鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、身の回りの出来事も、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話、役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

<< 強剛母趾の手術、術前と術後 | main | 強剛母趾の手術、その後 >>
 大宅壮一のことば

暇で時間が有り余る入院生活、読書三昧です。
昨日読んだのは、「大宅壮一のことば」。帯には「怪物評論家の傑作コラム」とあります。
Wikipediaによると、大宅壮一は“日本のジャーナリスト、ノンフィクション作家、評論家”とありますが、1970年(昭和45年)に亡くなってますので、ボクには殆ど印象がありません。評論家(コメンテーター?)としてテレビ・ラジオで良く接する大宅映子のお父さんと言うくらい。氏の膨大な雑誌のコレクションを基礎として作られた専門図書館が「大宅壮一文庫」だというのは知ってましたが、訪れたことはありません。八幡山にある本館前の道路は何度も通ってますが…
「大宅壮一文庫」を岩波文庫や新潮文庫と同じような文庫本レーベルの名前だと思ってる人が多いそうですね(笑)。その大宅壮一文庫が慢性的な赤字経営で経営危機に陥り、クラウドファンディングで支援を呼びかけ、目標額が集まったことが報道されてた当時(2017年春)、大宅映子が支援のことと、この本のことを話しているのをラジオで聞いたことがきっかけで購入しました。
2年以上積ん読状態でしたが、漸く…
一億総白痴化、クチコミ、恐妻家、太陽族、駅別大学などと言う言葉は彼の作った造語だそうです。一億総評論家時代というコラムは昭和33年に書かれたというのは驚きです。50年以上前のコラムにはなるほどと感心させられることが沢山ありました。現在を予見してたかと思うような文章もありました。彼が今生きていたら、舌鋒鋭い切り口で日本社会を一刀両断にしていたのではないかと。
【講談社から¥1,200+消費税】

ところで、大宅壮一の素顔はこの本の表紙で初めて知ったのですが、娘(大宅映子)とは似てないですよね…

 

| Minigarage | 本(単行本) | 15:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:24 | - | - |









http://blog.minigarage.net/trackback/912334
トラックバック(TB)は基本的には受付ます。
ただし、最近は [迷惑トラックバック] が多いため、管理者が承認するまでTBは公開されません。また、記事に無関係、不適切、一方的な宣伝目的と思われるトラックバックは公開することなく削除いたします。 削除されるだろうと予想されるBlogを敢えてTBする という 無駄(非生産的)な行為 はお互いの幸せのために是非ともお控えください。
ブログカレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ