そりゃあ閑話(ボク的デキゴトロジー)
【内容】このBlogを始めた当初は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。ここ数年の傾向としては、冬(秋〜春)は冬鳥を中心とした野鳥、夏(春〜秋)は昆虫と花の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターもチャンスがあれば撮ってます
【閑話】つまりは無駄話 
【効用】せいぜい暇潰し程度でしかありませんが、お付き合いいただける方はどうぞ御緩りと
<< 久し振りのオオタカ | main | 航空自衛隊の輸送機C-1(78-1024) >>
 三脚と雲台

400mmの単焦点レンズで鳥撮りするための必需品、三脚と雲台を購入しました。とうとう行き着くところまで来てしまったという感じです(笑)。
レンズとカメラ、そしてテレコンの合計重量は6kg弱。その重さに耐えうる(耐荷重7kg以上)と言う条件で出来るだけ安くて軽い機材を考えたのですが、よくわかんないので、和田堀公園の鳥撮り仲間が使っている機材を参考にというか、真似しました(笑)。
三脚はベルボン社製のジオカルマーニュE730(カーボン製)、雲台はマンフロット社製のフルード雲台という種類(MVH502AH)、正確にはビデオ用ですがスチールカメラでもよく使われてます。両方併せて購入価格は68,200円ほどでした。このクラスの機材としては安いと思います。
雲台のクイックシューはレンズの三脚座を2箇所で固定してますので、ガッチリ安定感があります。
重量は約4kgですので、カメラレンズ等を取り付けた状態で総重量は約10kg。これを抱えて持ち歩くのは、ちょっと大変。場所を決めて、鳥さんがやってくるのを待つというボクの苦手なスタイルです。でも、機材を生かすにはこれしかありません。本来、陸上競技を撮るために購入した機材ですが、それだけだと、年間の出動回数は2-3試合しかありません。競技会は複数日に渡って開催されますがそれでも都合精々6-7日でして、それじゃあまりに勿体ない。いわゆる宝の持ち腐れです。
この三脚と雲台を使って、もう少し活躍してもらおうと思ってます。

| Minigarage | カメラ(周辺用品) | 14:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 14:44 | - | - |









http://blog.minigarage.net/trackback/911814
トラックバック(TB)は基本的には受付ます。
ただし、最近は [迷惑トラックバック] が多いため、管理者が承認するまでTBは公開されません。また、記事に無関係、不適切、一方的な宣伝目的と思われるトラックバックは公開することなく削除いたします。 削除されるだろうと予想されるBlogを敢えてTBする という 無駄(非生産的)な行為 はお互いの幸せのために是非ともお控えください。
日捲りカレンダー
 
天気予報
ブログカレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

  

  ところで…
  


このページの先頭へ