鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、身の回りの出来事も、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話、役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

<< 交尾中のミンミンゼミ | main | 警察病院から逃走した男が逮捕される >>
 セミの幼虫を捕まえたカラス

カラスがセミの幼虫を捕まえたようです。抜け殻は食べないでしょうから、羽化前のセミのようです。 目が「してやったり」と言ってるようです(笑)。
だから、昼間出てきちゃいけないのに、朝方に羽化直後の白い状態のセミも時々見かけますから、地上に出てきたところでカラスに捕まる幼虫もいるでしょう。カラスもよく知ってて、セミの幼虫が出てきそうな木の幹周りを探してるのを良く見かけますし、ゲットした獲物を咥えて飛び去るのも時々見かけます。
長い間(数年間)地中で暮し、最後の仕上げ(子孫を残し)に地上に出てきた途端、捕まって羽化もできずに生涯を終えるというのも切ないですね。もっとも、地中が安全かといえば然に非ず、モグラなどの天敵がいます。ま、それが自然界の食物循環ですから仕方ないですけど…

| Minigarage | 野鳥(カラス科) | 17:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:17 | - | - |









http://blog.minigarage.net/trackback/912271
トラックバック(TB)は基本的には受付ます。
ただし、最近は [迷惑トラックバック] が多いため、管理者が承認するまでTBは公開されません。また、記事に無関係、不適切、一方的な宣伝目的と思われるトラックバックは公開することなく削除いたします。 削除されるだろうと予想されるBlogを敢えてTBする という 無駄(非生産的)な行為 はお互いの幸せのために是非ともお控えください。
ブログカレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ