そりゃあ閑話(ボク的デキゴトロジー)
【内容】このBlogを始めた当初は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。ここ数年の傾向としては、冬(秋〜春)は冬鳥を中心とした野鳥、夏(春〜秋)は昆虫と花の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターもチャンスがあれば撮ってます
【閑話】つまりは無駄話 
【効用】せいぜい暇潰し程度でしかありませんが、お付き合いいただける方はどうぞ御緩りと
 川に降りたオオタカ

オオタカの幼鳥が善福寺川に降りてました。1週間程前に見かけたのと同じ場所ですが、今春生まれたのは3羽だそうなので、同じ個体かどうかは判りません。

翼を広げてるところを撮ることが出来ました。

至近距離なのでいつものようにズームイン!

| Minigarage | 野鳥(オオタカ) | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
 オオタカの水浴び

オオタカが水浴びしてました。

1枚目は水浴び後に岸へ上がった時の写真、至近距離だったのでズームインしたのが2枚目。3枚目は水浴び中ですが、ネオ一眼だったので動きについて行けてません。
今春生まれたばかりの幼鳥です。生後3-4ヶ月でまだ親から餌を貰ってます。まだ自分で狩りをすることが出来ません。親が餌探しに出掛けてる間、川に降りてきて水浴びしてたという次第です。
今まで、様々な鳥の水浴びシーンを見てますが、オオタカは初めてです。人が沢山いる場所へ降りてくること自体驚きですが、都市公園で生まれたせいか、人には相当慣れてるようです。
最近、Jogする時はカメラを持たないのですが、今日は何か予感めいたものを感じたので、カメラを入れたデイパックを背負って出掛けたのですが、予感的中です。

| Minigarage | 野鳥(オオタカ) | 15:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
 いつものオオタカ

昨日のオオタカです。もっとも、いつもこんな姿勢で留まってるので、「いつものオオタカ」でしょうか(笑)。
昨日は、日曜日だったので沢山のカメラマンが来てるだろうと、カメラマンの数を確認しに行ったようなもの。ざっと50人は居ました。今やこの場所は「オオタカのスポット」として有名になってしまっていて、東京近郊から集まってきてるようで、見知らぬ人が大半です。

ぐっと身をかがめたと思ったら、案の定飛び立ちました。
次のカットは、下半身しか写ってませんでした。まだまだ修行が足りません。
小枝が邪魔してるのが残念ですが、これは致し方ありません。

| Minigarage | 野鳥(オオタカ) | 16:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
 オオタカ(オス・メス)

今日のオオタカ(オス)は非常に見易い場所に居ました。
今日は土曜日と言うこともあり、ボクがここへ到着した時は大勢の鳥撮りカメラマンさん達が陣取ってまして、つい今し方、今日3度目の交尾が終わったばかりということでした…(笑)。
ということで、悠然と構えていたのか…でも、子作りには少々時期が早いような気もします。普通は3月になってからで、4月頃卵を産んで抱卵というスケジュールのはず。今日のは予行演習だったのか?(笑)
メスは近くで巣作りをしてて、「くわっかっかっかっか」と鳴き声が聞こえてました。

大きな声で鳴いていたメスも姿を現しました。木の枝をバキッと折り嘴で咥えてます。樹上で巣作りをしてるようで枝を何度も運んでました。
産卵に備えて着々と準備をしてるようです。春にはまたこの場所で子育てに勤しむ姿が見られそうです。

| Minigarage | 野鳥(オオタカ) | 18:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
 オオタカ(♀)

久し振りにオオタカ。これはメス(だそうです)。
ほぼ毎日来てるようなのですが、下から見える場所に止まってくれるワケでもなし。今日も「カァッ カッカッカッ」と鳴き声は聞こえたのですが姿は見えず。
この写真は一昨日。長時間粘ってると飛び出しが撮れるかもしれないのですが、ボクには無理。なので、じっと止まってる姿を数枚撮って帰ってきました。

| Minigarage | 野鳥(オオタカ) | 19:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
 飛翔するオオタカ

いつものオオタカ観察ポイントで顔なじみの鳥撮り人と雑談してたら「飛んだー!」の声とともに“バシャバシャバシャ”というカメラの連射音。構えてなかったボクも慌ててカメラを向け追っかけました。で、何とか間に合ったのがこの1枚です。
1時間以上、じっと動かずだったらしいのですが、ボクが到着後10分ほどで飛んでくれたのはラッキー、しかも何とか捉えられたので尚ラッキーでした。オスらしいです。

飛び立つ前は、こんな感じでキョロキョロしながら、じっと佇んでました。

これは昨日。頭上を旋回してました。これもオス(若オス)らしいのですが、撮影地点が違うので同じ個体かどうかは不明。

| Minigarage | 野鳥(オオタカ) | 18:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
 今日のオオタカ

ボクのホームフィールドにはオオタカの観察ポイントが2ヶ所あります。
1ヶ所は、ヒマラヤスギがさほど高くなく距離は近いのですが、枝葉に阻まれ全身が見辛く、もう1ヶ所(ここ)は、見易い場所に留まるのですが距離が遠いという、どちらも一長一短です。
ということで、オオタカはとても身近な鳥です。

| Minigarage | 野鳥(オオタカ) | 18:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
 飛翔(旋回)するオオタカ

所沢にある某大学キャンパスの上空を飛んでいた鳥、グルグル旋回してました。顔や羽根の紋様からして、オオタカじゃないかと思います、多分ですけど…
随分高いところを飛んでいたので、こんな小さくしか撮れませんでした。もう少し低いところを飛んでくれたらもっと鮮明に撮れたんでしょうけど、撮れただけでも良しとしないと…

| Minigarage | 野鳥(オオタカ) | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
 オオタカ(♀)

1日10kmを目標として歩いてるボクが折返しにしてる場所(5km)はオオタカの撮影ポイント。
今日も何人かの鳥撮りカメラマン氏が居ました。顔見知りなので雑談に加わりました。雑談してるって事は、被写体が居ないと言うこと(笑)。暫くすると、クァカッカッカッカッカッと言う大きな鳴き声が聞こえて来て飛来しました。来た!と言う感じで皆一斉に鳴き声を頼りに移動し撮影開始。
ヒマラヤスギの中に留まっていて、小枝が邪魔して撮りづらい状況だったのが残念です。次回はもう少し見易い場所に留まって下さい。
因みにこれはメスだそうです。オスも居たようですが下から見える場所ではなく、暫くして飛び去っちゃったようです。

| Minigarage | 野鳥(オオタカ) | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
 今日のオオタカ

今日のオオタカ。いつも通りです(笑)。
この時季というますか、ここのところこのポイントに良く現れますが、何時も居るワケでもありません。今日も往きには居ませんでしたが、帰り道に通りかかったら居ました。
もう少し近くに留まってくれると有難いのですが、向こうの都合ですから…(直線距離で100m以上はあると思いますので鮮明さはイマイチなのは仕方ありません)

| Minigarage | 野鳥(オオタカ) | 14:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
 久し振りのオオタカ

久し振りのオオタカ。と言いますか、和田堀公園をしっかり歩いたのが1週間ぶり。
昨日もチョットだけ立ち寄ったのですが、カメラを持たず。そんな時に限って、エナガの群れに出会ったり、地鳴きしてるウグイスが突然目の前に現れたり…今日は殆ど空振り。ま、そんなもんです(笑)。

| Minigarage | 野鳥(オオタカ) | 18:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
 オオタカ

今日の鳥撮りはオオタカ。最近、ちょくちょく現てるという話だったので、今日はいつもの一眼ではなく、35mm換算2000mmのCOOLPIXを持って出かけたのですが、予想がぴったしカンカン! 遠くのじっと動かない被写体には滅法強いカメラです。

一度飛び去ったのですが、1分ほどしたら同じ場所へ帰ってきました。

| Minigarage | 野鳥(オオタカ) | 15:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
 久し振りのオオタカ

久し振りにオオタカ。春先に営巣して子育てしてたのとは別個体のような気がします。ハッキリ判りませんが…
この撮影ポイントは、毎年10月頃〜2月頃に時々やって来る場所です。木が非常に高く、被写体までの距離が遠いのが難点です。

| Minigarage | 野鳥(オオタカ) | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
 オオタカ

都内の某川沿いを歩いていたら、 数十メートル前の桜(まだ咲いてないサトザクラ)の木にオオタカが留まったので慌ててシャッターを切りました。肉眼でハッキリ見えるほど間近で鮮明なオオタカを見たのは初めてです。
あしのツメに羽根らしきものが付いてるので、獲物(鳥−ハトあたり?)を仕留めた後かもしれません。
残念ながらすぐに飛び立ってしまいました。

| Minigarage | 野鳥(オオタカ) | 18:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
 オオタカの交尾シーン

オオタカの交尾シーン、決定的な瞬間ってやつです(笑)。上に乗っかってるのがオス。凄い表情していますね。

オオタカが営巣してる場所へ様子を見に行ったら、メスが枝に留まってじっとしてました。オスは巣作りをしてる様子で小枝をせっせと巣に運んでました。
なので、見やすい場所にいたメスを撮ってたのですが、そこへオスが突然飛びかかってきてこのシーンにあいなったと言うワケです。
今日持ってたカメラは、NIKON COOLPIX P900。望遠は得意ですが動きのある被写体は苦手なカメラ。その割には上手くゲットすることが出来ました。動きのあるオオタカを撮ったのは初めての経験です。

メスはこんな状態でじっとオスが来るのを待ってたと言うワケか…
| Minigarage | 野鳥(オオタカ) | 19:26 | comments(1) | trackbacks(0) |
 久し振りのオオタカ

久し振りのオオタカ。
いつもの定番スポットではない場所で、正確に言えば和田堀公園の隣にある善福寺川緑地ですが、繋がってるので区別してる人はいないと思います。(管理事務所も同じだし)
そして、いつものスポットが大きな松の木、直線距離で7-80m以上?あるのに比べ、ここはヒマラヤスギ、木の直下で距離は20mほどの近さです。
ただ、細かい枝に阻まれ見辛い場所。暗くて撮影も難儀な場所です。AFでは枝被りしてピントが合わないので、マニュアル(手動でピンと合わせ)で撮りました。
鳥撮り人情報によれば、この場所で営巣してるそうです。

| Minigarage | 野鳥(オオタカ) | 17:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
 今日のオオタカ

今日のオオタカ。
今日は、こっちむいて留まってました。獲物を探してるんでしょうか。いつ見ても、鋭い目力を感じます。

| Minigarage | 野鳥(オオタカ) | 16:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
 今日のオオタカ

今日は、オオタカが居ました。背中を向けて留まってましたが、顔はこちらを向いてました。

この写真は、EOS 7D Mark供EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM で撮ってます。昨日から1.4倍のテレコンを外してるので、35mm換算640mmになります。撮影時のファインダー内では被写体が小さいのですが、この大きさにトリミングすると、Nikon COOLPICS P900(35mm換算で2000mm)で撮った時とさほど変わりません。
たぶん、35mmフルサイズの1D-Xで400mmでも変わらないでしょうし、画質は1D-Xの方が綺麗でしょう。当然一眼レフの方がピントを合わせやすいし、撮りやすいです。
因みに、テレコンを外すとその分(約300g)軽くなるので、持ち運びと撮影時の負担が随分楽になります。

参考までに、被写体までの距離は、ざっくり100m強と言ったところです。

| Minigarage | 野鳥(オオタカ) | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
 今日のオオタカ

久し振りにオオタカが居ました。和田堀公園のいつもの場所、定位置です。
今日は、EOS 80D+100-400mm×1.4靴任靴燭里如35mm換算896mmです。
画像の出来はNIKON COOLPIX P900(35mm換算2000mm)とさほど変わらない感じです。ピント合わせは一眼レフの方が遙かに楽チンですが、手持ちだと一眼レフはやっぱり重い…

| Minigarage | 野鳥(オオタカ) | 15:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
 オオタカの狩りを目撃

カワセミを撮った後の帰路、野球場に通りかかった時、上空を飛び回るオオタカに気づきました。3羽のカラスを従えて…というよりカラスに追いかけられながら。
とその瞬間、急降下し(カラスはついて行けません)、下を飛んでいたハトに襲いかかりました。もつれるように落下したように見えましたが、次の瞬間ハトが飛び去りました。狩りは失敗に終わったようです。
オオタカの狩りを生で見たのは初めてです。100m程の距離でしたので、狩りが成功してたらハトを捉えたオオタカが撮れたかも…
とすると、オオタカはいつもの場所に戻っているのか?とそのポイントへ行くと、定位置にいました。その場にいた顔なじみの鳥撮りオジサンに聞いたら、「さっき戻って来たよ」と。予想通りでした。
いつもと留まる枝が違い、邪魔になってます。こういう場合、どうしても前にある枝にピンが合ってしまうので困りものです。

| Minigarage | 野鳥(オオタカ) | 16:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
 オオタカ

久し振りに和田堀公園を歩いてきましたが、オオタカがいました。今シーズン初めてです。毎年11月頃から2月頃にかけて毎日じゃなくて時々このポイントに現れます。
猛禽類って表情です。もっとも、7-80mの距離がありますので、肉眼だと何とか存在を認識できる程度でして、さすが超望遠レンズ-2,000mm(35mm換算)です。

| Minigarage | 野鳥(オオタカ) | 16:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
 オオタカ
久しぶりにオオタカに会いました。
オオタカ
暫くしたら、カラスが寄ってきてちょっかい出してました。
1対1ならオオタカの方が強いのですが、カラスは数羽いたので、多体1だと形勢不利なのでオオタカは無視してるかのようでした。この後どうなったのか…?

オオタカ
| Minigarage | 野鳥(オオタカ) | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
 オオタカ
 昨日、Jogに出掛ける際、何か予感めいたものがあったので、カメラを抱えて(バッグに入れて背負って)出掛けました。
 予感的中で、今年初めてオオタカに遭遇しました。昨日も報告したとおり、風邪っぴき状態(喉が痛いだけ)でJogすると胸が苦しかったので、この写真を撮った後、直ぐに引き返してきました。

| Minigarage | 野鳥(オオタカ) | 11:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
 オオタカ(大鷹)
毎年、10月〜2月頃に和田堀公園で観察できるオオタカです。毎日会えるワケでもありませんが、留まる場所はいつも同じ。ボクの知る限り、いつもじっとしてます。
超望遠レンズ付き1眼レフカメラを構えた鳥撮りオヤジさん達は、飛び立つ瞬間を狙って、その時をじっと待ち続けています。

| Minigarage | 野鳥(オオタカ) | 13:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
 オオタカ

カメラを抱えて(正確には背負って)の和田堀公園Jog、今日はオオタカに遭遇しました。
飛行シーンを狙って大勢の鳥撮りおじさん達が望遠レンズをセットしてじっと待っていましたが、ボクは立ち止まって、バシャッとワンショット。じっとしてたら汗が冷えて風邪ひいてしまいますのでそそくさと。このカメラじゃ、飛行シーンは無理ですし…

| Minigarage | 野鳥(オオタカ) | 17:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
 和田堀公園のオオタカ
和田堀公園のオオタカ
和田堀公園(杉並区)にいるオオタカです。
オオタカは、タカ目タカ科の猛禽類で本来は里山ににいるのですが、東京23区内にも棲息しているというのは驚きです。1984年の調査で約400羽とされ、絶滅の恐れもあったそうですが、「希少野生動植物」に指定され保護対象となって以降、数は急速に回復し、2008年の調査では関東地方とその周辺だけでも生息数は約5800羽が確認され、今ではレッドデータブックから外されてるそうです。
和田堀公園は、緑の木々も多くあり、餌となるハトやカモなどの野鳥も沢山いますから、結構居心地はいいのかもしれません。
撮影スポットは毎年同じで、今の時期、三脚に超望遠レンズを付けたカメラの「鳥撮りオヤジ」が大勢集ってます。そんな中でボクは、手持ちのデジカメ(Canon PowerShot)ですから異質です。でもまあ、これくらいの写真が撮れれば充分でしょう。

Canon PowerShot SX50 HS(F6.5 1/160秒 ISO-250 1200mm:35mm換算)
| Minigarage | 野鳥(オオタカ) | 16:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
日捲りカレンダー
 
天気予報
ブログカレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

  

  ところで…
  


このページの先頭へ