鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。蘊蓄(うんちく)は相変わらずですが、これは性格なので…(笑) ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、料理も。身の回りの出来事も含めて、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話。役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

<< サンシュユ(山茱萸) | main | アカハラ(赤腹) >>
 ミチタネツケバナ(道種漬花)

ウォーキング中に塀の割れ目から生えてる草の葉を見かけ、近寄ったら花が咲いてたので、写真を撮りました。ボクは知らない花や虫を撮ると、どうしても名前を知りたくなる「悪癖」があるので、ヤバいなぁと思いつつの撮影。

調べて名前が簡単に判明すれば良いのですが、そうじゃないと多大なる無駄な時間を注ぎ込むことになるので、「ヤバい」のです。
今回は15分程で判明したので良かったというか、助かりました。(最近は、花の写真をupすると名前がすぐ分かるという便利なスマホアプリがあるそうですが、花の写真を撮る機会が減ってますので使ってません…)
して、名前はミチタネツケバナ(道種漬花)だと思います、たぶん。アブラナ科タネツケバナ属の越年草もしくは一年草で、ヨーロッパ原産の帰化植物。1992年に宮城県から日本海側にかけて侵入が報告されたと言うことですから、割と最近の話ですが、関東地方など太平洋側でも見つかっており、既に広範に分布していると考えられるそうです。ま、中野区内の市街地で見られる程ですからね。植物の勢力拡大は結構早いです。
花期は2-3月頃、花径は3mm程の小さな花です。この大きさじゃ見過ごす方が多いでしょう。
花の周りの茎が切り取られたようになってますが、ググって出てきた写真は皆この様態なので、これが正常のようです。


先が切り取られた茎のように見えるのは、花の中心(雌蕊)が実ってきて長く伸びてきたもので、この中にタネが並んでいるんだそうです。花の師匠が教えてくださいました。

| Minigarage | 植物(草本・アブラナ科) | 15:15 | comments(0) | - |
 スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:15 | - | - |









ブログカレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ