鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、身の回りの出来事も、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話、役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

 早慶対抗陸上競技会の800mRで日本新記録

昨日行われた早慶陸上、陸上競技の早慶戦。正式には「第95回早慶対抗陸上競技会」という伝統の一戦です。最近は1年おきに自校のグランドで行われてまして、今年は慶応義塾大学日吉競技場が会場でした。
ちなみに、ボクが4年生の時は国立競技場(今はなき国立霞ヶ丘陸上競技場)で有料で行われました。(入場料が幾らだったのかまでは記憶にありません)

それはさておき、写真は最終種目4×200mR(通称:八継-ハチケイ)のフィニッシュです。1位の早大の記録は1分21秒91、日本新記録でした。
昔は一般的な種目だったので、この大会では第1回大会からずっと採用されてきたのですが、今では殆ど行われることにないレアな種目。ボクの中学時代は、男子がハチケイだった(女子は四継?)のでよく走った記憶があります。
ここ20年間ほどは早慶戦で早稲田が5回日本記録を更新しています。今回は2014年以来の記録更新でした。ではこの記録、レベルが低いのかというと、今年5月に横浜で行われたIAAF世界リレー選手権の日本代表チームは決勝で5位だったのですが、記録は1分22秒67でしたので、そんなことはないと思うのですが…

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 15:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
 第88回日本インカレ女子400mH

相変わらず、先週行われた第88回日本インカレの写真整理をしていますが、漸く最終日(4日目)までたどり着きました。あともう少しです。
ということで女子400mH決勝です。右(No.317)が優勝した関本萌花さん(2年)57秒74、真ん中(No316)でハードルを越えてるのが小山佳奈さん(3年)58秒78(3位)、左(No.318)が村上夏美さん(2年)59秒65(4位)です。
関東インカレに続き3人での表彰台独占を目指しましたが、惜しくも成らずでした。でも胸を張って良い成績だと思います。おめでとうございます
来年、再チャレンジしてください。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 16:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
 第88回日本インカレ110mH

第88回日本学生陸上競技選手権3日目(9月13日)、男子110mH決勝の写真です。
最終ハードル(10台目)を越える森戸信陽くん(2年)、13秒79の自己新記録で優勝でした。本人は狙っていたようで、チームメイトも勝利を確信してたとも。おめでとうございます!
ボクはファインダーを覗いていて彼だけを追ってましたからレース状況は分からず、結果を聞いてゾクゾクッときました。
監督によれば「まだまだ伸びますよ」ということで将来が楽しみです。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 13:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
 第88回日本インカレ400m

第88回日本学生陸上競技選手権、男子400m決勝です。
左(6レーン No.437)が優勝した伊東利来也くん(3年)でタイムは46秒77、右(4レーン No.438)は3位の小久保友裕くん(3年)47秒08でした。
Wの優勝は第83回大会の加藤修也以来です。やはり優勝は気持ちいいですね。おめでとうございます
昨年2位だった伊東くんにとっては念願の初優勝。来年は2連覇して欲しいものです。
【9月13日(金)、岐阜メモリアルセンター長良川競技場にて】

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 07:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
 第98回関東学生選手権 女子400mH決勝

第98回関東学生選手権、4日間で3,000枚近くの写真を撮りました。これから、写真をチェックしながらHPに掲載する写真をピックアップする作業が待ってますが、今日は4日間の疲労か、何もする気がおこらず…
でも1枚だけ。最終日に行われた女子400mH決勝。9台目のハードルを越えるところですが、この時点でリードするのは、6レーンの関本萌香(2年)さん。周りからの「おお!関本が勝つかも…」という声を聞きながらファインダーを覗いてました。結果は、4レーンの小山佳奈さん(3年)が逆転し、3連覇を達成。来年は4連覇がかかります。
関本さんは2位、写真には写ってませんが9レーンの村上夏美さん(2年)が3位に入り、Wが表彰台を独占する快挙でした。
ちなみに、小山さんは400mと1600mRでも優勝し、3冠達成。お見事!天晴れ!でした。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 17:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
 IAAF世界リレー2019横浜大会−Part2

横浜で行われたIAAF世界リレー2019は、期待された4×100mRの日本代表チームの予想外の失格以外、世間的な盛り上がりには至っていませんが、(失礼ながら)予想外に面白い大会だったというのがボクの印象です。競技者レベルの世界運動会と言いましょうか…
なぜかというと、1) 個人レースではなく、国別対抗のリレーに特化した大会で観ていて分かり易いこと。2)種目数が少ないので、短い時間の中でコンパクトに収まっていて待ち時間が少なかったことなどではないでしょうか。
2×2×400mR(男女2名が400mを2回ずつ走る)は、レース前はイメージが湧かなかったのですが、これもありかなと。男子110mHと女子100mHを組み合わせたシャトルハードルリレーは、バトンパスのない水泳方式の引き継ぎ、陸上では珍種目で今後の発展にはちょっと無理があるかな?とも感じました。
今回は実施されませんでしたが、スウェーデンリレー(100m+200m+300m+400m)とか、4×800mRや4×1500mRなど過去に実施されていたリレーも観てみたい気がしました。それより長い種目は、ロードリレー(駅伝)の方が良いでしょう。

それはさておき、写真は男女混合4×400mRの1走を走った我が後輩の伊東利来也くん(早大3年)です。チームとしての結果は組5位で決勝進出はなりませんでしたが、日本新記録で9月にドーハで行われる世界陸上の出場権を獲得しました。この種目は来年行われる東京オリンピックでも実施されるそうです。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 14:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
 第52回東京六大学対校陸上

昨日、シーズン初戦となる「東京六大学対校陸上」が行われました。MVPに選ばれたのは、3000mSCで自己記録を7秒ほど上回る大会新記録(8分43秒91)で優勝した吉田匠くん(3年)です。
日本選手権び参加標準記録も突破しました。今シーズンの活躍が期待できます。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
 W のユニフォーム

先日、実家のタンスで発見した、早大競走部の公式ユニフォームです。一度も使っていない「新品」です。
このユニフォームに憧れて、大学(競走部)へ入ったのですが、このユニフォームを着て出場できる試合は、対校戦(関東・日本インカレ、東京六大学対校、早慶対抗、出雲駅伝、全日本大学駅伝、箱根駅伝)と日本選手権、およびそれに準ずる大会のみです。
それ以外の試合は、白地に燕脂のWが入った(セカンド)ユニフォームで出場します。
また、対校戦で入賞すると、ユニフォームが授与され、自分のユニフォームを着て大会に出られるのですが、それまでは試合ごとに部(チーム)からユニフォームを借りて、試合が終わったら洗濯して返却しなければならない仕組みです。
ボクはリレー以外、対校戦で入賞することが出来なかったヘボ選手でしたので、最後まで借り物の公式ユニフォームで試合に出てました。そんな部員に対して、4年の納会(卒部式)でユニフォームが授与されるのですが、当然、それを着て出られる試合はありません。
卒業後、このユニフォームの行方が判らなくなってました。まさか捨てたはずは無いとは思っていたのですが、実家に置いていたとは…! 約40年ぶりの発見でした。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
 第87回日本学生選手権400m決勝

先週行われた、日本学生陸上競技対校選手権(通称:全カレ)の中からピックアップした1枚。

男子400m決勝のゴール直前です。左が優勝したウォルシュ・ジュリアン・ジャミイくん(東洋大学4年)で45秒75の大会タイ記録でした。彼は現在の400mで日本の第一人者、一昨年のリオ五輪にも出場し、先日のアジア大会では45秒89で5位でした。
右は0秒04及ばず惜しくも2位に終わった伊東利来也くん(2年)、45秒79は自己新記録です。
伊東君は高校時代のベストが47秒33で昨年(大学1年)は47秒27。今年は春先から好調で、シーズン初戦の東京6大学対校(4月7日)で47秒14の自己新。5月6日には大阪で46秒09と1秒以上も記録を伸ばし、5月末の関東インカレで3位入賞。6月の日本選手権でも3位に入など絶好調。
そして、今大会では予選で45秒86、決勝では更に記録を更新しての2位でした。
45秒71の早稲田記録更新も視界に入ってきました。まだ2年生ですので、更なる飛躍に期待しましょう。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 19:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
 中村清監督の墓参り

一昨日、大学時代の部活(競走部)同期会があったことは、昨日の記念Tシャツの記事で報告済みですが、同期会の前に、皆で監督の墓参りに行ってきました。
中村清…もう伝説になりつつある人ですが、ボクらが1年の秋に競走部監督に就任(復帰)されました。1913年(大正2年)生まれですから、当時63歳。もっとお爺ちゃんだったような印象がありますが、意外に若かった…というより自分が歳とったつーことかも。
学生時代は「監督」、裏では「ぴーさん」とも呼んでましたが、卒業時には「先生」になってました。
ボクらの卒業とともに(瀬古の就職とともに?)エスビー食品の監督も兼任されるようになりました。
1985年(昭和60年)5月、71歳の若さでお亡くなりになりました。今年は生誕105年、没後33年です。
因みに、お墓は青山霊園にあります。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 15:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
 フクちゃんTシャツ

昨日、大学の部活(競走部)仲間での「還暦同期会」があったのですが、その記念にTシャツを作りました。
デザインは、我々が学生時代に使っていたチームTシャツの復刻版です。チームの公式Tシャツ(だったと思う)で仲間内では「フクちゃんTシャツ」と呼んでました。イラストの作者(横山隆一)には了解を得ていたと聞いています。今回も承認を貰ってます。
class of 1980 と言うのはオリジナルには無かったのですが、今回は1980年卒業の同期会と言うことで加えました。

ちなみに、フクちゃんと早稲田に関してなのですが、「横山隆一記念まんが館」のフクちゃん裏話によると、『フクちゃんの大学帽が早稲田の制帽に似ていたことから、早慶戦の応援マスコットとして長い間使われるようになった。無断使用であったが、隆一は「早稲田の杜だけは著作権なしの治外法権」と容認。その縁から、隆一は1999(平成11)年3月早稲田大学芸術功労者となり、フクちゃんとともに早稲田大学を卒業した』ということだそうです。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 16:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
 第97回関東学生陸上競技対校選手権

先月末に行われた関東学生選手権(通称:関カレ)。4日間で3,000枚ほどの写真を撮りました。(モチロン母校の後輩達のみです)
その中からのピックアップ作業が漸く一段落し、競走部HP(写真館)で340枚ほどを公開しました。(手分けして撮った写真がまだ入手出来ていないので暫定版です)
ご笑覧いただければ幸甚です。
http://www.waseda-ac.org/

この写真は、ハーフマラソンで5位に入賞した真柄光佑くん(3年)です。インターハイの出場経験もない、一般入試(正確にはセンター試験利用)のいわゆる「叩き上げ組」です。エンジのユニフォームを着たのも初めて(臙脂のユニフォームは対校戦などしか着ることが出来ません)。
気温27℃という高温の中、集団の最後尾に位置取りし、体力を温存。「最後の3劼妊據璽垢鮠紊欧襦廚箸いΕ譟璽好廛薀鵑ぴたりと決まった会心のレースでした。しかも自己新記録!
本人はモチロン、彼を起用した監督・コーチにも「天晴れ!」です。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
 第101回日本選手権・リレー競技会4×400mR

今日、日産スタジアムで行われた日本選手権リレー競技会の男子4×400mR−フィニッシュです。
この種目、6連覇に挑んだのですが、東洋大に1/100秒及ばずの2位で連覇は5つでストップしてしまいました。残念ですが、結果は結果。仕方ありません。来年からの巻き返しに期待しましょう。
ちなみに、オーダーは伊東利来也(1年)・徳山 黎(4年)・村木渉真(1年)・加藤修也(4年)で、タイムは3分07秒12 でした。
映像は、
https://www.youtube.com/watch?time_continue=210&v=Dcp3fefDpfU
でご覧下さい。負けたのは残念至極ですが面白いレースでした。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
 第29回出雲全日本大学選抜駅伝

第29回出雲大学駅伝のスタート風景です。出雲大社正面の大鳥居下がスタート地点。TV中継されてたので観た人も多いのでは?

優勝した東海大学のゴールです。青山学院大学の3連覇を阻止しました。更には2年連続の大学駅伝三冠も阻止。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 18:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
 第93回早慶対抗陸上競技会

第93回早慶対抗陸上競技会が行われました。台風直撃は免れましたが、雨中の競技会となってしまいました。カメラ・レンズを濡らさないよう万全の体制で臨んだのですが、自身のカラダはずぶ濡れ…(笑) 
写真は対抗100mです。

ところで、今大会のゼッケン(ナンバーカード)は名前表示でした。最近の流行りです。背中は番号表示ですが、誰も見ないし付けるのは無駄だと思いますが、一応ルールなので仕方なし。
トラック競技は写真判定するので、ゴールライン上カメラで判別できるよう腰番号さえ付けてりゃ、競技運営上は問題ありません。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
 第48回全日本大学駅伝

大学3大駅伝の第2戦、第48回全日本大学駅伝対校選手権を撮影してきました。これはスタート後1.7km付近(名古屋氏南区明治一丁目)、まだ集団状態です。
この後、先回りと併走でゴールの伊勢神宮まで追っかけました。全8区間撮影に挑みましたが、3区だけ間に合わず撮り逃がしました。
昨年は4区を撮り逃してまして、全区間制覇できたのは1度だけ。結構難しいのです。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 20:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
 第100回日本陸上競技選手権・リレー競技会(4×400mR)

4×400mR(通称:マイルリレー)決勝の3走・石田裕介くん(3年)から4走・加藤修也くん(3年)へのバトンパス、この時点で優勝を確信しました。

アンカー(4走)、ラスト50m付近です。


早稲田大学は5連覇を達成しました。これは凄いと思います。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 18:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
 第100回日本陸上競技選手権・リレー競技会(4×100mR)

4×100mR(通称:ヨンケイ)決勝。早稲田大学2走・須田くんから3走・橋元くんへのバトンパス、これぞリレーという写真です。
早稲田は惜しくも3位でした。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 18:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
 関東インカレ800m決勝
関東インカレ800m決勝のゴールシーンです。
積極的レースで中盤に大量リードを奪った西久保達也くん(1年)ですが、レース終盤に日大の三武君(4年)の猛追を受け抜かれたかとも思いましたが、ほぼ同時にフィニッシュ。写真判定の結果、同タイム(着差あり)での優勝でした。
この写真を見る限り、三武君の足が前に出ているようにも思えますが、陸上競技の判定はトルソー(首および四肢を除く胴体)ですので胸の差だったのでしょう。
| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 13:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
 関東インカレ・ハーフマラソン
関東インカレのハーフマラソンのゴールシーンです。
左は2年連続2位入賞の井戸浩貴くん、右が7位入賞の佐藤淳くん、ともに4年生です。彼らは「スポーツ推薦」ではなく一般入試、自力で入学試験を突破して入学してきた選手です。
早稲田の推薦枠は他大に比べて非常に少なく、一般入試選手の活躍が箱根のカギを握ります。
| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 13:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ハンマー投
今日も関東インカレの写真を整理しています。
ということで、これはハンマー投、投げ放った瞬間です。
昨年自己記録を更新して7位入賞した中川雄太くん(4年)ですが、今年は残念ながら昨年の記録に及ばず9位に終わってしまいました。秋の日本インカレに期待しますが、彼が卒業すると当分ハンマー投を撮ることはなさそうです。
| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 17:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
 第95回関東インカレ110mH決勝
相変わらず、関東インカレの写真を整理中です。
男子110mH決勝の最終ハードル(10台目)を越えることろと、フィニッシュ。
明治の高山峻野選手(4年)が13秒75で優勝、早稲田の古谷拓夢選手(2年)は2位(13秒80)、法政の金井大旺選手も同着(タイム差無)でした。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 11:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
 関東インカレ・マイルリレー(4×400mR)
4日間開催の関東インカレが昨日終了しました。
4日連続は流石に疲れました。ま、一番大変なのは選手でしょうけど、サポートにあたる部員やコーチ・監督のみならず、運営する関東学連の役員、神奈川陸協の方々、関係者の皆さんお疲れ様でした。(というのが正直な心境です)
前半戦は不調だったW勢ですが、最終日は爆発し1日で50点を獲得。合計70.5点で総合4位。得点は全てトラック種目で、トラック優勝を勝ち取りました。(フィールド種目で得点できないのは問題なのですが…)
女子も、最終日は21点を加算し、合計34点で9位でした。女子部員は18人ですが、半数はマネージャ・トレーナーなので実質9人での34点は、一人平均は男子を上回ります。
それはさておき、最終日の1枚はやはり最終種目で優勝したマイル(4×400m)リレーでしょう。「終わりよければ全て良し」とも言いますが、アンカー中野君(4年)の冷静なレース展開が勝利に結びついたと言えます。因みに、中野君は400mH でも優勝し、部内MVPに選ばれました。
| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 15:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
 関東インカレ女子10000mW

関東インカレ2日目が終わりました。
今日の1枚は、女子10000mW。1年生の溝口友己歩さんが優勝しました。スタート直後から先頭に立つ積極的レースで中盤以降、2位以下を大きく引き離し独走(独歩?)、完勝でした。
こりゃ、4連覇もあるかも…
因みに彼女は、昨年のインターハイ5000mWのチャンピオンです。

(写真は序盤400m通過時です)

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 20:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
 400奪螢譟
今日から『関東学生陸上競技対校選手権』(通称:関東インカレ、関カレ)が4日間の日程で開かれています。
今日の1枚は、 男子4×100mR(通称:ヨンケイ)予選 、2走(須田くん君4年)から3走(眛發ん1年)へのバトンパスです。
この種目、「2組3着+2」で予選が行われました。我がチームは4着でしたが+3で拾われて予選を通過。プラスの2番目がWとKで、同タイム。1/1000秒まで同じで差がつかず2校とも決勝進出。決勝は9チームで行われます。(日産スタジアムのトラックは9レーンあるので)
このラッキーを生かして更に上位を狙ってくれ!
| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 20:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
 出雲駅伝後の記録会
今日、第27回出雲駅伝(正式には、出雲全日本大学選抜駅伝)が行われましたが、駅伝終了後に5000m記録会が行われました。
駅伝は8人エントリーで6区間なので各チーム2人は出場機会がありません。その彼らを対象にした記録会です。
ところで、選手達は胸ゼッケンを付けていません。記録は写真判定ですので腰ゼッケンは付けていますが、競技会としては珍しいかも。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
 第84回日本学生陸上競技対校選手権−男子ハンマー投
自己新記録の60m48を投げるも9位。ん〜惜しい、中川雄太くん(3年)でした。
ハンマー投は回転して投げるため、この角度で投げ放たれたハンマーは前に飛んでいくのですが、リリースの瞬間は結構難しいような気がします。ま、練習してるんでしょうけど…

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 18:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
 第84回日本学生陸上競技対校選手権−男子4×100mリレー
 竹吉(3年)-須田(3年)-橋元(3年)-徳山(2年)と繋いだ早稲田は39秒52で3位でした。
 3走から4走へのバトンパスですが、これぞリレーというカットです。大学対校戦でのリレー種目は応援にも熱が入り盛り上がる面白い種目です。

| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
 第84回日本学生陸上競技対校選手権−女子走高跳
 第84回日本学生陸上競技対校選手権(大阪・長居競技場)の1日目、女子走高跳で1年生の仲野春花さんが2位入賞!
 1m76の同記録が4人でしたが、試技数の関係で2位でした。これは、その1m76を3回目に越えた時の写真、非常に良い跳躍で余裕を持ってクリアでした。
| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 18:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
 第99回日本陸上選手権110mH決勝

 先週末に、新潟で行われた「第99回日本陸上競技選手権」で撮影した写真を整理中なのですが、W 的に一番の写真はこれかなぁと。
 男子110mH決勝のゴールシーンです。左から、6レーン:能登谷 雄太(ニューモード陸上クラブ)13秒87、5レーン:古谷 拓夢(早大1年)13秒81、4レーン:高山 峻野(明大2年):13秒81でした。
 レース直後のリプレー映像を見てたら、古谷くんが勝ったかなとも思えたのですが、同タイムの着差ありで惜しくも2位でした。最終ハードル(10台目)を越えた時点では明らかに遅れていたので、良く追い込んだともいえます。
 彼は昨年、相洋高校(神奈川)3年時に13秒83の日本高校記録・日本ジュニア記録を樹立た、いわゆる「スーパールーキー」なのですが、この大会の予選で13秒79で走り、日本ジュニア記録を更新しました。彼は来年までジュニアの有資格者なので、どこまで記録を伸ばすかが楽しみです。ー 場所: デンカビッグスワンスタジアム
| Minigarage | 陸上競技(早稲田大学関連) | 17:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブログカレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ