そりゃあ閑話(ボク的デキゴトロジー)
【内容】このBlogを始めた当初は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。ここ数年の傾向としては、冬(秋〜春)は冬鳥を中心とした野鳥、夏(春〜秋)は昆虫と花の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターもチャンスがあれば撮ってます
【閑話】つまりは無駄話、鼠狸庵閑話 
【効用】せいぜい暇潰し程度でしかありませんが、お付き合いいただける方はどうぞ御緩りと
【管理人】鼠狸庵散人
 アトリはまだ居ました

オオタカを撮った帰り道、池を通りかかったらアトリが水を飲みに降りてきてました。
今年は何度も見てる光景ですが、アトリは割と好きな鳥なので、撮ってしまうんですねぇ。もうそろそろ、繁殖地(シベリア)へ旅立っちゃうはずですし、来シーズンは来ないかもしれないし…

| Minigarage | 野鳥(アトリ科アトリ) | 18:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
 シーズン最後の?アトリ

アトリ(花鶏)です。これも、随分至近距離で撮らせて貰いました。アトリは警戒心が強いのですが、人が沢山いる和田堀公園ですからシーズン終盤で人慣れしたのでしょう。
メスだと思います。もうそろそろ、繁殖地(シベリア)へ旅立つはずです。海を渡る際は数万羽の大群になるそうです。
今シーズンはアトリのアトリ(当たり)年だったのですが、来シーズンはどうでしょうか? 年により飛来数が大きな変動がある鳥です。

水を飲むために池に降りてきました。アトリは雑食性ですが種子を好むので、喉が渇くんだと思います。
ベニマシコなども同様に種子を食べてる時は良く水を飲みますが、春になり新芽を食べる時は水分が含まれてるので、水場に降りてこなくなります。

| Minigarage | 野鳥(アトリ科アトリ) | 17:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
 梅とアトリ(花鶏)

これも一昨日(25日)ですが、オジロビタキがいた梅の木にアトリも居ました。
アトリは漢字では花鶏。なぜ、花の鳥と書いてアトリと読ませるのか…
諸説あるようですが、『冬鳥としてシベリアから大群で日本に渡るので、集まる鳥(あつとり)がアトリに変化し、「花鶏」の表記は鮮やかなオレンジ色が目立つ体色が花が咲いたように見えることに由来』と言う説を支持します。でも、それじゃ梅には合わないですね…(笑)。
ちなみに、これは雌。

こちらが雄。アトリは群れで移動するので、雄雌一緒に撮れます。

| Minigarage | 野鳥(アトリ科アトリ) | 19:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
 逆さアトリ

アトリ(花鶏)も水を飲みに池にやって来ました。
水面に姿が映って「逆さアトリ」

| Minigarage | 野鳥(アトリ科アトリ) | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
 水を飲むアトリ

今シーズンは和田堀周辺にアトリ(花鶏)が入ってます。一昨年程ではありませんが、よく見かけます。(昨シーズンは皆無でした)
善福寺川に流れ込んでるこの場所は、彼らの水飲み場です。
羽の模様は落ち葉(枯れ葉)に馴染んでます。

もう少し画面を広げると。アトリは常に群れで行動しています。
一番左の顔が黒いのは♂、一番手前の顔が薄いのは♀です。

頭上の枝にもいました。

| Minigarage | 野鳥(アトリ科アトリ) | 16:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
 アトリ(花鶏)

今シーズンは和田堀公園にも群れが入っており、時々見かけます。見かけるだけで、撮るチャンスが無かったのですが、漸く撮ることが出来ました。
群れで飛び回る鳥なのですが、なぜか単独行動してました。この個体はたぶんメス。
冬鳥としてシベリア方面から飛来しますが、渡りの際は数万羽の大群になるそうです。それが全国各地へ散るのですが、個体数は年によって変化します。
和名(アトリ)の由来は、大群で行動するので、集鳥(あっとり)と呼ばれ、それが転じたようです。
一昨年(シーズン)は和田堀公園にも数十羽の群れが複数入っていて連日見かけましたが、昨シーズンはさっぱりでした。
今シーズンは一昨年ほどでないにしても、これから何回も出会う機会があるはずです。

| Minigarage | 野鳥(アトリ科アトリ) | 18:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
 アトリ(花鶏)

コイカルに飽きたので他の鳥さんを探したのですが、季節的に冬鳥は期待薄でして…しかも、枝には葉が出始めてて見辛いし。
真上の高い樹上で見つけたのは、たぶんアトリです。肉眼では殆ど判らない距離でした。
昨年(シーズン)はアトリが沢山いたのですが、今シーズンはサッパリ。去年ならスルーするところですが、今年はこれでも貴重なカットです。たぶんですが、 。アトリは当然ながら、スズメ目アトリ科。渡り鳥(冬鳥)ですので、間もなく居なくなります。また、撮ることは出来ませんでしたが、ベニマシコもまだ居ました。

違う場所でもアトリがいました。同様に頭上の高い場所。
枝から飛び出した瞬間です。普通は翼を広げて飛び出すものなんですが…
これは、 だと思います。

| Minigarage | 野鳥(アトリ科アトリ) | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
 アトリの群れ、飛翔

アトリの群れが地上に降りて餌探ししてるところを撮ってたのですが、そこへJoggingで近づいてくる人が…
アトリが逃げちゃうから、こっち来ないでと心の中で叫びましたが通じる由もなく…
こうなりゃ、飛び出す瞬間に狙ってやろうと気持ちを切り替えた瞬間にドバーっと飛び上がりました。慌ててシャッターを押したのですが、何とか間に合いました。

| Minigarage | 野鳥(アトリ科アトリ) | 18:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
 アトリに接近遭遇

今日はアトリ、♪お値段以上…それはニトリです。
アトリはスズメ目アトリ科の渡り鳥(冬鳥)。群れで行動することが多く、その場合神経質な1羽が飛ぶとつられて群れ全体が飛び上がることになるのですが、たまに群れから逸れて?単独行動してることがあります。
今日はそんなアトリに遭遇。野鳥って樹上より地上に降りた時の方が警戒心が強くなるのですが、今日はなぜか…3m程までにじり寄り(異常接近し)ましたが逃げる素振りがなく撮らせてくれました。

ボクから見てオスと90度の方向にいたメス。これも逃げる素振りがありませんでした。2羽は別行動のようでした。

| Minigarage | 野鳥(アトリ科アトリ) | 20:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
 アトリ

これはアトリ(メス)です。今シーズン、関東地方では各地で大量のアトリが確認されてるようで、和田堀公園でも群れで飛び回ってます。カラダの割に羽が大きくて飛行を得意としてるようです。
アトリは群れで行動し、人にはあまり近づかない(じゃなくて、人の気配を感じるとすぐに逃げる)のですが、こいつはなぜか単独(1羽)行動で、3mほどの至近距離でしたが、逃げる気配がなく、しっかり写真を撮らせてくれました。

| Minigarage | 野鳥(アトリ科アトリ) | 18:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
 水を飲みに降りてきたアトリ

今シーズンの和田堀公園はアトリ(スズメ目アトリ科アトリ属に分類される渡り鳥)が大量に入ってるというのは何度も報告してますが、ここ(和田堀公園)だけじゃなく、関東各地に大量に飛来してるような話を聞きました。「渡来する個体数は年による変化が大きい」と言うようなことがWikipediaに書かれてます。
彼らは群れ(数十羽〜数百羽)で移動するのが特徴です。シベリアへ帰る時は数万の大群で海を渡っていくのではないかと思いますが、それに遭遇したらさぞ壮観でしょう。
今日も、水が抜かれてる公園池で水を飲んでました。意外に警戒心が強く(野鳥ですから当然かも)、チョットしたことですぐに飛び去ってしまいます。

| Minigarage | 野鳥(アトリ科アトリ) | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
 EOS 7D Mark兇悩能蕕忙った鳥さん(アトリ)

購入したばかりの新しいカメラ(EOS 7D Mark)で最初に撮った鳥さんはアトリ(花鶏)でした。
今シーズンの和田堀公園は、アトリが大量に入っていて群れで飛び回ってるので、何処でも何時でも撮れる状態なので、やっぱしという感じ、公園に到着していきなりでした。

場所を変えて公園池の脇で撮ったアトリ。これもオスです。

その隣にいたメス。梅(もしかしたら桜?)の花の芽を食べてました。

| Minigarage | 野鳥(アトリ科アトリ) | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
 アトリ(花鶏)

今日は曇ってたので、良い写真は撮れないだろうからWalkingに専念するつもりだったのですが、Nikonのネオ一眼なら持って歩いてても負担にならないので一応持って出掛けました。
ということで、これはアトリ(花鶏)のオスです。この角度で見ると胸のオレンジ色が割と綺麗です。今年の和田堀公園はアトリの大きな群れが複数入っていて、いつでも撮ることが出来る状態です。
体調は16cmで、スズメ(14.5cm)よりわずかに大きい程度。渡り鳥(冬鳥)で、夏にシベリアで繁殖し日本には越冬のためやってきます。数千〜数万の大群で海を越えるんでしょうが、たぶん壮観な眺めだと思います。NHKが追いかけてくれないかなぁ…

| Minigarage | 野鳥(アトリ科アトリ) | 18:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
 アトリ

今年、和田堀公園池の周辺で殆ど毎日アトリを観察することが出来ます。ということで今日も撮り放題でした。これはメスです。

| Minigarage | 野鳥(アトリ科アトリ) | 19:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
 アトリ

今年の和田堀公園はアトリのアトリ(あたり)年。
今日も群れで池の上空を舞いながら木を飛び移ってました。飛び去った後、もしかしたら3日程前に目撃した場所(すぐ脇の善福寺川)へ来るかもと、そのポイントで暫く待ってたら、やはり現れました。
水を飲むために降りてきたようです。30羽ほどの群れでした。
スズメ目アトリ科アトリ属の渡り鳥(冬鳥)。

これがオス。

こちらがメス。嘴や頭部の羽の色が少し違いますので、見分けるのは容易です。

| Minigarage | 野鳥(アトリ科アトリ) | 16:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
 アトリ

和田堀公園池の周辺を アトリ の群れが舞ってて、その撮影に挑んだのですが見事に失敗。アトリは飛び去ったので、どこかにいるはずだと探しに行きました。
池のすぐ脇を流れる善福寺川に小鳥の群れがいて、最初はスズメだと思ったのですが、念のためにファインダーを覗いたら、先ほど上空を舞っていただろうアトリでした。ざっと30羽ほどいました。
スズメ目アトリ科アトリ属、渡り鳥(冬鳥)で秋にシベリアからやって来ます。一昨年は何度か見ましたが、昨年は出会わず。今年は沢山来ているとは聞いてましたが、今日漸く出会えました。

| Minigarage | 野鳥(アトリ科アトリ) | 17:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
 アトリ(花鶏)
今日の鳥君 その2−アトリ(花鶏)
 スズメ目アトリ科アトリ属。日本には冬鳥として秋にシベリア方面から渡来する渡り鳥。アトリに遭遇したのは2回目です。場所は前回とほぼ同じ場所。前回は一緒に居た人が見つけて教えてくれたのですが、今日は自力です。
 大きさも羽根の文様がスズメに似ているので、ぱっと見、スズメと見間違う可能性大のような気がします。スズメかなと思いつつ、ファインダーを覗きながら望遠にしてみないと判りません。でも、スズメより遙かに警戒心が強く、すぐに逃げるので、それで判断するってのもありですが、逃がした後じゃ写真は撮れないし…ー 場所: 和田堀公園



写真上と中がオスで、下がメスじゃないかと思います。
| Minigarage | 野鳥(アトリ科アトリ) | 20:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
日捲りカレンダー
 
天気予報
ブログカレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

  

  ところで…
  


このページの先頭へ