蛾のようでもありますが蝶(蝶と蛾の区別は無意味ですけど…)
幼虫の食草はイネ・ススキなど(イネ科)で稲の害虫とも。小さくて(前翅長15-20mm程)可愛らしいんですけどね。

イチモンジセセリ

後ろから、羽を広げた状態はこんな感じです。

イチモンジセセリ

| Minigarage | 昆虫(蝶−その他) | 17:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ヒメウラナミジャノメ(姫裏波蛇目)

これも、一関市郊外を歩いていて見かけました。ヒラヒラと舞うように飛んでいた蝶が葉にとまったので、そ〜っと近づき、暫く(30秒〜1分ほど?)カメラを構えて待ってたら、羽根を開いてくれましたのでパシャ。調べてみたら、羽根の紋様からしてヒメウラナミジャノメ(姫裏波蛇目)のようです。チョウ目タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科。
Wikipediaによれば、

『成虫は日本全国に分布、春から秋の中ごろまで見られる。ほとんどどこでも見られるが、都心部にはいない。また、あまり暗すぎる林も好まないようである』

とのことです。
日本ではジャノメチョウ亜科の中では割とポピュラー種のようですが、ジャノメチョウ亜科だけでも243属・約1,750種が分類されており、名前のついていないものを含めると2,000種を超えるとみられる、とか。

ヒメウラナミジャノメ

 

| Minigarage | 昆虫(蝶−その他) | 16:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
 モンシロチョウ(紋白蝶)
モンシロチョウ(紋白蝶)が居たので、背後からそっとカメラを近づけましたが、逃げる素振りが全くなく、超アップで撮ることが出来ました。
| Minigarage | 昆虫(蝶−その他) | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ヤマトシジミ

蛾もしくは蝶
つつじの葉にとまっていました。カメラを近づけても逃げないので、思いっきりの接写に成功。ただし、近づきすぎたので頭部(目のあたり)にだけピントが合っています。
最近のコンパクトカメラはマクロの性能が良いので、こんなショットはお手の物です。
(写真をクリックすると更なる拡大写真に)

| Minigarage | 昆虫(蝶−その他) | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
日捲りカレンダー
 
天気予報
ブログカレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

  

  ところで…
  


このページの先頭へ