鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。蘊蓄(うんちく)は相変わらずですが、これは性格なので…(笑) ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、料理も。身の回りの出来事も含めて、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話。役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

 ノイバラ(野茨)

最近、夜寝ててトイレに起きることが多々あります。昨日の朝も、そんな事情で5時前にトイレに行き、ベッドに戻ったら「ラジオ深夜便」(NHK)で「今日の誕生花と花言葉」を紹介する時間でした。
時刻としては4時50分過ぎです。昨朝の誕生花は野茨(ノイバラ)でした。
バラ(薔薇)は、バラ科バラ属の総称ですが、園芸種(園芸バラ・栽培バラ)を指すことが多いです。ノイバラ(野茨)は野生種で日本のバラの代表的な原種、日本全国に分布する蔓性落葉低木です。
名前の由来は、『とげが多い木であることから、元々有棘の低木類のバラを茨(イバラ)と呼んでいて、野生であることから「野」がついてノイバラとなったものである。「野バラ」とも呼ばれて親しまれてる』とWikipediaにありました。
ちなみに、花言葉は「素朴なかわいらしさ」だそうです。

| Minigarage | 植物(バラ科) | 18:28 | comments(0) | - |
 クサイチゴの実

最近イチゴづいてますが、これはクサイチゴの実です。
3月末にクサイチゴの花をアップしましたが、その際に「6月頃に赤い果実ができるて、食べられるようです」と書いてました。花の写真を撮った場所を通りかかったら実が成ってました。とても甘いらしいのですが、この場所はフェンスで仕切られて「立ち入り禁止」になってるので適いません。手を伸ばしても届かないし、眺めるだけです。😭
クサイチゴ(草苺)と言う名前ですが、バラ科キイチゴ属の落葉小低木。草じゃなくて木です(笑)。別名をワセイチゴ(早稲苺)という親近感を感じる名前です。

| Minigarage | 植物(バラ科) | 18:25 | comments(0) | - |
 ヘビイチゴ(蛇苺)

ヘビイチゴ(蛇苺)だと思います。バラ科キジムシロ属の多年草でアジア南東部と日本全土に広く分布。実は食べられるが美味しくなく、人間が食べないで、ヘビが食べるイチゴということから付いた名のようですが、実際にはヘビは食べません。カラスが食べていることはあるそうです。鳥は甘味を感じないので甘い必要はないと。

| Minigarage | 植物(バラ科) | 17:58 | comments(0) | - |
 空き地のイチゴ(苺)

ウォーキング中に通りかかる空き地に苺(イチゴ)があります。5-6個が実ってて気になるのですが、一応フェンス(金網)の中なので眺めてるだけ。金網は横から入れるのでその気になれば…ですが、誰も盗らないようです。
とても美味しそうに撮れましたが、美味しいかどうかは食べてみないと判りません(笑)。
ちなみにイチゴはバラ科の多年草です。果物か野菜か…?

| Minigarage | 植物(バラ科) | 17:16 | comments(0) | - |
 クサイチゴ

春は色んな花が咲き出すので、ここのところ花の写真が多くなってきました。
と、この花良く見かけるような気もしますが、ちゃんと撮ったこともないなと思いながら…当然名前も思い浮かびません。
帰宅して調べてみたら、「クサイチゴ(草苺)」ではないかと。別名をワセイチゴ(早稲苺)と親近感を感じる名前です(笑)。バラ科キイチゴ属の落葉小低木。背丈が20-30cmで枝葉も草木のような感じで名前も"クサ"イチゴなのに草本ではなく樹木でした。
6月頃に赤い果実ができるて、食べられるようです。とても甘いとか。

| Minigarage | 植物(バラ科) | 12:48 | comments(0) | - |
 春の八ヶ岳山麓に咲く花々 2 (バラ科)

4月末に訪れた八ヶ岳南山麓で見た花々〜バラ科編〜です。

【クサボケ】草木瓜
バラ科ボケ属の落葉低木。名前に草がついてますが木。本州、四国、九州の日当たりのよい丘陵地に自生する日本特産種。

 

【チョウジザクラ】丁字桜
バラ科サクラ属の落葉低木で野生種のサクラ。別名をメジロザクラ。
本州(群馬県〜広島県の太平洋側)、九州(熊本県)の低山から山地に多く自生。鑑賞価値が低いということで植えられることは殆どないようです。
花は下向きに咲くことが多く、五枚一重で、花びらは小さく花全体で大きくても2cm前後。花は180度近くまで平たく開き、萼筒も長く、このとき横から見ると丁字のように見える。故に丁字桜。

 

【キジムシロ】雉莚
バラ科キジムシロ属の多年草。
日本では、北海道、本州、四国、九州、南西諸島に、アジアでは、朝鮮に分布し、日当たりのよい雑木林、丘陵地、草原、海岸の岩場などにふつうにみられる、そうです。

 

【ヤマザクラ】
詳しい種類は分かりません。桜の花じゃなく、ホバリングをしていたハチ(ミツバチ系)を狙って撮りましたが、チョット遠かった…(写真中央に見えるはずです)

| Minigarage | 植物(バラ科) | 18:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ブラックベリー、完熟

ブラックベリーの実が完熟しました。バラ科キイチゴ属の低木で、狭義には栽培種セイヨウヤブイチゴ(西洋藪苺)
このままでも食べられるみたいですが、酸味があるのでジャムにすると良いそうです。
もう収穫出来ると思うのですが、他人の庭なので、見てるだけ…

実ができかけの頃(6月中旬)。

これが花(5月中旬)。

| Minigarage | 植物(バラ科) | 16:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ブラックベリー(実)

3-4週間程前にブラックベリーの花をみかけUPしました。(知らない花で調べたらブラックベリーだったと)
ジャムなどに加工するための果実目的で栽培されると言うことだったので、実に期待してたのですが、育ちつつありました。あと1ヶ月もしたら完熟するのではないかと思います。 和名をセイヨウヤブイチゴ。

これが花。

| Minigarage | 植物(バラ科) | 11:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ブラックベリー

これもウォーキング中に見かけた花。見たことのない、初めて見る花だったので、気になって調べてみました。
あちこちググって調べた結果、ブラックベリーではないかと。「ブラックベリー」と聞くと、一番は一昔前に一世を風靡したカナダ製のスマートフォンを思い出しますが、一方ジャムのイメージもありまして、この花は後者です。
北米原産、バラ科キイチゴ属の半常緑低木で別名をセイヨウヤブイチゴ(西洋藪苺)
欧米では果実(ジャムへの加工)目的で栽培されることが多いようです。果実は酸味の強いものと、比較的少なく生食に向くものとがあるが、いずれもジャムなどへの加工には最適、と。
収穫期は7-8月頃というので、その頃に気づけば果実の写真を撮ってみたいと思います。

| Minigarage | 植物(バラ科) | 14:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ヘビイチゴ

よく見かける花ですが、名前を知らないことに気づいたので、調べてみたらヘビイチゴ(蛇苺)でした。小さい頃から、実はよく見かけて名前も知ってましたが、花は気にしたことがありませんでした。バラ科キジムシロ属の多年草。
名前の由来は、実が食用にならずヘビが食べるイチゴ、ヘビがいそうな所に生育する、イチゴを食べに来る小動物をヘビが狙うことからなど諸説ありますが、実際にはヘビは食べません。
毒はないので食べられますが、苺のように甘くないので美味しくありません。ジャムに加工することは出来るようですが、そこまでして食べなくてもね。小さい頃、かじった記憶はあります。

| Minigarage | 植物(バラ科) | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ボケ(木瓜)
ボケ(木瓜)も開花時期を迎えてます。バラ科ボケ属の落葉低木。実が瓜(ウリ)に似ていて、“木になる瓜”木瓜(モッケ)がモケ⇒ボケに転訛したしたとも。
ボケの花は鮮やかな朱色(濃いオレンジ?)の印象が強いのですが、薄いピンクやこのような白もあります。
原産地は中国で、日本には平安時代に渡来したとか。開花時期は今頃ですが、11月頃から咲く品種はカンボケ(寒木瓜)と呼ばれているそうです。
| Minigarage | 植物(バラ科) | 19:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ヤマナシ

近所の家の玄関前に置いてある、大きな鉢に植わっている木に花が咲いてました。
何の花か調べてみたのですが、どうやらナシ(梨)−バラ科ナシ属のようです。もしくはヤマナシ(山梨)−これを品種改良したのが食用の梨。実は小さくて硬く不味いそうです。
でも、実がなっているのを見たことがありません。気がついてないだけかな?と思ったのですが大きな実ですからフツー気づくはず…
で、梨に関する解説ページを読んでいたら、梨は自家不和合性(同じ品種間では結実しない性質)なんだそうです。なので、同じ花どころか、この木1本では受粉しない、実がならないということかも。
ちなみに、梨農園などで栽培している場合には他品種の花粉によって人工受粉が行われるそうです。なるほどと。

| Minigarage | 植物(バラ科) | 14:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
 我が家の庭にも春
紅要の新芽朝、洗面所で歯みがきをしているとき、暇なので風呂の外を眺めていたら、紅要黐(ベニカナメモチ)に新芽が出ていることに気づきました。この木はなぜか新芽が紅く、後から緑になります。
植物も春を感じてるようです。
| Minigarage | 植物(バラ科) | 10:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
 薔薇紫陽花
薔薇紫陽花今、 薔薇 の花の季節であちこちで咲いています。

この写真も 薔薇 の花なのですが、よーく見ると周りの葉は 紫陽花 です。同じ場所に薔薇と紫陽花が植わっているようで、紫陽花の葉を掻き分けた薔薇の花が 自己存在の主張 に何とか成功している状態です。
存在主張に失敗すると生存そのものが危ういことになりかねません。植物も同じ場所にいると生存競争が厳しいようです。
| Minigarage | 植物(バラ科) | 15:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
 一輪の薔薇
一輪の薔薇 一輪の薔薇

近所の駐車場の塀際に薔薇の花が一輪だけ咲いていました。
何か、けなげさを感じましたね。
薔薇って6月の誕生花とどこかに書いてあったように思いますが、今頃咲いているってことは…? 春から秋まで何処彼処で咲いているのを見かけるような気もします。いったい何時が薔薇の季節なんでしょう?
| Minigarage | 植物(バラ科) | 18:24 | comments(0) | trackbacks(1) |
Blog Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Contents
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
(条件指定時は、その条件内の記事一覧)
記事検索
Category
Back number
Comment
その他・・・

   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ