鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。蘊蓄(うんちく)は相変わらずですが、これは性格なので…(笑) ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、料理も。身の回りの出来事も含めて、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話。役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

 トラフカミキリ

善福寺川沿いを移動中、木の幹に留まっていた虫。最初はハチだと思って通り過ぎたのですが、「あれ? ハチにしては何か変だな…」と戻ってよ〜く観察。「ハチにしては翅がないのが変だなぁ こいつはハチじゃない」とまでは推察し、取り敢えず写真に収めました。
帰宅後、この虫が何者かを調べたのですが、分類は…それが判らないと調べようがありません。(最近は、Googleレンズなどという便利なアプリもありますが…)
雰囲気的にはカミキリかなと。幾つかの昆虫専門ページを参考して至った結論は、「トラフカミキリ」でした。
スズメバチに擬態してるようです。チョット無理があるような気もしますが、ハチだと思って通り過ぎたのですから、擬態は成功してるのかも…
【甲虫目カミキリムシ科カミキリ亜科】体長は15-25mm、全国に分布、クワの木に集まるようですが、ボクが見た時の木がなんだったかは判りません。

| Minigarage | 昆虫(甲虫目) | 18:29 | comments(0) | - |
 サンゴジュハムシ

サンゴジュハムシだと思います。【甲虫目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科】体長は6-7mm。
このように成虫・幼虫ともにサンゴジュ・ガマズミ・ミズキなど様々な葉をせっせと食べる“害虫”。人の立場からですが…
糞が葉から落ちずに付着してるのが印象的でした。ハムシの大きさからして糞は1mmにも満たないでしょうけど、しっかり糞です(笑)。

| Minigarage | 昆虫(甲虫目) | 18:10 | comments(0) | - |
 スグリゾウムシ

スグリゾウムシ(酸塊象鼻虫)じゃないかと思います。もしかしたら、近縁種のカキゾウムシかもしれません。【甲虫目ゾウムシ科クチブトゾウムシ亜科】
ゾウムシという甲虫科の虫がいるということは知ってましたが、見たことがなく大きさのイメージもなく、この虫を撮ってる時は、何と言う虫か判らずの状態でした。
何せ大きさは5-6mmとテントウムシほど。地味な虫だなぁという印象しかありませんでした。帰宅後に確認したら、ゾウムシじゃないかと気づいた次第です。
「スグリ」とは、スグリ科スグリ属の植物のことで、他にミカン、ハッカ、マメ、イチゴなど多くの植物の葉を食べる、ということは農家にとって害虫ですね。
ゾウムシはゾウのように鼻が長いので名付けられたのですが、世界中には6万種以上が知られてるそうです。ただ、このゾウムシは鼻の長くない縦裂け口のゾウムシです。

| Minigarage | 昆虫(甲虫目) | 16:01 | comments(0) | - |
 クロウリハムシ

クロウリハムシ、2回目の登場(のはず)です。【甲虫目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科】
体長6-7mmなので、注視というか探さないと気づかないと思います。この葉虫の配色は目立つので見つけ易い方です。
本州以南の日本各地と、それにシベリア東部、朝鮮、中国、台湾に分布。様々な植物の葉を食べるので害虫ですが、自然界の食物循環からしたら、特にどうってことない話です。
ただ、ウリ科(キュウリ、スイカ、カボチャ、ズッキーニなど)の農作物を育てる農家にとっては憎き害虫。特に天敵が居ないというのも厄介です。

| Minigarage | 昆虫(甲虫目) | 14:40 | comments(0) | - |
 サビキコリ

変な虫を見つけ(見かけ)ました。昆虫(甲虫)だろうとは思うのですが、何じゃこりゃ?と言う面持ちで撮影。
色々調べた結果、サビキコリであろうと思われます。【甲虫目コメツキムシ科サビキコリ亜科】昆虫図鑑には『褐色で、やや寸詰まりの体型のコメツキムシ。林縁の樹上や葉上で見られ、各地に普通に分布する。樹液にも集まる。夜間、灯火に飛来することがある。幼虫は地中で育つ』とありました。
ボクが知らなかっただけでした…コメツキムシは日本で約600種、世界中には1万種もあるそうです。
大きさは12-16mm、幼虫は土中に住み小さな昆虫や腐食物などを食べ、成虫は植物の上で昆虫を捕食するそうです。
今回は葉の上にいたので見つけられたのですが、木の幹などに居たら、樹に紛れてまず見分けられないでしょうね。

今回は葉の上にいたので見つけられたのですが、木の幹などに居たら、樹に紛れてまず見分けられないでしょうね。

| Minigarage | 昆虫(甲虫目) | 16:32 | comments(0) | - |
 ニレハムシもしくはサンゴジュハムシ

自宅の近所で見かけたハムシ。姿・形・大きさからしてニレハムシもしくはサンゴジュハムシだと思われます。この手のハムシは初めてで、外見は酷似してると言うことなのでボクには区別が付きません。たぶん、どちらか…体長は6-7mm。
ハムシは葉虫・金花虫と書き、コウチュウ目ハムシ科の総称。庭木や公園の植栽、街路樹の害虫ですが、それは人の目から見たことで、彼らは別に悪い事してるワケじゃありません。

| Minigarage | 昆虫(甲虫目) | 16:29 | comments(0) | - |
 トウキョウヒメハンミョウ

トウキョウヒメハンミョウだと思います。
ハンミョウはコウチュウ目オサムシ科ハンミョウ亜科に分類される昆虫の総称。世界中には2,000種もいるそうで、そのうち、日本に分布するのは22種・8亜種。ハンミョウを撮ったのは初めてです。
漢字だと、東京姫斑猫と書くのでしょうか?(標記してるページを見つけられなかったので判りません)
。本種は“トウキョウ”という地名が入ってますが、その理由は見つけられませんでした。でも東京以外にも分布してるようです。
『暗銅色で上翅にあまり目立たない白色紋がある小型のハンミョウ。平地から低山地の林縁や公園・人家の庭などに棲息する』と。大きさは10mmほどと小さいです。しかも、動きが敏捷で長い足で素早く移動するので、じっくり観察するのは大変です。しかも小さいし…今回も撮影できたのは10枚ほど。すぐに葉陰に逃げ込んでしまいました。
食性は肉食でハエやアリなどの小昆虫の他、ヨコエビ・ミミズなども捕食するようです。牙のように見える大きな顎で獲物をがぶっと咬んで補食するのでしょう。 『大顎で噛まれるとかなり痛いので、注意しなければならない』とWikipediaにありましたが、噛まれるのは捕まえようとする昆虫好きだけでしょう。😅

| Minigarage | 昆虫(甲虫目) | 16:15 | comments(0) | - |
 クロウリハムシ

ヤブカラシの花に居たのは、クロウリハムシ(黒瓜葉虫)だと思います。
コウチュウ(甲虫)目ハムシ科ウリハムシ属で本州以南の日本各地とシベリア東部・朝鮮・中国・台湾に分布。ハムシ科の昆虫は日本に780種もいるそうです。
頭部がオレンジ色で目だけが黒い顔はユーモラスです。全長は6mmほどととても小さく、注視してないと目に留まらない大きさです。
ハムシは殆どが草食性でウリハムシ属はウリ(瓜)科の植物が好みで、胡瓜やスイカ、ズッキーニ、ゴーヤやメロンなど野菜や果物を食害する害虫です。生産農家にとっては憎き敵ですね。

| Minigarage | 昆虫(甲虫目) | 19:25 | comments(0) | - |
 キボシカミキリ

キボシカミキリに遭遇しました。近年ボクが遭遇したカミキリムシはこのキボシが殆ど、3回目だと思います。
幼虫で越冬し、春になると成虫になり活動します。今の時期以降秋まで。成虫はクワやイチジクの樹皮や葉を食べます。幼虫は、それらの生木の中で食い荒らすので、農家にとっては憎き害虫です。
やたら長い触覚が特徴。

| Minigarage | 昆虫(甲虫目) | 18:34 | comments(0) | - |
 カブトムシ

今朝(早朝)、Jogging中に和田堀公園で見かけたカブトムシ。様々な昆虫を見かける和田堀公園ですが、カブトムシを見たのは初めてです。クワガタはまだ見たことがありません。彼らが好むクヌギやコナラなど樹液を出す木が殆どないからでしょうか。
しかし、このカブトムシなんか変…と思ったら、長い角がありません。喧嘩でもして折れちゃったんでしょうか。これだと、子孫を残すのが難しいかもしれません。でも、弱ってる風でもなく、すたすたと木を登っていき見えなくなっちゃいました。

| Minigarage | 昆虫(甲虫目) | 15:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ヒメマルカツオブシムシ

ユキノシタの写真に映ってた虫。写真を撮ってる時は気づかなかったのですが、テントウムシのような小さな虫(3mmほど)が多数いました。
気になったので調べてみたら、ヒメマルカツオブシムシ(姫丸鰹節虫)ではないかと。コウチュウ目カツオブシムシ科。
タンスに仕舞っていた衣服が虫に食われることがありますが、この虫の幼虫のせいです。洗濯物に付いてて取り込んだ時や、このように花に付いてた鉢植を屋内に入れたりした時に侵入する危険性があります。室内に入った成虫がタンスや押し入れに入って卵を産み、孵化した幼虫(4mmほど)が衣類や毛皮製品を食い荒らすという図式で、厄介な害虫です。
ちなみに、成虫はこのように花粉を餌にします。

| Minigarage | 昆虫(甲虫目) | 17:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
 コクワガタ

善福寺川沿いを歩いていて、クワガタを見つけました。ただし、死骸です。でも死骸が見つかると言うことは生きてる個体もいるはずってことです。腹を向けてたのですが、撮影するためにひっくり返したら、アリが沢山いました。
上半身が茶色で腹部が黒いとても小さな(15.mm〜2mm)アリです。名前を調べてみたら、ヒメアリというようです。今流行りのヒアリではありませんでした。毒も持ってないようです。

因みにクワガタはコクワガタじゃないかと思います。

 

| Minigarage | 昆虫(甲虫目) | 14:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
 カブト虫の兜

実家の近所を流れる香流川沿いを歩いていたら、カブト虫のカブトが落ちてました。頭だけで胴体がない状態です。誰の仕業か?
調べて(ググって)みたら、「カブト虫の天敵はカラスとタヌキだ」という東京大学大学院農学生命科学研究科のレポートを見つけました。
ここら辺りにもタヌキはいるでしょうけど、カラスの可能性が大です。頭部を残して食べるそうなので、まさしくその状態でした。

| Minigarage | 昆虫(甲虫目) | 10:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
 キボシカミキリ

和田堀公園池でキボシカミキリを見つけました。食事中のようでした。

| Minigarage | 昆虫(甲虫目) | 19:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
 キボシカミキリ

自宅の前(向かいの空き地の塀)で、カミキリムシを見つけました。
小学生の頃、カミキリムシを捕まえて遊んだものでした。ポピュラーなのは、白い斑点のゴマダラカミキリだったように思いますが、これは黄色い斑点。
調べてみたら キボシカミキリ でした。見た目通りですね(笑)。さほど珍しい種類でもなさそうです。“幼虫はクワ、イチジク、ミカンなどの生木を食害し、都市郊外でもよく見られる”とありましたが、農家にとっては憎き敵です。ま、カミキリ全般がそうなんですけどね…

| Minigarage | 昆虫(甲虫目) | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ナガゴマフカミキリ

和田堀公園でセミを観察中にカミキリムシと思しき虫に遭遇。
帰宅後調べたところ、ナガゴマフカミキリ(長胡麻斑髪切)ではないかという結論に至りました。(昆虫にはあまり詳しくないので間違ってるかも)
甲虫目カブトムシ亜目カミキリムシ科フトカミキリ亜科。伐採された木や枯れ枝などによく見かけるカミキリムシだそうですが、これは生木に居ました。樹皮の色(模様)と似ていて(いわゆる保護色)、見過ごすことが多いかも。
カミキリムシは世界中で名前が付いてるものだけで2万種、日本には800種も居るそうです。その多種多様さ、多彩さから昆虫採集の対象としても人気があり、熱心な収集家も多いそうです。

| Minigarage | 昆虫(甲虫目) | 14:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
 カブトムシ
今、奥さんの実家(岩手県一関市)に来ているのですが、カブト虫に遭遇しました。
田舎道をジョギングしてたら、道端で虫のようなモノがひっくり返っていて足をバタつかせてました。殺虫剤を浴びせられたゴキブリが見せるポーズです。しかし、ゴキブリよりも大きいし、動作が緩慢だったので手をさしのべたら掴まってきました。なんと!カブト虫(雌)でした。せっかくなので、写真に撮りたいと思い、家まで連れて帰ることにしました。
カブトムシ
この状態でジョギングを続けたのですが、大人しくしていました。家に着いて、この写真を撮ったので逃がしてやろうと、庭の木に放したのですが、樹木が背景だとワイルドな感じがします。
カブトムシ
惜しむらくは雄じゃなかったことですが、自然のなかで生きているカブトムシを見たのは久しぶりです。東京じゃあり得ない話です。

ボクが小学生の頃は、名古屋市内でもカブトムシは沢山いて、近くの山へカブトムシやクワガタムシを捕りに出掛けた思い出があります。幼虫を捕ってきて、成虫まで育てたこともありますし。
| Minigarage | 昆虫(甲虫目) | 14:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
Blog Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Contents
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
(条件指定時は、その条件内の記事一覧)
記事検索
Category
Back number
Comment
その他・・・

   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ