鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。蘊蓄(うんちく)は相変わらずですが、これは性格なので…(笑) ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、料理も。身の回りの出来事も含めて、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話。役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

 ムラサキカタバミ(紫酢漿草)
ムラサキカタバミ(紫酢漿草)です。南アメリカ原産で日本には江戸時代に観賞用に持ち込まれました。野生化して今ではどこでも見られる珍しくない「雑草」です。
そんなことより、今日のテーマはこの花を撮影した場所です。我が家の脇、燐家との間の狭い場所に咲いてました。この場所、以前は雑草が生い茂り、一時ドクダミ天国になってた時もあります。
雑草処理の手間が嫌なので、いまでは砂利石を敷き詰め、雑草が生えないようにしています。それでも、カタバミの葉が生え出すので見つけたら引き抜くことにしています。でも暫く見ないうちに花が咲いてしまったというわけです。油断も隙もないです。放っておくとカタバミ天国になりかねません。
そもそも、カタバミは地下に鱗茎があり、地上には葉と花柄だけを伸ばすので、生えてきた葉を抜き取ってもまた生えてきてしまうのです。繁殖力も旺盛なので、野生化して全国に広がったワケでもあります。
なので、根絶させるには鱗茎を抜き取る必要がありますが、これは非常に厄介な作業なので、根を枯らす除草剤の手を借りて対処します。以前も使ったことのある「ラウンドアップマックスロード」なか…
| Minigarage | 植物(草本・カタバミ科) | 18:16 | comments(0) | - |
 カタバミ(酢漿草)

何処でも見かける"雑草"シリーズ、カタバミ(酢漿草)です。
カタバミ科カタバミ属の多年草。カタバミ属は世界中に850種以上あり、日本でも全国に分布し様々な種類があります。花の大きさは大から小まで、花の色も黄色やピンクなどで花弁は5枚。葉が三つ葉というのが特徴ですが、シロツメクサと異なりハート型です。
園芸種もあり、学名のOxalis(オキザリス)で流通しています。
写真の花は花径1cmほど。

| Minigarage | 植物(草本・カタバミ科) | 18:11 | comments(0) | - |
 モンカタバミ

これは、モンカタバミの葉です。一ヶ月半ほど前に見かけました。中心部分が紫色という少し風変わりな葉、四つ葉のクローバー(シロツメクサ)のようでもありますが、カタバミ(オキザリス)の仲間でした。ムラサキカタバミという葉が紫色のカタバミもありますが、それはその中間種? 紫色の液が染みだしたって感じです。
カタバミは世界で850種もあるそう、園芸種から雑草扱いまで、大きさも様々です。カタバミの葉は普通3枚なのですが、これは4枚で、別名をラッキークローバーと。
葉や花には「レモン」に似た酸味があり、サラダの付け合わせに利用されるそうです。

 どんな花が咲くのかなというか、花が咲いたモンカタバミを探してたのですが、とうとう見つけました。
赤い花というのもカタバミにしては変わってます。花弁はカタバミらしい形です。

| Minigarage | 植物(草本・カタバミ科) | 19:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
 カタバミ

今の時期、あちこちでカタバミ(酢漿草)を見かけます。カタバミ科カタバミ属の多年草で、学名をオキザリス(Oxalis)。世界中に800種以上が広く分布してるそうです。
これは大黄花酢漿草(オオキバナカタバミ)。葉に紫色の斑点があります。野生化して道端に勝手に咲いてるのもありますし、鉢植え玄関脇に置かれたりもしています。夜になると花が閉じますし、雨が降ると花は閉じたまま、この特徴は小さな酢漿草も同じです。

これはムラサキカタバミ…かと思ったのですが、イモカタバミかも。

| Minigarage | 植物(草本・カタバミ科) | 18:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
 オキザリス
最近、彼方此方でよく見かける花、 オキザリス です。カタバミ属の一年草もしくは多年草。世界中に800種以上が存在し、地域によって様々な形態や性質をとり、開花期・草姿・花色・大きさなどは様々と。園芸種でもありますが、道端に勝手に咲いてるものもあり、その場合は雑草扱い。
これは、 大黄花酢漿草(オオキバナカタバミ) ですが、道端に勝手に咲いてました。綺麗な花で雑草扱いはチト残念。
オキザリス
| Minigarage | 植物(草本・カタバミ科) | 19:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
 雑草は強し
雑草GW中に庭の手入れをしたが、既に10日程経過しているので、その後どうなっているかを見たら、やはり新しい葉が、敷き詰めた小石を掻き分けるようにして出ていた。(普段は用心のため雨戸を閉めていて庭を見ることがないため)
「油断も隙もあったものではない、お前ら覚悟せい!」と声をかけて摘み取ったが、今後も月に数回は新葉を摘み取らないと、気づいたらあちこちに広がっていたということになりかねない。種で芽が出る種類は良いとしても、地中の茎で広がる種類が蔓延っていたので。

雑草の強さは人生に例えられることが多いが、この強さ、したたかさはホント見習わなければ、ね。
実はこの話、昨日書こうとしたのですが、サーバートラブルで1日遅れとなりました。
| Minigarage | 植物(草本・カタバミ科) | 07:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
Blog Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Contents
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
(条件指定時は、その条件内の記事一覧)
記事検索
Category
Back number
Comment
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ