鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、身の回りの出来事も、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話、役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

 強剛母趾の手術から1ヶ月

左足の強剛母趾手術から1ヶ月弱経過。今日、外来で診察を受けてきました。
担当医曰く「経過は順調」ということでしたが、歩く際に痛みがあったり、浮腫が出ると言うことに関しては、「手術後1ヶ月では当然のことで特に心配することではない」との見解。
ということならば仕方ないですが、歩く際に痛みがあるのは、とても厄介です。日によっても調子の良し悪しがありますし、調子に乗って2-3km歩いた翌日は痛みが増します。患部がそれくらいしか耐えられないと言うことかもしれません。いずれにしても、人並みのスピードでは歩けず、婆さんに追い抜かれます(笑)。

外観はこんな感じで、浮腫があります。傷口はほぼ塞がりました。もう絆創膏も貼っていません。
手術した左足の親指は若干短くなりました。

| Minigarage | 医療・健康(強剛母趾・外反母趾) | 14:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
 強剛母趾、手術後のレントゲン写真

手術後のレントゲン写真(左)です。手術直後(まだ麻酔が効いていて眠ってる状態)に撮ったようです。意識が戻って以降レントゲンを撮った記憶がないから…
看護師さん?が押さえてたのか手が写ってます。金属のボルトが写ってますが、骨を切断した後このボルトで固定したみたい。今後も入れっ放しみたい…
骨(第一中足骨)を切断してるので、親指が少し短くなったようです。ボクの場合、左右の足を比べると元々左が少し短かったので更に差がつきました。
写真右は比較のための術前写真です。

横からの撮影

| Minigarage | 医療・健康(強剛母趾・外反母趾) | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
 強剛母趾の手術、その後

手術後6日目になり、傷口(切開部分)の痛みは殆どありません。リハビリ(回復訓練)も1日2回、ベッド上でも自主的なリハビリを行っています。


手術した左足ですが、腫れ(浮腫み)もカナリ取れました。これはリンパドレナージというマッサージとサポーター代わりに包帯をきつく巻いてるお陰じゃないかと思います。
リンパドレナージは浮腫の原因となってるリンパ液を皮下から排液するために優しくさするように行うマッサージです。


親指を屈曲(内屈)させるストレッチです。強剛母趾は関節障害で母趾の付け根部分の関節(中足指節関節)が曲がらなくなる病気です。(外反母趾は趾指が原因ではなく、足の甲の内側にある第一中足骨が内反し、その結果母趾が外反するもので全く異質、別物です)。術後、関節拘縮をおこさないため積極的に行っています。


親指の伸展(外屈)ストレッチです。ボクは手術前、これが殆ど曲がらない状態で、強剛母趾と診断されたわけです。手術で関節にメスを入れたことで曲がるようになりました。現在は70度ほどですが、トレーニングすることでもっと曲がるようになるはずです。
医師によると元々曲がり辛い体質で、強剛母趾になる素養は充分あったようです(笑)。それに何らかの外的要因が加わったために発症したようです。


手術前の親指。殆ど伸展しません。これぞ強剛母趾… 歩いたり走ったりすることに支障がでてましたが、それをフォームでカバーしてたわけですが、その結果ほかの箇所に支障が出ることになったと思います。

| Minigarage | 医療・健康(強剛母趾・外反母趾) | 12:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
 強剛母趾の手術、術前と術後

担当医の回診があり、足に巻かれていた包帯を外したので、手術跡(傷口)が露出、急いで写真を撮りました(笑)。(写真左が術後最新の画像で、右は手術前に撮ったものです)
まぁほぼ予想通り。まだ浮腫んでいるというか腫れていますが、手術後なのでこんなものらしいです。
強剛母趾と外反母趾の手術を合わせて行ったので、左に傾いてた親指(外反母趾)がほぼ真っ直ぐになってるのが判ります。強剛母趾の矯正術結果がどのようなになったのかは外見上写真では判りません。外反母趾と強剛母趾を同時に発症する人は少ないそうです。

| Minigarage | 医療・健康(強剛母趾・外反母趾) | 09:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
 手術後の歩行練習

世の中、台風で大変な騒ぎになっています。病室の窓ガラスに雨が吹き付けてますが病院の中は至って静かです。
リハビリのスタッフが出勤困難と言うことで、今日明日の予定がなくなってしまいました。ただでさえ暇なのに…
ということで、自発的に歩く練習をしています。手術した足に負担をかけないよう、ソロリソロリと歩いています。この足の状況で歩くのは慣れていないので、松葉杖を使って補助してますが、松葉杖を使ったのは人生初経験です。
こうやって(超ゆっくりですが)歩けるようになってから、トイレにも行けるようになって「尿瓶」も使わなくて済むようになりました。
ベッドで尿瓶を使うのって、おねしょをしてるような不思議な感覚です。何となく幼少の頃を思い出しました(笑)。

手術した足で履いてるのは、足を保護する特殊なサンダルです。硬質底術後靴とか、足部免荷装具など言われるフットケア器具です。n>
これはダルコ社製の商品で靴底に屈曲性がなく、手術した親指部分が反り返らないよう保護してくれてます。何せ、右足親指の一部を切り取り右にずらしてボルトで固定してるそうなので、その骨が固まるまでは反り返りの負荷をかけないようにする為のようです。
ボクの場合は常に左足を先に出し、右足は左足と同じ位置で着地し、左足よりも絶対に前に出ないように注意されてます。右足が前に出ると左足指が反り返る状態になり手術箇所に負荷をかけるというわけです。他人から見ると、半歩ずつ歩いてるように見えます。
退院するまでに杖を使わず、この歩き方を会得するというか、カラダに染みこませて覚える必要があります。

手術した足です。
手術後は包帯でぐるぐる巻きにされ、いかにも手術後という感じでしたが、今日医師が手術箇所を確認して包帯を巻き直してくれました。
随分すっきりしました。でもまだ熱を持ってますので、氷で冷やしてます。
この写真を撮るために氷を外しているところへ、看護師さんが現れ、「冷やさないとダメじゃない!」と。一応、事情説明しました(笑)。

| Minigarage | 医療・健康(強剛母趾・外反母趾) | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
 強剛母趾の手術終了

一昨日、入院前日という記事を書きましたが、手術は無事終了しました(と思います)。全身麻酔なので、手術台に上がり、様々な検査器具をカラダに取り付けられて、点滴麻酔が始まってすぐに意識をなくし、「気が付きましたか?」と起こされた(?)時点で2時間が経過し、全てが終わってました。なので、何がどうだったのか全く判りません。
ストレッチャーに乗せられて部屋まで運ばれ、ベッドに移され、そのまま今朝まで過ごしました。
写真は、ベッドの上で寝てる状態の(手術した)左足です。包帯でぐるぐる巻きにされてる上、氷で冷やしてるのでどういう状態になってるのかよく判りません。
全身麻酔の上に、神経ブロック(麻酔)をしたので、それが効いてて昨日は全く痛みがないごころか左足の感覚が全くありませんでした。動かそうにもその神経がブロックされてる状態。今日の未明になり(午前3時頃?)、この効果が切れたのか患部が猛烈に痛くなり、ナースコールしてしまいました。
痛み止め(ロキソニン)を処方してくれましたが、あまり効果がなく、朝まで痛みに耐えて過ごしました。これは、どんな手術でも同じである程度我慢するしかありませんね。
今は、こんな原稿を書いてるくらいですから、推して知るべしです。
この後、リハビリが始まるそうです。患部を保護するための特殊なシューズ(サンダルみたい)を履いて、歩く練習を始めるんだそうです。もう?って感じですが、自分でもへぇ〜!です。

ここは、足病の専門病院。豊富な経験に基づいての治療過程でしょうから大丈夫なのでしょう。

| Minigarage | 医療・健康(強剛母趾・外反母趾) | 14:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
 手術前日


今日、入院しました。明日、手術します。
手術する場所は、左足親指付近です。
写真は、9月初旬に撮影したレントゲン写真です。数年前から外反母趾のような症状があり、ここ1年でかなり悪化し、Jogや歩行に影響が出るようになってきたので、足の専門病院を受診したところ、「強剛母趾」と診断されました。
外反母趾でもあるけれど、強剛母趾の方が問題が大きいとのこと。左足の親指が曲がらなくなってるとの指摘。確かに、内側には多少曲がりますが、全く反り返らなくなっています。その為に歩行やJogに支障が出てるということでした。
3-4年前に左足のアーチが下がり扁平足状態になったのですが、これが原因で、外反母趾・強剛母趾が進んだようです。
虫歯と同じで、放っておいて自然治癒することはなく、症状は悪化するばかりなので、医師と相談し、手術することにしました。
1週間ほどで退院出来るようですが、まともに歩けるようになるには1ヶ月以上かかりそうです。3ヶ月後にはJog出来るとのことなので、年内は走れません。
ちなみに、手術は全身麻酔で行い、2時間ほどで終わるそうです。全身麻酔の手術は、2012年の鼠径ヘルニア(いわゆる脱腸)以来ですから、7年ぶり…


今の左足の状態です。ぐっと手前に引っ張っても親指は反り返りません。いつからこうなったのか、気づきませんでした。
親指以外は問題なく曲がります。

手術後はクニャクニャ曲がるようになるはず…です。

| Minigarage | 医療・健康(強剛母趾・外反母趾) | 17:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
 勝野式アーチサポーター

足の裏をご覧に入れるというのも何なのですが、このアーチサポーターの具合が良いので紹介します。
ここ1年ほど、左足の土踏まず(アーチ)部分が下がり気味で、扁平足っぽく時々痛みがあったりし、整形外科にかかっても埒があかず、シューズ内のインソールで調節するしかないとのことでした。
先日、Webでこのサポーターを見つけ、購入し数回使ってみたのですが、なかなかイイ感じなのです。シリコン製で土踏まず部分が盛ってあるので、歩く際に足が楽なのです。同じような悩みを抱えている方にはお薦めです。
因みに、ボクが購入した商品は名古屋のメイダイという会社が販売元の勝野式アーチサポーターと言う商品です。Amazon“経由”で1,745円でした。

勝野式アーチサポーター

 

| Minigarage | 医療・健康(強剛母趾・外反母趾) | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブログカレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ