そりゃあ閑話(ボク的デキゴトロジー)
【内容】このBlogを始めた当初は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。ここ数年の傾向としては、冬(秋〜春)は冬鳥を中心とした野鳥、夏(春〜秋)は昆虫と花の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターもチャンスがあれば撮ってます
【閑話】つまりは無駄話 
【効用】せいぜい暇潰し程度でしかありませんが、お付き合いいただける方はどうぞ御緩りと
<< 和田堀公園池の掻い掘り(その後) | main | イカル(鵤) >>
 ベトナム語対応の「ゴミ出しルール」

家の近所を歩いていたら、ベトナム語対応のゴミ出しルールが掲出してありました。
我が家がある中野区は外国人が多いという認識はありましたが、こんな掲示があるというのは、その証拠でもあるでしょう。
手元にあった区報によると、中野区の人口約33万人のうち外国人は約1万8千人、率にして約5.5%ですが、それが多いのか少ないのかを調べてみました。
東京都のそれは、3.6%なので、東京の中では中野区はカナリ多いと言えます。
全国平均は1.8%なので、東京はカナリ多いと。ちなみに、一番低いのは青森県で0.34%。ということは、中野区の5.5%は突出して多いと言っても過言ではなさそうです。

ところで、2016年からの1年間で日本人の人口は31万人減ってます。逆に外国人は15万人増えてて、全体では16万人減ですから、外国人が日本の人口減少の勢いを遅らせているとも言えそうです。
15万人増えてるうち、一番多いのはベトナム人で5万3千人、ついで中国人が3万人。と言うことは、中野区でもベトナム人はガンガン増えていると思われ、それが「ベトナム語対応のゴミ出しルール」に繋がってるんだなあと納得した次第です。

ちなみに、OECD(経済協力開発機構)に加盟している35ヶ国で、外国人が占める割合は平均8.1%という数字があります。日本は1.8%なので断トツに少ないです。米国や欧州各国のように移民を積極的に受け入れている国は多くありますが、日本は島国で移民受入には消極的。なので、こう言う数字になるのは仕方ないのかもしれませんが、人口の減少を食い止めるには外国人がキーになるような気がします。

と、ゴミ出しルールの掲示板から、結構マジメな考察をしてしまいました(笑)。

| Minigarage | 社会 | 18:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:46 | - | - |









http://blog.minigarage.net/trackback/911511
トラックバック(TB)は基本的には受付ます。
ただし、最近は [迷惑トラックバック] が多いため、管理者が承認するまでTBは公開されません。また、記事に無関係、不適切、一方的な宣伝目的と思われるトラックバックは公開することなく削除いたします。 削除されるだろうと予想されるBlogを敢えてTBする という 無駄(非生産的)な行為 はお互いの幸せのために是非ともお控えください。
日捲りカレンダー
 
天気予報
ブログカレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

  

  ところで…
  


このページの先頭へ