鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。蘊蓄(うんちく)は相変わらずですが、これは性格なので…(笑) ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、料理も。身の回りの出来事も含めて、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話。役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

 セミの眼は5つ

クモには眼が8つあるというのはちょっと前に知ったのですが、セミには眼が5つあるというのは今日知りました。へぇ〜です。
今まで蝉の眼と認識していたのは顔の両側に付いている大きな複眼で、それ以外にも顔の中央に3つの単眼がありました。(写真で黄色く囲った部分)
アブラゼミの顔には中央に赤いルビーのようなツブツブがあるのは気づいてましたが、それが眼だとは思いもよりませんでした。物を見分けるのは両側の複眼で、単眼は明るさを感じる器官のようです。
ちなみに、ハチにも単眼が3つあるようです。
眼は2つというのは、人が哺乳類や魚類、爬虫類などを見て勝手に思い込んでるだけのようです。

| Minigarage | 昆虫(セミ) | 15:24 | comments(0) | - |
 翅が異様に短いアブラゼミ

公園を歩いていて、翅が異様に短いアブラゼミを見つけたので近寄ったら、飛んだのですが、この翅じゃ上手く飛べるはずもなく下に落ちました。
幼虫時に翅が正常に成長しなかったのでしょうか…何とか羽化は出来ましたが、これでは食事することも出来ませんし、移動が儘なりません。野鳥に見つかればすぐに食べられてしまうでしょうし、徘徊グモやカマキリなどの餌食になる可能性も大。その前にアリにやられるかも。可哀想ですが自然界では仕方ありません。

| Minigarage | 昆虫(セミ) | 17:30 | comments(0) | - |
 大きな声で鳴くミンミンゼミ

金網にミンミンゼミが留まってるのに気づきました。ゆっくり上へ移動してまして、この角度からセミを見るのは珍しいなぁ、体型からしたらだなぁなどと思いながら、写真を撮ろうと構えてたら、ミーンミーンと大きな声(音?)で鳴き出しました。益々持って珍しいシーンになりました。
これが鳴いてる最中の写真なのですが、後ろ足の下にある腹弁という音を出す器官が震えてます。腹弁の下が開いてますが、ここが共鳴室で空洞になってて、音が増幅されて出てきてます。
この時点で写真より、動画で音も一緒に撮った方が良いことに気づきましたが、このカメラで動画撮影をしたことがなく、撮影方法が判りません。取説(マニュアル)も持ってなかったので諦めました。(動画の撮り方くらいは覚えておかなくちゃと反省…)
と、鳴き終えたミンミンゼミはフッと飛び去りましたが、公園の中を歩いていると、時々このような珍しいシーンに遭遇することがあります。

| Minigarage | 昆虫(セミ) | 16:59 | comments(0) | - |
 アブラゼミのお腹

アブラゼミがコンクリート壁に引っかかってました。左前足の爪だけで捉まってる感じです(笑)。
蟻が寄ってきてるので死んでるのかと思いましたが、僅かに脚が動いてましたので臨終直前ではないかと思います。
辛うじて生きているセミのこういう姿勢を見るのは珍しいので、一応撮りました。
顔の中央にある針状の器官は口吻と呼ばれる口。これを木に刺して樹液を吸います。足の下にあるのが腹弁。これを振るわせて鳴きます。なのでこの個体はオスのようです。
しかし、この個体は羽の色も綺麗で羽化してからまだ間もないような気もします。なぜこんな状態なのか…もしかしたら、羽化で全エネルギーを使い切ってしまったのかも。羽化途中で息途絶える個体も多いですから、セミにとって羽化って大変な作業なんですね。

| Minigarage | 昆虫(セミ) | 18:18 | comments(0) | - |
 交尾中のミンミンゼミ

和田堀公園をJog中に変な姿勢のセミに気づき立ち止まり、カメラを望遠鏡代わりにして覗いてみたら、2匹のセミが上下に繋がってました。この状態の昆虫、どこかで見たことがあるなぁと記憶を辿ったら、先日キマダラカメムシが交尾してるのと同じ姿勢。そういえばセミはカメムシ目なので「ガッテン、ガッテン」、たぶん交尾中でしょう。
セミの羽化は何度も見てますが、交尾は初めて見ました。ちなみにミンミンゼミです。しかし、この状態は外敵から攻撃を受けたらどうなるのでしょうか?交尾を解消してすぐに逃げることができるのでしょうか?チョット気になります。

セミは長生きする昆虫です。ミンミンゼミの場合、孵化してから地中に潜り2-4年幼虫で過ごします。地上に出てきて羽化すると1ヶ月ほどしか生きられないようですが、羽化してからの目的は子孫を残すこと。すなわち交尾するのが目的ですが、メスの交尾は障害に1回だけ。オスは複数回の交尾が可能らしいのですが、となると交尾できず子孫を残せないオスがいることになります。一説によると37%のオスが交尾する機会に恵まれないとも。
オスが鳴くのはメスを求めてですが、必死に鳴いても結果が出ないオスが1/3もいると考えると、切なくもあります。

| Minigarage | 昆虫(セミ) | 16:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
 アブラゼミとツクツクボウシ

和田堀公園をJog中に蝉の鳴き声勢力が少し変わってきたことに気づきました。2週間程前(盆前)はミンミンゼミが圧倒的に多く、「今年はミンミンゼミが一番多いように思います」などと書いたのですが、アブラゼミの鳴き声が勢力を増してきたように思います。
ミンミンゼミとアブラゼミの発生時期は7月上旬〜9月上旬とほぼ同じなのですが、多少のずれがあるのかもしれません。姿もアブラゼミが目立ちました。

ツクツクボウシの鳴き声も増えてきました。季節は秋に向かってると言うことを感じます。
写真も容易に撮れるようになってきました。

| Minigarage | 昆虫(セミ) | 15:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ニイニイゼミとミンミンゼミ

和田堀公園はセミ真っ盛りの今日この頃ですが、数日前からツクツクボウシの鳴き声が聞こえるようになってきました。晩夏から初秋に発生するセミですが、暦の上ではもう立秋を過ぎましたからね。
ということで、これはニイニイゼミ。梅雨の頃から一番早く発生するセミでして、8月中には少なくなり9月には殆どいなくなると言われてます。1990年〜2000年代前半は極端に数を減らしていたものの2010年代に入り増加傾向に転じてるそうです。

ついでにですが、これはミンミンゼミ。
この夏、(和田堀公園では)一番多いように思います。

| Minigarage | 昆虫(セミ) | 17:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
 羽化直後の?アブラゼミ

たぶん、羽化直後だと思われるアブラゼミ。木の幹に生えたサルノコシカケ(キノコ)の下(内側)にいました。羽化後少々時間が経過してるのか、上半身は色が変化してますが、翅の半分ほどがまだ白いまま。まだ飛べないような気がします。
鳥などの天敵に気づかれにくい場所かもしれませんが、最大の天敵は「人」に見つかってしまいました(笑)。

| Minigarage | 昆虫(セミ) | 19:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
 樹皮に同化するセミ

和田堀公園では、数日前からツクツクボウシの鳴き声が混じり出しました。ツクツクボウシは晩夏から晩夏から初秋に発生するセミなので、季節が移りつつあると言うことでしょう。
それはさておき、ニイニイゼミを見つけました。見つけたと言うより、通りかかった樹に留まってたというだけです。でも、ニイニイゼミは樹木の皮が保護色になり、見事に樹に同化してます。これだとなかなか見つからないかも。
色覚検査に使える画像かも…(笑)

これはミンミンゼミですが、これも樹皮に同化してます。

| Minigarage | 昆虫(セミ) | 16:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
 アブラゼミ

今年初めての蝉写真、アブラゼミです。
撮影場所は、我が家の玄関脇の塀の上。玄関扉の前に仰向けにセミがひっくり返って足をばたつかせていて、棒っ切れを差し出したら掴まったので塀の上に置いてあげました。ソロリソロリと歩き出したので、記念写真として撮りました。
30分ほどして確認したらもう居ませんでしたので、飛び去ったんだと思います。

| Minigarage | 昆虫(セミ) | 11:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ツクツクボウシ

和田堀公園の中で“煩い・喧しい”セミの鳴き声にツクツクボウシが加わり出しました。
本来は、“晩夏から初秋に発生するセミ”ですが、徐々に発生する時期が早まってるそうです。原因が地球温暖化にあるのかどうかは不明とか。
そういえば、最近(数年前から)東京でもクマゼミの鳴き声を聞くようになってきました。南方系のセミなので西日本にしか居なかったのですが、徐々に生息範囲を東日本に広げてるようです。ボクが育った名古屋では、セミの鳴き声はクマゼミが圧倒的です。
で、写真はツクツクボウシです。鳴いてるところを撮ったので間違いありません。

| Minigarage | 昆虫(セミ) | 19:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
 アブラゼミ

今年は7月10日頃からセミの鳴き声が聞こえるようになりました。最初はニイニイゼミばかりでしたが、最近はミンミンゼミやアブラゼミの鳴き声も聞こえるようになりました。
家の周りで聞こえてくるのはまだ良いのですが、和田堀公園を歩いてると喧しくて、煩くて、まるで騒音。しゃあないですけどね。

ところで、セミは「カメムシ目」だと言うことに今日気づ来ました(笑)。

| Minigarage | 昆虫(セミ) | 18:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ツクツクボウシ

和田堀公園のセミはまだまだ元気に鳴き競ってますが、ここのところツクツクボウシが多くなってきたように感じます。
鳴き声を追いかけて撮ったので、雄のに間違いないはずです。
写真を見ていて気づいたのですが、この個体、頭の部分をよ〜く見ると、右眼の位置(付き方・向き)がチョット変です。

ツクツクボウシ

| Minigarage | 昆虫(セミ) | 16:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ツクツクボウシとニイニイゼミ

和田堀公園では2-3日前からツクツクボウシの鳴き声が増えてきたように感じます。
頭の上で鳴いてたので、音源を探して見つけました。フツーのコンデジ(x10)で狙ったのですが、思ったより上手く撮れました。

ついでにニイニイゼミ。木の樹皮が保護色になってるので見つけづらいです。

| Minigarage | 昆虫(セミ) | 16:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
 アブラゼミとミンミンゼミ

昨日、一昨日とチョット変わった状態のセミに遭遇した写真をUPしましたので、今日はフツーのセミの写真を撮りました。
これは、アブラゼミ(上)とミンミンゼミ(下)。珍しくも何ともありません。

| Minigarage | 昆虫(セミ) | 17:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ヒグラシ
 「蝉シリーズ」の最後は「ヒグラシ」(たぶんです)。写真の精度があまりよくないので、載せるのを躊躇ったのですが、次にいつ撮れるか判らないし折角なので。
 キキキキキ…ケケケケ…カナカナカナ…(人によって聞こえ方が違うでしょうけど)そんな感じで鳴く蝉です。日の出前や日の入り後の薄明時によく鳴き、日暮れ時に鳴く⇒日を暮れさせる⇒ヒグラシというのが名前に由来らしいです。「その日暮らし」ではありませんでした(笑)。

 最後に、蝉はカメムシ目セミ科に分類され、3,000種ほどいるそうです。

| Minigarage | 昆虫(セミ) | 18:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ニイニイゼミ
 「蝉シリーズ」第3弾はニイニイゼミ。
 体長20mmほどの小型の蝉です。日本・台湾・中国・朝鮮半島に分布するらしいです。「チー ヂー」と鳴いてるセミです。
 抜け殻は小さくて丸っこく、全身に泥をかぶっているので、見分けが容易ですが、成虫は灰褐色で翅のまだら模様は樹皮に紛れて見分けづらいです。いわゆる保護色ってやつですね。

| Minigarage | 昆虫(セミ) | 15:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ミンミンゼミ
 昨日に続き、今日も早朝Jogの際に蝉の写真を撮りました。お陰で、普段は50分程なのに今日は倍近くもかかってしまいました。帰りは7時近くになってしまい暑くてタイヘン…

 で、これはミンミンゼミだと思います。「ミーンミンミンミンミンミー…」と鳴いてる蝉です。翅(はね)を含めた体長はアブラゼミと同じくらいですが、胴体は小さいです。
 ミンミンゼミは本来森林性で暑さに弱いらしいので、今年の猛暑には参っているかもしれません。


| Minigarage | 昆虫(セミ) | 15:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
 アブラゼミ(油蝉)
 毎年この時期になると蝉を撮ってるような気がしますが、今年もまた。アブラゼミです。東京ではこのアブラゼミが一番多いそうです。
 Wikipediaによると「名前の由来は、鳴き声が油を鍋で熱したときに撥ねる「ジリジリ」という音に似ているため、「油が撥ねる音の様に鳴く蝉」から『油蝉(アブラゼミ)』と名付けられたとされている」そうです。
 アブラゼミの翅(はね)は褐色ですが、翅全体が不透明なのは世界でも珍しいのだとか。


| Minigarage | 昆虫(セミ) | 15:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
 早くも蝉が…
 今朝のJog中、和田堀公園池の周りで蝉が鳴いていました。
 今年初めて蝉の鳴き声を耳にしましたが、か細い弱々しい鳴き声でした。まだ梅雨の最中ですし、涼しいので蝉の鳴き声は似合いません。
| Minigarage | 昆虫(セミ) | 15:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
 蝉
アブラゼミ街中にある我が家の周りでも蝉が鳴いていますが、公園へ行くと(この場合は善福寺川沿いにある和田堀公園)、それはもう喧しいくらいの蝉の鳴き声に出会えます。いわゆる“蝉時雨”、夏の音ですね。

接写に成功しました。



| Minigarage | 昆虫(セミ) | 11:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
Blog Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Contents
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
(条件指定時は、その条件内の記事一覧)
記事検索
Category
Back number
Comment
その他・・・

   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ