鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。蘊蓄(うんちく)は相変わらずですが、これは性格なので…(笑) ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、料理も。身の回りの出来事も含めて、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話。役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

<< ヘビイチゴ(蛇苺) | main | アメリカフウロ >>
 ノイバラに集まる虫さんたち

ノイバラの花を撮ってたら、いろんな虫が飛び交ってることに気づいたのでその虫を撮ってみました。
花粉や蜜が目的なのでしょうが、同じ場所にじっと留まってることは少なく、数秒で移動してしまいます。予想外に撮り辛かったのですが、「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」です、何とか見られる写真を集めてみました。
ノイバラ(野茨)はバラ科の蔓性低木。日本のノバラの代表的な種。日本各地の山野に多く自生し、ノバラ(野薔薇)とも。

まずは、ニッポンヒゲナガハナバチじゃないかと思います。虫には(も?)詳しくないので、推定でして間違ってるかもしれません。
漢字で書くと「日本髭長花蜂」でしょうか。ハチ目細腰亜目ミツバチ科
「オスの触角が極めて長いハチ。体は黒色だが、淡褐色〜黄褐色の毛がたくさん生えている」ということなので、たぶんそうなんじゃないかな、と。

これは、ニッポンヒゲナガハナバチの♀じゃないかと、たぶんですけど。メスは髭が長くないということなので推測したのですが、自信はありません。
ホバリングしてるところで、シャッタースピードは1/1000秒でしたが、このスピードでは捉えられない速さです。

ニホンミツバチじゃないかと思います。
だとすれば、「最もなじみ深いハチのひとつ。暗茶褐色で、腹部に縞模様がある。セイヨウミツバチより全体に黒っぽく、腹部上部はオレンジ色にならない(セイヨウミツバチはオレンジ色)」ということです。

これは姿・形からして蜂じゃなく、ホソヒラタアブだと思います。あくまで推定、自信ありません(笑)。 ハナアブにこの模様が多いのは、毒をもっていないアブがハチに似せて身を守っているからだと言われていますハエ目短角亜目ハナアブ科 ヒラタアブ亜科…

これは、蜂・虻ではなく甲虫。コアオハナムグリ(小青花潜)、コガネムシ科です。「緑色〜銅色の体に、白点を散りばめた小さなハナムグリ。体にはうぶげ状の細かい毛が沢山生えている」と言うことなのでたぶん間違いないでしょう。

| Minigarage | 昆虫(ハチ・蜂・ハエ) | 16:41 | comments(0) | - |
 スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:41 | - | - |









ブログカレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
MiniGarageの各ページ
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
    (条件指定時は、その条件内の記事一覧)
ブログ内記事の検索
記事のカテゴリー分類
過去の記事(バックナンバー)
最近のコメント
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ