そりゃあ閑話(ボク的デキゴトロジー)
【内容】このBlogを始めた当初は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。ここ数年の傾向としては、冬(秋〜春)は冬鳥を中心とした野鳥、夏(春〜秋)は昆虫と花の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターもチャンスがあれば撮ってます
【閑話】つまりは無駄話 
【効用】せいぜい暇潰し程度でしかありませんが、お付き合いいただける方はどうぞ御緩りと
<< 紫蘭(シラン) | main | アカボシゴマダラ >>
 ナデシコいろいろ

見慣れない(知らない)花を見かけたので調べてみたら、アメリカナデシコの一種らしいと。別名をヒゲナデシコ(もしくはビジョナデシコ)とも。
ナデシコ科ナデシコ属の多年草でヨーロッパ原産、日本には江戸末期に渡来。アメリカには自生してないのにアメリカナデシコというのは…? 
『花壇・切り花用に、家庭園芸で栽培されるが、エディブル・フラワーとして開花したばかりの花を摘んでサラダなどに入れて食べることができる』とWikipediaにありました。

ナデシコ(撫子)というとこの形の花をイメージするのですが、これはカワラナデシコ(別名をヤマトナデシコ)で国産種です。白花はそんなに多くなく、メインはピンク系です。
秋の七草のひとつなのですが、開花時期は5-8月。秋の花じゃないのになぜ?

ナデシコという名の花は色々ありまして、これはムシトリナデシコ(虫取撫子)。ナデシコ科マンテマ属の多年草。
茎の途中に粘液を出す場所があり、小昆虫を捕らることに由来した名。食虫植物ではなく、花の蜜を盗むだけで、効果的な受粉に与らないアリが、茎をよじ登って花に達するのを妨げていると考えられているそうです。

最後はこれ、ムギナデシコ(麦撫子)。ムギセンノウ(麦仙翁)とも。ヨーロッパ原産でナデシコ科ムギセンノウ属の一年草、明治時代に渡来。ヨーロッパでは“麦畑の雑草”としてたくさん生えてるらしいです。

| Minigarage | 植物(草本・ナデシコ科) | 15:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:22 | - | - |









http://blog.minigarage.net/trackback/911028
トラックバック(TB)は基本的には受付ます。
ただし、最近は [迷惑トラックバック] が多いため、管理者が承認するまでTBは公開されません。また、記事に無関係、不適切、一方的な宣伝目的と思われるトラックバックは公開することなく削除いたします。 削除されるだろうと予想されるBlogを敢えてTBする という 無駄(非生産的)な行為 はお互いの幸せのために是非ともお控えください。
日捲りカレンダー
 
天気予報
ブログカレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

  

  ところで…
  


このページの先頭へ