鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。蘊蓄(うんちく)は相変わらずですが、これは性格なので…(笑) ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、料理も。身の回りの出来事も含めて、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話。役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

<< 再びテングチョウ(天狗蝶) | main | 警視庁のヘリコプター「はやぶさ1号」(JA36MP) >>
 キブシ(木五倍子)

テングチョウが蜜を吸ってた木の花ですが、名前が気になって調べたら、キブシ(木五倍子)というキブシ科キブシ属の落葉低木のようでした。初めてです。
葉が伸び始める前に咲く花(3-4月)は房状で小さな黄色いブドウのようです。当然、実(9-10月)も房状につきます。

日本固有種で、北海道(西南部)、本州、四国、九州、小笠原に分布し、山地の明るい場所に生える。成長が早く、一年で2mくらいは伸びる。先駆植物的な木本で、荒れ地にもよく出現する。生育環境は幅広く、海岸線から内陸の川沿いまで見られる』とのこと。(Wikipedia)

このキブシは雌雄異株(しゆういしゅ)だそうで、雌花だけを生じる雌株と雄花だけを生じる雄株があるとのこと。イチョウなども同様です。
して、この株(木)が雄か雌かということですが、この花には雄しべが見当たらない(退化している)ので、雌花だと思われます。つまり雌株じゃないかと思います。たぶん…

 

 

| Minigarage | 植物(落葉樹) | 18:50 | comments(0) | - |
 スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:50 | - | - |









ブログカレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ