そりゃあ閑話(ボク的デキゴトロジー)
【内容】このBlogを始めた当初は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。ここ数年の傾向としては、冬(秋〜春)は冬鳥を中心とした野鳥、夏(春〜秋)は昆虫と花の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターもチャンスがあれば撮ってます
【閑話】つまりは無駄話 
【効用】せいぜい暇潰し程度でしかありませんが、お付き合いいただける方はどうぞ御緩りと
<< ベーコンとほうれん草のパスタ | main | ブラシノキ >>
 海上自衛隊のUS-2

海上自衛隊のUS-2という救難飛行艇(9904)です。「です」ではなく、後から確認したら「でした」。見慣れないヒコーキだったので、撮ってる時は「なんじゃこれ?」という感じでした。
基地(飛行場)がある厚木や下総の周辺なら海上自衛隊機は珍しくないでしょうが、都内上空を飛ぶ海上自衛隊機は珍しいと思います。しかも、海上で離発着出来る飛行艇ですから尚更、何用で飛んでたかはよく判りません。
このUS-2という海洋救難に特化した飛行艇は、新明和工業が開発した機体です(でした)。新明和工業というのは「ShinMaywa」のブランドでダンプや塵芥車・ミキサー車などの特装車を製造してるメーカーだと思っていたのですが、航空機も作ってたとは知りませんでした。
チョット調べてみたら、前身は川西航空機で、第二次世界大戦で活躍した戦闘機「紫電/紫電改」を製造した会社でした。戦後、分割された自動車部門(明和自動車工業)は後にダイハツ工業に吸収合併されてます。
航空機部門は、YS-11の生産分担をしたり、ボーイング社やエアバス社向けの部品供給もしてて、この飛行艇(US-2)は自社製造の完成機メーカーでした。驚き…
他にも、空港のターミナルにある旅客搭乗橋(ボーディングブリッジ)も作ってました。日本でこれを製造出来るのは、三菱重工業系の会社と新明和の2社だけでした。へぇ〜です。
ちなみに、海上自衛隊には6機納入されていて、現在5機が運用されてます。1機は離陸に失敗し大破 、海没とのことでした。

| Minigarage | 自衛隊(プロペラ機) | 16:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:33 | - | - |









http://blog.minigarage.net/trackback/911885
トラックバック(TB)は基本的には受付ます。
ただし、最近は [迷惑トラックバック] が多いため、管理者が承認するまでTBは公開されません。また、記事に無関係、不適切、一方的な宣伝目的と思われるトラックバックは公開することなく削除いたします。 削除されるだろうと予想されるBlogを敢えてTBする という 無駄(非生産的)な行為 はお互いの幸せのために是非ともお控えください。
日捲りカレンダー
 
天気予報
ブログカレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

  

  ところで…
  


このページの先頭へ