そりゃあ閑話(ボク的デキゴトロジー)
【内容】このBlogを始めた当初は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。ここ数年の傾向としては、冬(秋〜春)は冬鳥を中心とした野鳥、夏(春〜秋)は昆虫と花の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターもチャンスがあれば撮ってます
【閑話】つまりは無駄話 
【効用】せいぜい暇潰し程度でしかありませんが、お付き合いいただける方はどうぞ御緩りと
 COOLPIX P900のレンズフードを新調

先日の皆既月蝕でも活躍してくれたボクの月撮りカメラ(P900)を三脚ごと床に落下させて、レンズフードがひん曲がってしまったことは事故直後(12月31日)に報告しました。フードがひん曲がることで衝撃を吸収し、カメラ本体は無傷であったことは不幸中の幸いでした。
カメラ本体(撮影)に問題はなかったのでそのまま使い続けてたのですが、使用時に曲がったフードを見る度に何だかなぁという気持ちになり、とうとう意を決して買い直しました。
フードがひん曲がったことでレンズフィルターとのかみ合わせが締まってしまいフィルターとフォードが外れなくなったので、フィルターも新調しました。以前に装着してたフィルターは、NIKON純正品で定価4,320円。Amazonで2,738円ですが、純正品である必要もないので、安さだけで判断してwakaという聞いたことのないブランドの商品にしました。送料込みで899円!
フードは、オリジナルのカメラアクセサリーを製造・販売している八仙堂というショップで以前と同じ商品をオーダー、送料込みで2,800円でした。

ところで、このカメラ(NIKON COOLPIX P900)にはもともとレンズフードが附属していません。24mmの広角から2000mmの超望遠までカバーする特殊なレンズなので、構造上フードが付けられないのではと思います。なので、このサードパーティ製 フードは見ての通り、余計な光の入り込み(フレアやゴースト)を防ぐというフード本来の役目は果たしてません。フード的な見てくれだけ、カッコつけだけの存在です(笑)。ただ、フォードには、レンズを守ると言う役目もあり、前回は身を挺してその役目を果たしてくれたとも言えます。

| Minigarage | カメラ(レンズ関連) | 15:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
 COOLPIX P900のレンズフードが…

ニコンのネオ一眼(COOLPIX P900)を三脚に取り付けて脚を閉じたまま椅子の上に置いていたら、「ガシャン!」という音がして、床に落ちました。
カメラの電源を入れて動作確認をしたのですが、特に問題なく安心したのですが、暫くしてレンズフードがひん曲がってることに築きました。
「アチャ〜」なのですが、レンズフードがひん曲がるほどの衝撃があったということで、フードが曲がることで衝撃を吸収し、本体は無傷であったとも言えそうです。
元々、このカメラにレンズフードは付いてないのですが、全体のバランス(見てくれ)から、サードパーティー製のフードを取り付けてました。レンズフードがあってもなくても撮影には関係が無いので、ひん曲がってても支障はないのですが、見てくれから取り付けた物なので、ひん曲がってるフードは見てくれは最悪です。
ただ、誰も気づくことはないでしょうから、暫くはこのまま使うことにします。

レンズフードを外そうとすると、レンズフィルターが一緒に外れるようになってしまいました。フードが変形してフィルターとのかみ合わせが締まってしまったようです。ま、これも大勢に影響はありません(笑)。

| Minigarage | カメラ(レンズ関連) | 15:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
 マクロレンズ

マクロレンズです。
前々から使ってみたいと思ってたのですが、先日我が家のサルスベリに尺取り虫が棲み着いてることに気づいて以来、思いが更に募り、とうとう買っちゃいました。
本当は、CANON純正が良かったのですが、高いし(9万円ほど)、使用頻度を考え、タムロンで妥協しました。
90mmの単焦点、F/2.8 です。マクロレンズですが、普通撮りも全く問題なしです。
軽いので、これを持ってのウォーキングは快適でしょうけど、そうするとヒコーキ・ヘリコプターを撮れないのが難点です(笑)。

マクロレンズ

試しに尺取り虫くんを撮ってみました。食事中でした。

| Minigarage | カメラ(レンズ関連) | 15:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
 CANON EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

CANONの望遠ズームレンズ(EF100-400mm)を買い換えました。この記事は或る意味、自身の備忘録ですが、もしかしたら誰かの役に立つかもと思いながら書いてます。
今まで使っていたのは、EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM。備忘録として書き残しておいた記事を調べたら、2008年2月28日に¥180,428-(税・送料込)で購入してました。

その後は、競技会用の主力レンズとして活躍してくれましたが、2013年にヨンニッパの単焦点レンズ( EF400mmF2.8L IS II USM )を購入したためすっかり出番が無くなりました。
2014年12月に100-400mmの後継機が発売され、評判が良いのは聞いてましたが、買い換えるだけの価値があるかな?ということで(値下がりするのも含めて)様子見してました。数日前に出雲大学駅伝でカメラ友達のKさんと話しててその話題になり、彼の言葉に心動かされて購入に踏み切りました。
それが、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMで、¥218,941-(税込)でした。

外見上はさほど違いはないのですが、前者は1998年の発売で、16年経過して発売された後継機ですから様々な点で違いがあって当然です。ただ、買ったばかりでまだ使いこなしてないので、その違いはまだよく判りません。これから徐々に感じるんだと思います。期待は、鳥撮りなどスポーツ(陸上)以外での活躍です。
因みに、今まで使っていたEF100-400mm F4.5-5.6L IS USMは、フジヤカメラで売却(¥33,000-)しました。カナリ使い込んおり精々¥20,000-位かなと思っていたので上々です。

| Minigarage | カメラ(レンズ関連) | 14:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
 レンズフードが入っていた袋

 今日届いたレンズフードが入っていた袋ですが、これ中々感じ良いです。予備バッテリーとか小物入れに重宝しそうで「いいね!」です。
| Minigarage | カメラ(レンズ関連) | 18:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
 COOLPIX P900 のレンズフード

Nikon COOLPIX P900 の周辺機器(アクセサリー類)を着々と購入しているのですが、今日は「レンズフード」です。
このカメラには、専用(メーカー純正)のフードがありません。35mm換算で24mm-2000mmというズームなので、フードは24mmに合わる必要があります。望遠に合わせたフードで広角にするとケラレが発生します。24mmに合わせたフードだと、24mm以外だと効果がなくなり付ける意味が薄れるので、レンズの設計上、フードは必要ないと言うのがメーカー判断なのかもしれません。
でも、フードが付いていないと何となく締まりがないので、汎用のフードを探しました。
Web上の口コミなども参考にして、今日届いたのがこれです。八仙堂という名古屋にあるカメラアクセサリー製造・販売メーカー(店?)製の「高級広角レンズ用フード ねじ込み式」です。
24mmという広角で撮るより、望遠で撮る方が遙かに多い(殆ど)なので、フードの役目は殆どありませんが、全体のフォルムに締まりが出たように・・・思いませんか?
価格は税込2,500円(+送料300円)でした。
このフードはレンズフィルターやレンズキャップを同時に装着することができます。

実は、最初(1週間程前)に購入したフードは、このKenkoマルチレンズフードでした。
ラバー製で広角にも望遠にも対応でき、1,000円と安かったのですが、ボテッとしていて締まりがないのと、レンズキャップを填められなくなるという欠点がありました。
| Minigarage | カメラ(レンズ関連) | 16:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
 レンズフード

 これは、CANON EF400mm F2.8L IS USM のレンズフードです。レンズ自体もバズーカみたいにデカイのでフードもメチャデカです。左上にあるつまみを回してレンズに着脱・固定するのですが、つまみの調子が悪くなった(回しても外れない)ので、修理して貰いました。
 原因は、つまみの中にあるフードシャフトが破損していたからなのですが、その部品交換で、3,785円もかかりました。しかも、預けに行き、引き取りに行く手間を加えたら、結構厄介でした。
 最初は、壊れたらフードを新しく買えばいいやと簡単に考えていたのですが、価格を調べたら、「希望小売価格」は何と7万円!もするというのでぶっ飛びました。ヨドバシカメラでも、48,710円でした。こんな寸胴がですよ。材料費は1,000円もしないでしょ。
 ま、特殊な専用部品なので、価格設定はメーカーの勝手でしょうけど、ハッキシ言ってユーザーの足元見てますね。サードパーティからの互換製品も出ていないので、これ買うしかないですもん。
 ちなみに、サービスセンターの担当者氏と話してたら、「私も正直申し上げて高いと思います」と本音を聞かせてくれました。

 それから、ついでにカメラ本体(1DX)内部のセンサー(撮像素子部)清掃をして貰いました。これは、税込1,080円でした。
| Minigarage | カメラ(レンズ関連) | 12:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
 EXTENDER EF1.4× を買い換えました
EXTENDER EF1.4×III
テレコンを買い換えました。テレコンバーターを付けると、レンズの焦点距離を伸ばすことが出来ます。1.4×は焦点距離が1.4倍になります。
今まで使っていたのは、Extender EF1.4× で、今回購入したのは、Extender EF1.4×です。違いは、なんですが、具体的に何が違うのかは…よく判りません。
キャノンが販売しているテレコンは1.4×・2.0×とも機Ν供Ν靴搬綢悗錣蠅靴討泙靴董型名を変えるくらいですから、何かしら違いはあるはずです。
価格.COMのクチコミには、「画面が隅の方まで良くなったと思いますが、一番の違いはAFの速度ではないでしょうか」などという書込みがありました。他にも「最新の祁燭鮖箸辰討い詈が精神衛生上は良いかもしれませんね。純正のエクステンダーは、中古でもそこそこの下取り額が期待出来ますからいいかも」という書込みもありまして、ボクの買い換え動機はこれでした。
最初に兇鮃愼したのは2008年。EF100-400mmというレンズの購入後です。1.4倍のテレコンを使用すると、100-400mmが140-560mmになります。F値が1段階落ちるのですが、それを差し引いても重宝してました。使用していたカメラが1D Mark靴任靴燭里如∋A素子がフルサイズよりも若干小さく実際には1.3倍、100-400mmが130mm-520mmになり、1.4倍のテレコンを噛ませると、182-728mmという高倍率で撮影できました。
2010年末に祁燭発売されていたようですが、それに気がついたのはつい最近。先月、カメラとレンズを購入(1DXと400mmF2.8)したついでに、テレコンも買い換えた次第。
前述のクチコミにもあるように、今まで使っていた兇浪室茲蠅箸いΨ舛杷笋辰疹紊任旅愼しましたが、フジヤカメラで、42,120円(靴旅愼価格)−16,460円(兇稜箋儔然)=25,660円でした。
兇4万円程度で購入(正確な記録がないので)し、5年間使用したにもかかわらず40%の価格で下取りしてくれたのは上々です。丁寧に使ってたつもりで、キズなども殆どないはずで、AB+という評価でした。
まだ使用してないので違いは判りませんが、ボディーの素材が変わり、少し重くなったようです。ずっしりした質感はイイ感じです。性能は悪くなってるはずがありませんし、25,660円で新品に交換してもらえたと考えれば満足です。

ちなみに、引き取った後の販売価格を尋ねたら、22,000円程度とのこと。ということは、ヤフオクに出せばその程度で売れたかもですが、最近はそれが面倒で、フジヤカメラ1本ですが、カメラ・レンズは中古の流通が盛んなんですねぇ。

| Minigarage | カメラ(レンズ関連) | 17:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
 久しぶりにレンズを購入

久しぶりに一眼レフ用のレンズを購入しました。タムロンの SP AF17-50mm F/2.8 XR Dill VC です。
随分前(記録がなく曖昧な記憶によれば、2006年頃だと思います)にタムロンの望遠ズームレンズ SP AF200-500mm F5-6.3 Di LD IFを購入した(定価130,000円を7-8万円でとこれも記憶なし)のですが、その後CANON純正の EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM というレンズ(希望小売価格:税込273,000円)を買ってしまったものだから、以後すっかり出番がなくなり、ずっと防湿庫の中で眠っていました。
数日前にフジヤカメラ(中野駅前)のページを見ていたら、このレンズは27,000円で買い取ってくれると書いてあったので、眠らせておくより誰かに使って貰った方がよかんべということで、売ることにしたのです。
ただ、写真のカメラ(EOS 1-D Mark)用の短いズームレンズを持ってなかったので、この際ということで、望遠ズームを売った代わりに買ってしまいました。その場合、買い取り価格も10%上乗せしてくれるということもありまして。ちなみに、この17-50mmは定価70,000円で、フジヤカメラの販売価格は33,200円、200-500mmの買い取り価格が29,700円なので、実質出費は3,500円。これで新しいレンズが手に入ったと考えれば満足です。

| Minigarage | カメラ(レンズ関連) | 14:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
日捲りカレンダー
 
天気予報
ブログカレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

  

  ところで…
  


このページの先頭へ