鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。蘊蓄(うんちく)は相変わらずですが、これは性格なので…(笑) ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、料理も。身の回りの出来事も含めて、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話。役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

<< 鰻丼 | main | アメリカ空軍 Lockheed Martin C-130 Hercules >>
 コノドジロムシクイ

コノドジロムシクイ(Common Whitethroat Sylvia communis)という珍鳥がいるというのでプチッと遠征、教えてくださったMさんとスケジュールが合わず一人で撮りに行って来ました。
漢字で書くと、小喉白虫食でしょうか?ただし、Wikipediaにも載ってない珍しい鳥で漢字表記してるページを見つけられなかったので違ってるかもしれません。
日本鳥学会2012の「日本産鳥類目録改訂版第7版(2012)」によると、スズメ目ズグロムシクイ科ズグロムシクイ属に分類される鳥。Wikipedia(英語版)によると「ヨーロッパ全域に分布し、温帯西アジアで繁殖、冬季はアフリカ、アラビア、パキスタンに渡る」ということなので、何でそんな鳥が日本に、しかも東京(都下)に居るのか?と。
いわゆる「迷鳥」で「珍鳥」、それも超一級の珍鳥ですね。ただ、昨年12月に情報が流れて、1月は大勢のCMが殺到し大賑わいだったようです。流石に2月も後半になり、皆撮り飽きたのでしょうか、今日は数人が撮影してただけでした。東京では2008年に水元公園で観察記録がありそれ以来ですが、今年は愛知県(稲沢市)でもこの珍客で賑わってるようです。
「ムシクイ」と言う名が付いてますが、お馴染みの「センダイムシクイ」や「カラフトムシクイ」とは姿・形が異なり、印象としてはヒタキ類(オジロビタキなど)に近いような感じでした。鳴き声(地鳴き)はウグイスに似てました。ウグイスも広義的にはムシクイの仲間ですから似ていても不思議ではないですね。
センダイムシクイなどに比べて警戒心がさほど強くなく、人前に平気で出てくるのは、長逗留で人慣れしたからかも…もっとも、留鳥で公園などに年中いるウグイスは警戒心が強く、人前には出てこないですけど(笑)。
まだ暫くは逗留してるでしょうから、それまではここへ行けば見られますが、来年以降、まずはお目にかかれないと思います。ボクはこれが最初で最後でしょう。

画像クリックで拡大できます


画像クリックで拡大できます

| Minigarage | 野鳥(ムシクイ科) | 19:01 | comments(0) | - |
 スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:01 | - | - |









ブログカレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ