鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。蘊蓄(うんちく)は相変わらずですが、これは性格なので…(笑) ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、料理も。身の回りの出来事も含めて、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話。役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

<< 肺癌か? 精密検査に行ってきました | main | 先進国と発展途上国 >>
 茨城空港、その後
茨城空港がもうすぐ開港します。
1年半ほど前にこの空港のことをテーマに書きましたが、その時になかなか面白い意見をコメントを頂きました。それは格安航空会社(LCC:Low Cost Carrier)専用の国際線空港としてアピールできれば、かなり見込みがあるというものでした。
開港が来年3月に迫っているのですが、定期便は現状では国内線なしで国際線のアシアナ航空がソウル便を1日1便往復することだけしか決まっていないそうです。その結果、問題となっているのは、ターミナルビルに飲食店・売店の出店がないまま新空港がスタートしそうだということです。出店する予定だった2社が出店を取りやめるというのは、1日1便では当然でしょう。誰が考えてもこれで利益が出るとは思えません。民間企業が赤字で出店するというのは、普通はありえません。空港に飲食店や売店がないというのは寂しい限りですが、鉄道でも乗降客がすくない地方の駅では売店どころが駅員もいない場合もありますもんね。
となると、茨城空港ターミナルビルは赤字必須で管理する茨城県が費用を負担することになりましすし、国営空港なので空港自体の運営費用は国が負担。どっちも税金が使われることになります。
問題は、就航する航空会社が見込めないまま(札幌、大阪、福岡、那覇の4路線が就航した場合、年間約81万人の利用が見込まれるという甘い想定で)空港建設が進んでしまったことにあります。従来であれば、国が日本航空にプレッシャーをかけて無理矢理就航させる構図だったのかもしれませんが、今ではそれも無理。
このままでは赤字垂れ流しとなるムダ空港を作った責任者は責任重大ですが、決定した当時の国土交通省大臣は・・・某自民党の○○氏。責任取るワケないよなぁ…
| Minigarage | 運輸・交通 | 14:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 14:33 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
トラックバック(TB)は基本的には受付ます。
ただし、最近は [迷惑トラックバック] が多いため、管理者が承認するまでTBは公開されません。また、記事に無関係、不適切、一方的な宣伝目的と思われるトラックバックは公開することなく削除いたします。 削除されるだろうと予想されるBlogを敢えてTBする という 無駄(非生産的)な行為 はお互いの幸せのために是非ともお控えください。
Blog Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Contents
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
(条件指定時は、その条件内の記事一覧)
記事検索
Category
Back number
Comment
その他・・・

   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ