鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、身の回りの出来事も、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話、役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

 肺ガンの疑いが晴れました
中野区の肺がん検診(X線撮影)で、「肺がんの疑い 要精密検査」という結果が出てしまったので精密検査をしてきました。
先週、東京警察病院へ行ったのですが、呼吸器内科の担当医が夏休みをとっていて診察を断られてしまったので、今週改めて行ってきました。
2年前の検査でも同じような疑いを指摘され、この時も警察病院へ行ったのですが、その時のカルテやX線写真が保存されていて、担当医はそのデータと見比べて、X線写真で疑いのある場所指し示しながら「前と同じ箇所だけど、前より大きくなっているかな?」などと。「X線写真をみると明らかに異常に見えるけど、詳しくはCT撮ってみないと何とも言えません」と造影剤を使用したCT検査を指示。
検査指示書を持って検査室へ移動。警察病院の良いところは最新の高度検査機器が揃っていて、CTやMRIなどの精密検査を直ぐに受けられることです。造影剤を投与されての胸部CTを受けました。
CT検査が終わり、呼吸器科受診窓口に戻り暫く待っていると、呼び出しがあり再び診察室へ。先ほど撮影したCTのデータがネットワークを介して医師のパソコンで見られる状態になっており、それを見ながらの説明を受けました。
結論からいえば、疑いがかけられた場所は前回同様に“血管”でした。医師によれば、件の箇所(ボクの肺内の血管)は平均値より多少太いらしく、撮影時の状況によって異常に見えるのだそうです。X線写真じゃ情報量からして仕方のないことだとか。精密検査では造影CTのほかにもX線写真も複数の角度から撮影し、医師はそれも参照してました。
普通の肺がん検診(X線撮影)だと毎会“肺がんの疑い有”という結果になる可能性があり、その度に精密検査じゃ無駄な費用が発生することになっちゃいますねえ、と医師は言ってましたが、精密検査を受けることで肺の隅々までチェックできるので、それはそれで良いのかもしれません。ただ、費用がね……(今回の費用は健康保険を使った上で1万円でした)

ところで、今回の精密検査は、CTを2種類(造影剤ありとなし)、X線撮影も2枚。放射線を相当被曝していると思います。
| Minigarage | 医療・健康(循環器系) | 18:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
 小林 繁さんの急死、死亡原因は心不全?
プロ野球の巨人、阪神でエースとして活躍した小林 繁さんが先日亡くなりました。(昨日が通夜ということでしたから、今日告別式がおこなわれているはずです。)57歳という年齢でしたので、え?!という思いは誰も同じだった思います。
日曜日夕方のテレビニュースの速報で知りましたが、その時は心筋梗塞と報道されていました。が、翌日の新聞には心不全となってました。あれれ?死因は心筋梗塞じゃなかったの?というので、ニュース記事を検索してみたら、多くが心不全としていました。心筋梗塞としていた新聞もありましたが、少数派でした。
「心不全」というのは、“心臓の機能が低下した状態”です。つまり、全身に必要な量の血液を送り出せなくなった状態で、その結果死に至ったということなのでしょうけど、今回は心不全になった原因が心筋梗塞じゃないのでしょうか?ならば心筋梗塞を死因とする方が正確だと思います。でも多くの新聞が心不全としているのは何故なのか?
もう少し調べてみたら、心不全となる原因は心臓弁膜症・心筋梗塞・高血圧・慢性肺疾患などがあるようですが、心不全としては“状態”を指すので、その原因は問わないということでした。ということは、ナイフで心臓を刺されたなどという外的要因じゃなくて、心臓が止まっちゃた(心臓が血液を送り出せなくなった)場合(終末状態)は、全て心不全と言えます。
ニュース・報道は“より正確にあるべき”とすると、今回の場合は、心不全よりも心筋梗塞とする方が正確だと思います。でも、最終的な死因は“医者が書いた診断書による”とすると、新聞記事を書く時点で診断書を確認したワケじゃないから、とりあえず心不全としておいた方が安全−心筋梗塞ではないかもしれないから−と、そんな事情なのかもしれません。

ところで、医師が書く診断書は“死因は終末状態を除く”と定められていて、「終末状態の呼吸不全、心不全は記載しない」ということなんだそうですが、解剖でもしないと死因が判らない場合は、(遺族が希望しなければ解剖などしないでしょうから)心不全ということもあるようです。
また、自殺などの場合に、その事実を隠すために心不全と公表することは、多々あります。(今回はそうじゃないでしょうけどね、たぶん・・・)

追記:「歌手の浅川マキさんが突然死」というニュースも流れていましたが、死因は急性心不全になってました。宿泊先のホテルで浴槽の中に倒れているところを発見されたということ。何らかの事情で突然の心停止状態になってしまったんでしょう。事件性はないそうですから、心筋梗塞が一番疑わしいのですが、詳細は不明、よって急性心不全、か・・・
| Minigarage | 医療・健康(循環器系) | 13:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
 肺癌の再精密検査、結果はシロでしたが…
肺癌の疑いを指摘され、先日精密検査に行ってきたのですが、 その時のCT検査では「問題の箇所は血管のような気もするが断言できない」ということだったので、再度精密検査を受けてきました。

問題の箇所をはっきりさせるため血管に造影剤を入れての胸部CT撮影でした。
これがその写真ですが、赤丸部分が問題箇所。担当医によると、どうやら血管だったようです。血管に異常があるわけではなく、たまたまレントゲンに大きく写ったから問題視されたようです。
結論は白(シロ)、一件落着と思ったのですが・・・
担当医から、「肝臓に疑問箇所があるんですよ」と言われたのです。あれれ?「胸部CT検査で肝臓が写るんですか?」と言う疑問に対して、「写ってたんですよ」ということで、問題点の写真に関して説明を受けました。ただ、今回の担当医は呼吸器が専門で、肝臓は専門外。
「私は専門外なので、肝臓の専門の先生に診察してもった方が良いと思いますがどうしますか?」と。そう言われて、ボクには断る勇気はありません。肝臓専門医の受診予約をお願いしました。
大変混雑しているそうで、1月になりそうだったのですが、早いに越したことがないので、何とか年内にしてもらいました。ただし、診察1回で終わるとも思えず、結果的には年越しになってしまうかもしれません。
 
一難去ってまた一難 か?
| Minigarage | 医療・健康(循環器系) | 12:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
 肺癌か? 精密検査に行ってきました
数日前、中野区の健康診断で肺癌の疑いを指摘されたので、さっそく区民検診担当窓に撮影済みのX線フィルムと精密検査医療機関の紹介状をもらいに行きました。
中野区が紹介する精密検査実施医療機関は5つあったのですが、一番近くて中野区内にある東京警察病院に行くことにしました。東京警察病院は、中野駅北口、中野区役所の西にあった警視庁警察学校跡地(広大な敷地です)に2008年4月に移転してきた病院です。本来は警視庁職員及びその家族の診療を行う職域病院ですが、一般人誰でも診療してくれます。建物は出来立て新品なので設備は新しいはずですし、病院は近くにあって行くことがないので、この機会に行ってみることにしました。
本来警察はあまり好きではありませんが(かといって嫌いなわけではありません)、悪いことしているワケではないので、診察を受けに行って逮捕される、なんてことはないでしょう。たぶん・・・
中野区からの紹介状があるので、予約が出来るのかと電話してみましたが、NGでした。仕方ないので、窓口に並ぶしかありません。
病院って、順番待ちが当たり前で、受付が遅くなればなるほど待ち時間が長くなり1日仕事になりかねません。特に大きな総合病院ほどその傾向が強いようです。警察病院の受け付け開始は午前8時ということ。1日かかることを覚悟しながら、それでも出来るだけ朝早くから窓口に並ぶことにしました。

以下、時系列に状況報告です。
---------------------------------
7時45分:初診受付票(機械式)を受け取る。No.3でした。受け付け開始まで若干の時間があったので、院内のコンビニ(ナチュラルローソン)でコーヒーを飲む。
8時00分:受け柄開始、ただし、予約の人が先。
8時15分:初診受付完了
8時20分:内科(呼吸器科)にて受付完了。ただし、予約の人が20人以上いるので、その間に挟み込んでもらったとしても、いつになるのか判らないとのこと。お待ちいただく時間が長くなるかもしれません。混雑してて申し訳ありません…と受付担当者の弁。仕方なしです。
8時40分頃:呼吸器の診察が始まったのか、呼び出しが始まりましたが、いったい何時になるやら・・・ 流石に新しい施設だけあって、呼び出しは大型モニターを使っての全自動式。オートマチックな感じがします。
9時10分:意外に早くボクの番号が呼び出されました。診察室前で待つように指示が出ました。指示に従い、呼吸器科診察室の前で待っていたのですが、診察室の前にもモニターがあります。現在診察を受けている患者と順番待ち2人分の番号が表示されています。診察室へ入るのもこのモニターが指示を出します。(もちろん中でボタンなどを押しているのでしょうけど) ちなみに、Eは内科、10は呼吸器科のようでした。
9時15分:診察開始。
左の写真は先日の肺がん検診で撮影した物。中野区から借りてきて持参しました。担当の医師が、レントゲン写真を解説してくれました。赤丸で囲ったあたりが怪しいそうです。
血管がある場所なんだそうですが、血管にしては異様に太い物が写っています。これが何なのかを確認する必要がありますが、この写真ではこれ以上判らないので、CTを受けるように指示がありました。
9時25分:CTの受付を済ませて検査待ち。
9時35分:意外に早くCT検査開始。服を着たまま検査台に寝るだけ。機械の指示で息を吸って止めて、その間5秒間ほど機械が撮影しているような動作をしてました。これを数回繰り返し5分ほどで検査完了。超簡単でした。
9時45分:再度、内科(呼吸器科)にて受付。
10時20分:再び機械式モニターで番号を呼び出され、呼吸器科診察室の前で待機。
胸部CT10時25分:再度診察。お帰りなさいって感じです。既に医師のパソコンにはCT検査結果(写真データ)が届いており、モニターに表示されてました。早い!
問題の箇所は血管のような感じがするけど断言できないそうとか。きっちり判断するためには、造影剤を飲んで再度胸部CT検査をする必要があるそうです。
造影剤を飲むと副作用を起こす人がいるので、同意書にサインをする必要があります。CT用の造影剤では5%以下の人に何らかの副作用が生じ、0.04%程度の割合で死亡例もあるとのことですから、危険度は高いと思います。ボクは一度経験がありますが、何ともありませんでした。
ということで、1週間後に造影剤CTを受けることになり、今日の所は結論持ち越し。
肺癌の可能性は・・・まだ判りません。
10時35分:採血受付
10時40分:採血。少々痛いかもしれませんが我慢して下さい、と言われて注射器の針が…でも全く痛くなし。痛点を外れたようです。
10時50分:最初に受付した場所(1F)に計算書提出し会計待ち。
11時00分:会計が出来るようになったので、機械で会計して下さいとのこと。会計マシンに診察カードを入れると、精算方法を問われ、クレジットカードを指定し、クレジットカードを挿入。暗証番号を入力して支払い完了。会計マシンからは明細が入った精算書が吐き出されてきました。
11時10分:1日かかることを覚悟したのですが意外に早く?半日で終わりました。
今日の所はこれで完了。結論は来週のお楽しみ?・・・って癌宣告を受けたら、お楽しみなんて能転気なこと言ってられません。カナリ焦ると思います。
--------------------------------
それはさておき。
東京警察病院はで流石に(建物が)出来立てだけあって施設は最新式。非常にオートマチカルに出来てました。待ち時間も予想より少なかったし。そして気づいたことですが、あちこちで受付して呼び出されたりする際、全てが番号で呼ばれ名前を呼ばれることは殆どありませんでした。これはもしかして、個人情報に配慮しているのかなぁ?
大きな声で名前(フルネーム)を呼ばれると、「あの人病院に来ていたみたいよ。○○が悪いみたい」なんてことにもなりかねませんからね。だとするとこの配慮は良いかもしれません。
また、本来は警視庁職員(とその家族)の為に設立された病院だけあって、患者の中には警察官(とOB)らきし人も。眼光が鋭いのと短髪…何となく雰囲気がそうかなぁ?って感じの人がいたような気がしたのは気のせいでしょうか?だからといって何だということではありませんが、万が一、トラブルがあった時の緊急対応は素早いかもしれません。
| Minigarage | 医療・健康(循環器系) | 11:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
 肺がんの疑い
肺癌の疑い
1ヶ月程前に区の健康診断(肺がん検診:胸部レントゲン)を受けたのですが、その結果が届きました。軽い気持ちで封筒を開封したら・・・ 肺がんの疑い、総合判定:ランクG(要精密検査) とありました。んん??肺癌?こりゃチトやばいかも。疑いだからまだ決まったわけではありませんが、疑いが当たっていたら、カナリヤバイです。
「希望の方には紹介状を発行します。またフィルムの貸出も行いますので、区民検診担当窓口まで連絡して下さい」と書いてありますので、紹介状をもらって、さっそく精密検査に行ってくることにします。
善は急げ・・・これは悪いこと、悪かもしれないのですが、急いだ方が良さそう…
| Minigarage | 医療・健康(循環器系) | 17:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
 肺癌の疑いは晴れたけれど…
先日受診した胸部CT検査の結果が判明し、肺癌の疑いはなしという診断結果でした。
それはそれで良かったのですが、咳は多少頻度が減ったような気がするも相変わらず続いています。とすると、この咳の原因は何なんでしょう?
医者も「こういう状況の原因をはっきり特定するのは難しいのです」と宣うていますが、これはつまりが、「よくわかんない」という意味だと思います。
ただ、何か原因があるからこそ症状があるので、究明を続けるしかありません。
| Minigarage | 医療・健康(循環器系) | 06:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
 造影剤
先日来の咳が止まらない問題で、肺癌であるか否かを見極めるため、胸部CT検査をしてきました。その際に、造影剤を使用しました。
CT検査を行う前に医師の問診のような簡単な診察をするのですが、造影剤使用に関して、副作用に関する説明があり、問診用紙への記入、検査同意書への署名が求められました。検査同意書への署名は事故発生時の責任回避のためには医師側は必須なのは理解できますが、副作用の発生率が5%(だったかな?)、重い副作用の発生率が0.1%と説明があったのは意外でした。
重い副作用とは、呼吸困難、突然の血圧低下、意識消失、心停止などです。これらの副作用が0.1%の確率で発生するということは、1000人に一人。かなりの高率だと思うのです。つまり、カナリ危険なわけです。それをしても使用すると言うことは、使用しないと検査が検査にならない、つまり癌が発見できないと言うことだとも思います。それじゃ検査の意味がないので同意するしかないのですが、心停止なんてことになったら、何のための検査なのか?なんてことになります。
実際に投与する前にも、「何か異常を感じたらすぐに合図をしてください」と念を押されましたが、その時はもう手遅れになるかもしれないと思いながら、検査を受けたのでした。
造影剤を投与して1分もすると、体中がぽーっと火照るような感じになりました。(これは正常な反応、だそうです)そしてCT検査(画像撮影)開始。と思ったらあっという間に終わってしまいました。
副作用は、発生しなかったようです。3-4日後には肺癌であるか否かが判明します。
| Minigarage | 医療・健康(循環器系) | 18:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
 体調不良、咳が止まらない…肺癌か?
もう、2週間以上になるのですが、咳が止まりません。いつもいつもというわけではないのですが、時折咽せるような感じで咳が出ると暫く続きます。夜、寝ているときにも咳している時があるようです。医者に行って処方された薬を飲んではいるのですが、良くなりません。
肺癌?という疑いもなくはありません。一応レントゲン写真は撮ったのですが、レントゲンに写らない場合もあるということで、それは医者も否定しませんでした。胸部CTをとる必要があるそうで、来週にも行こうかと思います。
一昨日、久しぶりに走ったのですが、どうも調子が悪く、咳と無関係ではないようです。ボクは煙草は吸わないのですが、肺癌というのは煙草を吸わなくても確率が少ないと言うくらいであまり関係がないらしいのです。

最近、体のあちこちが痛んでいるようです。半世紀近くも生きてきたので仕方ないのかも…ま、とにかく徹底的に調べて病気退治しなければ、ね。

そのことと関係があるのか、ないのかは判りませんが、最近、集中力が持続できません。作業しだすと直ぐに飽きてしまうのです。立ち上がってフラフラ歩き回りまた、イスに座り直すと言った具合です。これも体(頭もしくは神経系)に障害があるのかも…
| Minigarage | 医療・健康(循環器系) | 08:50 | comments(2) | trackbacks(0) |
 再び胃腸炎?
今日未明からお腹の具合がまた宜しくない。
5時頃に気持ち悪くて目覚めたんですが、その時は吐きそうでした。一応それは収まったんですが、ゲーリークーパー。トイレに4回も行きました。気持ち悪いんで食欲は当然なし。
今日は会議がいくつかあるので休むわけにいかず・・・
とりあえず、薬を飲めば少しは良くなるでしょう。。。とほほ。

| Minigarage | 医療・健康(循環器系) | 07:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブログカレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ