そりゃあ閑話(ボク的デキゴトロジー)
【内容】このBlogを始めた当初は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。ここ数年の傾向としては、冬(秋〜春)は冬鳥を中心とした野鳥、夏(春〜秋)は昆虫と花の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターもチャンスがあれば撮ってます
【閑話】つまりは無駄話 
【効用】せいぜい暇潰し程度でしかありませんが、お付き合いいただける方はどうぞ御緩りと
<< 体温調節するアオサギ | main | 川岸下で休むカルガモの親子 >>
 ハグロトンボ

黒い翅(翅だけじゃなく全身黒)のトンボを見かけました。飛び方も、ヒラヒラと翅を羽ばたいて、蝶のようでした。
写真の留まってる状態も、翅を立てて重ねて閉じてます。これも蝶のようです。トンボは普通、翅を開いて留まりますよね。
これって本当にトンボか?トンボもどきの蛾だったりしてという疑問もありましたが、調べてみたら、ハグロトンボ(羽黒蜻蛉)というカワトンボ科の歴としたトンボでした。カワトンボ科のトンボは翅を閉じて留まるようです。
オスの胴体は金緑色(光が反射して金色を帯びて見える緑色)に輝き、メスは全身が黒いということですので、この個体はメスのようです。
『河川の岸辺で見られ、平地や丘陵地の水生植物の生えたゆるい流れを好み、住宅地の周辺でも発生していることがある』とのこと。また、『羽化後の若い個体は薄暗いところを好み、水域から離れて林の中で生活するが、成熟すると再び水域に戻る』ということで、チョット珍しいトンボでした。

| Minigarage | 昆虫(トンボ) | 17:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:38 | - | - |









http://blog.minigarage.net/trackback/911749
トラックバック(TB)は基本的には受付ます。
ただし、最近は [迷惑トラックバック] が多いため、管理者が承認するまでTBは公開されません。また、記事に無関係、不適切、一方的な宣伝目的と思われるトラックバックは公開することなく削除いたします。 削除されるだろうと予想されるBlogを敢えてTBする という 無駄(非生産的)な行為 はお互いの幸せのために是非ともお控えください。
日捲りカレンダー
 
天気予報
ブログカレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

  

  ところで…
  


このページの先頭へ