鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。蘊蓄(うんちく)は相変わらずですが、これは性格なので…(笑) ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、料理も。身の回りの出来事も含めて、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話。役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

 今年3回目のアオスジアゲハ

今年3回目のアオスジアゲハ(青条揚羽)。一昨年は1回だけ、去年は一度も撮れずだったことを考えると、今年はアオスジアゲハの当たり年ですが、虫撮りをする機会が多いのが一番の原因かもしれません。
それはさておき、いつ見ても綺麗なアゲハチョウです。別名をクロタイマイ。南方系の蝶で東北南部が北限、北海道にはいない、そうです。翅は黒くパステルカラーの帯部分は鱗粉がなく透き通っています。外見上では雌雄の区別が出来ず、生殖器で判断するそうですが、トーシローには無理な話。ボクは撮るだけで捕りませんし。
留まってるのはヤブカラシの花。虫が集まる花です。

| Minigarage | 昆虫(蝶−アゲハチョウ科アオスジアゲハ) | 15:45 | comments(0) | - |
 アオスジアゲハ

アオスジアゲハ、今シーズン2回目の撮影に成功しました。
昨年は1度も撮れなかったのに、はや2回目。このペースだと今シーズンもう1-2回チャンスがあるかも。飛んでるのは時々見かけるのですが、そのまま飛び去っちゃうことが殆どです。
花はヤブカラシ。繁殖力が旺盛で藪を枯らすほどに繁茂するというのが由来のつる性の雑草です。でも、蝶のほか虫は良く集まる花です。

| Minigarage | 昆虫(蝶−アゲハチョウ科アオスジアゲハ) | 16:10 | comments(0) | - |
 アオスジアゲハ

ここのところ、アゲハチョウと言えばナミアゲハばかりだったのですが、今回はアオスジアゲハ(アゲハチョウ科アオスジアゲハ属)です。数日前に撮りました。
時々見かけるのですが、飛翔力が高く、高速で、樹木や花のまわりをめまぐるしく飛び回り、なかなか撮らせてくれません。去年は1度も撮れずでしたから2年ぶりです。この時は珍しく地上に降りてシロツメクサに留まりました。
翅は黒いのですが、青緑(パステルカラー)の帯が印象的なので、青い蝶というイメージです。
南方系のチョウで、西南日本では極めて普通に見られるが、本州中部以北ではあまり多くなく、秋田県あたりが北限だそうです。

翅を閉じて留まることが多いのですが、綺麗に開いてくれました。それだけに右側の手前に写る草が邪魔でしたが、こればかりはどうしようもありませんでした。

| Minigarage | 昆虫(蝶−アゲハチョウ科アオスジアゲハ) | 19:06 | comments(0) | - |
 シロツメクサの蜜を吸うアオスジアゲハ

今、シロツメクサ(クローバー)が満開ですが、その花蜜をアオスジアゲハが吸ってました。
アオスジアゲハはボクの好きな蝶です。飛んでるのはよく見かけますが、この様に留まってる蝶に出会うチャンスはあまり多くありません。たまに、花に留まってても木の高い場所だと撮りづらいのですが、シロツメクサのように10-20cmの低い花だと撮りやすいです。
ちなみに、シロツメクサ(白詰草)は、「詰め草の名称は1846年 (弘化3年)にオランダから献上されたガラス製品の包装に緩衝材として詰められていたことに由来する」と。ヨーロッパ原産で、明治時代以降、家畜の飼料用として導入されたものが野生化した帰化植物。

| Minigarage | 昆虫(蝶−アゲハチョウ科アオスジアゲハ) | 19:40 | comments(0) | - |
 アオスジアゲハ

ボクの好きな蝶、アオスジアゲハです。
飛んでるのはしょっちゅう見ますが、留まってる時に遭遇するのはたま〜に。蜜を吸ってる花はヤブガラシ(藪を覆って枯らしてしまうほどに生育の旺盛で駆除が厄介な“雑草”)。この花は意外に蝶を惹きつけるようです。

| Minigarage | 昆虫(蝶−アゲハチョウ科アオスジアゲハ) | 15:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
 アオスジアゲハ

今日は昼前から雨が予想されてましたが、意外に曇り空が持ち堪えまして、中野区では先程(4時半頃)から雨がポツポツとしてきました。
それはさておき、久し振りにアオスジアゲハを撮るチャンスが巡ってきました。今年は、毎日のようにこの蝶に出会うのですが、殆どがヒラヒラ舞ってるのを眺めてるだけ。今日はヤブカラシの花の蜜を吸ってました。
アオスジアゲハはとても綺麗な蝶、絵になります。ただ、じっとしてなくて花から花へ飛び移り、カメラを向けるとそこにはもう居ないという繰り返しでしたが、粘り強く追いかけ回し何枚か絵になるカットをゲット出来ました。
その中のベストショットがこれです。

| Minigarage | 昆虫(蝶−アゲハチョウ科アオスジアゲハ) | 19:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
 アオスジアゲハ

 アオスジアゲハ の絶好のポーズをゲットしました。
翅の青緑色の帯が鮮やかなのですが、この帯には鱗粉がなく、鮮やかなパステルカラーに透き通って見えるんだそうです。
樹木や花のまわりをめまぐるしく飛び回っていることが多く、留まった個体に出会えるチャンスはなかなかありません。偶然のラッキーでした。
民家の玄関脇に置かれた鉢に咲いたフランス菊(だと思います)に一瞬留まってくれました。この蝶、静止時には通常翅を閉じて止まるそうで、このポーズは貴重かもしれません。

正面から。って、蝶が移動してくれただけですが、このポーズも翅を広げてます。翅を広げてバランスをとってるようにも見えます。

| Minigarage | 昆虫(蝶−アゲハチョウ科アオスジアゲハ) | 18:22 | comments(0) | - |
 アオスジアゲハ

アオスジアゲハ(だと思います)をゲットしました。初めてです。
時々見かけることがあるのですが、忙しく飛び回ってることがほとんどで留まってくれたのは初めてです。今日は花(ハルジオンもしくはヒメジョオン)を飛び移りながら蜜を吸ってました。
撮影してて気づいたのですが、モンシロチョウのようにピタッと留まるのではなく、静止することなくパタパタと翅を動かしながら、ホバリングに近い状態で吸蜜してました。ただ、写真ではシャッタースピード(1/2000秒)の関係で静止してるように見えます。

| Minigarage | 昆虫(蝶−アゲハチョウ科アオスジアゲハ) | 15:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
Blog Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Contents
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
(条件指定時は、その条件内の記事一覧)
記事検索
Category
Back number
Comment
その他・・・

   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ