そりゃあ閑話(ボク的デキゴトロジー)
【内容】このBlogを始めた当初は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。ここ数年の傾向としては、冬(秋〜春)は冬鳥を中心とした野鳥、夏(春〜秋)は昆虫と花の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターもチャンスがあれば撮ってます
【閑話】つまりは無駄話 
【効用】せいぜい暇潰し程度でしかありませんが、お付き合いいただける方はどうぞ御緩りと
 第87回日本学生選手権400m決勝

先週行われた、日本学生陸上競技対校選手権(通称:全カレ)の中からピックアップした1枚。

男子400m決勝のゴール直前です。左が優勝したウォルシュ・ジュリアン・ジャミイくん(東洋大学4年)で45秒75の大会タイ記録でした。彼は現在の400mで日本の第一人者、一昨年のリオ五輪にも出場し、先日のアジア大会では45秒89で5位でした。
右は0秒04及ばず惜しくも2位に終わった伊東利来也くん(2年)、45秒79は自己新記録です。
伊東君は高校時代のベストが47秒33で昨年(大学1年)は47秒27。今年は春先から好調で、シーズン初戦の東京6大学対校(4月7日)で47秒14の自己新。5月6日には大阪で46秒09と1秒以上も記録を伸ばし、5月末の関東インカレで3位入賞。6月の日本選手権でも3位に入など絶好調。
そして、今大会では予選で45秒86、決勝では更に記録を更新しての2位でした。
45秒71の早稲田記録更新も視界に入ってきました。まだ2年生ですので、更なる飛躍に期待しましょう。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 19:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
 中村清監督の墓参り

一昨日、大学時代の部活(競走部)同期会があったことは、昨日の記念Tシャツの記事で報告済みですが、同期会の前に、皆で監督の墓参りに行ってきました。
中村清…もう伝説になりつつある人ですが、ボクらが1年の秋に競走部監督に就任(復帰)されました。1913年(大正2年)生まれですから、当時63歳。もっとお爺ちゃんだったような印象がありますが、意外に若かった…というより自分が歳とったつーことかも。
学生時代は「監督」、裏では「ぴーさん」とも呼んでましたが、卒業時には「先生」になってました。
ボクらの卒業とともに(瀬古の就職とともに?)エスビー食品の監督も兼任されるようになりました。
1985年(昭和60年)5月、71歳の若さでお亡くなりになりました。今年は生誕105年、没後33年です。
因みに、お墓は青山霊園にあります。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 15:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
 フクちゃんTシャツ

昨日、大学の部活(競走部)仲間での「還暦同期会」があったのですが、その記念にTシャツを作りました。
デザインは、我々が学生時代に使っていたチームTシャツの復刻版です。チームの公式Tシャツ(だったと思う)で仲間内では「フクちゃんTシャツ」と呼んでました。イラストの作者(横山隆一)には了解を得ていたと聞いています。今回も承認を貰ってます。
class of 1980 と言うのはオリジナルには無かったのですが、今回は1980年卒業の同期会と言うことで加えました。

ちなみに、フクちゃんと早稲田に関してなのですが、「横山隆一記念まんが館」のフクちゃん裏話によると、『フクちゃんの大学帽が早稲田の制帽に似ていたことから、早慶戦の応援マスコットとして長い間使われるようになった。無断使用であったが、隆一は「早稲田の杜だけは著作権なしの治外法権」と容認。その縁から、隆一は1999(平成11)年3月早稲田大学芸術功労者となり、フクちゃんとともに早稲田大学を卒業した』ということだそうです。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 16:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
 第97回関東学生陸上競技対校選手権

先月末に行われた関東学生選手権(通称:関カレ)。4日間で3,000枚ほどの写真を撮りました。(モチロン母校の後輩達のみです)
その中からのピックアップ作業が漸く一段落し、競走部HP(写真館)で340枚ほどを公開しました。(手分けして撮った写真がまだ入手出来ていないので暫定版です)
ご笑覧いただければ幸甚です。
http://www.waseda-ac.org/

この写真は、ハーフマラソンで5位に入賞した真柄光佑くん(3年)です。インターハイの出場経験もない、一般入試(正確にはセンター試験利用)のいわゆる「叩き上げ組」です。エンジのユニフォームを着たのも初めて(臙脂のユニフォームは対校戦などしか着ることが出来ません)。
気温27℃という高温の中、集団の最後尾に位置取りし、体力を温存。「最後の3劼妊據璽垢鮠紊欧襦廚箸いΕ譟璽好廛薀鵑ぴたりと決まった会心のレースでした。しかも自己新記録!
本人はモチロン、彼を起用した監督・コーチにも「天晴れ!」です。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
 第101回日本選手権・リレー競技会4×400mR

今日、日産スタジアムで行われた日本選手権リレー競技会の男子4×400mR−フィニッシュです。
この種目、6連覇に挑んだのですが、東洋大に1/100秒及ばずの2位で連覇は5つでストップしてしまいました。残念ですが、結果は結果。仕方ありません。来年からの巻き返しに期待しましょう。
ちなみに、オーダーは伊東利来也(1年)・徳山 黎(4年)・村木渉真(1年)・加藤修也(4年)で、タイムは3分07秒12 でした。
映像は、
https://www.youtube.com/watch?time_continue=210&v=Dcp3fefDpfU
でご覧下さい。負けたのは残念至極ですが面白いレースでした。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
 第29回出雲全日本大学選抜駅伝

第29回出雲大学駅伝のスタート風景です。出雲大社正面の大鳥居下がスタート地点。TV中継されてたので観た人も多いのでは?

優勝した東海大学のゴールです。青山学院大学の3連覇を阻止しました。更には2年連続の大学駅伝三冠も阻止。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 18:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
 第93回早慶対抗陸上競技会

第93回早慶対抗陸上競技会が行われました。台風直撃は免れましたが、雨中の競技会となってしまいました。カメラ・レンズを濡らさないよう万全の体制で臨んだのですが、自身のカラダはずぶ濡れ…(笑) 
写真は対抗100mです。

ところで、今大会のゼッケン(ナンバーカード)は名前表示でした。最近の流行りです。背中は番号表示ですが、誰も見ないし付けるのは無駄だと思いますが、一応ルールなので仕方なし。
トラック競技は写真判定するので、ゴールライン上カメラで判別できるよう腰番号さえ付けてりゃ、競技運営上は問題ありません。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
 第48回全日本大学駅伝

大学3大駅伝の第2戦、第48回全日本大学駅伝対校選手権を撮影してきました。これはスタート後1.7km付近(名古屋氏南区明治一丁目)、まだ集団状態です。
この後、先回りと併走でゴールの伊勢神宮まで追っかけました。全8区間撮影に挑みましたが、3区だけ間に合わず撮り逃がしました。
昨年は4区を撮り逃してまして、全区間制覇できたのは1度だけ。結構難しいのです。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 20:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
 第100回日本陸上競技選手権・リレー競技会(4×400mR)

4×400mR(通称:マイルリレー)決勝の3走・石田裕介くん(3年)から4走・加藤修也くん(3年)へのバトンパス、この時点で優勝を確信しました。

アンカー(4走)、ラスト50m付近です。


早稲田大学は5連覇を達成しました。これは凄いと思います。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 18:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
 第100回日本陸上競技選手権・リレー競技会(4×100mR)

4×100mR(通称:ヨンケイ)決勝。早稲田大学2走・須田くんから3走・橋元くんへのバトンパス、これぞリレーという写真です。
早稲田は惜しくも3位でした。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 18:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
 関東インカレ800m決勝
関東インカレ800m決勝のゴールシーンです。
積極的レースで中盤に大量リードを奪った西久保達也くん(1年)ですが、レース終盤に日大の三武君(4年)の猛追を受け抜かれたかとも思いましたが、ほぼ同時にフィニッシュ。写真判定の結果、同タイム(着差あり)での優勝でした。
この写真を見る限り、三武君の足が前に出ているようにも思えますが、陸上競技の判定はトルソー(首および四肢を除く胴体)ですので胸の差だったのでしょう。
| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 13:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
 関東インカレ・ハーフマラソン
関東インカレのハーフマラソンのゴールシーンです。
左は2年連続2位入賞の井戸浩貴くん、右が7位入賞の佐藤淳くん、ともに4年生です。彼らは「スポーツ推薦」ではなく一般入試、自力で入学試験を突破して入学してきた選手です。
早稲田の推薦枠は他大に比べて非常に少なく、一般入試選手の活躍が箱根のカギを握ります。
| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 13:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ハンマー投
今日も関東インカレの写真を整理しています。
ということで、これはハンマー投、投げ放った瞬間です。
昨年自己記録を更新して7位入賞した中川雄太くん(4年)ですが、今年は残念ながら昨年の記録に及ばず9位に終わってしまいました。秋の日本インカレに期待しますが、彼が卒業すると当分ハンマー投を撮ることはなさそうです。
| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 17:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
 第95回関東インカレ110mH決勝
相変わらず、関東インカレの写真を整理中です。
男子110mH決勝の最終ハードル(10台目)を越えることろと、フィニッシュ。
明治の高山峻野選手(4年)が13秒75で優勝、早稲田の古谷拓夢選手(2年)は2位(13秒80)、法政の金井大旺選手も同着(タイム差無)でした。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 11:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
 関東インカレ・マイルリレー(4×400mR)
4日間開催の関東インカレが昨日終了しました。
4日連続は流石に疲れました。ま、一番大変なのは選手でしょうけど、サポートにあたる部員やコーチ・監督のみならず、運営する関東学連の役員、神奈川陸協の方々、関係者の皆さんお疲れ様でした。(というのが正直な心境です)
前半戦は不調だったW勢ですが、最終日は爆発し1日で50点を獲得。合計70.5点で総合4位。得点は全てトラック種目で、トラック優勝を勝ち取りました。(フィールド種目で得点できないのは問題なのですが…)
女子も、最終日は21点を加算し、合計34点で9位でした。女子部員は18人ですが、半数はマネージャ・トレーナーなので実質9人での34点は、一人平均は男子を上回ります。
それはさておき、最終日の1枚はやはり最終種目で優勝したマイル(4×400m)リレーでしょう。「終わりよければ全て良し」とも言いますが、アンカー中野君(4年)の冷静なレース展開が勝利に結びついたと言えます。因みに、中野君は400mH でも優勝し、部内MVPに選ばれました。
| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 15:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
 関東インカレ女子10000mW

関東インカレ2日目が終わりました。
今日の1枚は、女子10000mW。1年生の溝口友己歩さんが優勝しました。スタート直後から先頭に立つ積極的レースで中盤以降、2位以下を大きく引き離し独走(独歩?)、完勝でした。
こりゃ、4連覇もあるかも…
因みに彼女は、昨年のインターハイ5000mWのチャンピオンです。

(写真は序盤400m通過時です)

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 20:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
 400奪螢譟
今日から『関東学生陸上競技対校選手権』(通称:関東インカレ、関カレ)が4日間の日程で開かれています。
今日の1枚は、 男子4×100mR(通称:ヨンケイ)予選 、2走(須田くん君4年)から3走(眛發ん1年)へのバトンパスです。
この種目、「2組3着+2」で予選が行われました。我がチームは4着でしたが+3で拾われて予選を通過。プラスの2番目がWとKで、同タイム。1/1000秒まで同じで差がつかず2校とも決勝進出。決勝は9チームで行われます。(日産スタジアムのトラックは9レーンあるので)
このラッキーを生かして更に上位を狙ってくれ!
| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 20:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
 出雲駅伝後の記録会
今日、第27回出雲駅伝(正式には、出雲全日本大学選抜駅伝)が行われましたが、駅伝終了後に5000m記録会が行われました。
駅伝は8人エントリーで6区間なので各チーム2人は出場機会がありません。その彼らを対象にした記録会です。
ところで、選手達は胸ゼッケンを付けていません。記録は写真判定ですので腰ゼッケンは付けていますが、競技会としては珍しいかも。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
 第84回日本学生陸上競技対校選手権−男子ハンマー投
自己新記録の60m48を投げるも9位。ん〜惜しい、中川雄太くん(3年)でした。
ハンマー投は回転して投げるため、この角度で投げ放たれたハンマーは前に飛んでいくのですが、リリースの瞬間は結構難しいような気がします。ま、練習してるんでしょうけど…

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 18:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
 第84回日本学生陸上競技対校選手権−男子4×100mリレー
 竹吉(3年)-須田(3年)-橋元(3年)-徳山(2年)と繋いだ早稲田は39秒52で3位でした。
 3走から4走へのバトンパスですが、これぞリレーというカットです。大学対校戦でのリレー種目は応援にも熱が入り盛り上がる面白い種目です。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
 第84回日本学生陸上競技対校選手権−女子走高跳
 第84回日本学生陸上競技対校選手権(大阪・長居競技場)の1日目、女子走高跳で1年生の仲野春花さんが2位入賞!
 1m76の同記録が4人でしたが、試技数の関係で2位でした。これは、その1m76を3回目に越えた時の写真、非常に良い跳躍で余裕を持ってクリアでした。
| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 18:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
 第99回日本陸上選手権110mH決勝

 先週末に、新潟で行われた「第99回日本陸上競技選手権」で撮影した写真を整理中なのですが、W 的に一番の写真はこれかなぁと。
 男子110mH決勝のゴールシーンです。左から、6レーン:能登谷 雄太(ニューモード陸上クラブ)13秒87、5レーン:古谷 拓夢(早大1年)13秒81、4レーン:高山 峻野(明大2年):13秒81でした。
 レース直後のリプレー映像を見てたら、古谷くんが勝ったかなとも思えたのですが、同タイムの着差ありで惜しくも2位でした。最終ハードル(10台目)を越えた時点では明らかに遅れていたので、良く追い込んだともいえます。
 彼は昨年、相洋高校(神奈川)3年時に13秒83の日本高校記録・日本ジュニア記録を樹立た、いわゆる「スーパールーキー」なのですが、この大会の予選で13秒79で走り、日本ジュニア記録を更新しました。彼は来年までジュニアの有資格者なので、どこまで記録を伸ばすかが楽しみです。ー 場所: デンカビッグスワンスタジアム
| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 17:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
 出雲大学駅伝開会式での選手宣誓



昨年度優勝校、早稲田大学の三田裕介くんによる選手宣誓です。本人には失礼ですが、予想外の上出来でした。チームメイト等によると、朝からずっ〜と宣誓の練習してたそうです。
YouTube にUPされてましたので、リンクしておきます。
| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 11:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
 日本学生陸上
9月9日から今日まで、日本学生陸上が行われています。場所は熊本のKKWINGという競技場。熊本空港の近くにあります。先日行われた世界陸上(韓国・大邱)に比べると競技レベルは劣りますが、学生チャンピオンを目指しての戦いは熱く、面白さは劣らないと思うのですが…
写真は、昨日(2日目)の最終種目、5000m決勝。スタート直後です。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 07:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
 70年ぶりの総合優勝
先週も書いた話題ですが、2週に渡り4日間行われていた関東学生陸上選手権(通称:関東インカレ)が終わりました。
本来個人戦である陸上競技ですが、駅伝はチーム対校レース、この関東インカレも個人種目の結果(入賞順位を)を得点換算しての学校対校競技です。男子の場合、1部校(16校)と2部校(約100校)に分かれ得点争い(順位争い)を繰り広げます。(と先週書きました)

今年の結果は、1部校は我が母校である早稲田大学が119点を獲得し、70年ぶり18回目の総合優勝を果たしました。70年前とは昭和16年(第23回大会)、第2次世界大戦に日本が参戦、真珠湾攻撃をした年です。遙か遙か昔の話です。
OB会名簿によりますと、現在ご存命の最長老は昭和17年(3月)卒業ですから、この方々が4年生の時。優勝時に在席(4〜1年)していたであろう方でご存命の方は、わずか8人のみです。卒業後70年てことは、90歳超えてるんだもんね。生きてるだけで凄いです。

今回が18回目の優勝ということですが、違う角度からみると、23回大会までに17回も優勝していたと言うこと。優勝率74%、4回に3回は優勝ですから凄い高率です。調べてみたら、第7回(大正14年)〜19回(昭和12年)は13連勝してました。強かったんだなぁ・・・「無敵の黄金時代」だったわけですね。

昨年は箱根駅伝を含めた大学駅伝三冠を達成し、今年は関東インカレ優勝、次は秋に行われる全日本インカレでの優勝! ・・・したら良いんだけど、昨年は46年ぶりの総合2位だったので、もしかしたらなんてね。

優勝争いとともに毎年気になるのは、1部校と2部校の入替対象校。(1部の下位2校と2部の上位2校が入替対象校)
今年1部から降格が決まってしまったのは、15位の国際武道大と16位の大東文化大。2部からの昇格は、1位の上武大と2位の東京学芸大でした。ちなみに昨年降格したのは平成国際大と上武大、昇格は日体大と大東文化大。
大東大と上武大は1年毎に上がったり下がったり。つまり、2部で優勝争いを勝ち抜いても1部に入ると殆ど得点できずに最下位に甘んじる、というほど1部校と2部校には差があるということです。今年昇格した上武大と東京学芸大も来年は厳しい戦いになるのは間違いありません。
ところで、大会前に集団食中毒が発生した明治大学。前半戦は欠場者が多くて0点で折り返しましたが、最終日に踏ん張り、800mと5000mで3位と4位に入賞し合計11点を獲得し14位に浮上し、きわどく降格を免れました。関係者はホッとしていることでしょう。
| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 17:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スーパー陸上2010
スーパー陸上2010-棒高跳
昨日、川崎市の等々力競技場でスーパー陸上が行われました。
一昨年の大会では、北京オリンピックで大活躍したボルトが来日し、この大会に姿を見せ(レースには出場せず)て、「スーパースターの登場」にまさしく「スーパー陸上」でした。でも今年はさしたる目玉選手も見当たらず、しかし大会名は「スーパー陸上」です。
陸上競技には珍しくテレビ中継(LIVE)も行われてました。もっとも、これは(世界陸上を放映する)TBSが日本陸連との付き合い上放映している、といった感じもあります。なぜなら、この大会はもとを辿ると「日刊ナイター陸上」(日刊スポーツ新聞社主催)へ行き着きます。その後、「国際スーパー陸上競技大会」になり、冠スポンサーが付いた大会(長らくTOTOスーパー陸上)として、系列のテレビ朝日が放映してました。それがいつの間にか(冠スポンサーもなくなって)TBSが放映するようになったのは、世界陸上との関係だと思うのです。
今年はオリンピックも世界陸上もなく、陸上競技は谷間の年。スーパースターも参加しないスーパー陸上で、観客の入りもイマイチという感じがしました。

ということで、写真は棒高跳びで優勝した笹瀬弘樹選手(早大)が5m50をクリアした跳躍です。彼が5m50をクリアしたのはこれで5回目(のはず)。そのうち3回を見ていますが、その中では一番余裕を持って越えた跳躍だったように思います。
| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
 早慶対抗陸上
110mハードル昨日、早慶対抗陸上競技会なる大会が行われました。陸上の早慶戦です。
早慶戦と言えば、野球がイメージされるかもしれませんが、ラグビーでもサッカーでも、殆どのスポーツ種目早慶対校戦が行われているはずです。(陸上の場合はなぜか対抗です)
今年で85回目、第1回大会は大正12年ですから、大昔から行われている伝統のある大会と言えます。
2校による対抗戦ですから、個々の種目の結果を合計してどっちの学校が勝つかを争います。具体的には10種目(トラック5種目−100m、400m、1500m、110mH、800mリレー、フィールド5種目−走幅跳、走高跳、棒高跳、円盤投、槍投げ)に各校3人ずつが出場し、1位3点・2位2点・3位1点の得点を合計します。(リレーは1位のみ3点)
通算成績は早稲田の66勝16敗(2ノーゲーム)。今年は36点対21点で早稲田の勝ちでした。

その中の一種目である110mハードルの写真を見ていて面白いことに気づきました。3レーンのハードルは全部倒れています。本来、ハードルは越えるものですが、ルール上は倒しても構いません。ただ…倒すと言うことはハードルを倒すことにもエネルギーが使われているので前に進むエネルギーをロスしているような気がします。それに軽く接触したくらいでは倒れないように出来ているので、倒れるくらいの接触、いや衝突は結構痛いんじゃないかと思います。
まあ、ワザと倒すように走っているんじゃなくて、結果として倒れちゃったんだと思いますが、全部倒すのは意外に難しいんじゃないかな?
| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 19:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
 棒高跳
先週末、日本学生陸上という大会が行われてて、3日間ずっと通っていたためBlog更新が滞ってしまいました。
某大学の応援をしながら写真を撮りまくってましたが、いろんな種目が行われる陸上競技の中で撮影が難しいのは棒高跳です。動きが激しいので、ボクのような素人カメラマンにとってクリアランスの瞬間を捉えるのはとても大変なのです。オートフォーカスにしていてもピント合わせが追いつかなかったりしますし。
棒高跳
今回、写真撮影の師匠から、ピント合わせをオートではなくマニュアルで撮る技を教えて貰ったので試してみました。この写真は、そのうちの一枚なのですが、自分的には結構満足しています。
| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
 関東学生陸上(関東インカレ)
関東インカレ10000m
2日ほど更新をお休みしていました。理由(言い訳)は、関東学生陸上(通称:関東インカレ)の観戦(というか写真撮影)に行っていたためです。
この写真は、男子1万メートル決勝です。前からメクボ・モグス(山学大)、竹澤健介(早大)、伊達秀晃(東海大)、高橋優太(城西大)、小野裕幸(順天大)ら皆箱根駅伝で活躍する選手です。
箱根駅伝は正月の2日間全国ネットで生中継され高視聴率をあげるイベントで知らない人はいないと思いますが、この関東インカレを知っている人は少ないと思います。走る選手は同じなのに…
会場(国立競技場)の観客席は出場している各大学の陸上部員やコーチ監督ら関係者ばかり、純粋な観客は数えるほどです。箱根駅伝だけではなく、駅伝・マラソンは人気があるのに陸上競技の人気のなさは悲しい限りです。今年の夏は大阪で世界陸上があるっていうのにね。どれだけスタンドが埋まるか心配です。(ってボクが心配する話じゃないけど)

ところで、この人気のない大会はなぜか テレビ放映 があります。地上波は5月25日(金)26:00〜27:30(日本テレビ)、SC(スカパー)は6月2日(土)18:15〜19:45(G+)。ただでさえ視聴率が取れないことは判っているのに、しかも殆どの人が寝ている時間帯に放映するのは、箱根駅伝を中継している日本テレビが主催者(どちらも同じ関東学生陸上競技連盟)への義理立てでってことでしょう、たぶん。
| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 19:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
 第83回箱根駅伝の応援
正月はやっぱ、箱根駅伝ですね。
竹澤 健介昨日の復路、6-7区をTV観戦した後、を見に行ってきました。
保土ヶ谷駅前で9区の選手を応援しようとしていたら、大学の選手達に遭遇しました。
初日の往路2区で区間賞を獲得した竹澤健介くんとその後ろにいるのは、山下り(6区)を走り終わったばかりの加藤創大くんです。彼らは走った後、仲間の応援をしていたのです。加藤くんは、足の筋肉疲労とるため氷でアイシングをしながら声を張り上げていました。
| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 11:08 | comments(3) | trackbacks(0) |
日捲りカレンダー
 
天気予報
ブログカレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

  

  ところで…
  


このページの先頭へ