鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、身の回りの出来事も、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話、役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

<< オオタカ、2歳半? | main | ルリビタキ(オス) >>
 合鴨肉

近所のスーパーで買ってきた「合鴨パストラミ」。“パストラミ”は燻製肉という意味合いでしょうが、今回のテーマは“合鴨”。
合鴨はマガモ(真鴨)とアヒル(鶩・家鴨)との交雑交配種。ただし、アヒルはマガモを品種改良した家禽品種で生物学的にはマガモと同じ。なので、マガモとアヒルを交配しても生物学的にはマガモ。「アイガモ」は生物学的な学名ではなく、商業的な俗称。
アイガモはアヒルに比べて小さく肉の量も少なく、成長に時間がかかるため、食肉用には殆ど飼育されてません。食肉用に飼育されているのは殆どがアヒル。日本で一番流通量が多いのは、チェリバレーという品種。見た目は白いのでアヒルです。
アヒルは学校や公園などで飼育されていたり、ペットとして飼う人もいるので、食肉として「アヒル肉」ではね…アヒル南蛮やアヒル鍋じゃ注文するのを躊躇うでしょう。やっぱり鴨南蛮・鴨鍋でしょう。この肉も「アヒルパストラミ」じゃあね(笑)。
ということで食肉としての流通名は合鴨(アイガモ)が定着しています。商業的な俗称だからウソ・偽りとは言えないでしょう。

| Minigarage | 食べ物系の話題 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:00 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
トラックバック(TB)は基本的には受付ます。
ただし、最近は [迷惑トラックバック] が多いため、管理者が承認するまでTBは公開されません。また、記事に無関係、不適切、一方的な宣伝目的と思われるトラックバックは公開することなく削除いたします。 削除されるだろうと予想されるBlogを敢えてTBする という 無駄(非生産的)な行為 はお互いの幸せのために是非ともお控えください。
ブログカレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
最近のトラックバック
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ