そりゃあ閑話(ボク的デキゴトロジー)
【内容】このBlogを始めた当初は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます
【閑話】つまりは無駄話 
【効用】せいぜい暇潰し程度でしかありませんが、お付き合いいただける方はどうぞ御緩りと
 ツクツクボウシ

和田堀公園のセミはまだまだ元気に鳴き競ってますが、ここのところツクツクボウシが多くなってきたように感じます。
鳴き声を追いかけて撮ったので、雄のに間違いないはずです。
写真を見ていて気づいたのですが、この個体、頭の部分をよ〜く見ると、右眼の位置(付き方・向き)がチョット変です。

ツクツクボウシ

| Minigarage | 昆虫(セミ) | 16:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ツクツクボウシとニイニイゼミ

和田堀公園では2-3日前からツクツクボウシの鳴き声が増えてきたように感じます。
頭の上で鳴いてたので、音源を探して見つけました。フツーのコンデジ(x10)で狙ったのですが、思ったより上手く撮れました。

ついでにニイニイゼミ。木の樹皮が保護色になってるので見つけづらいです。

| Minigarage | 昆虫(セミ) | 16:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
 アブラゼミとミンミンゼミ

昨日、一昨日とチョット変わった状態のセミに遭遇した写真をUPしましたので、今日はフツーのセミの写真を撮りました。
これは、アブラゼミ(上)とミンミンゼミ(下)。珍しくも何ともありません。

| Minigarage | 昆虫(セミ) | 17:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
 羽化に失敗したセミ

昨日、羽化した直後のセミに遭遇しましたが、今日は羽化できなかったセミを見つけました。
羽化の途中で息絶えたみたいです。こんなこともあるんだと、調べてみたら、羽化に失敗するケースは結構あるようです。
地中から出てきて、羽化する場所(木など)を探し回ってて、羽化に必要な体力を使いすぎてしまい、羽化途中で力尽きて息絶えてしまうとか、羽化途中に風に煽られ地上に落下、その時のショックや衝撃で息絶えてしまう、羽化途中に天敵に襲われるなど、危険がいっぱい。
羽化が夜に行われるのは、出来るだけ危険を避けるためなんだそうです。

| Minigarage | 昆虫(セミ) | 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
 羽化直後のセミ

羽化直後のセミに遭遇。多分ですが、アブラゼミじゃないかと。
飛ぶことも出来ない無防備な状態なので、セミにとっては非常に危険。天敵に襲われたら為す術がありません。天敵は鳥・クモ等ですが、都会の公園などでは人間が一番の天敵かもしれません。

| Minigarage | 昆虫(セミ) | 17:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
 蝉の羽化
 今日は「蝉シリーズ」の番外編と言いますか、思いがけず蝉の羽化に遭遇しました。蝉の羽化は夕方(日が暮れた頃)から夜と聞いていたので、朝のJog時間(午前5時50分頃)に遭遇できるとは思ってもみませんでした。
 この写真は午前6時20分頃、翅(はね)がしっかり広がりましたが、まだ固まってないので飛ぶことは出来ません。全く無防備と言っても良い状態なので、天敵(鳥や蜘蛛、スズメバチなど…人が一番の天敵かも)に遭遇する可能性が高い時間を避けて、夕暮れから夜半に羽化するそうなのです。
 たぶん、アブラゼミじゃないかと思うのですが、この状態だと体と翅の色・模様が判らないので断定できません。この後、無事に飛び立てたかどうか…?

  最初に遭遇した時(午前5時50分頃)はこの状態でした。固まっているのかと思ったほど、ゆっくりゆっくりまるでスローモーションの様に動いてました。

| Minigarage | 昆虫(セミ) | 10:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ヒグラシ
 「蝉シリーズ」の最後は「ヒグラシ」(たぶんです)。写真の精度があまりよくないので、載せるのを躊躇ったのですが、次にいつ撮れるか判らないし折角なので。
 キキキキキ…ケケケケ…カナカナカナ…(人によって聞こえ方が違うでしょうけど)そんな感じで鳴く蝉です。日の出前や日の入り後の薄明時によく鳴き、日暮れ時に鳴く⇒日を暮れさせる⇒ヒグラシというのが名前に由来らしいです。「その日暮らし」ではありませんでした(笑)。

 最後に、蝉はカメムシ目セミ科に分類され、3,000種ほどいるそうです。

| Minigarage | 昆虫(セミ) | 18:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ニイニイゼミ
 「蝉シリーズ」第3弾はニイニイゼミ。
 体長20mmほどの小型の蝉です。日本・台湾・中国・朝鮮半島に分布するらしいです。「チー ヂー」と鳴いてるセミです。
 抜け殻は小さくて丸っこく、全身に泥をかぶっているので、見分けが容易ですが、成虫は灰褐色で翅のまだら模様は樹皮に紛れて見分けづらいです。いわゆる保護色ってやつですね。

| Minigarage | 昆虫(セミ) | 15:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ミンミンゼミ
 昨日に続き、今日も早朝Jogの際に蝉の写真を撮りました。お陰で、普段は50分程なのに今日は倍近くもかかってしまいました。帰りは7時近くになってしまい暑くてタイヘン…

 で、これはミンミンゼミだと思います。「ミーンミンミンミンミンミー…」と鳴いてる蝉です。翅(はね)を含めた体長はアブラゼミと同じくらいですが、胴体は小さいです。
 ミンミンゼミは本来森林性で暑さに弱いらしいので、今年の猛暑には参っているかもしれません。


| Minigarage | 昆虫(セミ) | 15:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
 アブラゼミ(油蝉)
 毎年この時期になると蝉を撮ってるような気がしますが、今年もまた。アブラゼミです。東京ではこのアブラゼミが一番多いそうです。
 Wikipediaによると「名前の由来は、鳴き声が油を鍋で熱したときに撥ねる「ジリジリ」という音に似ているため、「油が撥ねる音の様に鳴く蝉」から『油蝉(アブラゼミ)』と名付けられたとされている」そうです。
 アブラゼミの翅(はね)は褐色ですが、翅全体が不透明なのは世界でも珍しいのだとか。


| Minigarage | 昆虫(セミ) | 15:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
日捲りカレンダー
 
天気予報
ブログカレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

  

  ところで…
  


このページの先頭へ