そりゃあ閑話(ボク的デキゴトロジー)
【内容】このBlogを始めた当初は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。ここ数年の傾向としては、冬(秋〜春)は冬鳥を中心とした野鳥、夏(春〜秋)は昆虫と花の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターもチャンスがあれば撮ってます
【閑話】つまりは無駄話 
【効用】せいぜい暇潰し程度でしかありませんが、お付き合いいただける方はどうぞ御緩りと
<< ベジブロスー野菜くずのスープ | main | オナガガモ(カモ目カモ科マガモ属) >>
 コーヒーフレッシュ

 ボクはコーヒー党なのですが、ブラックはダメでコーヒーフレッシュ(これは和製英語)必須です。先日、家の在庫が切れたので買ってきました。上の写真右に写っているコーヒーフレッシュでイトーヨーカ堂で買いました。
 ところが、新しく買ったコーヒーフレッシュを入れてコーヒーを飲んだところ、今までと味が違うことに気づきました。コーヒーはドトール製の焙煎豆を一杯ずつミルで惹いてまして、淹れ方はいつもどおり変わらないので、味の違いはフレッシュによるとしか思えません。
 3回ほど飲んだのですが、どう考えても納得できないので、今まで使っていたStyleONEのコーヒーフレッシュを買ってきて比べてみました。パッケージの写真もよく似ていますし、個別のポーション上面の印刷デザインもそっくり。その理由は、製造元が名古屋製酪株式会社と同じだからで納得。1個5mlで45個入りというのも同じ。価格も180円程度で同じようなもの。なのに、コーヒーに加えた時のコーヒーの味は明らかに違います。
 なんでかなぁと栄養成分表示を見比べてたところ、「脂質」に大きな違いがありました。

 セブンのフレッシュは0.4gで、StyleONEのそれは1.3gと3倍近くの差がありました。その結果、エネルギーも2倍の差になっています。これが味の違いに繋がっているのだと思います。どっちが美味しいかという問題ではなく、味の違いは好みの問題だと思います。それに、カロリーを気にする人は、カロリー差が判断基準になるかも知れません。
 脂質の違いによる味(風味)の違いは、成分無調整の牛乳と低脂肪の違いに似ていますが、低脂肪乳よりも成分無調整乳の方が好きなボクは、コーヒーフレッシュも1.3g(13kcal)じゃないとダメです。
 ということで、セブンのフレッシュは、もう使わないので泣く泣く処分しました。これからは、成分をよく見てから購入することにします。
 ところで、コーヒーフレッシュのパッケージに印刷されたイメージからすると、乳脂肪を主原料とする生クリームやミルク(牛乳)を連想しますが、主原料は植物性脂肪で僅かな脱脂粉乳(乳製品)が使われているようです。また、製造元の名古屋製酪のブランド製品(褐色の恋人スジャータ)には乳脂肪を5%・18%・45%使用した製品もあるようなので、どれがボクの好みに一番合うか使い比べてみようかと思います。

 そして、どうでも良い話ですが、製造元である名古屋製酪株式会社の本社は、ボクが生まれ育った名古屋の実家のすぐ近所にあります。小学生の頃は、この近所を遊び場にしてました。
| Minigarage | 食糧・食品関連 | 17:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:10 | - | - |









http://blog.minigarage.net/trackback/909838
トラックバック(TB)は基本的には受付ます。
ただし、最近は [迷惑トラックバック] が多いため、管理者が承認するまでTBは公開されません。また、記事に無関係、不適切、一方的な宣伝目的と思われるトラックバックは公開することなく削除いたします。 削除されるだろうと予想されるBlogを敢えてTBする という 無駄(非生産的)な行為 はお互いの幸せのために是非ともお控えください。
日捲りカレンダー
 
天気予報
ブログカレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

  

  ところで…
  


このページの先頭へ