鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。蘊蓄(うんちく)は相変わらずですが、これは性格なので…(笑) ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、料理も。身の回りの出来事も含めて、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話。役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

 早くもコガモが戻ってきました

南の越冬地へ渡り途中の夏鳥が公園で羽根を休めていますが、シベリアで夏を過ごした冬鳥も越冬のため日本へ戻る季節が始まっています。
これは、善福寺川に戻ってきたコガモ(小鴨)です。春は一番最後まで残っていて、秋に帰ってくるのは一番早いカモです。鳥友情報によれば1週間以上前に第1陣が戻ってきたようです。この場所には7羽居ましたが、まだまだ増えるでしょう。
移動にかかる時間を加味すれば、繁殖地に居るのは僅か3か月ほどでしょうか。繁殖地では忙しい時間を過ごしたのでしょうが、日本に戻ってくればのんびり過ごすことが出来るでしょう。ということで、ゆっくり伸びをして、おまけに放尿してます。😄
カモ類は今の時期、エクリプスという非繁殖羽状態で、オスの姿がメスそっくり。見分けが困難ですが、この個体はオスじゃないかと思います。間もなく繁殖羽に生え替わりだし、11月頃にはオス・メスがハッキリ区別できます。コガモのオスは目の周辺が鮮やかな緑色になります。
因みに、コガモの体長は約40cmでカルガモ(60cm)の1/3です。
(9月22日撮影)
コガモ

隣にいた別個体ですが、メスじゃないかと…(あくまで私見)
コガモ

| Minigarage | 野鳥(カモ科コガモ) | 10:10 | comments(0) | - |
 コガモ

善福寺川でコガモを見かけました。
カルガモに混じって小さなカモがいたのでアレ?って感じでした。昨年より10日ほど早いです。
コガモは春に日本を離れるのが一番遅く(5月末頃までいます)、秋にやって来るのも一番早いです。
この時期のオスの羽根はエクリプスという非繁殖羽でメスと同じように地味です。12月頃にはオスらしい綺麗な羽根に生え換わるはずです。
ちなみに、今日は4羽確認出来ました。

続きを読む >>
| Minigarage | 野鳥(カモ科コガモ) | 16:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
 コガモの水浴び

翼を広げたコガモちゃん()です。飛ぼうとしてるわけじゃなく、水浴びの最中でした。
水鳥は年中水に浸かってるのですが、時々水浴びします。

こっちはメスですが、これだと水浴だということが判ります。

| Minigarage | 野鳥(カモ科コガモ) | 17:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
 オスらしくなってきた小鴨

オスの小鴨(コガモ)です。1ヶ月程前、日本に帰っていたばかりの頃はエクリプスという非繁殖羽状態でメスとよく似た姿でしたが、随分オスらしい羽になってきました。もう1ヶ月もすると綺麗な凜々しいオスの姿になるはずです。

これがメス。区別は簡単につくようになりました。

| Minigarage | 野鳥(カモ科コガモ) | 18:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
 コガモが帰って来ました

1週間ほど前(10月12日)に撮った写真です。
善福寺川にコガモが帰って来ました。徐々に冬鳥が大陸から戻って来てますね。
コガモはカルガモと比べると随分小さくハトと同じ位(全長38cm)。カモ類では最小です。
今の時期のカモ(繁殖期が終わると)、オスはエクリプス羽と言う地味な羽根になりでメスと区別がつきづらくなります。もう暫くすると(12月頃には)繁殖羽という綺麗な羽根に生え換わります。
でもって、1枚目はオス、たぶん。2枚目はメス。嘴の色が僅かに違います。

| Minigarage | 野鳥(カモ科コガモ) | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
 コガモ

香流川は水鳥があまり居ません。今日もカルガモが少しだけでしたが、このカモがカルガモと一緒に泳いでました。
たぶん、コガモのメスです。コガモは全長38cm、ハト大です。メスがいると言うことはオスも居るはずなのですが…

| Minigarage | 野鳥(カモ科コガモ) | 18:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
 コガモ(小鴨)

一週間ほど前に今シーズン初めてコガモ(小鴨)のメスを見かけて以来姿を見なかったので、昨年常にいたポイントへ確認に行ったら、はやりいました。一週間前にみた場所は、たまたまそこにいたということだったようです。
これはオス、羽根がとても綺麗、絵画のようです。頭部はまだあまり綺麗ではないのですが、もう1ヶ月もするともっと鮮やかになる(色がが濃くなる)はずです。

| Minigarage | 野鳥(カモ科コガモ) | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
 コガモ(メス)

善福寺川にコガモが居ました。子鴨ではなく小鴨です。カルガモやマガモに比べてひとまわり小さく、ハトよりひとまわり大きいといった感じでしょうか。
オナガガモと一緒に居たので、最初はオナガのメスと思ってたのですが、「それにして小さいな、今年生まれたばかりの幼鳥かな」とも思ったのですが、よく観察したらコガモのメスでした。渡り鳥(冬鳥)で、最近大陸から戻って来たようです。オスはまだ見てませんが、近くにいるはずです。

こんな土俵入りのような姿も披露してくれました。

| Minigarage | 野鳥(カモ科コガモ) | 18:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
 コガモ

 善福寺川(武蔵野橋近く)にコガモがいました。名古屋の実家近くを流れる香流川では毎年見かけますが、善福寺川では初めてのような気がします。オス・メス合わせて8羽ほどいました。これはオスです。
 カモ目カモ科マガモ属で小さい(カワラバトより一回り大きい程度)ので名付けられたようです。渡り鳥(冬鳥)で夏にはユーラシア大陸で繁殖するそうです。
 羽根の文様が綺麗です。
| Minigarage | 野鳥(カモ科コガモ) | 18:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
 コガモ
昨日、香流川で撮ったコガモです。手前がオスで奥がメス。メスは右の翼を伸ばしてますが、その下に右足がチロっと見えるので、足で翼を掻いてるのカモ。

| Minigarage | 野鳥(カモ科コガモ) | 09:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
 コガモ(小鴨)♂
カモ目カモ科マガモ属の渡り鳥で間もなく北へ飛び立つはずです。ー 場所: 香流川ウォークコース

| Minigarage | 野鳥(カモ科コガモ) | 11:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
 香流川のコガモ

香流川の野鳥観察、最後は小鴨(コガモ)です。カモ目カモ科マガモ属。子ガモじゃなく親ガモでもコガモ。大きさはハトより少し大きいほどとカモ類では最小。なので、小型のカモという意味。
冬鳥としてユーラシア大陸から渡ってくるようです。肉はマガモ(真鴨)同様に美味しいそうです。

| Minigarage | 野鳥(カモ科コガモ) | 14:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
Blog Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Contents
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
(条件指定時は、その条件内の記事一覧)
記事検索
Category
Back number
Comment
その他・・・

   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ