そりゃあ閑話(ボク的デキゴトロジー)
【内容】このBlogを始めた当初は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。ここ数年の傾向としては、冬(秋〜春)は冬鳥を中心とした野鳥、夏(春〜秋)は昆虫と花の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターもチャンスがあれば撮ってます
【閑話】つまりは無駄話 
【効用】せいぜい暇潰し程度でしかありませんが、お付き合いいただける方はどうぞ御緩りと
<< 春型のアカボシゴマダラ | main | シロツメクサとアオスジアゲハ >>
 「さびしい」と「さみしい」

昨日でゴールデンウィーク(NHK的には大型連休)が終わりましたが、連休の最終日には、故郷から都会へ帰る人と見送り人の「別れ」を駅でインタビューするのがニュースの定番です。それと、高速道路の渋滞状況の中継ね。テレビで渋滞状況を見てる人は「大変だね」と優越感に浸るワケです(笑)。
ところで、駅での別れシーンのニュースでは、インタビューを受けた人が皆、「さみしい」と答えてました。インタビュアーが言わせてるというか、そういう答えだけを採用してるようにも思えます。別れは寂しいものというテーマでのニュースですからね(笑)。

で、気になったのが「さみしい」です。字幕スーパーも「さみしい」と表記してましたが、「さみしい」を辞書を引くと、“サビシイの転”とあり、“さびしい【寂しい・淋しい】で説明が載っています。漢和辞典で「寂」を調べても、訓読みは“さび・さび−しい”のみで、“さみ−しい”はありません。じゃあ、「さみしい」は間違ってるか?というと、そうでもなさそう。
平安・鎌倉期は“さびし”だけのようですが、江戸時代には“さみし”が現れ、両方使われたようです。ただし、“さびし”の方が優勢で常用漢字表にも“さびしい”という訓だけが載ってることに繋がってるようです。
ただ、ボク自身でもそうですが、現状は「さみしい」の方が優勢かな?とも感じます。
NHK放送文化研究所のHPにも、
Q:「さびしい」と「さみしい」とは、放送ではどう使い分けたらよいのでしょうか。
A:たいていの場合、どちらを使ってもかまいません。ただし、「ひっそりしている」という意味の場合には「さびしい」が使われることが多いようです。
と載ってました。
また、「さみしい」と読んでもらいたいときには、漢字を使わずにひらがなで「さみしい」と書くようにしましょう、とも。

パソコンでは、“さみしい・さびしい”のどちらでも「寂しい・淋しい」と変換出来ますが、「寂しい」を“さみしい”と読むのは間違いかも…

| Minigarage | 言語(言葉) | 19:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:02 | - | - |









http://blog.minigarage.net/trackback/911657
トラックバック(TB)は基本的には受付ます。
ただし、最近は [迷惑トラックバック] が多いため、管理者が承認するまでTBは公開されません。また、記事に無関係、不適切、一方的な宣伝目的と思われるトラックバックは公開することなく削除いたします。 削除されるだろうと予想されるBlogを敢えてTBする という 無駄(非生産的)な行為 はお互いの幸せのために是非ともお控えください。
日捲りカレンダー
 
天気予報
ブログカレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

  

  ところで…
  


このページの先頭へ