鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。蘊蓄(うんちく)は相変わらずですが、これは性格なので…(笑) ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、料理も。身の回りの出来事も含めて、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話。役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

 サフランモドキ

今、街中(住宅地)を歩いてて良く見かける花、サフランモドキです。玄関脇に鉢植えで置かれてたりします。ヒガンバナ科タマスダレ属の球根植物。原産地はメキシコ、グアテマラ。
サフランに似てるから付いた名前、ではなく、江戸末期に渡来した時はサフランと誤認されてたのが、明治になり、間違いだと言うことが判明し、サフランモドキとなったとのこと。花の立場から言わせれば、「勝手に間違えておき、モドキとは何事か」でしょう。
観賞用に栽培されてますが、暖地では暖地では逸出して野生化している地域もあるとかで、長崎県天草地方では水田のあぜ道に群生し、ヒガンバナのような美観だそうです。

| Minigarage | 植物(草本・ヒガンバナ科) | 18:56 | comments(0) | - |
 スノーフレーク

スノーフレークが咲いてました。ヒガンバナ科の多年草。球根草なので、放っておいても毎年咲きます。
和名はオオマツユキソウ(大待雪草)、別名スズランスイセン(鈴蘭水仙)で、ボクはこの名で覚えてます。
ランプシェードのような形をした小さな花は"下向き"です。「スミレのような」芳香がありますが、ボクはスミレの芳香を知りません。
開花時期は今頃、春先に咲く花です。

| Minigarage | 植物(草本・ヒガンバナ科) | 13:18 | comments(0) | - |
 ピンクの彼岸花?

ピンクの彼岸花のような花が咲いてました。
11月中旬の今頃に彼岸花が咲いてるのは変だし、よく見ると咲き方も少し違います。花弁が反り返ってないし、雄しべ・雌しべが外に突き出てないし…
ということで、名前を調べてみたのですが、「リコリス」という彼岸花の仲間のようでした。
ただ、ヒガンバナ(彼岸花)を曼珠沙華(マンジュシャゲ)、リコリスとも言うらしいのですし、ヒガンバナ属(Lycoris)はリコリスですし…詳しくはよく判りません!(笑)

| Minigarage | 植物(草本・ヒガンバナ科) | 18:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
 アガパンサス

今、旬な花といえばこれじゃないかと思います。アガパンサス、街中を歩いていると庭先や公園など彼方此方で見かけます。梅雨時に咲く花です。
別名を紫君子蘭(ムラサキクンシラン)と言いますが、君子蘭とは別種で単に似てるからだけです。ボクはあまり似てないんじゃないかと思いますけど…
ユリ科もしくはヒガンバナ科の多年草、球根種です。

| Minigarage | 植物(草本・ヒガンバナ科) | 16:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スノーフレーク

スノーフレークです。ヒガンバナ科の多年草、ヨーロッパ中南部原産。別名を鈴蘭水仙(スズランスイセン)。
バックがボケてくれて緑一色。自分でも気に入った写真です。

| Minigarage | 植物(草本・ヒガンバナ科) | 16:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ハナニラ

最近、あちこちで見かけるようになったハナニラです。これは和田堀公園で見かけたものですが、道端や民家の玄関腋などでもよく見かけます。
原産地はアルゼンチンで、明治時代に観賞用として導入され、逸出し帰化していると(Wikipedia)。
球根植物で繁殖力が旺盛なので、一度植えると放って置いてもドンドン増えるようです。ってことは、生態系にも影響ありってことかも。

| Minigarage | 植物(草本・ヒガンバナ科) | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
 タイハイスイセン

和田堀公園の端、水道道路を挟んだ反対側にある小さな谷中公園にスイセンが咲いてました。
スイセンは品種が沢山あるのでハッキリは判りませんが、タイハイスイセンか、その系統じゃないかと思います。タイハイスイセンというのも総称なので、詳しい品種は判りません、というか、そこまで突き詰めてもあまり意味ないし…
そういう意味じゃ、「スイセン」で良いんですけど(笑)。

| Minigarage | 植物(草本・ヒガンバナ科) | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ナツズイセン(夏水仙)

雨の中をウォーキングしてて見かけた花。
水仙のような花なのですが、花茎が一本だけで葉がありません。これは彼岸花にそっくり。と、考えると初めて見る花のようです。
帰宅してから調べてみたら、 ナツズイセン(夏水仙) と言う種類でした。ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草、彼岸花の仲間でした。春先に葉が出てくるようですが夏になると葉が枯れて、その後に花茎がでて花が咲くというのは彼岸花と逆です。葉は水仙に似てるそうです。球根種ですが有毒。これも彼岸花と一緒です。

『日本では、北海道を除く全国の主に人家の近くの里山付近に生育する。古くに中国から渡来した帰化植物と考えられている。観賞用に栽培される』(Wikipediaより引用)

 

| Minigarage | 植物(草本・ヒガンバナ科) | 18:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スノーフレーク
ソメイヨシノが満開間近になり、サクラの写真(開花レポート)が俄に増えてきました。それはさておき、“サクラ以外にも咲いてる花は沢山あるよシリーズ”、 スノーフレーク を見つけました。
ヒガンバナ科もしくはユリ科の多年草でヨーロッパ中南部原産。
和名はオオマツユキソウ(大待雪草)で別名はスズランスイセン(鈴蘭水仙)。これが一番しっくりきますね。
球根草なので、放っておいても毎年勝手に咲くようです。花の先に緑の斑点がワンポイントで可愛いです。
ちなみに開花時期はサクラと同じ頃だそうです。だから、今咲いてるんですね(笑)。
| Minigarage | 植物(草本・ヒガンバナ科) | 16:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ハナニラ
サクラの開花宣言が出て、今は2-3分咲きと言うところでしょうか。
それはさておき、これは ハナニラ です。住宅街を歩いていると、庭先や道端に結構咲いてます。モチロン、和田堀公園・善福寺川沿いは彼方此方で咲いてます。
原産地はアルゼンチンで、明治時代に観賞用に持ち込まれたようです。球根植物で繁殖力が旺盛なので、一度植えると放って置いてもどんどん増えるようで、空き地などで群生してたりします。
葉や茎をちぎるとニラやネギののような臭いがするのでこの名が付いたようですが、ニラとは別種です。もう少し紫がかった花もあります。
| Minigarage | 植物(草本・ヒガンバナ科) | 17:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ゼフィランサス(サフランモドキ)

 久しぶりにサフランモドキ(サフラン擬)を見かけました。西インド諸島やメキシコに自生する多年草でヒガンバナ科、観賞用の園芸種です。名前はサフラン(アヤメ科)に似ているからでしょうけど、ボクはサフランの花はまだ見たことがありません。
 このピンクのサフランモドキを含めて、「ゼフィランサス」というのがヒガンバナ科タマスダレ属の総称で、タマスダレは白花、シトリナが黄花です。
| Minigarage | 植物(草本・ヒガンバナ科) | 15:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
 タイハイスイセン(大杯水仙)

 タイハイスイセン(大杯水仙)です、たぶん。
スイセンは、1-2月の真冬に咲く花という印象があるのですが、それは日本水仙。この大杯水仙は3-4月頃、暖かくなってからの遅咲きでした。房咲き(1本の茎に沢山花が咲く)ではなく、1茎1花です。
 実家の庭に咲いていたのですが、窓から見えない場所なので、今まで気づきませんでした。(撮影は1週間ほど前)
| Minigarage | 植物(草本・ヒガンバナ科) | 10:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ノビル
ノビル
庭(我が家ではありません)に生えていたネギのような植物、ボクはすっかりネギだと思ったのですが、さにあらず。ユリ科ネギ属の多年草で、 ノビル(野原) 。日本全土の土手や堤防、草原や休耕田などどこにでも生えていて、根元にラッキョウのような球根がありこれが食べられるんだそうです。
でさっそく、根ごと掘り出して水洗いし、酢味噌でいただきました。ラッキョウというか、エシャロットのようです。(日本で販売されているエシャレットのほとんどが生食用に軟白栽培されたラッキョウ、どちらもユリ科ネギ属だから似ていて当然)
酒のつまみに最適です。
| Minigarage | 植物(草本・ヒガンバナ科) | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ネギ坊主
ネギ坊主

使いかけの(中途半端に残った)をグラスに入れて水を張っておいたら、新しい茎(というのか芽というのか?)が出てきてどんどん成長。とうとう花が咲きました。いわゆる、ネギ坊主ですね。
| Minigarage | 植物(草本・ヒガンバナ科) | 12:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
Blog Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Contents
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
(条件指定時は、その条件内の記事一覧)
記事検索
Category
Back number
Comment
その他・・・

   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ