鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、身の回りの出来事も、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話、役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

<< 大宅壮一のことば | main | コーノも閉店 >>
 強剛母趾の手術、その後

手術後6日目になり、傷口(切開部分)の痛みは殆どありません。リハビリ(回復訓練)も1日2回、ベッド上でも自主的なリハビリを行っています。


手術した左足ですが、腫れ(浮腫み)もカナリ取れました。これはリンパドレナージというマッサージとサポーター代わりに包帯をきつく巻いてるお陰じゃないかと思います。
リンパドレナージは浮腫の原因となってるリンパ液を皮下から排液するために優しくさするように行うマッサージです。


親指を屈曲(内屈)させるストレッチです。強剛母趾は関節障害で母趾の付け根部分の関節(中足指節関節)が曲がらなくなる病気です。(外反母趾は趾指が原因ではなく、足の甲の内側にある第一中足骨が内反し、その結果母趾が外反するもので全く異質、別物です)。術後、関節拘縮をおこさないため積極的に行っています。


親指の伸展(外屈)ストレッチです。ボクは手術前、これが殆ど曲がらない状態で、強剛母趾と診断されたわけです。手術で関節にメスを入れたことで曲がるようになりました。現在は70度ほどですが、トレーニングすることでもっと曲がるようになるはずです。
医師によると元々曲がり辛い体質で、強剛母趾になる素養は充分あったようです(笑)。それに何らかの外的要因が加わったために発症したようです。


手術前の親指。殆ど伸展しません。これぞ強剛母趾… 歩いたり走ったりすることに支障がでてましたが、それをフォームでカバーしてたわけですが、その結果ほかの箇所に支障が出ることになったと思います。

| Minigarage | 医療・健康(強剛母趾・外反母趾) | 12:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:31 | - | - |









http://blog.minigarage.net/trackback/912338
トラックバック(TB)は基本的には受付ます。
ただし、最近は [迷惑トラックバック] が多いため、管理者が承認するまでTBは公開されません。また、記事に無関係、不適切、一方的な宣伝目的と思われるトラックバックは公開することなく削除いたします。 削除されるだろうと予想されるBlogを敢えてTBする という 無駄(非生産的)な行為 はお互いの幸せのために是非ともお控えください。
ブログカレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ