鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、身の回りの出来事も、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話、役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

 アンドーナツ
近所の「まいばすけっと」で買い物をしてレジで精算中、レジ脇に置いてあった アンドーナツ に目が止まり思わず買ってしまいました。甘物は殆ど食べないのですが、今日はなぜか…

アンドーナツと言えば、『あんどーなつ-江戸和菓子職人物語-』を思い出します。安藤奈津(あんどうなつ)という女性が主人公のマンガで、2005年から『ビッグコミックオリジナル』で連載されてましたが、原作者の西ゆうじさんが死去すたため2013年第2号で終了してしまいました。事情が事情だけに仕方ないのですが、中途半端な尻切れトンボでした。

因みに、このアンドーナツは1個55円(税込59円)でした。
| Minigarage | 食べ物・食品(米・ご飯・パン系) | 14:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スナックサンド
近所にあるまいばすけっとで買ってきたパン。ランチパックだと思って買ったのですが、よく見たらスナックサンドという名でフジパン製でした。
ヤマザキのパクリ商品かと思いきや、1975年発売の携帯サンドイッチの元祖でした。(ランチパックは1984年発売)
でもシェアは、0.15% でランチパックには圧倒的な差をつけられてます。どこでも売ってて誰もが知ってる(と思う)ランチパックに比べて、スナックサンドを知ってる人は少ないでしょうし、シェア0.15%じゃ売ってる場所を見つけることが大変です。
山崎製パン・敷島製パンに次ぐ業界3位のフジパンですが、名古屋出身のボクとしては、名古屋が本社のフジパンには頑張って貰いたいという思いがあります。因みに、フジパンの本社はボクが通っていた萩山中学のすぐ近くにあります。
| Minigarage | 食べ物・食品(米・ご飯・パン系) | 15:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
 「薄皮クリームパン」と「たっぷりクリームパン」

ヤマザキの菓子パンに薄皮ミニパンシリーズというのがあり、そのなかの薄皮クリームパンがお気に入りです。
甘いものはあまり好まないボクですが、小腹が空いた時に1個2個はいけます。5個入りで150円ですが、店によっては130円程で売っている時もありますし、特売の目玉で115円なんて時もあります。迷わず買います。
ところが、最近、セブンイレブンで売っているたっぷりクリームパンの存在を知りました。よく似ています。
こちらは4個入りで98円です。セブンイレブンですから常時この価格です。薄皮ではないのですが、クリームは同じような味で、薄皮クリームパンのマネをした商品だと思ったのですが、製造元はヤマザキでした!
道理でクリームの味が似ているワケです。パン生地が薄皮じゃないですが、ふんわり感は同じようなもので充分です。それに値段も1個あたり22.5円ですから、薄皮の販売価格が122円以上ならこっちの方が安い!ということになります。

ところで、たっぷりクリームパンの包装には、「この商品はセブン&アイHLDS.グループの開発した商品です」と書かれているのですが、だとすると、ヤマザキオリジナルの薄皮クリームパンは、これを真似た商品ということになるんでしょうか・・・
| Minigarage | 食べ物・食品(米・ご飯・パン系) | 13:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
 無洗米
我が家では米は無洗米を使っています。いつ頃からかは…いつの間にかです。
たしか奥さんが、「無洗米の方が研がなくてイイから簡単だから」というようなことだったと思います。確かに、御飯を炊く時に研ぎ洗いしなくて良いというのは便利です。ということで多少値段が高いにもかかわらず、ケチなボクですが、米は無洗米を買ってきます。
なんでこんな話を始めたかというと、“無洗米はなぜ研ぎ洗いしなくていいのか?"ということをふと疑問に感じたからです。
無洗米の一般家庭への普及は首都圏の生協より広まったとされる。業務用として多くの社員食堂、ほっかほっか亭やCoCo壱番屋などの飲食店でも使われている。採用されている理由は洗う時間や使用水量を削減できるという経済的な点が主である。以前は、業界内では準無洗米と呼ばれる、無洗米として販売されているにもかかわらず、実際には1〜2回の洗米をしないと美味しく炊き上がらない商品が多く出回るなど、食味に関して問題があるとされ敬遠される事もあったが、現在では水洗い乾燥法・湿式法、BG製法、NTWP製法などの製法で加工された無洗米が主流となってきており、食味的な問題は払拭され、無洗米の生産量は上昇傾向にある。(Wikipedia)
なんだそうです。じゃあなんで米は炊く前に研ぎ洗いをしなければならないかというと、玄米(稲の果実である籾から籾殻もみがらを除去した状態の米)を普通の炊飯器で炊くと、消化が悪く食感も悪くてぼそぼそになるんだそうです。なので、白米にするために(精米機で)精米するのですが、そうすることにより消化吸収が良くて美味しい米になるんですね。ただし、従来の精白では糠が若干残ってしまうので、研ぎ洗いして糠を落とす必要がある、と。その糠を予め取り去ってあるのが無洗米なので、研ぎ洗いしなくて良いわけですね。
なるほどと。冬の寒い日に冷たい水で米を研ぐのは辛いものがありますからね。米を研いだ時の水は排水として流されるのですが、米のとぎ汁に含まれる糠の成分であるリンや窒素などは浄化が難しく水質汚染の原因となっている、という説もあります。更に無洗米にするためにBG精米製法で取りさった糠は「米の精」という商品名で肥料・飼料などに用いられるそうですから一石二鳥です。

ということで、無洗米のことが少し判ったような気がします。無洗米とは、食べる前(炊く前)に洗わなくて良い米なのですが、漢字をそのまま読み解くと「洗っていない米」という気がしないでもありません。
更に・・・ 米は洗うんじゃなくて研ぐものですから、無洗米じゃなくて、無研米の方が正確じゃないかとも思うのですが、分かり辛いか…
| Minigarage | 食べ物・食品(米・ご飯・パン系) | 16:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
 特選 超芳醇
特選 超芳醇家で食べる朝食は普段食パンのトーストです。簡単だからでしょう。なのでホテルなど外泊時は和食を選択します。
で、食パンの話なのですが、銘柄に拘りはなく、ついつい安い物を買ってしまいます。Coopブランドの食パンは1斤100円。写真の特選 超芳醇(ヤマザキ)は200円もしますので、選択肢の中には入っていません。(でした)
ところが今日、近所のパン屋さん(ヤマザキショップ)で特選 超芳醇を100円で売っていました。理由は、消費期限まで2日だからです。早い話が売れ残り。でも消費期限まで2日ありますし、過ぎたからといって自己責任で食べるには何の問題もないので迷わず買いました。
食べてみて驚き!美味いです。もっちり感が違います。味の違いは材料の違いなのでしょうか?見た目には同じなのに…

ところで。なぜ、食パンと言うのでしょうか? パンは食べるものだから、四角い型で焼かれたパンのことを食パンと呼ぶのは変と言えば変です。
美術の世界では、食パンは古くからデッサンの道具である。木炭デッサンにおいて、消しゴムは硬すぎて紙を傷めるため使えず、やわらかくて油分の少ない食パンを代わりに使っている。この時に使うパンを「消しパン」と呼び、それと区別するために食べるパンを「食パン」と呼ぶようになった、という説がある。
しかし現在ではこれは俗説とされ、明治初期に外国人の「主食用のパン」であることを表すために定着したというのが一般的である。  (引用:Wikipedia)
| Minigarage | 食べ物・食品(米・ご飯・パン系) | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
 電子レンジでチンの御飯
レンジでチンのご飯
我が家の場合、御飯を炊く時はせいぜい二合。時として一合、それでも余っちゃうことがあるのですが、電子レンジでチンしてご飯を炊く技を覚えて大変重宝しています。
レンジ専用の耐熱ガラス製炊飯器です。茶碗一膳=0.5合でもOKなので助かります。更に便利なのが短時間で炊けること。我が家の電気炊飯器の場合は一合で45分程かかりますが、電子レンジでチンだと15分で炊けちゃいます。夜遅くなって時間が無い時など助かります。レンジにある炊飯のボタンを押すと勝手に時間加減を調節してくれます。
電子レンジでチンの御飯は美味しいか?と訊かれると……。水加減等を工夫すれば、決して不味くはないというのは強がりかもしれませんが、まあそれは割り切って考えるしかありません。短時間で少量炊きできる便利さとどっちをとるかということです。
水を多くしてお粥も作ることができますが、これなら一度炊いた御飯から作るよりも手間が省けて簡単で、味も負けません。
| Minigarage | 食べ物・食品(米・ご飯・パン系) | 15:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブログカレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ