鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。蘊蓄(うんちく)は相変わらずですが、これは性格なので…(笑) ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、料理も。身の回りの出来事も含めて、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話。役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

 今日の誕生日の花と花言葉

今朝、4時半頃に目覚めてラジオ(NHKのラジオ深夜便)を聞いてました。この番組のエンディング(5時)直前の時間帯に「誕生日の花と花言葉」と言うコーナーがありまして、今日(3月24日)の誕生日の花は「ムスカリ」で、花言葉は「夢にかける思い」でした。
写真は偶々昨日撮った「ムスカリ」です。今の時期、彼方此方で咲いてるのを良く見かけますが経験上、桜(ソメイヨシノ)と開花時期が被ってるような気がします。
ヒヤシンス科(ユリ科・キジカクシ科と言う分類も)ムスカリ属の球根植物。名前の由来はギリシャ語のムスク(麝香:じゃこう)から。この花の野生種が麝香の香りを放つことに由来してるそう。園芸品種には香りは殆どありません。
15-20cmに伸びた茎に5mmほどの小さな壺状の花が鈴生りに下向きに咲きます。その見た目で別名をブドウヒヤシンス(Grape hyacinth)と。
イラク北部のシャニダール洞窟で約5〜6万年前のネアンデルタール人の墓が発見された時、人骨と一緒に大量のムスカリの花粉が見つかったと。当時、死者を埋葬する時に使われたと考えられていて、そんなことから花言葉は「失意・失望・絶望」。ヒヤシンスにはギリシャ神話の悲恋の逸話があり、ヨーロッパでは『ヒヤシンスの青い花色は悲しみの象徴』とされており、ムスカリの花言葉も「失意・失望」となったとも。また、逆に悲しみから立ち直るという意味で「夢にかける思い」という前向きな花言葉も生まれたという説もあるようで、NHKさんはこちらを採用してました(笑)。

| Minigarage | 植物(草本・ヒヤシンス科) | 17:57 | comments(0) | - |
 ムスカリ

ムスカリが咲いてました。ツルボ亜科(ヒヤシンス科)、地中海沿岸地方が原産の多年草。別名をグレープヒヤシンス。草丈は20cmほど。
球根種で丈夫なので、一度植えると放っておいても毎年咲きます。これは、善福寺川沿いで咲いてたのですが、誰かが植えたんでしょう。
東京での開花時期は、3月中旬〜4月中旬。
花言葉は、寛大なる愛・明るい未来・通じ合う心・失望・失意とまるで正反対の意味があるそうです。

| Minigarage | 植物(草本・ヒヤシンス科) | 17:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
 白いムスカリ

白いムスカリを見かけました。ブルー(紫?)が一般的でよく見ますが、白は初めてです。別名をグレープヒヤシンス。

| Minigarage | 植物(草本・ヒヤシンス科) | 17:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ムスカリ(グレープヒヤシンス)

ムスカリ(グレープヒヤシンス)が纏まって咲いていたので、こんな撮り方をしてみました。凄く広いような感じがするかもしれませんが、小さな花なので精々4-50cmの広さです。

こちらは、数日前に一眼レフで撮った写真。同じ場所ですが、カメラによって雰囲気が随分変わりますね。天気も違うので陽の当たり方でも雰囲気が変わります。

 

| Minigarage | 植物(草本・ヒヤシンス科) | 19:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ムスカリ

ムスカリ(別名をグレープヒヤシンス)が咲き出しました。
原産地は南西アジア・地中海沿岸で、日本では30年程前から園芸種として市場に出回るようになったとのこと。名前の通り、ヒヤシンスの仲間です。
球根種なので、一度路地植えすると放っておいても毎年咲くので、公園や民家の庭先で普通に見られます。
ボクは2012年にこの花の存在を知りまして、以来早春を感じる花として毎年観察してます。毎年3月末〜4月初めに掲載してますが、今年は少し早いようです。
接写してるので大きく感じますが、この房の高さは3cmほどと小さいです。

| Minigarage | 植物(草本・ヒヤシンス科) | 12:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ムスカリ(グレープヒヤシンス)
“サクラ以外にも咲いてる花は沢山あるよ”シリーズ。
これは ムスカリ 、別名を グレープヒヤシンス 。ユリ科でヒヤシンスの仲間。原産地は南西アジアあるいは地中海沿岸地方。
日本には30数年前ごろから市場に出回ったということなので、観賞用に人が植えたのでしょうが、球根植物なので毎年勝手に咲くので、公園や道端、民家の庭先などでよく見かけます。
| Minigarage | 植物(草本・ヒヤシンス科) | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ローマン・ヒヤシンス
東京では明日にもサクラ(ソメイヨシノ)が開花するかもしれないそうですが、今日はホント暖かで、20℃を超えたようです。それはさておき。
今朝、和田堀公園を走っていてこの花が目にとまりました。ヒヤシンスのようですが形がちと違います。写真を撮って帰宅して調べてみたら、 ローマン・ヒヤシンス という名前のようでした(たぶんです)。公園の花壇ですが、誰かが植えたんでしょう。球根が残ってて毎年勝手に咲いてるようです。
以下は、ヤサシンエンゲイからの引用です。
『ヒヤシンスにはダッチ系とローマン系があります。単にヒヤシンスというとダッチ系を指すのが一般的で、水栽培にするのもこちらの方です。主な特長は以下の通りです。
●ダッチ系…水栽培によく利用される。一本の茎にたくさんの花が付いてボリュームがあり豪華。球根は自然に分球しにくく増えにくい。
●ローマン系…一本の茎に付く花の数は少ないが、ひとつの球根から数本の花茎がでます。球根は自然分球しやすくよく増える』

ローマンヒヤシンス
| Minigarage | 植物(草本・ヒヤシンス科) | 15:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
 グレープヒヤシンス(ムスカリ)
グレープヒヤシンス

4月になると色んな花が咲き出すのですが、このムスカリもあちこちで見かけます。ただ、とても小さな花で背丈も低く(10cm-30cm)、足元に咲いているので、つい見過ごしてしまうかも。
別名(英名)をグレープヒヤシンス、葡萄に似ているからですが、この名の方が覚えやすいですね。地中海沿岸−南西アジア原産の球根植物。ユリ科でヒヤシンスの近縁種。
この写真は、2週間ほど前に鹿児島(薩摩川内)で撮りました。
| Minigarage | 植物(草本・ヒヤシンス科) | 18:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
Blog Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Contents
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
(条件指定時は、その条件内の記事一覧)
記事検索
Category
Back number
Comment
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ