鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。蘊蓄(うんちく)は相変わらずですが、これは性格なので…(笑) ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、料理も。身の回りの出来事も含めて、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話。役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

<< EOS 90Dにバッテリーグリップ装着 | main | もつ煮込み >>
 Miniのホーン(クラクション)が鳴らない

先日Miniを走らせてて、停車してたタクシーが行く手を塞いでいたので、チョット移動して貰おうとクラクションを鳴らそうとしたのですが、ウンともスンとも言わず(鳴らず)、故障してることに気づきました。クラクションなど殆ど使うことがないので、いつからこの状態になっていたのかは判りません。
殆ど使わないと言っても、いざという時に鳴らないのも困るので、昨日テムズガレージさんで診て貰いました。
調べて貰ったところ、ホーン自体が壊れてるのではなく、ホーンボタンを押した信号がホーンに伝わってないようでした。更にその原因を調べていったら、ステアリングの根元に付いているロータリーカプラーという部品の故障(内部の断線)らしいことが判明。部品の修理は難しいということで、新品に交換したところ無事ホーンは復活しました。ミニのホーンは「ぷぅ〜」という気弱な情けない音です(笑)。
驚いたのはこの部品の値段。何と39,800円もしました。消費税込みで43,780円!ビックリです。交換の工賃はサービスしていただきましたが、それにしても高いです。まあ、20年も経過してるので経年劣化で部品が故障するのは致し方ありませんが交換部品が高額なのは痛いです。生産中止になって20年経過してるにもかかわらず、交換部品が製造・供給されてることに感謝すべきかも。
しかし、こんな交換部品をテムズさんが在庫してたことは「いいね!」です。在庫してなかったら、取り寄せで部品到着後に出直さなくてはならず、二度手間ですからね。

帰宅してから調べましたが、39,800円は定価のようです。ネットで検索したら、税込みで35,000円ほどで売ってましたが、自分で交換するならいざ知らず、テムズさんに持ち込みで修理して貰うわけにはいきませんから…


ステアリングのセンター部分を外して原因調査。中から出ている黄色い配線部品(ロータリーカプラー)に問題があることが判明。


ステアリングを外し、ロータリーカプラーも交換するため外してます。こんな状態、初めて見ました。


これがロータリーカプラーという部品だそうです。 回転するステアリングのエアバッグとホーンの回路を繋ぐためのパーツ だそうです。

ところで、クラクションというのは、自動車の警笛(ホーン)のことですが、由来は製造メーカー「クラクソン社」だそうで、もとは商標名なんだそうです。「へぇ〜」でした。

| Minigarage | 自動車(我が家のMini) | 16:31 | comments(0) | - |
 スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:31 | - | - |









ブログカレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ