そりゃあ閑話(ボク的デキゴトロジー)
【内容】このBlogを始めた当初は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。ここ数年の傾向としては、冬(秋〜春)は冬鳥を中心とした野鳥、夏(春〜秋)は昆虫と花の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターもチャンスがあれば撮ってます
【閑話】つまりは無駄話 
【効用】せいぜい暇潰し程度でしかありませんが、お付き合いいただける方はどうぞ御緩りと
<< 余震 | main | 地震の被害〜一関市編、その2(百年茶) >>
 地震の被害〜一関市編
一関市に来ています。奥さんの実家(一関市内)の災害復旧(老夫婦のみなので巨大地震発生時のままになっている部屋などがある)のためです。
一関は岩手県の内陸部なので、津波の被害もなくニュース報道も殆どなかったので状況が良く判らなかったのですが、被害はあちこちにありました。
東北道一関インターチェンジ付近には郊外型の大型店舗が多くありますが、今回の地震・余震のため営業休止を余儀なくされている店がいくつもありました。外傷が殆どないのに営業できないというのは、壁や天井など内部損傷があり、安全確保出来ないので休業やむなしという状況のようです。例えば、天下のユニクロ一関店も休業中でした。
なかには、外部損傷が激しくこれじゃぁというのもありまして、


これは、一関インターチェンジ正面にある、某結婚式場です。入口も含めてガラスが殆ど割れ、壁が崩れ落ちて鉄骨がむき出しになったりしています。これじゃ、結婚式どころではありません。
ただ、この結婚式場の周辺がみなこんな状況でもなく、殆ど無傷の建物もあります。これほど被害に差が出るの原因は・・・素人のボクにはよく判りません。
この写真を撮っていたら、「災害派遣車両」という幕を付けた自衛隊の車両が多数、インターチェンジを出入りしていました。各地の自衛隊から被災地の災害復旧に向かう車両は、一関インターチェンジから気仙沼市(宮城県)方面に向かうのだと思います。片や、被災地で復旧活動してきた部隊が所属駐屯地へ帰還する途中なのだと。
| Minigarage | 社会 | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:40 | - | - |









http://blog.minigarage.net/trackback/909448
トラックバック(TB)は基本的には受付ます。
ただし、最近は [迷惑トラックバック] が多いため、管理者が承認するまでTBは公開されません。また、記事に無関係、不適切、一方的な宣伝目的と思われるトラックバックは公開することなく削除いたします。 削除されるだろうと予想されるBlogを敢えてTBする という 無駄(非生産的)な行為 はお互いの幸せのために是非ともお控えください。
日捲りカレンダー
 
天気予報
ブログカレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

  

  ところで…
  


このページの先頭へ