鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。蘊蓄(うんちく)は相変わらずですが、これは性格なので…(笑) ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、料理も。身の回りの出来事も含めて、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話。役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

 オスのクマバチ

ハナバチが絶えず集まってるラベンダー花壇へ、オスのクマバチを撮りに行って来ました。わざわざ行ったのではなく、いつも通りかかる場所なので、オスのクマバチを探したというのが正確な言い方です…(笑)
写真はオスのクマバチです。目と目の間、人で言うと鼻のような位置に黄色い三角形があるのがオスです。メスはこれがなく真っ黒です。
飛んでる時は見分けづらいですが、蜜を吸ってる時に正面から見ると一目瞭然です。でも、動きが意外に早いので慣れないと判らないかも。更に慣れると、飛んでる時でも判るようになります。(なりました!)
オスは針を持っていないので刺しません。安心です。

| Minigarage | 昆虫(クマバチ) | 19:30 | comments(0) | - |
 ラベンダーとクマバチ

(たぶん)ラベンダーの咲いてる花壇には、様々なハチが蜜を吸いに集まってます。ハナバチを撮るならココって場所です。
その中で一番存在感があるのは、やはりキムネクマバチです。単にクマバチ、クマンバチとも。ブーンと大きな羽音で飛ぶのでチョット怖いのですが、温厚な性格で人を攻撃することはありません。この個体はメスなので、針を持ってますが、こちらから攻撃しない限り危険はありません。
ただ、怖がって叩いたりすると向かってくるかもしれません。

| Minigarage | 昆虫(クマバチ) | 18:35 | comments(0) | - |
 クマンバチ

キムネクマバチ、通称「クマンバチ」です。クマバチはミツバチ科クマバチ属に属する昆虫の総称(大型のハナバチ)で500種くらいあるらしいのですが、このキムネクマバチのことを指すことが多いです。
体長は20-24mm、ずんぐりした体型でブーンと大きな翅音(威嚇音?)を出して飛ぶので人は怖がりますが、性質は極めて温厚。ひたすら花を求めて飛び回り、人には感心を示しません。こちらから攻撃しない限り刺されることはないです。しかも、毒針を持つのはメスだけで、オスは針がないので刺すことはありません。オス・メスの見分けも割と簡単ですが、頭(顔)部分で見分けるので、パッと見て見分けるのは慣れないと難しいかも…ちなみに、この個体はメスだと思います。
クマバチを撮ることに気が行ってしまい、蜜を吸ってる花のことは二の次、花に焦点を当てて撮ることを忘れてました。しかも、知らない花だし…ということで、帰宅してから調べたのですが、アベリアじゃないかと思います。
アベリアとはスイカズラ科ツクバネウツギ属(Abelia)に属する植物の総称、もしくは、ツクバネウツギ属の常緑低木の交配種なのですが、花をしっかり撮ってないので、詳しくは判断できません。失敗しました。

| Minigarage | 昆虫(クマバチ) | 18:31 | comments(0) | - |
 クマバチ

早くもクマバチがあちこちで飛び回ってます。ホバーリングしてる時があると、狙ってみるのですが、被写体が小さいのでピントを合わせるのが難しく、未だ成功したことがありません。この様に吸蜜のために留まってくれると撮影は簡単なんですけどね。
クマンバチなどとも呼ばれますがクマバチは総称で500種もあるそう。代表的なのはこのキムネクマバチ。ブーンと大きな音を立てて飛びますが、恐怖心を与えるための威嚇音でしょう。でも、温厚な性格で人には無関心。オスは針もないので刺されることもありません。ただ、偶然巣に近づいたりするとメスに刺されることもあるようです。
今の時季に飛び回ってるのは成虫で越冬した個体だと思います。【ハチ目ミツバチ科】

| Minigarage | 昆虫(クマバチ) | 19:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
 クマバチ

クマバチ(キムネクマバチ、ミツバチ科クマバチ属、地域によってはクマンバチ)に遭遇しました。今回は生きてます(笑)。
花はラベンダーじゃないかと思いますが、この花には色んな虫が寄ってきますが、クマバチもお好みの花のようです。
撮影の難点は、一箇所にじっとしてないこと。花に留まって吸蜜しだしカメラのレンズを向けると、飛び立ってもうそこには居ない…ファインダーから離れて居場所を確認し、またファインダーを覗きピント合わせしてるうちに、また飛び立ってしまい、シャッターチャンスを逃してしまいます。そんなことを繰り返してると、時々こんな写真が撮れます。

| Minigarage | 昆虫(クマバチ) | 18:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
 クマバチ

我が家の玄関前にクマバチ(別名をキムネクマバチ)がうずくまってました。つーか、死んでるようでした。あまり汚れてもないので、死んでからさほど時間は経ってないようです。
クマバチってブーンという大きな音を立てて飛び、刺されるのではないかと警戒されますが、それが作戦。オスは針を持ってないので刺しません。人にはあまり関心がないようで、変にイジメでもしない限り襲ってくることはありません。温厚な性格です。
ミツバチ科でひたすら花蜜・花粉を求めて飛び回ってますが、スズメバチと混同してる人もいるようです。

| Minigarage | 昆虫(クマバチ) | 18:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
 クマバチ(熊蜂)
 たぶんラベンダーだと思うのですが、この花に必ずと言って良いほど飛び交うのはクマバチ(キムネクマバチ)−ミツバチ科クマバチ属です。
 ブーンと大きく不気味な音を出しながら飛びますが、至って温厚な性格で人を襲うことはまずありません。こちらから攻撃を仕掛ければ別でしょうけど、ひたすら花を求めて飛び回り人には興味がないようです。
 Jog中だったので、フツーのコンデジで撮影。なので、ホバリング中の羽根はうまく捉えることが出来ませんでした。今度、1眼レフでもってチャレンジしてみようかな…と思わせる被写体でした。(和田堀公園にて)

動いてない羽根は撮れます(笑)。
| Minigarage | 昆虫(クマバチ) | 15:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
 盗蜜するクマバチ

Jog中に善福寺川沿いでサルビア・ガラニティカの写真を撮っていたら、クマバチ(キムネクバマチ)が飛んできたので、撮影対象をクマバチに急遽変更。
クマバチは花の根本に頭を突っ込んでいます。サルビア・ガラニティカの花は細長くて、普通ならクマバチは蜜を吸えないのですが、頑丈な顎と太い口で花の根本に穴を開け蜜を吸っています。これを「盗蜜」と言うようですが、別に盗んでいるわけではなく、彼らなりの吸蜜方法だと思います。
クマバチ(熊蜂)はミツバチ科クマバチ属に属する昆虫の総称で500種類ほど、本州で広く分布しているのはこのキムネクマバチを指すことが多いそうです。クマンバチとも言ったりします。ブーンという大きな音で飛んでくると思わず逃げ出したくなりますが、スズメバチと違って温厚な性質で人を襲うことはないとのこと。でも、やっぱり接近遭遇はしたくないですね。

サルビア・ガラニティカは、南米原産のシソ科多年草。宿根性の常緑低木(でも冬には落葉する)とも。木なのか草なのか…?名前の通りサルビアの仲間で、園芸種として「メドーセージ」の名で流通しているけど、本来のメドーセージはサルビア・プラテンシス(地中海沿岸原産)で別物です。

| Minigarage | 昆虫(クマバチ) | 15:50 | comments(0) | - |
Blog Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Contents
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
(条件指定時は、その条件内の記事一覧)
記事検索
Category
Back number
Comment
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ