鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。蘊蓄(うんちく)は相変わらずですが、これは性格なので…(笑) ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、料理も。身の回りの出来事も含めて、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話。役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

<< 羽田空港着陸の新飛行ルート | main | 牡蠣の中華蒸し >>
 薬の服用とその効果−(2)「ワーファリン」とPT-INR値

ボクは2015年8月に「肺血栓塞栓症」を発症し入院しました。原因は「深部静脈血栓症」、つまり、脚の静脈に血栓が出来て、それが静脈を流れて肺で詰まったという“詰まらない”話です。何で血栓ができたかという原因は不明。ただ、血栓を起こさない対策は必要なので、入院中は点滴(ヘパリン)で血栓を溶かし、退院後は血液をサラサラにする薬(ワーファリン)を服用しています。1年半経過後、ワーファリンの服用を一時的に停止したところ4ヶ月後に血栓が再発し、再び入院と相成りました。トホホ…
その後は、ずっとワーファリンを服用。止めるわけにはいかなさそうです。ワーファリン療法では、PT-INR値を1.6~3.0にコントロールする必要があり、この数値に近づくよう2ヶ月に1回血液検査をして医師の指示で0.5mg単位で服用量を調整しています。0.5mgの違いでPT-INR値は微妙に変化します。ワーファリンが効きすぎると出血した際に血が止まらなくなったり、内出血しやすくなったりし、効かないと血栓ができるというリスクがあるからです。
効果測定をしながらという服用するちう面倒な薬ですが、2ヶ月おきの血液検査では、血糖値や中性脂肪、コレステロール値、肝機能も検査してるので、それはそれで良いんですけどね。

| Minigarage | 医療・健康(肺血栓塞栓症) | 19:10 | comments(0) | - |
 スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:10 | - | - |









ブログカレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ