そりゃあ閑話(ボク的デキゴトロジー)
【内容】このBlogを始めた当初は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます
【閑話】つまりは無駄話 
【効用】せいぜい暇潰し程度でしかありませんが、お付き合いいただける方はどうぞ御緩りと
 蓮の花

蓮の花が咲き出しました。根茎(蓮根)は食用になります。

寄ってみました。洋菓子(スイーツ)のようです。

| Minigarage | 植物(ハス科) | 14:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
 蓮(ハス)

Walking中(腰痛-激痛発症以来、Jogは封印中、コースは同じですけど…)に某曹洞宗寺院の境内に蓮の花が咲いてるのを見つけました。
ハスは、インド原産のハス科多年性水生植物ということで、上野の不忍池には沢山咲いてますが、こんな街中では珍しいはずです。
ということで、近寄って写真を撮らせてました。

この通り、わざわざ水を用意して育ててました。
因みに、地下茎は「蓮根」(れんこん・はすね)といい食用野菜。ワタクシは恥ずかしながら知りませんでした(笑)。

ところで、蓮と言えば、蓮田市(埼玉県)が連想されまして、この地名も蓮の花から来てるのかと調べてみたら、蓮田市のページでこんな記述を見つけました。
『「蓮田(はすだ)」の地名発祥由来の地、といわれるのが市内の蓮田5丁目に所在する「蓮華院弥陀堂(れんげいんみだどう)」です。天平15年(743年)、聖武天皇は諸国巡察のため、東国に僧・義澄(よしずみ)を派遣しました。当地に立ち寄った義澄は一夜を弥陀堂で過ごし翌朝を迎えたところ、前方の沼田にはいっぱいの蓮の花が生い茂っていました。そのあまりの美しさに心を打たれ、宿となった弥陀堂を蓮華院と名付け、それ以来この地が「蓮田」と呼ばれるようになったという伝説が残っています』
やっぱし! 大正解でした。

| Minigarage | 植物(ハス科) | 16:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
日捲りカレンダー
 
天気予報
ブログカレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

  

  ところで…
  


このページの先頭へ