鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。蘊蓄(うんちく)は相変わらずですが、これは性格なので…(笑) ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、料理も。身の回りの出来事も含めて、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話。役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

<< オニタビラコ(鬼田平子) | main | ナミアゲハ >>
 お持ち帰りできます


20日程前に「ご利用できます」は誤用(敬語の誤り)だと言うことを書きましたが、最近は「お持ち帰りできます」と言う表現も良く見かけるようになりました。
飲食店(特に居酒屋)への営業自粛要請により、テイクアウトに力を入れる店が増えたせいでしょう。それ用のポスター等も売られているようで、その中に「お持ち帰りできます」となっているので、疑問に思わず使ってるのでしょう。ボクに言わせれば「お持ち帰りいただけます」とすべきと思いますが、「赤信号、みんなで渡れば怖くない」でもう市民権を得てるのかもしれません。


これはOKだと思います。

ところで、居酒屋さんなどが対応しだした「テイクアウト弁当」ですが、概して高いように思います。例えば、カツ丼などお店で食べれば800円前後が普通だと思いますが、その値段でテイクアウトとなるとチョットお高い感じです。かといって、店で800円の物を500円でテイクアウトするわけには行きません。
お店で食べさせる場合、接客に当たる従業員の人件費や、客に食べさせるテーブル・椅子等の場所代も勘案して価格を決めてると思います。ところが、テイクアウト専門店は面積が狭くて少ない従業員で運営できますので、経費も安くその分価格も安く設定できます。一般的な飲食店とテイクアウト専門店では価格体系が違うので、そこらへんがテイクアウトもやりだした飲食店の課題でしょう。テイクアウト用の容器なども品薄状態だそうですし…
経営形態を越えての対策は大変ですが、何とか乗り切って欲しいと思います。もう暫くの辛抱です。ガンバレ!

| Minigarage | 言語(言葉) | 18:28 | comments(0) | - |
 スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:28 | - | - |









ブログカレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ