そりゃあ閑話(ボク的デキゴトロジー)
【内容】このBlogを始めた当初は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。ここ数年の傾向としては、冬(秋〜春)は冬鳥を中心とした野鳥、夏(春〜秋)は昆虫と花の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターもチャンスがあれば撮ってます
【閑話】つまりは無駄話 
【効用】せいぜい暇潰し程度でしかありませんが、お付き合いいただける方はどうぞ御緩りと
 EOS 80Dの売却と、7D Mark2 の購入

1ヶ月程前に購入(買い換え)したばかりのカメラ(EOS 80D)を早くも手放し、新しいカメラを購入しました。また、性懲りもなく、ですね(笑)。
新しく購入したのは、EOS 7D Mark。どちらも、APS-C(イメージセンサーの規格)サイズで非常に似通ったカメラです。大きな違いは連続撮影速度
80Dが高速時が7枚/秒、低速時が3枚/秒なのに対し、7D Mark兇蝋眤時が10枚/秒で低速時は9枚/秒。映像モーターがデュアルになってる分7D Mark兇速いのです。1ヶ月前、80Dの7枚/秒なら問題なかろうと判断したのですが、いざ使ってみると、チョット遅いなと。メインマシンであるEOS 1DXが12枚/秒なので、カナリ遅く感じてしまうのです。
この1ヶ月間、鳥撮りに使ってたのですが、鳥の飛行中を撮ろうとするとカナリ問題があるなと感じた次第。しかも、本来の陸上競技撮影時、メインマシンの万が一に備えての役割もあるので。スポーツ(競技)撮影には、10枚/秒は最低ラインです。跳躍やハードル競技などを7枚/秒で撮ったらヌケヌケになってしまい肝心のカットがないといった状況があり得ます。

因みに、購入・売却の価格は以下の通りです。
1ヶ月前に80Dを購入した時は¥98,480-、今回の売却時は¥69,300-でしたので、差額は¥29,180-ですがキャンペーンのキャッシュバックが¥7,000-戻って来ますので、実質¥22,180-。1ヶ月前に7D Mark2 を購入してれば使うことのなかった無駄金ってことになるのでしょうか?そう考えると悔しいですが、7D M2にステップアップするための…とはやっぱり考えづらいです(笑)。
そして、今回購入した7D M2は¥121,994-でした。キャッシュバックを考慮に入れて、¥45,694-の持ち出しでした。やっぱりトホホかな…

EOS 7D Mark2

この記事の目的は、自分自身の備忘録です。カメラやレンズは何度も買い換えてますので、いつ購入していつ売却したかってのを記録しておかないと判らなくなってしまいますので…

| Minigarage | カメラ(本体) | 15:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
 EOS 1d の売却と 80D の購入

この記事は、自分自身の備忘録です。

今まで、競技用写真のバックアップ機として保有していた CANON EOS-1D Mark を売却しました。売却理由は、メインマシン(EOS-1DX)との機能差が大きすぎることでサブ機としての役目を果たしきれないこと、ここ数年発売されている中堅機の性能向上が著しく、EOS-1D Mark を遥かに凌ぐ性能を有してるということからです。
今回売却した EOS-1D Mark は2台目として2012年3月7日にソフマップで中古品を¥154,800-(税・送料込み)で購入した物、フジヤカメラで ¥50,600-でした。4年半保有し(翌年に1DX)を購入したので、出番は少なかったのですが、購入額−売却額がすこぶる良く我ながら驚いています。中古の良品として購入したのですが、殆ど使わなかったので、売却時にも良品と判断されました。
そして新規購入したのは、EOS 80D です。7D Mark兇箸匹舛蕕砲靴茲Δ犯鷯錣貿困澆泙靴燭、連写スピードは劣っても、重量の軽い方(差は約180g)を、そして価格が安く(差は約3万円)、発売時期の遅い 80D を選択しました。
このカメラは、1DXが急遽使えなくなった時のサブ機というより、鳥さんを真剣に撮る時用をメインに考えています。その場合、100-400mmのズームレンズと組み合わせて使うことになりますが、APS-Cサイズなので1.6倍、テレコン(×1.4)を付ければ、最高896mmになります。連写も7コマ/秒もあれば充分じゃないかと。ウオーキング途中に撮るのは、今まで通り NIKON COOLPIX P900(2000mm) です。

因みに、購入価格は¥98,480-(ただし、現在キャンペーン中で¥7,000-のキャッシュバックがあります)で、売却価格が¥50,600-ですから、実質負担は¥40,880-でした。

ここのところ、バタバタしてて時間がなく、買ったは良いものの、まだ開封もしてません。と言うワケで、本体がまだ入ったままの外箱の写真です(笑)。

| Minigarage | カメラ(本体) | 14:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
 カメラ・レンズの清掃

先週末の4日間、関東学生陸上(通称:関東インカレ)に 通い、後輩達を撮影してたのですが、カメラもしくはレン ズのゴミが非常に気になってました。
一眼レフはレンズ交換やテレコン(エクステンダー)を取 り付け・取り外す際にカメラとレンズの接合部から微細な ゴミが入り込んで付着してしまう可能性がありますが、こ れはレンズ交換式カメラの宿命。時々、ダストブロワーを 使ってゴミを吹き飛ばしたりするのですが、取り切れない 場合もあります。
ファインダー(撮影時ののぞき窓)側、もしくはミラーに 付いたゴミなら画像に影響ないので構わないのですが、で も気にはなります。結果的に撮影した画像には影響なかっ たのですが、ファインダーを覗いた時にゴミが見えるのは 精神衛生上良くないので、昨日キャノンのサービスセンタ ーへ機材を持ち込み清掃して貰いました。
折角(わざわざ出掛ける)ので、陸上競技(ロードレース )撮影時に使用している機材全て(カメラ2台、レンズ3本、エクステンダー)を清掃して 貰いました。専用器材があればセンサー(撮像素子部)を 自分で清掃することも出来ますがリスクもありますので、 プロに任せた方が安全です。1DXはフォーカシングスク リーンにキズが付いているというので部品交換もしました 。
交換部品代と有償・無償の作業を含めて、全部で3,07 8円。ファインダーを覗いたら、ゴミはすっかり無くなってました。さすがプロの作業です。
作業にかかった時間は約2時間。待っている間にヨドバシ カメラでカメラ用バッグ(1DX+428レンズを装着し た状態でそのまま入るバックパック)と一脚(今まで 使っていたのは機内持ち込みが出来ないサイズだったので 買い換え)を購入。しめて44,000円、ん〜チョット 高かったなぁ…奥さんには内緒にしよう。
| Minigarage | カメラ(本体) | 14:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
 Nikon COOLPIX P900

 カメラを買い換えました。今まで使っていた Canon PowerShot SX60 HS を手放して、Nikon COOLPIX P900 を買いました。
 SX60 HSは今年の1月末に買い換えたばかりだったのですが、P900の魅力に惹かれました。
 主に鳥撮り(最近は月撮り)に使っていたカメラですが、SX60 HSは光学65倍で35mm換算1365mm。P900は83倍で35mm換算2000mmと言うウルトラ望遠のネオ一眼。1365mmでも強力なのですが、2000mmというのはいったいどういう世界なのか、試してみたいと言う欲望が大きく膨らみ、行動を起こしてしまいました。
 因みに費用は、購入が69,800円で売却が20,125円なので、実質49,675円。この投資額で635mm増を手に入れたということは、1mm増あたりの費用が78円。前回(SX50⇒SX60)は、新規購入額−売却額=35,860円。この投資で1,200mmが1,365mmになったので、217円/mm。今回の方がカナリ効率が良いと言えます。
 望遠以外の基本性能はあまり変わらずですが、本体の大きさが随分違います。635mm分大きく重くなるのは仕方ありません。
 ちょっと残念なのは、P900にはホットシューが付いていないので、照準器が取り付けられないこと。売却しようと思ったのですが、2,000円と言われて止めました(2月に12,800円で購入)、P900を買い換えた時、新しいカメラに取り付けられるかもしれませんし、1眼レフになら取り付けられますので。

 Nikonのカメラは初めてなので、使いこなせるようになるまで、少し時間がかかりそうです。

| Minigarage | カメラ(本体) | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
 Canon PowerShot SX60 HS
Canon PowerShot SX60 HS
 新しいカメラを購入しました。Canon PowerShot SX60 HS です。今まで使っていた、Canon PowerShot SX50 HS の後継機として買い換えました。
 SX50 HS を購入したのが、2013年3月でしたので1年10ヶ月間使いましたが、最近は「鳥撮り」に活躍してくれました。このカメラの特色である光学50倍(35mm換算で1200mm)という“超望遠”は、鳥撮り用に開発されたのじゃないかと思うくらい優れものです。フツーのコンデジに比べれば多少携帯性は劣りますが、バッグに入れればJogする時も携帯できますし、非常に重宝してました。
 その後継機として光学65倍(35mm換算で1365mm)のSX60 HSが発売され、友人のM本さんが購入したと聞いて、こりゃもう買うしかないと。

 価格.comで今日現在の実売価格を調べると、最安価格は44,480円(税込)。ヨドバシカメラの価格は49,280円ですが、ポイント還元(ゴールドポイントカードプラスで購入すると11%還元)を考慮すると、実質的には43,860円なので、これに決めました。一旦余分に支払わなければなりませんが、ポイント分はヨドバシに預金していると考えて。
 今まで使っていた、SX50 HS はさっそくフジヤカメラで買い取りしてもらいました。価格は、8,000円。ヤフオクで粘り強く勝負すればもう少し高く売れるかもしれませんが、カメラはいつもフジヤカメラに引き取ってもらってます。新規購入額−売却額=35,860円。この投資で1,200mmが1,365mmになって、約2年間使用した機器が新品になったということですが、165mm分に価値を見いだせるような写真を撮りたいと思います。

 ちなみに、SX60 HS の外観はSX50 HSとほぼ同じ。ボタンやダイアルの配置、操作方法もほぼ同じ。望遠能力が165mm伸びた分、レンズ部が少しだけ長くなりましたが、これは比較しての話でぱっと見は、レンズ部に書かれた数字の 50× と 65× が違うことくらいです。ただ、カメラを持った時の右手のホールド感は良くなったように思います。また、これから使い込んでいくと、違いを少しずつ感じると思います。
| Minigarage | カメラ(本体) | 18:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
 デジカメ修理(IXY 620F)
IXY620F修理
 デジカメ(CANON IXY620F)が修理から戻ってきました。
 このカメラは、今年5月上旬に購入したもの。購入当初から電源が不調でした。具体的に言えば、時々電源が入らないことがあったり、“バッテリーを充電してください” というメッセージが出たりすることがありました。バッテリーが満充電の状態であってもです。バッテリーの電源onボタンを何度か押し直したり、バッテリーを旦外してから再挿入することで正常に動いたりするので、「電源接点部分の不具合、この個体はアタリ・ハズレのハズレだったな」と思いつつも、そのまま使い続けてました。
 しかし、電源の不具合はずっと続いており、このまま、保証期間が過ぎてしまうと有償での修理になってしまうので、その前にと、CANONの修理受付窓口に持ち込みました。
 新宿にある修理受付窓口で状況を伝えると、担当者氏は、「この機種は、そのような状況が出るケースが多々あり、弊社ホームページ上でもお知らせしてたのですが、ご覧にはなりませんでしたか?」と。接点部分の不良は、この個体だけの問題だけじゃなく、この機種全体の問題だったようです。
 ということで、修理のため預けた商品の修理が完了し、大分の修理センター(工場)から直送されてきました。送料はメーカー負担。CANONのHPにあるお知らせには、HP上から修理依頼をすると、宅配業者が自宅まで取りに来てくれると書いてあります。もちろん送料はメーカー負担。
 この情報を事前に掴んでいれば、わざわざ新宿の修理センターまで出向く必要はなかったようです。修理受付窓口までの交通費を負担してくれるわけもなく、情報収集は重要なんだなと改めて感じた次第です。
| Minigarage | カメラ(本体) | 08:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
 CANON EOS-1DX+400mmF2.8L IS II USM
CANON EOS-1DX
新しいカメラとレンズを買いました。CANON EOS-1DX+400mmF2.8L IS II USMというスポーツ写真を撮るためには究極のカメラとレンズです。
母校の後輩達を撮影するためにカメラの世界に足を踏み入れて以来、とうとうここまで行き着いてしまいました。

今までのカメラ遍歴を自分なりに振り返ってみます。
最初は、CAMADIA C-730 Ultra Zoomというオリンパスのデジカメ。2003年頃だったと思います。光学10倍という当時としては高性能?な倍率に惹かれて購入しました。しかし、この手のカメラではスポーツ写真を撮れないと言うことを思い知らされました。(このカメラは2004年4月4日にヤフオクで売却しています)
その後(2003年後半頃)、カメラ好きだった奥さんの父上に、CANON EOS KissDigitalを貰ったことで、本格的にカメラ(一眼レフ)の世界に足を踏み入れました。レンズは標準のEF-S18-55mm F3.5-5.6 USMだったと思いますが、すぐに物足りなくなり、タムロンAF28-300mmF/3.5-6.3XR Di LD Aspherical[IF] を購入したようです。(購入時期不明) ※KissDigitalは2005年9月9日に、タムロンAF28-300mmは2007年5月30日にヤフオクで売却済み。
次に購入したカメラは、EOS 20D。ゲットプラス(大阪)にて2005年6月24日に購入、¥146,500-(税・送料込み)とこのブログに記録してましたが、Kissの売却時期と辻褄が合います。 ※EOS 20Dは3日程前にフジヤカメラで売却しました。¥7,500という予想外に安い金額でしたが仕方なしです。
ついで、2006年頃にタムロンの望遠ズームレンズ SP AF200-500mm F5-6.3 Di LD IFを購入したようです。(定価130,000円を7-8万円でとこれも記憶なし) ※2012年3月にフジヤカメラへ27,000円で売却
その後の購入遍歴は、2008年2月に書いた防備録を参照。

と振り返ると、自分でも結構売り買いしていることを実感しました。華麗ではありませんが結構な遍歴です。徐々に深みに填って行ってることは間違いありません(笑)。
ちなみに、今回のカメラ購入で、EOS 20D ともう1台EOS-1D Mark III(2008年購入した方)を売却しました(フジヤカメラで77,000円)

ということで暫くは、カメラがCANON EOS-1DX・EOS-1D Mark III、レンズは400mmF2.8L IS II USM・EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM・EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM
という体制で臨みます。

※自分のための防備録−今回の購入価格は以下の通り(カッコ内は定価)※全て税込み
CANON EOS-1DX     528,170円:大阪セブンスターにて購入(オープン価格)
400mmF2.8L IS II USM  957,239円:PCボンバー東京にて購入 (1,312,500円)
| Minigarage | カメラ(本体) | 19:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
 Canon PowerShot SX50HS
PowerShot SX50HS
新しいカメラを購入しました。Canon PowerShot SX50HS です。
少し前から新しいカメラが欲しいなあという欲求が湧いていて、高倍率のカメラが良いなあと商品研究してまして、コンパクトデジカメでは光学50倍というのが最高だと。それがこれです。
光学50倍ズームで1200mm(35mm換算)、プログレッシブファインズームと呼ばれるデジタルズーム機能を使うと2400mmという超望遠まで高解像度で撮影することが出来るという点に惹かれて決めました。
価格は(現状では)40,000円〜50,000円程度で売られてますが、キャノンに勤めている友人(後輩くん)に相談したら、社内のアウトレットショップで34,800円だというので買って貰いました。ただし、これは「新品」ではなく、“再調整品”というカテゴリーの商品です。
“本商品はお客様が開梱もしくは短期間使用されたものを、工場で機能・性能を再調整し、出品検査に合格した製品です”ということで、メーカーの保証期間は通常品と同じ。
ここら辺の判断は個人によってですから何ともいえませんが、ボク個人的には何の問題もなし、安い方がイイと思います。

デジタル技術の進歩で(デジタル)カメラが普及し、写真は身近な物になりました。フィルム写真と違ってDPEが不要になり、撮ったその場で確認ができ、何度でも取り直しが可能。携帯電話に組み込まれたことが大きかったと思います。カメラはケータイ(スマホ)に付いてるもので、単体のカメラを買うという発想がない人も多いのではないかと思えるくらいです。カメラ付きケータイのお陰で今後コンデジが衰退するのではないかとの予想もあります。
ただ、専用のカメラというのは、それなりに道はあるワケで、そーゆー意味ではこのカメラは特徴があります。
ま、写真(撮影)好きにとっては、カメラは「おもちゃ」のようなものでして、そのカメラなりの特性を生かした写真を撮る道具として“遊べ”ます。

ということで、暫くいろいろ弄りながら使ってみて、このカメラの使い勝手を後日レポートしたいと思います。ちゅうよりも、このカメラで撮った写真をUPするってことかな…
| Minigarage | カメラ(本体) | 21:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ミノルタ α-7
昨年亡くなった義父(奥さんの父上)が持っていたカメラ−ミノルタα-7 (フィルムタイプ)を処分しました。
ミノルタα7
カメラ好きの父が昔使っていたらしいカメラですが、フィルム式なので、使っているところを見たことはありません。義父の一周忌が過ぎ、このカメラは誰も引き取り手がなく、義母も「もう捨てようか」というので、“捨てる”のは流石に勿体ないので、ボクが「処分する」とうことで引き取りました。
カメラ本体はフィルム式なので、もう使う人も少ないとは思いますが、もしかしたら、レンズだけでも欲している人もいるかもしれない(レンズならこのミノルタマウントに合うデジタルカメラもあるのでは?)と、フジヤカメラに持ち込み査定して貰いました。値段がつかなければそれはそれで仕方ないことと思ってましたが、予想外の¥11,500-という価格で引き取ってくれました。カメラ自体には目立ったキズもなく動作も全く問題なしのAB+と言う評価でした。義父は大切に使ってたんだと思います。
内訳は、カメラ本体が¥6,500-でレンズが¥5,000-。ということは、それぞで中古品として¥15,000程度で販売されるんじゃないかと思います。 そこらへんの事情(需要)が判っている中古カメラ販売店なので、その程度なら買い手があるというプロの判断でしょう。
どこの誰かは判りませんが、使ってくれる(買ってくれる)人があれば、このカメラはまだ世の中で役に立つということですから、捨てなくてよかった。¥15,500-なんて有難いこってす。
| Minigarage | カメラ(本体) | 14:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
 デジカメ壊れる

デジカメが壊れました。起動して暫くすると、写真のように「メモリーエラー」と言う表示が出て撮影できません。(SD)カードに異常はなく、カードを認識する箇所がエラーを起こしているようです。
自分の動作不良を人にせいにするなんて、性根が腐っているカメラくんですが、このカメラの動作プログラムを組んだ人(チーム?)に問題があるように思います。
そんなことを言っていてもどうしようもないのですが、このカメラ(Panasonic LUMIX DMC-TZ3)を購入したのは4年半前。今まで充分に働いてくれましたが、最近は、
Canon PowerShot A3100 IS に主役の座を奪われ、あまり出番がなかったので、もうこれでお役ご免でもいいのかなぁという感じです。
カメラ自体は問題ないようですから、修理は可能でしょうけど、修理費用を考えたら新しいカメラを買った方が良いように思います。

Panasonic LUMIX DMC-TZ3 は光学10倍ズーム、一方の Canon PowerShot A3100 IS は光学4倍ズームですから、この点は劣るのですが、それ以外の機能は上回っています。LUMIXよりもひとまわり小さくて軽く、基本性能も上々でバランスの良いカメラだと思います。2010年2月に発売された商品で生産は終わってますが、まだ在庫は流通していまして、価格.comでは7,480円でした。
ちなみに、このカメラは昨年亡くなった義父が使っていた遺品ですので大切に使っています。と言いながら、Jog中にウエストバッグに入れて持ち歩いたりしているので、過酷な使い方をしているのかも…


| Minigarage | カメラ(本体) | 13:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
 シャッターが切れない!
EOS-1D MarkIIIここ数年、写真撮影、スポーツ写真…いや某大学の陸上競技チームの撮影が殆どなのですが、結構入れ込んでいます。それは即ち、カメラ・レンズ購入(出費)に直結するのですが、このカメラは昨年の2月に買いました。
CANONの一眼レフシーリーズでは最上位に位置するモデルですので、値段もそれ相応、プロも使ってます。知人に「プロはどんなカメラでもそれなりの写真を撮るけど、下手な素人は良いカメラを使わないと良い写真は撮れない」という痛い真理を突かれて、“下手くそがまともな写真を撮るために”買ってしまいました。
使い始めて半年後(昨年9月)、シャッターを押すと [Err99 バッテリーを入れ直すか、電源を入れ直して下さい]などという現象が出ました。指示に従うと直ることもあるのですが、直らないこともあり、その場合は 写真が撮れない ワケです。それじゃ困るので、サービスセンターへ持ち込んで修理してもらいました。
その後は問題なかったのですが、先日、正月の箱根駅伝。往路のスタート前、撮影の準備していたら、再び同じ現象が出ました。
ヤバ!突然、 写真が撮れない かもしれないという 悪夢のような状態 に置かれました。何度かトライして回復できて最悪の結果は回避、何とかその場は切り抜けることが出来ました。その後、箱根町のゴールでも、翌日のスタートでも同じ状態。相変わらずErr99は出ますが、回避する方法みたいなものも判ってきました。大手町のゴールも乗り切りました。その時の写真がこれです。
ということで数日後、再びサービスセンターへ持ち込み入院させ、昨日退院してきました。前回のカルテ(修理票)を見ると、「ミラー作動機構部不具合の為、調整しました」と書いてあります。今回は「ミラー作動機構部不具合の為、部品交換の上調整しました」です。つまり、最初は調整すれば大丈夫だろうということだったのですが、ダメなので部品交換して対応。だったら、最初から部品交換してくれていれば良かったのに…
まあ、保証期間内で無料修理だから良いようなもの。部品の初期不良でしょうから、1年経過後に症状が出てたら、有償修理ですから、たまったもんじゃありません。間もなく1年経過しますから、今後は故障しないよう祈るしかありません。
| Minigarage | カメラ(本体) | 17:34 | comments(1) | trackbacks(0) |
 デジカメ Panasonic LUMIX DMC-TZ3 
Panasonic LUMIX DMC-TZ3先日、デジタルカメラ(一眼レフ)を買ったばかりなのですが、またもやデジタルカメラ(コンパクト)を買ってしまいました。殆ど衝動買いです。ただ、先日買った一眼レフとこのコンパクトタイプ(Panasonic LUMIX DMC-TZ3)は使用目的がまったく違うので…とかいう言い訳を奥さんにした次第です。
今まで使っていたコンパクトデジカメは、Panasonic LUMIX DMC-FX9で、2005年10月15日に購入したものです。得に調子が悪いというわけでもなく、使い慣れていて重宝していました。
が、たまたまパソコンショップからのDMメールをつらつら読んでいたら、今使っている機種のシリーズで随分安い値段だったので、興味を引かれたのです。安い理由は、このTZ3の後継機であるTZ5が近々発売されるからでした。当然新機種の方がスペックが高いのですが、TZ3でも、720万画素をはじめとして基本性能は充分です。ボクが一番惹かれたのは光学10倍ズームです。まっ、それ以外は他機種と似たようなもので、これが唯一最大の売りです。それでいて、型落ちになるため?¥20,800-という価格はボクには大きな魅力でして、ほぼ衝動買いしてしまったという次第です。
同じPanasonicのLUMIXシリーズですから、今までのFX9と基本的は仕様・使い方は同じですからすぐ馴染めました。本体サイズ(得にレンズ周り)が今までのFX9より一回り大きいのというが唯一の難点ですが、このタイプ、価格で光学10倍ズームは買い得だと思います。(ちなみに最新モデルのTZ5は現状の実売最安価格は¥38,000程度です)
| Minigarage | カメラ(本体) | 17:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
 キヤノン(CANON) EOS-1D Mark III
自分用の備忘録として書き残しです。
EOS-1D Mark IIIEOS-1D Mark III
EC-CURRENTにて2月28日に購入。
¥393,996-(税・送料込み)

EOS-1D Mark III 2台目を2012年3月7日に購入。ソフマップにて中古品を¥154,800-(税・送料込み)

ついでに。
EOS 20D
ゲットプラス(大阪)にて2005年6月24日に購入。
¥146,500-(税・送料込み)

キヤノン EF100-400mm F4.5-5.6LEF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
カメラ屋さんNETアパッチにて2月28日に購入。
¥180,428-(税・送料込み)
ともに現時点で価格.コムにて最安価格。
ついでに。
EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM
富士カメラにて2007年5月3日に購入(注文)。
¥237,090-(税・送料込み)
| Minigarage | カメラ(本体) | 10:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
 新しいデジカメを購入
先日動かなくなったデジカメ君(PENTAX Optio4)を新宿のメーカーサポート窓口に持って行って修理価格を見積もってもらったら、7,500〜16,000円という回答。
「うーん、微妙だなあ・・・最低料金で修理できれば良いけど、最高料金なら新品購入した方がイイですよね。」
とちょっと迷っていると、サポート窓口の人も「そうですね、16,000円ならあと少し足したら新品変えちゃいますね」と相づち。最終的な修理価格は修理してみないと判らないということだったので、ここで決断
修理はしないで新しいカメラを購入することにしました。

Panasonic LUMIX-FX9もし買うんだったらばと決めていた製品と、それが最も安い店を調べておいたので、その足で秋葉原に直行。

「買ってきましたよ〜オッケーフォ〜!」
今度は、PENTAXじゃなくて PanasonicLUMIX DMC-FX9 にしました。手振れ補正がついているので。
オープン価格ですが購入価格は、¥36,320 結局修理価格の倍以上になっちゃったけど、デジカメも安くなったものですね。この製品、600万画素ですよ。
デジカメはこれが7台目。最初はリコーの140万画素で定価が6万円以上だったと記憶している。性能はよくなり、価格は下がってというのは歓迎ですな。それから、電池の消費量が抑えられて使い勝手は格段に良くなった。
デジカメはカメラメーカー、フィルムメーカー入り乱れての激しい競争で技術の進歩が目覚ましい。ユーザーにとっては良いことです。

さあ、明日はこのカメラを持って久しぶりの魚釣りに出かけてきます。
| Minigarage | カメラ(本体) | 17:50 | comments(1) | trackbacks(0) |
 デジカメ動かず・・・困ったクン
このブログ用の写真でも活躍してくれていた愛用のデジカメ君(ペンタックスのOptioS4)が動かなくなってしまった。
今日もまた、個人的な話であるが、そもそもこのブログはボク個人の勝手プログなので。

最近、電源の調子が悪く、電池を2-3回入れ直したりするうちに元通りになっていたのだが、昨日、仕事先で使おうとしたところ、ウンともスンとも云わなくなってしまっっていた。
昨年末にストロボが発光しなくなり、その時は入院させたのだが、今回はどうしようか・・・(保証書の日付を誤魔化して無償修理してもらったが、今回はそんなわけにもいかず)修理するのにもそれ相当の費用もかかるだろうし、それだったらいっそのこと最新型の新品が欲しいところでもある。
デジカメは毎日持ち歩いているので、これが無いとなるとカバンに穴でも空いているような気分でちょいと困ったクンである。
あ〜、どうしようかな・・・ しょんぼり
| Minigarage | カメラ(本体) | 07:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
 デジカメは退院したけれど・・・
ストロボが発光しなくなり、昨年末に入院したデジカメ(PENTAX Optio)が、昨日退院しました。
その代わり(?)に、CANON EOS KissDigital が入院しました。症状は同じくストロボが発光しないため。
1月3日の初詣の時は何ともなかったのに、翌日「日曜大工」の写真を撮ろうとしたらアレ?って感じで、その時は何回かオンオフしてたら直ったんですが、その後はもうダメ。サポートに電話したら「故障のようですね」ってんで、Optioの退院を待って入院したという次第です。
CANONとPENTAXの新宿サービスセンターはどちらも新宿三井ビルにあって隣同士なので便利だったんですが・・・
  
| Minigarage | カメラ(本体) | 20:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
日捲りカレンダー
 
天気予報
ブログカレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

  

  ところで…
  


このページの先頭へ