そりゃあ閑話(ボク的デキゴトロジー)
【内容】このBlogを始めた当初は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。ここ数年の傾向としては、冬(秋〜春)は冬鳥を中心とした野鳥、夏(春〜秋)は昆虫と花の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターもチャンスがあれば撮ってます
【閑話】つまりは無駄話 
【効用】せいぜい暇潰し程度でしかありませんが、お付き合いいただける方はどうぞ御緩りと
 巣作りの準備中?のエナガ

ジュリジュリという鳴き声に、エナガ(柄長)が間近に居るのに気づきました。嘴に何か白い物を咥えてました。何を咥えてるのかなぁ?と考えながら写真を撮ってたのですが、もしかしたら巣作りの準備かもと推察しました。
理由1:普段は10羽弱の群れで行動する鳥なのに、この時は2羽だけ。時期的に考えると番い(つがい)。
理由2:このエナガが居たのはシュロの木。エナガは種子も食べますが主に動物食で昆虫や幼虫、クモなどを食べます。シュロの木には食べ物を探しに来たワケではなさそう。

帰宅して撮影した写真を確認したら、その証拠となりそうな写真(2枚目)がありました。
咥えていた白いものは、シュロの繊維。これを剥がしてました。
巣に敷くのではないかと思います。あくまで推測ですが…

エナガの全長は13.5cmでスズメ(14.5cm)より少し小さいのですが、柄長と名が付いたように尾が7.5cmと長く、尾を除くと6cm。日本で見られる野鳥の中でキクイタダキに次いで小さい鳥です。スズメのそれは9cm。体重は7.5g、スズメは22gですからその小ささが判ると思います。

| Minigarage | 野鳥(エナガ) | 19:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
 飛翔するエナガ

エナガが群れてたので狙ってみたのですが、こんな飛翔姿が撮れました。このシーンを狙ったのではなく、たまたま撮れちゃったという感じです。
エナガはチョロチョロ動き回りるじっとしてない鳥なので、シャッターを切った瞬間に飛び出したりすることがあり、結果こうなることがあります。
狙って撮ってみたいものです…

カメラを向けたらもうそこにはいなかったりして、この様に止まってるのを撮るのも結構難しい鳥なんです。

| Minigarage | 野鳥(エナガ) | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
 エナガ

最近、和田堀公園を歩いていると、ほぼ毎回エナガに出会います。群れで行動してて、「ジュリリ」という独特の鳴き声なのですぐ判ります。留鳥なのですが、夏は山地に移動してて秋から冬にかけて平地へ降りてくるんだと思います。とすれば漂鳥か…
チョロチョロ動き回り、じっとしてないので撮りづらい鳥です。今日も大きな桜の上部で群れてたので、ベンチに座って見上げて眺めてたら、彼らの方から近寄って(降りて)きました。
1-2mの至近距離だったので、シャッター押しまくってたら何枚かバッチリ写ってました。
エナガ科エナガ属で体重はスズメの半分以下。シジュウカラやメジロ、コゲラなど違う種の小鳥と混群することも多いです。

| Minigarage | 野鳥(エナガ) | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
 飛び立つエナガ

森林公園での野鳥観察が空振りに終わり、有料区域を出たところでエナガの群れに出会いました。
例によって、チョロチョロ動き回りカメラで追うのが困難だったのですが、偶然にも飛び立った直後のカットをゲット出来ました。(まともな写真はこの1枚だけ)

| Minigarage | 野鳥(エナガ) | 19:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
 飛び立つエナガ

先日、カワラヒワを見かけた場所(秋楡の木)で探してたら、居たのはエナガ(スズメ目エナガ科の留鳥)でした。
尾を含めた全長は14cm程でスズメとほぼ同じなのですが、尾が半分位ありますので、尾羽を除いた身体は随分小さいです。体重はスズメの24gに対して10g未満です。エナガは漢字で書くと柄長、柄の長い柄杓に例えたことに由来し、柄長鳥(えながどり)と。
じっとしてない鳥で、写真を撮りだした瞬間に飛び立ってしまいました。

| Minigarage | 野鳥(エナガ) | 19:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
 エナガ

久し振りにエナガに遭遇しました。冬に見るのに比べて痩せてるように見えるのは気のせいでしょうか。

| Minigarage | 野鳥(エナガ) | 16:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
 繁殖期に入ったエナガ

最近、エナガに度々遭遇します。スズメ目エナガ科エナガ属の留鳥(もしくは漂鳥)。尾が長いのですが、これを除くと7cmほどしかなく、体重はスズメの1/3(9gくらい)しかありません。
冬の間は10-20羽の集団行動をしていますが、今の時期は1羽もしくは2羽(たぶん番い)の単独行動。繁殖期に入ったんだと思います。
ただでさえ、チョロチョロ動き回るので撮影は困難な鳥ですが、今の時期は木の葉が邪魔で撮影は更に困難です。目視で見つけてカメラを向けると、もうそこには居ないという繰り返しでストレスが溜まります…

イロハモミジの花の蕾を食べてました。これは、コゲラも好んで食べてます。

ホバリングしながら餌を獲ることが多いのですが、この撮影がまた難しい…

| Minigarage | 野鳥(エナガ) | 17:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
 エナガ

エナガを見つけて撮ろうとしたのですが、枝が邪魔して狙いが定まりません。(前にある枝が邪魔になりピントが合わないのです)
少し待ってたら、枝の端に移動してくれたので狙いを定めたのですが、その瞬間に飛んでしまいました。
再生してみたら、この写真、足が枝から離れかかってます。飛び始めた瞬間でした。(スキーのジャンプで踏み切った瞬間に似てません?)
エナガはシジュウカラと一緒にいることがありますが、鳴き声が違い、今日もそれで気づきました。最近、エナガの鳴き声を聞き分けられるようになりました。

次のカット(0.1秒後)がこれです。曇ってたので、シャッタースピードを遅くしてた(1/640秒)のが敗因、ブレちゃってます。

もう1羽いたので、狙いを変えて…
これもすぐに飛び去りました。

| Minigarage | 野鳥(エナガ) | 17:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
 エナガ

最近、エナガに良く遭遇します。今日も、和田堀公園池でカワセミを眺めていたら(いつものことなので撮る気にもならず)、頭上から聞こえてくる囀りが気になり…あっ!エナガがいる!ということで狙ったのですが、チョロチョロ動き回り撮り辛いったらありゃしません。
沢山撮ったのですが、見られるのは数枚。エナガは小さくて可憐といいますか、文句なく可愛いです。 体長14cm(尾を除けば7cm)、体重8g程度。

チョットピン甘ですが、飛んでるところも。

| Minigarage | 野鳥(エナガ) | 16:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
 エナガ

和田堀公園でエナガの群れに出会いました。
今シーズンは度々遭遇します。3-4回目だと思います。10羽くらいの群れでした。
ただ、枝の間を目まぐるしく動き回るので、撮影はとても困難です。
写真を載せる度に書いてますが、体重がスズメの24gに対してエナガは8gと1/3しかありません。尾が長いので体長は14cmほどありますが、日本でみられる野鳥の中ではキクイタダキの次に小さい、とっても可愛い可憐な鳥です。

| Minigarage | 野鳥(エナガ) | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
 エナガ(柄長)

エナガの群れ(10羽ほど)に遭遇しました。今まで出会ったのは4-5回、撮影できたのは2回目。
何せ動きが早い鳥で、枝から枝を飛び移るので、ファインダーの中に捕らえるのも至難の業でシャッターを切れたのは3回だけ。ただしエナガが写ってたのはこの写真だけ。他の2枚はシジュウカラとメジロでした。彼らは一緒に群れるようです。(一昨日もシジュウカラの群れに1羽だけエナガが混ざってました)
一眼レフならともかく、このカメラ(COOLPIX P900)で撮れたのは奇跡的だとも…
エナガはとっても小さな鳥。体長は14cmほどですが尾が長く(7-8cm)、体重は8g。スズメは24gでメジロは11g。日本で見られる野鳥ではキクイタダキ(5g)に次いで小さい鳥です。
留鳥ですが、シジュウカラやメジロと同様、夏の間は山の中にて冬になると人里に降りてくるようです。

| Minigarage | 野鳥(エナガ) | 17:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
 エナガ(柄長)
雨がやんで天気が良くなってきたので、ひとっ走りしてきたのですが、思わぬ収穫がありました。
木の中からチチチ…と言う囀り声が聞こえたので、声の主を探してたら見慣れない小鳥を見つけました。最初はシジュウカラかと思ったのですが、顔の文様が違います。シジュウカラ同様にチョロチョロ動き回るので中々シャッターチャンスがなかったのですが何とか2-3枚撮ったところで飛び去ってしまいました。
帰宅して調べてみましたが、どうやらエナガ(柄長)のようです。
スズメ目エナガ科エナガ属の留鳥(もしくは漂鳥)、九州以北に生息し、平地から山地にかけての林に生息するが、木の多い公園や街路樹の上などでもみることができる。山地上部にいた個体が越冬のため低地の里山に降りてくることがあるとのこと。日本でいちばん小さい鳥はキクイタダキといい、体重は5グラム前後ですが、その次に小さいのがこのエナガで、体重は8グラムほどとのことです。
写真の精度はイマイチです。意外に至近距離(頭上3-4m)で足あたりにピンが来てるのですが、顔に合ってくれれば良かったのにね。
銜えているのは虫の幼虫だと思います。枝に叩きつけてました。
今日は珍しい鳥を撮れただけでよしとします。機会があれば再チャレンジします。
エナガ
 
| Minigarage | 野鳥(エナガ) | 18:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
日捲りカレンダー
 
天気予報
ブログカレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

  

  ところで…
  


このページの先頭へ