そりゃあ閑話(ボク的デキゴトロジー)
【内容】このBlogを始めた当初は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。ここ数年の傾向としては、冬(秋〜春)は冬鳥を中心とした野鳥、夏(春〜秋)は昆虫と花の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターもチャンスがあれば撮ってます
【閑話】つまりは無駄話 
【効用】せいぜい暇潰し程度でしかありませんが、お付き合いいただける方はどうぞ御緩りと
<< 休眠口座 | main | ムラサキツユクサ >>
 割り箸−間伐材の有効利用

昨日、奥さんと一緒に入ったハンバーグ店(ぐーばーぐ大山店)で、割り箸に国産杉の間伐材が使われていることに気づきました。
割り箸が入った袋には、「国産杉の間伐材を有効活用することで、山に資源を還元し林業育成・環境保護に貢献します」と書かれてました。

エコロジーの為、割り箸を使わない(洗って再使用出来る箸を置く)店も増えていますが、国産杉間伐材で作った割り箸を置いている店は初めてでした。

割り箸(使い捨て)をめぐる環境問題は古くからあります。わが国で使用されている割り箸の90%以上は中国からの輸入品だそうです。輸入品の多くは、割り箸などを製造するために伐採(皆伐)した材木を用いて作られていると。
じゃあ再利用出来る箸やマイ箸を使った方が良いのかというと、箸を洗う為の水道水・洗剤と洗った後の汚水を処理する環境負荷の問題もありますし、マイ箸やそれを入れる(持ち運ぶ)ケースの材料には石油が使われたりするので、一概にどっちが良いとは言えません。
国内の間伐材を使えば良いのでしょうが、コスト面から輸入材の方が安くて国内の間伐材利用は進んでいないのが現状のようです。

なので、国産の間伐材を使った割り箸に出会うことが少ないということでしょう。
“ぐーばーぐ”で国産杉の間伐材が割り箸に使われている理由は…
この店は、セブン&アイFood Systemsというセブン&アイHLDGS翼下の会社が経営しているので、環境保護等の問題には意識が高いということからかなぁと想像します。
| Minigarage | 社会 | 13:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:38 | - | - |









http://blog.minigarage.net/trackback/909638
トラックバック(TB)は基本的には受付ます。
ただし、最近は [迷惑トラックバック] が多いため、管理者が承認するまでTBは公開されません。また、記事に無関係、不適切、一方的な宣伝目的と思われるトラックバックは公開することなく削除いたします。 削除されるだろうと予想されるBlogを敢えてTBする という 無駄(非生産的)な行為 はお互いの幸せのために是非ともお控えください。
日捲りカレンダー
 
天気予報
ブログカレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

  

  ところで…
  


このページの先頭へ